Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(5/5)

アメリカ大統領選、共和党の候補が「かってWWEにも出たことのある下品な男」で決まったようです。共和党の中にも彼に投票しないと公言している議員も多く下品な男は慌てて修復を図ってるようですがそうなる前に考えないものなんですかねえ。
民主党のほうは鉄の女ヒラリー、第三の候補がでてくれば勝っちゃいそうな感もありますねえ。
ただこういうトリューニヒトのような政治家が幅を利かすというのはアメリカも末期的症状なのかもしれません。

エルマンボ
堀厩舎
4日は軽めの調整を行いました。5日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒9-54秒8-39秒4-12秒9)。
「前走後は短期間でも立て直しに充てたいと思い放牧へ出ていましたが、しがらきでの様子はまずまずだったようです。暑い時期にいいパフォーマンスを発揮しにくい馬でもあるので、できることならば本格的な夏を迎える前に使いたいという考えのもと先週戻させていただきました。様子を見ながら少しずつ動かしていますが、トモなど馬体を見ているとまだこの馬の本当にいい時の状態には戻っていないのかなという印象です。理想を言えばもうしばらく見たほうがいいのでしょうが、そうすると暑くなってしまうので、何とかこちらで状態を上げていけないか、工夫をしつつ進めていくようにしています。今朝追い切りを行いましたが、オーバーワークにならないように単走でじわっと動かしています。このあとも必要なケアをしっかりと行いながら、レースまで行けるか判断していきます」(堀師)


ホーリーと角居先生の違い、角居先生は初めにプランをしめしてからやるのに対し、ホーリーはやってから「実は」ってのが多いんですよね。体調と気温を比較しての帰厩だったようですが、ではなぜ北海道にもっていこうと思わないのかなあ。

レントラー
松永昌厩舎
8日の京都競馬(鴨川特別・芝2000m)に武幸騎手で出走いたします。


もともと登録も少なかったのですが結果8頭で出走確定、タイムオーバーにならなければ賞金を頂けるわけですが、むろんそんなレベルでは納得しません。ここが正念場の一戦。

リュラ
池添学厩舎
4日は栗東坂路で15-15程度の調教を行いました(61秒2-44秒3-28秒4-14秒1)。5日は軽めの調整を行いました。
「先週いっぱいは環境に慣らすためにも無理をせずじっくりと動かしてきました。移動当初はカイバ食いも安定しなかったので馬体はちょっと減りましたが、徐々に安定してきています。性格的にもやや人見知りなところがあるようなので、焦らずに心を開いてくれるように接していきたいですね。水曜日には坂路で15-15程度の調教を行っており、来週からはさらに強い負荷をかけていく予定です。今のところ次の京都開催の牝馬限定戦を目標にしています」(池添学師)
22日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1600m)を目標にしています。


やはり慎重にすすめてるようでここは致し方ないところです。でもなぜか次走予定だけは決めてるのよねえ。
注目は「牝限」の「マイル戦」と言ってるところ。前任者は2000にこだわって牡馬混でも出走させてましたからねえ。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、5月7日(土)京都2R・3歳未勝利・混合・ダート1400mに岩田騎手56kgで出走します。5月4日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.7-40.1-25.7-12.6 馬なりに乗っています。短評は「余裕ある動き」でした。発走は10時35分です。
≪調教時計≫
16.04       栗プール  29
16.05       栗プール  01 03


こちらも岩田神で出走決定。水曜日に軽くやって木曜はプール、調整に腐心してるようです。前走は度外視するとしてやはりここが正念場でしょう。

レッドヴィーヴォ
(鹿戸厩舎)
北馬場で軽め調整
助手「追い切った後なので、北馬場でダクだけ乗りました。右トモの状態は獣医師に診せても牧場にいた時と変わらない状態で固まってきているとのことなので、問題ないと思います。来週の出走に向けて問題なく進めていけそうです」


上野君はトモを心配していましたが陣営は丈夫と言い張ってます。それを信じるしかないですねえ。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 21:39 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

トリューニヒトは

あそこまで下品じゃなかった気もしますが(苦笑)
ただ、鳩山、菅を首相にしてしまった日本も笑えませんねー。

リュラがここまで時間がかかるとは思いませんでした。前任者が引退間近で焦ったのが失敗の原因でしょうか?

| Nashwan | 2016/05/05 23:07 | URL |

Re: トリューニヒトは

> あそこまで下品じゃなかった気もしますが(苦笑)
> ただ、鳩山、菅を首相にしてしまった日本も笑えませんねー。
>
> リュラがここまで時間がかかるとは思いませんでした。前任者が引退間近で焦ったのが失敗の原因でしょうか?

ヤン提督のセリフで「奴の下品なアジ演説聞いてると心にジンマシンができる」というのがあったのでね。(笑)。
「政治のレベルは国民のレベル」というのが私の持論、ということは日本も…ですかねえ。

リュラは間違いなく前任者のミスでしょう。レース選択、調教方法、2月の突然の帰厩…今となっては御大が引退で良かったと思います。

| ルクソール | 2016/05/06 00:03 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>