Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

日本の中心でハーツ愛を叫ぶ 5月-1

14,15が週末のため今月1回目は13日の金曜日更新でしたね

ルヴォワール
NF早来
馬体重:538kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20~22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15秒(うち1回はハロン17秒)のキャンター1本の調整を行っています。馬体の変化を見ているとゆったりとした成長曲線を描いている印象を受けますが、速めの調教を継続してきたことにより徐々にではあるものの競走馬らしいシルエットへと変貌を遂げています。ここまでの良化の傾向からも焦らず成長を促していくことが最善と考えており、馬本位のメニューで持てる素質を引き出していきたいと思います。


レッドコルディス
(富田ステーブル)
体が上に伸びて成長してきたこともありますが、少し前の出が窮屈になってきたように感じましたし、乗り進めてきて多少なりとも疲れも出てきていましたので、先週、今週とオゾン治療を施してメニューを落としています。いまは1600mのトラックを2周ほど乗るなど長めをジックリやったり、直線コースを20-19くらいで乗ったりと、ゆったりとした内容に切り替えています。体をしっかりと解して、全体のバランスを整えていくイメージ。2週ほどこの感じで緩ませすぎずに進めていっての様子で、問題なければ坂路調教も再開したいと思っています。まだこれから良くなっていく馬ですし、先々を考えればここで無理に詰め込むよりも、気になるところは早めに対処していく方が大事かと思いますので、今後も成長を阻害しないように作っていきたいと考えています。馬体重は494キロ。飼葉は変わらず完食していて、食べることに関して心配はないですから本当に助かっています。


メロウハート
メロウハートは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。4月30日(土)測定の馬体重は522kg。
・当地スタッフ 「キャンターのスピードを速めてからも煩い素振りは無し。むしろ、落ち着き十分で扱いに困る場面はほぼありません。左トモに甘さを残すのが課題。この調子でコツコツと乗り込んでパワーアップが叶えば、走りのバランスが更に良くなるはずです」


今年の肝のハーツ3頭、デビューが遅いのは覚悟の上ですがどうも大物感がないんですよねえ。ウチの3頭だけでなくPOG本でもハーツ産駒の評価がたかくありません。今年のハーツはハズレ年かなあ。

レッドジェノヴァ
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重478キロ。
担当スタッフ「この中間も直線主体に順調ですが、動きにはまだ良化の余地を残していますね。しばらく休んでいたので仕方ないのですが、もう少し繊細な動きができるようになって欲しいところ。馬体は立派で良いのですが、まだ中身も走りも伴っていない感じなので、当面は直線F16~17秒ぐらいのメニューを反復あるのみです。稽古量に比例して良さが出てくるはずですよ。走りからは芝もダートもいけそうですが、もし芝がダメだとしても、パワーがあるのでダートは間違いなく良さそうですよ


少々辛口なコメントですなあ。で…ダート馬に出資した覚えはないのですが早々と予防線はられてますなあ。どうでもいいですがシンクリ産駒でダートの上級馬っていましたっけ?

ロードブレイク
ロードブレイクは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。4月30日(土)測定の馬体重は496kg。
・当地スタッフ 「良い意味で変わり無く運んでおり、コンスタントに強目の調教に汗を流しています。脚元が固まり切っていない状況を踏まえると、現時点では今すぐにトレセンへ運ぼうとは考えていません。更に逞しさを増した段階でバトンタッチを叶えましょう


なんだかんだいってやはりこの馬が一番早そうですね。頼んでもいないのに「まだ早い」とかスタッフが言うということはそういう気もないわけではなくもないと言うことでしょうからね。
スポンサーサイト

| 育成馬報告 | 22:46 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ハーツ産駒

キャロットの3歳馬が未出走引退したのでむしゃくしゃして東サラのキングスベスト産駒をポチっとしてしまったのは私です(苦笑)

| Nashwan | 2016/05/16 21:24 | URL |

Re: ハーツ産駒

> キャロットの3歳馬が未出走引退したのでむしゃくしゃして東サラのキングスベスト産駒をポチっとしてしまったのは私です(苦笑)

トダ先生のところのお馬さんですよねえ
私もクラリスが消えて(その後笠松とはいえ5勝、東サラさん、何か間違ってなかったですかねえ)、東サラが3頭になった時に考えたのですが、同世代でキングズベストの子はすでに1頭いたので見送りました。
東サラはもうキャンセル募集はしないんでしょうかね。

| ルクソール | 2016/05/17 22:50 | URL |

心強い

先輩が出資を考えたというのは心強いです。
大物ではないでしょうが、タフに走ってくれれば。

| Nashwan | 2016/05/18 22:03 | URL |

Re: 心強い

> 先輩が出資を考えたというのは心強いです。
> 大物ではないでしょうが、タフに走ってくれれば。

拙が目を付けたということは凶報かもしれませんよ(笑)。

ぶっちゃけ「牡馬でめぼしいのが残ってなかった」というだけですが。

でもサンクスアロット14、満口になりましたね。

| ルクソール | 2016/05/19 21:23 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>