Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

日本の中心でハーツ愛を叫ぶ 4月-2

今年はあまり騒いでませんが第1回サンチバmp終了、そろそろ2歳も入厩馬も増えてきてますね。スロースタート覚悟のウチの子たちには縁のない話ですが。

ルヴォワール
20160429C01.jpg
NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20~22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15秒(うち1回はハロン17秒)のキャンター1本の調整を行っています。ここ最近は速めの時計で負荷をかける日とフォームを確認しつつじっくり乗り込む日を設けるなど、メリハリを付けた調整を行っています。走りの質自体は確実に向上していますので、今後もリズムを重視しつつ調教を課すことで、成長を促していければと考えています。


やはりマイペースの調教ですね。この馬は今年のツアーで見れると思ってます。

レッドコルヴィス
20160429C02.jpg
(富田ステーブル)
引き続き順調に乗り込みを進めることができており、週2回はBTCの坂路で15-15を消化。周回ダートコースや直線ウッドコースも使用しながらという内容で、トラブルなくメニューを継続することができています。フォームを崩すことなく坂路を駆け上がってくるように、体力も備わってきて余裕を持って稽古に取り組んでくれていますしね。十分な運動量で進めることができていますし、成長を阻害することなく体力強化を図ることができているかと思います。まだ移動等についての具体的な話はありませんが、ある程度こちらで土台を作ってからになると思いますので、現状のメニューを基本として、タイミングを見ながらもう一段階のペースアップをと考えています。ここまでリズム良くきていますので、脚元はもちろん体調面の小さな変化も見逃さないように今後も進めていきたいですね。


というわけでこちらもそれほど早いデビューにはならなさそう。ルヴォワールよりは早そうですけどね。秋の早いうちかなあという感じ。

レッドジェノヴァ
20160429C03.jpg
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m(F17)。馬体重478キロ。
担当スタッフ「この中間も直線主体に順調ですが、まだ走りには力みがありますね。力みは背腰の筋肉疲労につながりますので、その辺りはしっかり矯正に努めます。このまま速いところにいくと却って力みが増してしまうことも考えられますので、まずは精神面の成長を図りながら、合間に軽めの調整も挟んだりして対処していきます。走り自体はダイナミックで良いものがあるので、心身のバランスが整ってきてからの動きが楽しみです」


この仔はハーツ産駒ではありませんがやはり時間がかかりそうですね。いつ心身のバランスが整うか? がカギですね。

ロードブレイク
ロードブレイクは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「4月後半に入ってからも休まずにコースへ。週1、2回の割合で15-15を繰り返しているものの、依然として脚元等に反動は感じられません。この調子で鍛え込めば更に良化が見込めそう。移動時期を考えるには、もう少し時間が必要だと思います


デビューが早いとすればこの馬だろうと思ってるのですが、コルヴィスみたいなことを言ってますねえ。コルヴィスと同じくらいのデビューでしょうか。

メロウハート
メロウハートは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「ここに来て15-15を試す場合も。コンスタントに消化するのはまだ先ですが、ひとまずは無難な対応を見せている部分を評価しましょう。管理予定の高柳厩舎へ同期の1頭が入厩を果たしたものの、本馬については北海道で更に鍛えたいと思います


ハイ、この馬も遅くなりますよ宣言出ました(笑)。まあアクシデント報告がない分よかったとしましょう。
スポンサーサイト

| 育成馬報告 | 16:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>