Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(5/2、3)

そろそろPOG本の季節ですね。
確認できたところでは丹下本とギャロ本が「でてました。
チョーコーガクバと加藤ステーブル開闢以来の大物がいた昨年とは打って変わり、今年は抽選にも嫌われて小粒なメンバー、扱いが小さいのは覚悟してましたが…

丹下本ではルヴォワールの写真が出てたくらいであとはスルー(当然購入には至らず)、なので頼みはクラブ馬に甘いギャロ本になります。

結果
牧場別ページではロード2頭がまさかのスルー(ページ数と生産数の関係で取り上げる確率が高い)、層の厚い社台系は当然お呼びがかからず、レッドコルディスがホウテイツモ(ほんとに牧場別ページの一番最後)で紹介されたのみでした。
ナントカ関東馬は厩舎別インタビューでみずきちゃん、コジシゲ先生、手塚先生がそれぞれ取り上げてくれましたがが、関西馬は高橋忠、笹田先生のインタビューがなく、結局ロードブレイクに至っては完全スルーとなってます。
抽選で落としたグラニーズチップスは結構出てたのになあ ブツクサ。

例年この後の青本を待って購入することになりますがどんな評価でしょうね。

余談ですがダスカの子、今年は鹿先生のところになるようです。

GW変則日程で昨日今日と更新があった休養馬

アプリコットベリー
NF空港
週2日は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。
「体調を見た上でこの中間から坂路コースでの騎乗運動を開始しています。函館開催から使っていきたいですし、そこに向けて状態を上げていければと思います。馬体重は429キロです」(空港担当者)


この馬は休養というより一足早く移動してるわけですが、もう開幕週から使ってきそうなイキオイですね。

クラシカルチュチュ
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「それほど長い休みにはならない予定ですし、この中間は週に2回ほどの予定で、ハロン17秒から終いにかけて13秒ぐらいまで脚を伸ばすような調教も取り入れています。普段はゆったりしたペースで乗るようにしてメリハリをつけていますし、いい調整ができているのではないかと思います」(NFしがらき担当者)


おそらく5月には使うと思いますので今回は調整程度でしょう。とにかく進歩が見たいところ。

ロードレグナム
ロードレグナムは、京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング1800m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン20~22秒ペース)。
・当地スタッフ 「到着から数日間は余裕を持たせる形。そして先週末より跨り始めています。既に坂路コースへも連れ出すように。ハロン20秒ぐらいの控え目な内容ですけどね。まだ幾らかレースの疲れが感じられる状態。乗りながら取り除いて行きましょう」


そりゃー中1週で3回も使ってますからね。疲れるでしょうよ。まあここもすぐ戻ってくるんでしょうが。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000~2000m。
・当地スタッフ 「具合を探りつつ・・・と言った状況。その日の感触に応じて調教メニューにも幅を持たせながら取り組んでいます。本格的にペースを上げるには、まだ相応の時間が掛かりそう。ひとまずは目標を定めずに、馬の状態に合わせて進める方針です」


秋ぐらいまで休養ですかねえ。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>