Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

第153回天皇賞・春

回を重ねて153回目の天皇賞、時代遅れだなんだと揶揄されるところですが1つくらいこういうレースがあってもいいと私は思います。
ただ春と秋は別のレースですあkら別の名前にした方がいいと思いますがね。

このレース強いのは阪神大賞典組でしたが最近は日経賞組も台頭しています。大阪杯組はスケジュールがめちゃめちゃだった11年こそ来ていますがあとは苦戦、勝ったのは11年のヒルノダムールを除けばスーパークリークくらいしかいないのではないでしょうか。阪神大賞典から天皇賞に行って連覇したマックイーンが、大阪杯から天皇賞に行って負けたというのは偶然ではないと思います。
あと菊花賞馬が強いレースですがトーホウは近走不振で、キタサンはその大阪杯からの参戦、悩むところです。

◎ゴールドアクター
○シュヴァルグラン
▲タンタアレグリア
△サウンズオブアース
△アルバート

キタサンの逃げでスローが予想されますがあまりスローでヨーイドンになると瞬発力で見劣るスタミナ自慢には厳しくなります。逃げるのがユタカですからトゥンクルあたりがどこかで動いていってむちゃくちゃ上がり勝負にはならないと見ます。

素直に前哨戦の勝ち馬を◎○に、2着馬の取捨は難しいですが鞍上弱化のサウンズを下に見ました。
あと1頭アドマイヤデウスかアルバートでしたが意外と京都記念を使ってる馬は来てませんのでアルバートにしました。

サウンズまでのボックスと◎-アルバートの馬連、
意外と人気ないので○-アルバートの馬連も追加します。

当たりますように。
スポンサーサイト

| G1 | 13:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>