Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(4/12)

今日金沢で乗ったナナコ姫は2勝をゲット、これで5勝、地方を含めた成績ではありますが勝ち星ではコーヤ君を抜いてトップに躍り出ました。明日は船橋だそうで、若いとはいえ大変でしょうがとにかく乗って行って経験を積まなければうまくならないですからね。ねもっちゃんはし央では乗鞍に恵まれない若手の育てかたはこれしかないということをしっかりやってますね。でもユータローはなぜそうしないんだろ。

エルマンボ
NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「トモの疲れはだいぶ抜けてきたので、週明けからは騎乗して周回コースと坂路で軽いキャンター調教を開始しました。ゆったりと楽をさせていた分、ちょっと元気があり余っている感じですが、適度な負荷をかけていけば徐々に本来のちょうどいい活気を見せてくれると思います。もうしばらくは強い負担はかけずじっくりと取り組んでいきます」(NFしがらき担当者)


気が付けばずいぶんキャロの休養馬が増えましたね。今一つ調子の上がらないエルマンボですが、この感じなら東京に間に合いそうです。調子の悪い時に無理に使わなければ早く復帰できるんですよね? 堀センセ!

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「ダメージが少なくて回復が早ければすぐの競馬も考えようという話になっているので、状態の見極めは慎重に行っています。乗っていく分には問題なく、前回帰ってきた時に比べると硬さもそこまで目立っていません。また、毛ヅヤ等も問題ないので、状態は悪くないと思います。ただ、トップラインは若干寂しく見えるので、もう少しだけでも時間があればという思いでいます。ギリギリまでこちらでケアと調教をさせてもらって送り出す形を採れないか、上原調教師と相談してみます」(天栄担当者)


こちらは予想通り放牧へ、さすがにテンエーも今度はもう1戦頑張ってみたら?とは言わなかったようです(毒)。まあそんなにダメージが割るわけではなさそうですので東京戦も視野に入るかと思います。今の戦法をとる気なら東京戦もあるように思います(ノリスペシャルは中山より東京の方が決まりますよね)。

アプリコットベリー
NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「乗り出してからも反動は見られず、この中間も周回コースでゆったりとしたキャンター調整を行っています。引き続き、変にテンションが上がるようなこともなく、落ち着いて走ることができていますよ。馬体減りも見られずふっくらとしているのもいい傾向ですから、このまま調整を進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


4歳勢は降級というのがありますからね。おそらく5月までにどこか使うんでしょうが…福島は考えてみなかったのかなあ。

リュラ
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間もペースアップによる反動が出ることもありません。週2回ほど15-15に近いところを取り入れて乗り込みを行っていますが、トモの状態も引き続き安定していますし、だんだんとしっかりと動けるようになってきました。負荷を強めても馬体減りは見られませんから、この調子でさらに良化を促していきたいですね」(NFしがらき担当者)


この馬、絶対に何か隠してると思ってます。たぶん「おしりの筋肉を傷めた」というのは実は重傷だったんじゃないかなー。ともかくこれだけの馬が未勝利に終わったら進退問題ですからね。ナントカシナサイ!

ルアンジュ
ルアンジュは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター1500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「食欲旺盛で馬体に余裕が感じられるように。そのあたりを踏まえ周回コースでの運動を取り入れ、時折ハロン18秒より速いペースでも走らせていますよ。ここまでは順調と言えそう。あと2、3週ぐらいで移動の段取りが組まれるのでは・・・」


この馬もやはり6月前に使いたい口でしょう。好走条件がはっきりしませんが、新潟がよさそうな気がします。カズ君どうしますかね。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。3月31日(木)測定の馬体重は516kg。
・当地スタッフ 「ショックウェーブ治療を継続。望むべき方向へ進んでいると思うものの、さすがに急激には変わらないでしょう。どの時点で次のステップへ移るか・・・は獣医師の判断。毎週チェックを受けており、意見を仰ぎながら取り組みたいと思います」




