Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(2/4)

今日は立春…ということは「私の16歳」を歌ったあのお方がとうとう50になってしまったわけであります(あのお方だけではないですが(謎笑))。ちなみに「IYOはまだ16だから」と歌ったお方や「いわゆる普通の17才だわ」と歌ったお方はとうの昔に50になっております。いまから30年も昔の話ですなあ(遠い目)

ロードが更新せず、東サラの入厩馬がないとなると、あとはキャロしかありませんが、そのキャロの入厩馬は1頭しかいません。

リュラ
松田博厩舎
3日は栗東CWコースで追い切りました。4日は軽めの調整を行いました。「水曜日はCWコースで単走の追い切りを行いました。坂路だとちょっとうるさいところを見せますが、角馬場でしっかりダクを踏んでから、CWコースでゆっくりスタートするとかかることもありません。終いをビシッと追っていい動きだったので、今週でも使っていってもいいかなと思ったぐらいでしたが、追い切り後厩舎に戻ってから右トモを気にする素振りをしていたため、レースは延ばすことにしました。念のためレントゲン検査、エコー検査はしていますが、骨などは問題ありません。おそらくお尻の筋肉をちょっと傷めたためで、今朝の曳き運動を見ていても大きな問題はなさそうですが、慎重に様子を見ながら進めていきます」(松田博師)


やはり今週使う気でいたみたいです…が馬が身を以って拒否したようです(笑)。
というわけでマツヒロ厩舎所属として出られるのは多くてあと1戦になりそうです。
で、続々とマツヒロ厩舎からの流出先が明らかになっていますが、実績のないこの馬はどこ行くんでしょうねえ。
ほっておくと新規開業厩舎に振り分けのはずですからナベちゃんかシンスケしゃんになるはずですが。

京成杯2着のケルフロイデの骨折が判明、一応手術は成功したようですが予断を許さない状態のようです。
やりたくて骨折させてるわけではないでしょうが過程がねえ、ヴァシリーサといい天栄はいったい何やってんだか。
ウチの馬ではレイズ君もやらかしてくれたし、べルーフ同様「破壊王」の称号を進呈しましょうか。

スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 22:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>