Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(10/30)

柔らか銀行の松田がFA宣言するとか、それは権利行使だから個人の自由なのですが、ドラネコーズが調査に入るとか。あんたがた、若手を育てるんじゃないのかよ?
ところでアニキの2軍監督は掛布らしいです。監督の器にはみえないけどね。

本題

レッドセシリア
(ノーザンファーム天栄) 
担当スタッフ「今週も火曜日に坂路で40秒ぐらいのペースで追い切っていますが、膝の状態も良くトモもしっかりと踏み込める様になっているので、動きには軽快さが目立ちます。手先が軽くキビキビしたフットワークで騎乗したスタッフも好感触でしたし、追い切りを重ねてもカリカリしたところも見せないので、気持ちにも余裕があるのでしょう。まだ曜日までは決まっていませんが、先生からは来週、検疫が取れ次第入れると連絡があったので、良い形で厩舎にお返しできると思います」


そろそろ戻すんでしょう。おそらくこれが最後の天栄でしょう。最近いい評価を聞かない天栄ですが最後までしっかり頼みますよ。

レッドシルヴィ
(ミホ分場→鹿戸厩舎)
明日、美浦トレセンに入厩予定となりました。今週はマシン60分、ダク1200m、キャンター2400mを20-20秒で調整しています。馬体重444キロ。
担当スタッフ「体もだいぶフックラしてきましたし、引き続き飼葉もしっかり食べています。明日の入厩を予定しており、多少うるさいところは見られますが、良い状態で送り出せそうですね」


次走セシリアとシルヴィは同じ週のレースなんですがこっちは戻すようですね。仕上がりの早さの違いなのかな。

2頭で終わりと思ってたら東サラメールは3通、もう1頭いました。

レッドウィズダム
(角居厩舎→吉澤ステーブルWEST)
本日入場しましたが、目立ったダメージは見られません。馬房では落ち着いていますが、到着時は立ち上がって馬っ気を出すほど元気な様子でした。左前脚の球節は若干の熱感のみで腫れや痛みはないので、今週一杯マシン運動で様子を見て問題なければ、週明けから軽めに乗り出すことにしています。


ウィズダム、昨日の感じではもうちょっとかかるような感じでしたがアッサリ入りましたね。コレガセカスミノゴイコウトウモノカ。
ちなみに「左前の球節」って初めて聞いたような気もしますが…

ルアンジュの姉で2年前スイートピーSで勝利目前のフロアクラフトを差し切ったリラ子さん、エビ判明で引退となりました。5歳秋、ちょっと早いですが、その分子供に向ける力が残ったと思いましょう。お疲れ様でした。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 20:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>