Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(5/17)

いささか亀レスですが先日パカパカファーム様が一口業界への参入を発表したそうです。
とはいえ既得権益保護の岩盤規制により一口クラブ数は20までと制限されており、現在クラブは20あったはずなのでパカパカファーム様がやりたいと言ってもできないはずです(ノルマンディーはエプソム撤退で枠が1つ開いたのですよね)。

ウインとかライオンのようにどこかのクラブを買いとるのかあるいはどこかやめるのか。やめるとすれば「募集馬1頭なんてあのクラブが有力そうです。もしタイキを買い取るなんて話になったら笑えますがね(パカパカのオーナー氏はタイキの場長だったこともある。)

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「使うたびに体の硬さは出やすいので、こちらに戻ってきてからはその硬さを少しでも解すことができるようにと意識しながら調整をしています。体調自体は悪くないように感じましたが、あまり短いスパンで何戦もしていいタイプではないでしょうね…。明日送り出して可能ならばダービーの日のレースへ向かっていくことになりそうですし、ここが勝負のつもりで今朝ビシッと動かしてあります。夏は少しだけでも休ませてあげられればという思いもありますから、何とかレースで良い結果を出してもらえたらと思っています 」(天栄担当者)


暮れの時とは言ってることがずいぶん違っておりますなあ。まああの結果見れば「あほうでないかぎりそう考える(by シェーンコップ氏)でしょうがね。中3週、権利があるギリギリのところで青嵐賞に行くんでしょうね。問題は誰が乗るか?

アプリコットベリー
NF空港
週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「具体的な入厩の目標が定まりましたので、予定へ向けて進めています。徐々にピッチを上げていき、しっかり態勢を整えていければと思います。馬体重は432キロです」(空港担当者)


だいぶ休ませてると思うのですがあまり体重が増えてきませんねえ。ダビスタ的感覚だと牧場で430ということはレースでは400前後になりますからね。レース使うまではあと1ヵ月くらいありますからもうしばらく牧場なんでしょうが。

ロードレグナム
ロードレグナムは、京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分。
・当地スタッフ 「先週末に課した15-15では無難な対応を見せていたものの、5月16日(月)に右後肢を気に掛けるような素振り。歩様にも幾らか影響が表れています。一旦、ウォーキングマシンの調整に。獣医師のチェックを受けた上で再始動させましょう」


はじめてアクシデントらしいことがおこりましたねえ。まあいままでおこってなかったのが不思議なくらいなんですが(毒)。
それまでの経緯及びその後の経過を考えるとまさに奇跡の勝利(しかも「相手に不利があってハナ差しのいだ」とかでなく完勝でしたからねえ)でしたが、とにかく勝ち上がっているのですからここは思い切って成長放牧でいいような気がします。
乗る騎手乗る騎手に激辛チリペッパーなコメントされてる状況ですからね。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000~2000m→キャンター1000~2000m(1ハロン25~27秒ペース)。
・当地スタッフ 「その日の感触に応じて、キャンターまで進める場合も。まだハッキング程度の本当に緩やかなペースですけどね。フットワークにバラ付きが見られる現状。もう少しの間はメニューに幅を持たせつつ、柔軟なスタンスで取り組もうと思います」


あとで書きますが実はちょっとした事件がおこってます。震源地はこの馬ではないと思うのですがね。
それはさておき、さすがに週単位で大きな変化を挙げるのは難しい状況(byロード定型文集1番)、悪くなってないと言うことで良しとするしかないですね。

忘れておりましたが先週の言い訳集

レッドヴィーヴォ
5月14日レース後コメント(7着)
上野騎手「調教に乗って感じは掴めていましたし、飛越も上手だったのでいきなりやれるかなと思っていたのですが、最後は息切れしましたね。直線に向くところですっと上がっていけたのですが、ちょっと最終障害の踏み切りが合わず、そこで気持ちも切れた感じでした。ただ、休み明けにしては最後まで頑張ってくれましたし、速いペースの厳しい競馬の中で頑張ってくれたと思いますよ。次は息も良くなるでしょうし、もっとやれるはずですよ」
鹿戸師「もう少し頑張れるかと思いましたが、レコードのレースで休み明けにはきつかったですね。ただ、次は良くなりそうな競馬でしたし収穫はあったと思います。一度放牧に出すつもりですが、問題なければまたすぐに戻してやっていきます」


私は長休明けで7着なら上出来と思うのですが鹿先生はもうちょっとやれると思ってたようですね。ちょっと体力的に落ちてるようなのでレイズ君のように短期放牧を挟みつつ…の使い方になるんでしょうか。まあ厩舎にいてもしばらく直線ダートのレースしかなくなってしまうのですがね。

ルアンジュ
ルアンジュは、5月14日(土)新潟12R・石打特別・牝馬限定・芝2000mに川須騎手55kgで出走。16頭立て3番人気で4枠8番からスローペースの道中を6、3、3番手と進み、直線では外を通って0秒6差の4着でした。馬場は良。タイム2分00秒7、上がり34秒4。馬体重は4kg増加の480kgでした。
・笹田調教師 「ここ数戦は道悪に泣かされる格好。良馬場でレースを迎えられたのは良かったでしょう。ただ、最後はジリジリ・・・と言った感じに。距離は大丈夫と思うものの、いつもより幾らか前々で運んだ分が影響を及ぼしたかも知れません。ひとまず5着以内は確保して次走を優位に選べる立場。大きな問題が無ければ続戦の予定ながら、詳細に関しては厩舎へ戻ってから考える方針です」
≪2016年5月14日 新潟12R 石打特別(4歳上500万下)(牝) 芝2000m 良 16頭≫
1着ハッピーユニバンス 55藤 懸 2.00.1    (  13・14・14)32.8 464kg-8kg
2着ヴェルジョワーズ  55伊藤工 2.00.4 1.3/4(  6・5・5)33.9 452kg-2kg
3着ウインティアラ   55丸 山 2.00.6 1.1/2(  9・10・11)33.6 424kg+6kg
4着ルアンジュ     55川 須 2.00.7 3/4  (  6・3・3)34.4 480kg+4kg


ちなみに「事件の震源地」はこの馬である可能性も否定できません。私は少し距離が長かったかと思うのですがカズ君は「前に行ったからだ」と言い張ってます。まあ少し前が速くなってたようですけどね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:36 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ダービーに

出走馬は居ませんが、ダービーの日にダービーと同じ距離のレースに出資馬が出走してくれるのはちょっとうれしいです。鞍上は戸崎希望。

| Nashwan | 2016/05/18 22:02 | URL |

Re: ダービーに

> 出走馬は居ませんが、ダービーの日にダービーと同じ距離のレースに出資馬が出走してくれるのはちょっとうれしいです。鞍上は戸崎希望。

前にも書きましたがレイズ君はなぜかG1Dayの出走が多いんですよね。有馬記念は2年連続出走だし、前走は天皇賞Dayでした。2戦目は朝日杯の日でしたしね(トサキはこの間テン乗りではなくこの時乗ってたんですねえ)。

でも調整過程は同じでもいいですがレースまで同じにように考えないでほしいところです。流れが変われば乗り方も変わるはずですからね。

| ルクソール | 2016/05/19 21:22 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>