Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(11/20)

昨日九州場所中に病院に搬送された北の湖理事長ですが今日死去したようです。やはり力士は無理重ねてるせいか寿命が短いですよねえ。
で、北の湖理事長も最後に見たのが「横綱の猫だまし」じゃ慙愧に堪えないでしょうね。ハクホオショウにも言いたいことはあるんでしょうがこれを機に改心してくれれば…ですがね。

本題

レッドクラリス
(ミホ分場)
マシン60分。馬体重472キロ。
担当スタッフ「先週末に獣医に診てもらったところ、背腰にやや張りが見られるので、もうしばらくはマシンだけで、ケアしながらゆっくり進めて行きます。以前気にしていた爪などは問題ありません」


ミホ分場様はいろいろやってくれます。工夫&熱意が足りないのはKM先生だけなんですよねえ。

レッドウィズダム
(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重520キロ。
この中間も周回コースと坂路を併用して調整しています。これまで15-15を2本消化し、問題なく動いていたので、今週水曜日には1本目となる13-13を消化しました。戸惑うことなくスピードに乗っていましたし、息づかいも良く、重たさを感じさせない動きを見せていました。本馬は態勢が整ったことから、来週の検疫で栗東トレセン・角居厩舎に帰厩する予定となりました


13-13をやって年内に使いそうな雰囲気でしたがやはり戻しましたね。問題は芝を使うかダートを使うかですね。F永もいませんから誰を乗せるかも注目です。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 21:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>