Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(4/13)

船橋のマリーンCは1番人気の流目瑠騎乗ののブチコが除外、2番人気を分け合った出室のフォーエバーモアがお約束の(笑)出遅れをかましたなかキャロ馬ヴィータアレグリアが勝ちました。ちょっと前まで500万下で悶絶してたと思うのですがあっというまにGウィナーになりましたねえ。

レントラー
松永昌厩舎
13日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はCWコースで併せて追い切りました。道中は相手の外側を追走して、直線でビッシリと追われると最後は1~2馬身ほど先着を果たしてくれました。ちょっと休んでいましたし、帰厩してきた時はさすがに少し緩さもあるのかなという感じがしたのですが、ひと追いごとに締まりが出てだんだんといい体つきになってきましたね。今日追い切ったことで息遣いなど中身もまたグッと良くなってくるでしょう。当初は来週の京都開催を目標にしていたのですが、登録の段階で頭数が少なかったこともあって中山の特別に登録させていただきました。今週の追い切りもしっかりと動けていましたし、この馬のことをよく知ってくれているユタカを鞍上に確保できたこともあって、今週の競馬に向かおうと思います。休み明けですが、このクラスでは能力上位ですし、仕上がりも決して悪くありません。初めての中山コースでもいい競馬をしてくれると思います」(松永昌師)
17日の中山競馬(鹿野山特別・芝2000m)に武豊騎手で出走を予定しています。


先週までは仕上がらなさそうな感じで来週と言ってたのですがお得意の予定変更、まあ初コースですが時計に限界のある馬なので、開幕週の京都よりは中山の方がいいと思いますが、なんなんですかねえ、このGDGDしたコメントは。
関西の先生は目標を決めてそこに馬を作っていくと思ってましたが例外もあるようです(笑)。

クラシカルチュチュ
佐々木厩舎
13日は軽めの調整を行いました。
「休み明けということでレース前から少しカリカリしていたのですが、装鞍所で他馬が放馬したことで余計に興奮してしまい、鞍を置くのにも一苦労でした。ジョッキーは返し馬の時もパニック状態だったと言っていましたし、競馬を迎える前の段階で体力的にも精神的にもしんどかったのだと思います。ただ、レースが終わってからは思ったほどの疲れも見せていません。今朝は軽い運動程度に動かして、この後も反動が出てこないようならばこのまま在厩で次走へと向かっていく予定です」(佐々木師)


陣営はあくまで「敗戦はイレコミのせい」と言い張るようです。一応続戦のようですが気性が落ち着くかでしょうね。

ロードレグナム
ロードレグナムは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、5月8日(日)新潟・わらび賞・混合・ダート1800mに予定しています。
・浅見調教助手 「厳しい結果に。このクラスで好勝負に持ち込むには、今しばらく時間が必要かも・・・。一旦はリフレッシュ放牧を考えたものの、レース後も特に変わらぬ様子でしたからね。このまま厩舎で調整を続け、新潟2週目を目指そうと思っています」


アサミンジョッシュも辛口でんなお。で当然のごとく続戦。新潟に行くようですのでまた師匠は乗らないのですね。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月23日(土)京都・3歳未勝利・混合・ダート1400mに岩田騎手で予定しています。
・橋田調教師 「4月13日(水)は普通キャンター。左前脚は落ち着いています。ただ、ちょっと背腰が疲れ気味。整体やマッサージ等でケアしつつ進めて行きましょう。次週へ向けて調整を続ける方針ながら、回復次第では予定を先延ばしするかも知れません」


この馬は「なんか様子が変です」と言われなければいいとしましょうか。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 61.4-45.0-29.4-14.4 馬なり
角居調教師「今日は普通のところでしたが、毎日のように15に近いところを乗っているので運動量は十分です。今はすごく落ち着いていますし、こういった調教パターンが合っているのかもしれません。テンションが上がりやすいタイプなので週末に大きめを乗ると自然と気も乗ってくると思いますけどね。予定では30日の京都に向かう予定でしたが、福永騎手が乗れないということですし、以前騎乗した岩田騎手がもう一度騎乗したい話していたので、その日の東京6R(D1600m)に岩田騎手で向かうことになるかもしれません」


うん? 福永を確保したんじゃなかったんですかねえ。しかも1400と言ってたのに1600に使うと。結果どう出ますかねえ。

レッドシルヴィ
(鹿戸厩舎)
引き運動の調整
鹿戸調教師「レース後は厩舎周りの引き運動で様子を見ています。上がりの歩様などに問題はありませんが、馬体重が減っていたのも多少影響したのかなと思いますし、テンションの上がりやすい馬なので、続けて使うか放牧に出すかはもう少し様子を見て判断することにしています」


ちなみにブックによれば「馬体が回復すれば勝ち負け」との評、ただだいぶ減ってましたし一息入れることになってもしょうがないですね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>