Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

今週の結果分析

日曜日に出た2頭の敗戦の弁

ロードレグナム
ロードレグナムは、11月15日(日)京都3R・2歳未勝利・混合・ダート1800mに戸崎騎手55kgで出走。11頭立て6番人気で2枠2番からハイペースの道中を6、9、9、8番手と進み、直線では大外を通って1秒8差の5着でした。馬場は不良。タイム1分53秒5、上がり39秒0。馬体重は20kg増加の502kgでした。
・戸崎騎手 「可能ならば前々で・・・との指示。スタートは上手く決まりました。ただ、なかなか行き脚が付かなくて・・・。スピードに乗るまで幾らか時間を要すタイプですね。最後までジワジワと伸びたのは、序盤に無理を強いなかった分では・・・。背中の感じが良い一方で、ちょっと捌きが硬い印象。そのあたりが解消すれば、もっと走れるでしょう。数字が増えていた割に重々しさは感じなかったものの、まだ馬体には緩さが残っている状態。これから良化を遂げるのかも知れませんね
≪2015年11月15日 京都3R 2歳未勝利(混) ダ1800m 不良 11頭≫
1着セータコローナ   54ルメール1.51.7    (1・1・1・1)38.2 488kg+6kg
2着ウインランブル   55松 山 1.52.6 5  (6・4・5・2)38.8 464kg+2kg
3着グレートジーピー  55浜 中 1.53.0 2.1/2(9・8・2・5)39.2 482kg-8kg
5着ロードレグナム   55戸 崎 1.53.5    (6・9・9・8)39.0 502kg+20kg


ケータのコメントにあるようにスタートはよかったのですがズルズル後退してビリから3番目のレース、勝ったセータコローナの時計はレコードタイだったらしいですから速すぎてついていけなかったのかもしれませんね。逆について行った組がバテバテになったところを差してきて5着、まあばてずに伸びてきたことは評価できるかと。逆に言えばもっ長い距離の方がいいのかもしれませんね。権利をとれましたから次はどこでも使えます、ダート1800の未勝利戦は毎週ありますが、助手先生、ケータとは言いませんが騎手にこだわってくださいよ。

ルアンジュ
ルアンジュは、11月15日(日)福島7R・3歳上500万下・芝1200mに幸騎手54kgで出走。16頭立て7番人気で4枠8番からハイペースの道中を6、6、4番手と進み、直線では内を通って0秒2差の9着でした。スタート直後に挟まれて1馬身の不利を受けました。馬場は重。タイム1分11秒1、上がり36秒5。馬体重は増減無しの470kgでした。
・笹田調教師 「最後は伸びそうで伸び切れませんでした。ずっとコース内側を通らされる形。着順ほど大きく負けておらず、馬場の綺麗な外目へ持ち出せていれば結果も違ったのでは・・・。短期間に2度の長距離輸送を経たのに加え、5着を外して見通しを立て辛い状況。ここで一旦リフレッシュさせるのがベターかも知れません」
≪2015年11月15日 福島7R 3歳上500万下 芝1200m 重 16頭≫
1着ミンナノプリンセス 54丸 山 1.10.9    (  2・2・2)36.8 452kg 0kg
2着オウノミチ     54加藤祥 1.10.9 首  (  4・3・3)36.6 474kg+2kg
3着マサノハナチャン  55杉 原 1.10.9 鼻  (  6・11・12)36.0 448kg-6kg
9着ルアンジュ     54 幸  1.11.1    (  6・6・4)36.5 470kg 0kg


こっちは逆に先行して粘るところを外からズドドドッと差されてしまいました。9着とはいえ勝ち馬から0.2秒差ですからもうひと頑張りほしかったところですね。権利は取れなかったし、この時期芝の短距離戦も減ってしまいますからしばらく休みでいいかもしれません。
スポンサーサイト

| レース出走 | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>