で日曜日にでた馬の言い訳集(笑)、吉田兄は昨日乗せましたからほかの2頭
ロードレグナム

ロードレグナムは、4月10日(日)阪神5R・3歳500万下・ダート1800mに小牧太騎手56kgで出走。11頭立て9番人気で7枠9番から平均ペースの道中を11、11、11、11番手と進み、直線では最内を通って2秒6差の8着でした。馬場は稍重。タイム1分55秒1、上がり38秒4。馬体重は増減無しの492kgでした。
・小牧騎手 「乗り方に関して特別な指示等は無かったですよ。ただ、今回は昇級戦。あまり道中の追走から余裕が感じられず・・・。ラストまで頑張っており、何頭か交わしての入線。ただ、相手もバテていましたからね。揉まれて徐々に力を付けながら・・・なのかも知れません
≪2016年4月10日 阪神5R 3歳500万下 ダ1800m 稍重 11頭≫
1着スズカミラージュ  56Mデムー1.52.5    (3・3・3・3)36.8 476kg-2kg
2着シゲルキハダマグロ 56松 山 1.52.6 1/2  (4・5・5・3)36.7 434kg-2kg
3着エキドナ      54藤岡康 1.52.9 2  (2・2・2・2)37.4 488kg-10kg
8着ロードレグナム   56小牧太 1.55.1    (11・11・11・11)38.4 492kg 0kg


師匠ほどではありませんがコマッキーも辛いですねえ。道中ついていけず、最後もばててませんから1800でも短いのかもしれません。となるとエルマンボみたいになっちゃうのかなあ(あれほど能力はなさそうですが(苦笑))

クラシカルチュチュ
佐々木厩舎
10日の福島競馬では中団後方から進めて、後半勝負に挑む。勝負どころから徐々に勢いをつけて前へと迫っていきたかったが、ジリジリとした伸びで7着。
「今日は装鞍所で他の馬の放馬があって、そこからイレ込んでいたということでした。僕が跨ってからもイライラしていましたし、レースを待ってる時の輪乗りの際にもイライラ、カリカリしていて発汗していましたから、精神的に辛かったのだと思います。レースでは何とか我慢はしていましたが、余力がない感じでした。やはりレース前のイレ込みが堪えたのではないかと思います。枠が別ならまた違った競馬をできたとは思いますが、今日は何にせよ度外視できるはずです。感触はいいものを持っている馬ですし、チャンスはあるはずですが、気持ちの高ぶりを抑えつつ、集中力をレース本番で発揮できるようになってくれたらもっといいはずです。コーナー4つのコースも上手に対応してくれていましたから、条件自体が悪いとも思いませんでした」(鮫島駿騎手)
「今日はちょっとテンションが高かったのですが、そこにアクシデントが重なってしまいました。というのも、装鞍所で他の馬がかなりうるさくなって放馬してしまい、走り回っていたんです。それを見て、クラシカルチュチュもさらにイレ込んでしまって、鞍を置けないかと思うほどの状況でした。下見所ではまだマシなほうでしたけれど、それでもカリカリした様子を見せていましたし、今日は競馬になりませんでした。立て直したこともあって具合は良かったですから、ここは良い競馬ができると思っていたのですが、非常に残念でなりません。素質的に上位争いができる馬だと思いますが、優先出走権を外してしまったこともあり、今後についてはよく考えなければいけません。このあとさらにイレ込んで苦しくなってしまうようならば無理はできませんし、まずは帰って状態をよく見てから、どうしていくか考えていきます」(佐々木師)
前走後に立て直しを図り、パワーアップして臨めるだろうと考えていましたが、レース前のアクシデントの影響からイレ込みが酷くなってしまいました。外見上大人しく競馬はできましたけれど、戦前の消耗がきつくて余力がなくなり終いの伸びにも影響したのでしょう。今回は参考外と言えると思いますし、次走での巻き返しに期待したいと思います。今後についてはレース後の状態をもとに判断をしていきます。


「装鞍所で放馬した馬がいてイレ込んだ」という新しい言い訳が追加されました(苦笑)、それを差っ引いても見どころのあるレースだったとはいえませんしねえ。正直この馬は厳しいのかもしれません。
リュラ? あれは勝ち上がらなきゃヒガシギンザのエイトコロニーでクーデターが起きますからね(笑)
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>