Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬レポート(10/28)

オレニホレルナヨ
南井厩舎
28日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は、パドックではマシだったのに、本馬場入場の時はいつにも増してイレ込みがキツかったですね。それにいつもは自分からハミを取って前へ前へと行くのですが、道中は手綱を引っ張ってスムーズさを欠いてしまうようなところもありましたし、走り切ったという感じではありませんでした。今朝はプール調教で軽く動かしているところですが、レース後は疲れた様子もなく、馬体の傷みもありません。馬房ではネコみたいにおとなしくて可愛いのに、競馬場でジョッキーが跨ると性格が変わったかのようにうるさくなってしまうんですよね。もう少し落ち着いてレースに臨むことができればいいのですが、久々を一度使ったことで少しはガスも抜けてくるでしょう。近走はもうひとつこの馬らしさが見られない内容になっていますし、次は条件を変えてダート戦も考えていくつもりでいます」(南井師)


M井師は当日いませんでしたがどこかで見てたのでしょうね。パドックでは(この馬としては)大人しかったのに馬場に入ったら…という見解は私も同意、今からではもう遅いですがどっかのタイミングで取っちゃった方がよかったのかもしれませんね。
頭打ちの現状にとうとうダートという話が出てきました。私個人ダートが向いてるとは思いませんがいろいろやらないと納得しない出資者様も多そうですからまあやってみるんでしょうね。芝なら中1週でみちのくSのはずでしたがダートとなるともう1週落として西陣Sでしょうね。2週後に貴船Sというのもありますが西陣Sはハンデ戦だけにこちらに出たいですね。どうせハンデは重くならないだろうし。

リュラ
松田博厩舎
28日は栗東CWコースで追い切りました。
周囲に馬がいるとスイッチが入ってしまうので、なるべく遅い時間帯に時計を出しています。CWには他に馬がほぼいない状況で、1周目から行きたがる素振りもなくスムーズ。最後まで気分良く走っていました。もう少し終いを伸ばしたかったのが本音ですが、普段坂路に入れてもやや行きたがって15-15に近い時計になってしまいますし、もう息はできているので、また週末にサッとやればいいでしょう。今ぐらいの落ち着きでレースに臨めれば力を出せるはずですよ」(松田博師)
11月7日の京都競馬(2歳未勝利・芝2000m)に川田騎手で出走を予定しています。


気になるのは気性の煩いところが顔出し始めているところですかね。あともうちょっと攻めてもいいように思うのですがそれが体が小さい影響なんですかねぇ。個人的には川田にこだわらなくても…と思いますが停止明けを待って川田のようです。

クラシカルチュチュ
佐々木厩舎
28日は軽めの調整を行いました。
「早ければ今週にもデビューをさせようかと考えていたところだったのですが、先週末の調教の際に、尻っぱねした他厩舎の馬に左の上腕部を蹴られてしまったんです。1センチぐらいの小さい傷で済んだのですが、思ったよりも深かったので、すぐに化膿止めなどの処置を行いました。その後は順調に回復して火曜から運動を開始し、今朝はもう坂路で普通キャンターを消化していますが、追い切りは控えたい状況なので、レースに関しては一度白紙に戻すことにします。週末には強めの調教をができそうなので、その内容次第で、来週使えるか、その次になるかなど具体的に考えていきます」(佐々木師)


馬に蹴られてしまってスローダウン、まあちょっと早いと思ってましたからよい方に解釈することにします。でもどの距離使う気なんでしょうかね。

ルアンジュ
ルアンジュは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、5回京都もしくは3回福島に組まれた芝の短距離戦を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・笹田調教師 「栗東トレセンへ戻ってからも特には変わらぬ様子。10月28日(水)は歩行運動までの調整ながら、近日中に再び跨り始めようと思います。5着以内を得ており、次走を優位に選べる立場。回復具合と番組表を見渡し、新たな目標を定めましょう」


続戦のようですがどこ行きますかね。ぱっと見11/22の京都の1400戦が目に入りますが…福島だと最終週の1200戦でしょうか。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、10月28日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.1-40.0-26.2-13.4 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒8先行して0秒6遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。11月14日(土)京都・枚方特別・混合・ダート1400mに福永騎手で予定しています。
・笹田調教師 「10月28日(水)も坂路コースで追い切っています。最後に時計を要しているように、まだ幾らか良化途上なのかも。終い1ハロンを12秒台で上がって来られれば・・・でしょう。鞍上に変更こそ生じたものの、再来週へ向けて仕上げを進める方針」
≪調教時計≫
15.10.28 助手  栗東坂良1回     54.1 40.0 26.2 13.4  一杯に追う 坂路コースで入念
         ワンダーアシャード(古馬1600万)一杯に0秒8先行0秒6遅れ


時計は平凡、今一つ調子が上がってこないようです。京都でも阪神でも中京でも問題ない馬ですからここは馬本位でいいと思います。

レッドヴィーヴォ
(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
鹿戸調教師「今日は曳き運動で調整しています。使った後なので、昨日までは少し歩様に硬いようなところがありましたが、今日はそこまで目立っている感じもなかったですし、覇気もあって飼葉の食いも悪くないですね。今日の状態を確認して上野騎手とも相談しましたが、やはり直線がダートコースの東京よりも、トリッキーなコースにはなりますが、福島のほうが合っていると思います。来週の福島の障害戦を上野騎手で使おうと思っているので、この後もしっかり状態を整えて行ければと考えています」(鹿戸厩舎)


権利はありますが適鞍がないだけに悩ましいところ、私はトリッキーなコースより直線ダートの方がましだと思いますがここはプロを信じるしかないですね。

レッドクラリス
(古賀厩舎)
ダートコース半周後、ウッドコースで追い切り。
10/25(日) ウッド 70.3-53.7-39.1-13.4 馬なり
10/28(水) ウッド
内キープインタッチ 66.3-51.1-37.8-13.5 馬なり
中レッドクラリス 66.7-51.7-38.3-13.5 馬なり
外ネオヴァンデロア 67.1-52.4-38.8-13.5 一杯
助手「今日はダートコースにて、3頭併せの2番手から直線は真ん中に入れて追い切りました。相変わらず動きは良いモノを持っていますね。日曜日の追い切りではチークを着けなかったので、今日は初めて馬具を着けての追い切りでしたが、特に違和感などはなく、嫌がるような感じも見せませんでした。むしろ今まで以上に反応が速くなった気がしますね。最後まで無理をする事なく、余裕を持ったまま良い伸びを見せてくれていました。今回は距離が延びますが、ペースも落ち着くと思うので、どれだけ我慢して脚を溜められるかがカギになってくるはずです。稽古での動きがレースの結果に結びついていませんが、条件も変わるので改めて期待したいと思います」
古賀調教師「今日はチークを装着して追い切りました。特に気にする様子もなかったですし、いつも通り今日の追い切りの内容も良かったと思います。レースでもそのままチークを装着する予定ですし、距離が長くなってゆったり走れるのはプラスに働くと思っています。予定通り今週の東京を北村宏騎手で使います」


チークを付けて距離を伸ばす…よーやっとKN師が重い腰をあげました。3戦連続2ケタなんだからナントカしないとどうしようもないのも確かですが。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
引き運動の調整。
助手「レース後変わりありませんが、入厩後3回使ってきたこともあるので、ここで一息入れてあげることになりました。吉澤ステーブルWESTの馬房が空き次第、移動させる予定です」


予定通り放牧に。ダートなのか芝なのか結論は出ていませんが、今はひとまずオヤスミです。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 21:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>