Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(4/20)

今更感もありますがGCのゴルシ特番、今日初めて見ました。もしやと思って見てたのですがやはり出てましたね。

5番ゴールドシップの後ろを歩いてる6番チャイナキッス

レースはゴルシ圧勝でわがチャイナキッスは大きく離された最下位争いを見事制し堂々最下位でゴールイン(涙)、未勝利で地方に流れ結局繁殖牝馬になれなかったようですがいまどうしてるのでしょうか。

レントラー
松永昌厩舎
20日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は申し訳ありませんでした。栗東に戻ってきて現地の様子をよく聞きましたが、レース後すぐに息が入って、走り切ったという様子ではなかったそうです。久々ということもあって走る方に気持ちが向いていなかったのでしょうか。今朝から乗り出していますが、今のところ疲れた様子は見せていませんし、馬体に傷みなどもありません。このまま問題なければ次走に向けて進めていきたいと思います」(松永昌師)


昨日たくさんあったせいか今日のキャロは1頭だけ。
ユタちゃんに続き松ちゃんも謝罪、馬が本気で走ってなかったというようですが、12月のアクシデントでDA馬になってな蹴ればいいんですがねえ。かって寝違い一発でクラシック候補からDA馬に成り下がった馬もいましたからねえ。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、4月23日(土)京都・3歳未勝利・混合・ダート1400mに岩田騎手56kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位26番目、同順位3頭で除外対象です。4月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.0-39.2-26.0-13.4 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手を0秒5追走して1秒1先着。短評は「坂路コースで入念」でした。
・橋田調教師 「4月20日(水)は坂路で。最後に軽く気合いを付ける形でした。チップを入れ替えて重い馬場に。その影響で幾らか時計を要しています。スタンバイしているものの、今週の京都はダート短距離戦が2鞍のみ。出走を果たせるかは微妙かも・・・」
≪調教時計≫
16.04.20 助手  栗東坂良1回     53.0 39.2 26.0 13.4  一杯に追う 坂路コースで入念
         パッソ(3歳未勝利)一杯を0秒5追走1秒1先着


今週出走予定ですが微妙かも…というお言葉。ネトケ想定では26頭ですから厳しいですかね。もっとも師匠は1800でも行けるといってたはずですがねえ。

ロードレグナム
ロードレグナムは、当初のプランを変更して4月23日(土)京都・3歳500万下・混合・ダート1800mに小崎騎手55kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位1番目、同順位9頭で出走可能です。現在は栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。馬自身の状態に応じて追い切りを行ないます。
・浅見調教助手 「騎乗トレーニング再開後も馬自身の状態は安定しています。今週の想定表を確認すると、京都のダート1800m戦が少頭数の見込み。ここは狙うべきでしょう。4月21日(木)に微調整を施し、出馬投票へ向かう予定。減量騎手で臨む方針です」


順調に中1週で出撃、「少頭数の見込み。狙うべきでしょう。」ってレースに出ることが目的じゃあないんですがねえ(苦笑)。
この間のレースをモニターで見た時にこの馬の馬体がよく見えたんですよねえ。ちゃんと調整すればもうちょとやれる馬なのかもしれませんが。

ルアンジュ
ルアンジュは、4月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に58.4-43.0-28.1-13.9 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・笹田調教師 「4月20日(水)は全体58秒4でコース頂上へ。まだ戻ったばかりですからね。今朝はラストまで手綱を抑えたまま。放牧を挟んでリフレッシュの効果は感じられますよ。あと3週間ぐらいで態勢が整うはず。京都、新潟の両睨みで考えましょう」
≪調教時計≫
16.04.20 助手  栗東坂良1回     58.4 43.0 28.1 13.9  馬なり余力 坂路コースで入念


新潟一択かと思いきや京都との両にらみだと。まあいいですけどね。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はCウッドコースにて追い切りました。
 CW 69.2-53.9-39.7-12.1 馬なり
外レッドカイザー強めを5Fで0.9秒追走、2F併せで0.3秒先着
内ネオアトラクション馬なりに5Fで0.7秒追走、2F併せで0.1秒遅れ
助手「手応え良く直線に向いて3頭併せの真ん中を行きました。仕掛けてもスパッとした脚はありませんでしたが、ジリジリながらも最後までよく伸びていました。ゴール板を過ぎてからひと追いする予定でしたが、グーンとスピードにも乗ったところで他の厩舎の馬と重なって進路を遮られたのでそれ以上無理はしませんでした。今日の走りから東京コースはピッタリだと思います」


セシリア妹をおっかけて先着ですから悪い追いきりではないですね。ただ後ろから行ってという馬ではなさそうです。で、どういう走りをすると「東京がピッタリ」なんですかね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 22:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>