Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

日本の中心でハーツ愛を叫ぶ 2月下号

ルヴォワール
20160302A01.jpg
NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20~22秒のキャンター1800m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。しっかりと負荷をかける中にあってもカイバをきちんと食べることができており、状態は上昇傾向にあると言えるでしょう。しかし、走りを見ると更に体力を付けていく必要性を感じさせますので、スピード調教よりも乗り込み量を重視しながら鍛えていくことで良化を促していく方針です。


平たく言うと「まだ体力がついてないから当分鍛えていく」ということでしょう。まあデビューが早いとは思ってませんから仕方ありませんね。馬体はいい感じと思いますが、胴が詰まってきましたかね。

ストライキングヴェイル14
20160302A02.jpg
(富田ステーブル)
今は坂路で週に2~3日、17-17くらいのペースで乗っており、引き続き屋内の1周600mダートコースでも5周、ハロン21~22秒程度で乗っています。3月に入ったら坂路でのペースをもう少し上げて、15-15を週に2日くらい乗っていきたいと考えています。相変わらず稽古には真面目に取り組んでくれていますし、乗っているぶんには性格的にも問題はなく、飼葉の食いも良好ですね。馬体重は490キロと、乗り進めていく中でもさらに体は増えて来ています。特にどこかが悪いというわけではないのですが、先日、定期的に来てもらっている獣医の先生に馬体や歩様のチェックをしてもらいました。多少筋肉に疲れが見られるとのことなので、念のために筋肉注射を打ってもらっていますが、調教メニューに影響はないですし、日が経つにつれて張りも取れてきたような印象です。ここまで特に問題なく進めることができているので、この後も引き続き様子を見ながら、さらなるペースアップを図っていきたいと思います」


東サラだけがまだ馬名公表になってません。
初起用の富田ステーブル様ですが文章が長いですねえ。問題なく進められてるようで何よりです。こっちはルヴォワールよりかは早いかな。

コロンバスサークル14
20160302A03.jpg
(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重470キロ。
担当スタッフ「引き続きマシン運動のみにとどめ、背腰の筋肉疲労のケアを行っています。レーザーとショックウェーブも施しており、歩様は悪くありません。ただ、ここはもうひと我慢して、今しばらくは運動調整にて楽をさせるつもりです」


今のところこの馬だけがストップした状態です。馬体もちょっと冴えませんね。もうしばらくの我慢です。

ロードブレイク
ロードブレイクは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「次のステップに向けて心肺機能向上を図る毎日。この2歳世代は産地馬体検査を受ける考えをあまり持っておらず、仮に早期始動が叶いそうな場合は直接トレセンへ運ぼうと思います。ガンガン使えそうな頑丈さを備える本馬も候補の1頭でしょう」


育成能力疑問なケイアイスタッフさんによれば早期稼働可能らしいです。まあ母からいえばそうでしょうね。ガンガン使えるそうということですが、この先生ではガンガン使ってくれなさそう(苦笑)。

メロウハート
メロウハートは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「強目のトレーニングを行なった翌日も脚元に反動は生じておらず、極端に疲れた素振りも見せていません。また、母の仔に多く認められるピリピリした特徴も思いの外、影を潜めたまま。3月以降のペースアップへ向けて順風満帆と言えるでしょう」


これも順調そうではあります。ちなみにレディマーメイドの子はダズリングワールド1勝、オーシュペール3勝、ロードフェンネル1勝、ときてこの馬の上のゴールドコースト未勝利となってます。
ゴールドコーストはロードではなく中村氏名義で走ったところをみると出来が悪かったと思われますので、クラブで募集になるくらいのレベルであれば1つは勝てるということになります。ロードは緩やかな撤退を検討してるところですが、この馬あたりで引き伸ばしてくれるでしょうかね。
スポンサーサイト

| 育成馬報告 | 00:45 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

私のハーツ産駒は

入厩後に心房細動起こして北海道に戻されデビューのめども立ってません(泣)

| Nashwan | 2016/03/02 21:37 | URL |

Re: 私のハーツ産駒は

> 入厩後に心房細動起こして北海道に戻されデビューのめども立ってません(泣)

この馬はどうしても馬の形が気に入らなくて見送ったんでしたっけ。
この世代東サラのハーツ産駒はボーンシストで出遅れてその後もアクシデント続きでしたが、ナントカ今週デビューするようです。
私が出資したハーツ産駒は10戦めを目指して昨日帰厩したそうです。

「デビューするだけ」なら私の圧勝ですが(笑)、要は勝たなきゃしょうがないのですよね。正解はまだわかりません。

| ルクソール | 2016/03/02 22:03 | URL |

キャロットで

最初に持ったのがエクスプロードのお姉さんだったんですよね。1勝だけしてその後南関東に行ったので時々大井で馬券買ってました。結局繁殖になりましたがノーザンに戻れませんでした。

保証が無くなりましたからデビューしてくれないと飼い葉代だけ取られるので、空しいです(泣)

| Nashwan | 2016/03/02 23:31 | URL |

Re: キャロットで

> 最初に持ったのがエクスプロードのお姉さんだったんですよね。1勝だけしてその後南関東に行ったので時々大井で馬券買ってました。結局繁殖になりましたがノーザンに戻れませんでした。
>
> 保証が無くなりましたからデビューしてくれないと飼い葉代だけ取られるので、空しいです(泣)

ティアレですかね。地方へ行った時点でノーザンは戻す気はないということなんでしょうが、繁殖入りしてくれればどこかで子供が走るのを見ることができるかもしれませんよね。ウチで言えばレイズ君の姉、ミラクルカクテルがそうです。流浪の旅人チャイナキッスは繁殖馬になれなかったようですが、クラリスはどうなるんでしょうね。

| ルクソール | 2016/03/03 19:31 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>