Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(5/11)

今年のPOG本も出そろいまして、一通り立ち読みしてみました。
結論から言いますとやはり今年は扱いがちいさいですねえ。痛いのはロードが2頭ともほぼスルーしてしまっていること。
この世代はハーツ産駒を多く並べているのですが、ここにあたりはいないのかもしれません(苦)

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「放牧直後はさすがにこの馬なりの硬さを感じましたが、ケアを施して来たことで少しずつ良化傾向にありますよ。今後乗っていく中での変化も見る必要はありますが、現状の様子では東京開催での出走を目標に、そう遠くなく帰厩を考えて行けそうです」(天栄担当者)


予定はダービーDayの青嵐賞、そう遠くないうちに帰厩するはずです。問題はヤネをだれにするかですかね。

アプリコットベリー
NF空港
週2日は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンターを2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「目標の開催へ向けて徐々にペースアップを図っています。今のところ、月末の函館検疫を押さえて入厩する予定ですので、それまでにできる限り状態面の向上を図っていければと考えています」(空港担当者)

函館開催は6/18から、まだ1か月以上あるし、出走すればかなりきついローテで使うのでしょうからここは休ませえいいのでしょう。開幕週に牝限の1800戦がありますのでそこ目標でしょうね。

レントラー
松永昌厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、結果的にこの馬の苦手な展開という感じでしたね。少頭数で隊列が決まってしまって、最後は脚色が一緒になってしまいました。明け4歳で心身とも成長の余地を残している状態ですが、このクラスはすぐにでも勝てる力がある馬ですし、次はなんとかしたいですね。今朝から乗り出していますが、馬体には特に気になるところはありませんし、疲れた様子もありません。今のところはこのまま次走に向けて調整していく予定です」(中山助手)


思うのですが「隊列がきまってしまった」のならなんでそれを動かそうとしないんですかね。今から考えるとコータは彼なりに考えてくれていたんですね。

リュラ
池添学厩舎
11日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はCWコースで3頭併せを行いました。先週まではこちらとしても様子見という感じで、速い調教は15-15程度までに留めていましたから、正直息づかいなどどうかな、と思っていたんです。でもいざ走らせてみると問題ありませんでしたし、ペースを上げた時のフットワークはさすがです。併せた相手に並びかけたところでちょっとハミを噛んでいたので、マイルの距離もいいように思います。これで気合いも乗ってくるでしょうから、来週はこれ以上の強い負荷は必要ないでしょう。予定どおり来週の牝馬限定戦を予定していますが、GⅠの裏ということで上位ジョッキーが確保しづらい状況ですので、鞍上については現在調整中です」(池添学師)
22日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1600m)に出走を予定しています。


復帰戦の予定が出ましたがオークスの裏ですね。ということはユーガはないと思います。一度ユーガじゃない人に乗ってもらうのもありかと。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・橋田調教師 「右前脚にソエが出掛かっているものの、今のところ大きな心配には及ばぬ感じ。厩舎で調整を続けようと思います。約1ヶ月間は優位な立場でレース選択が可能に。回復の時間を考えると、中2、3週ぐらいで行くのがベターかも知れませんね」


続戦の方向、勝ち上がっていない以上やむをえなのでしょうがとにかく無事にと祈るばかり…

ルアンジュ
ルアンジュは、5月14日(土)新潟・石打特別・牝馬限定・芝2000mに川須騎手55kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位7番目、同順位3頭で出走可能です。5月11日(水)不良の栗東・坂路コースで1本目に54.5-39.7-25.3-12.2 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。
・笹田調教師 「5月11日(水)の一追いでキッチリ仕上がった印象。前走後に放牧を挟んだものの、力を出せる態勢だと思います。2000mで直線も長い新潟コースだけに、じっくり運んで終いの脚を生かすような競馬を。ぜひ良馬場で走らせてあげたいですね」
≪調教時計≫
16.05.11 助手  栗東坂不1回     54.5 39.7 25.3 12.2  馬なり余力 坂路コースで入念


どうやら出られそうです。とにかく良馬場希望。

レッドヴィーヴォ
(鹿戸厩舎)
芝コースにて併せ馬で追い切り
5/11(水) 南芝 上野 68.0-52.5-38.4-12.0 馬なり
外エッケザックス馬なりを5Fで0.8秒追走2F併入
上野騎手「併走馬を追いかける形で追い切りました。併せるまでは少しモタモタしたのですが、併せてからはハミを取ってしっかり動けていましたよ。仕上がりはまずまず。中団から行って、3コーナーあたりから動けそうなら動いて行く競馬をしたいと思います」
※今週土曜の新潟4R・障害オープン(芝3290m)に上野騎手で出走を予定していますが、フルゲート14頭に対して22頭が出走想定されており、除外の可能性があります


おそらく500万下同志での抽選なんでしょうね。これを逃すと平場のオープン戦はしばらくないんですよね。なんとか出られるといいのですが。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:57 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2016/05/12 23:17 | |

Re: ハーツ産駒

> 私が出資したハーツ産駒の三歳馬は先日2回目の心房細動で未出走引退になりました(泣)
> 1年以上勝てなくても頑張ってくれるレイズ君は偉いなーと思いますが、でも、そろそろ勝って欲しいですねー。

キングヘイローの子ですから気性面が難しいことはわかりますが、それを考えてもちょっと過保護にしすぎたかなあという気がします。去年の中盤辺りから頭打ち感がでてましたから、秋ぐらいから「馬群に入れて我慢させる」ということを教え込ませていけば今頃はもう少し違ったのかなあと思います。
幸い晩成血統と思いますので今からでもしっかり教えていけば可能性はあると思います。
このあいだのトサキの競馬を見て元気がどう思ったかですね。

| ルクソール | 2016/05/13 12:44 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>