Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

今週の結果分析+愛馬リポート(11/24)

変則開催の今週、キャロは今日更新がなかったのですがロードは更新してますし、さらに月曜日の言い訳コメントがあります。

アプリコットベリー
大久保厩舎
23日の京都競馬ではゆったりとしたスタートから後方を追走。直線で脚を使うも前との差をなかなか詰めることができずに13着。
「ゲートの中ではおとなしくしていますし、小さな馬なので出るのも速そうなのですが、なかなか出ようとせずにモッサリとしたスタートで後方の位置取りになりました。それでもまずまず流れに乗ることはできていたのですが、道中で内にいた馬にぶつけられてしまう場面があり、そこでハミを噛んでしまったんです。わりとすぐに抜けてくれましたし、最後の直線もそれなりに脚を使ってくれてはいるのですが、やはりその不利の影響はあったと思います。うまく乗れずに申し訳ありません」(松若騎手)
「もう少し前々で進めたいところでしたが、スタートが決まらず後方からになってしまいました。ただ、直線はよく脚を使っているし、以前よりは当日輸送にも対応できるようになっていますね。馬体も細いという感じではありませんし、この馬なりにしっかりしてきていますよ。この後は一度放牧に出して体に余裕を持たせて、年明けの競馬を目指します」(大久保師)
理想は滞在競馬なのでしょうが、当日輸送でも大きく馬体を減らさず競馬に臨むことができました。スタートが遅かったために後方からの競馬を余儀なくされましたが、直線はしっかりと脚を使って追い込んできてくれたと思います。この後については、いったん放牧に出してリフレッシュさせてから次走を検討していきます。


私にはどう見ても「出遅れて後方をついて回っただけ」にしか見えないのですがねえ。脚使ったといっても
一番後ろからレースしてんだから上がり3Fが速くなきゃお話にならないでしょ!
ぶつかったとかナントカ言ってますが
京都は3回走って13着、8着、13着という結果は真摯に受け止めなければならないと思います。
よさそうに思えるのですがレントラー同様何かが合わないんでしょうね。小倉がいいのでしょうから福島とか考えてみませんかねえ。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク2000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)。
・当地スタッフ 「キャンター開始後も脚元に悪い兆候等は無し。さすがにトントン拍子には進められぬものの、少しずつでも前進を果たせている点は評価できるでしょう。ここに来て多少ペースを速める形。具合を探りつつ、運動量も増やして行きたいですね」


クラシカルチュチュがデビューしましたから残るはこの馬だけ、でもかなーーーりデビューは遅れそうです。相方が最も期待してない馬だけにバブリーズは青組だけ壊滅の可能性もあります。

ルアンジュ
ルアンジュは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分。
・当地スタッフ 「数字は大きく変わらぬものの、やはり外見上は多少スッキリ。飼い葉は食べているだけに、徐々に回復が図れると思います。まだ競馬を終えて日が浅いのも踏まえ、ひとまずはウォーキングマシンのみ。跨り始めるタイミングを窺いましょう」


動いたばかりですからいきなりは何もないですね、しばらく待ちです。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 21:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>