Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

リュラ1 ~芝の上 刻むステップ 今あなたとともに

待ちに待ったリュラのデビュー戦のレポ、本当は昨日上げようと思ってたのですが、デルマスナカケババの強襲にあって早々と撃沈してしまいました(何でもいつも1時まで起きてる人が11時に寝たらし)とか。平にご容赦

20151013C (1)
恒例、今日のニッカン。◎と○が半々ですねぇ。調教の動きからすればバティスティーニ◎なんですが最後に放馬したのが効きましたかね。「人気はこちらでお金もこちら」となればいいのですが。

20151013C (2)
今日のガンバレ馬券、急遽名古屋WINSまで買いに行ったレグナムも含めてこれで4頭までMD馬券Getです。

20151013C (3)
前のレースです。ボレアス、こんなところで走ってるしい(しかも勝ってないしい)。

20151013C (4)
出待ちのパドックです。ビートブラック、こんなところにいるしい(しかも女性が乗ってるしい)。
意外なことにリュラの横断幕はありませんでした。レントラーはデビュー戦からあったゾ!

20151013C (5)
衝撃の馬体重発表。マツヒロさんよぉ、430くらいとか言ってなかったっけ?

20151013C (6)
さすがにカッツミーもこちらに来てますねぇ。

20151013C (7)
リュラ登場

20151013C (8) 20151013C (9)
セシリアとかベリ子とかプチ牝馬を見慣れてる私から見ればこの程度はどうってことありませんが。まわりから「ちっちゃー」という声が上がってました。
うふぉきは悪くないし外外回ってたのは好印象ですね、トモが薄いのですがこれは前前からです。

20151013C (10)
ステゴの仔ですからやはりうるさいかと。

20151013C (11)
可愛い顔してます。となりはハープスターも手掛けた山口厩務員。

20151013C (12)
やはり414が嫌われましたかね。さっき1.7倍だったのが落ちてます。

20151013C (13) 20151013C (14)
こちらがバティスティーニ。私はリュラの方が上友たのですがねぇ。まあキンカメってこういうもんだといわれればそうなんですが。

20151013C (15) 20151013C (16)
サトノエトワール、これが一番よく見えました。

20151013C (17)
とまーれー、目の前に来ました(*^_^*)

20151013C (18)
マツヒロ先生はなぜか栃の木を回り込んできます。

20151013C (19)
ユーガ登場。

20151013C (20)
御大は満面の笑みです。

20151013C (21)
そこへユーガ

20151013C (22)
よっとしょ

20151013C (23)
いつもならさっさと立ち去る御大ですが、この日は見守ってます。そういえばサンジェナーロの時はここまでしたことがなかったなあ。

20151013C (24)
バティスティーニに乗る流目留。

20151013C (25) 20151013C (26)
知ってるか知りませんがユーガはなかなか面をあげない人です。

20151013C (27)
本馬場入場

20151013C (28) 20151013C (29)
通常新馬戦だとみんな100m先にいる誘導馬の前まで引いてから返し馬に行くのですが、このレースは結構バラバラ、リュラも早めに返し馬に行きます。

20151013C (30)
スタートは普通に出。

20151013C (31)
が、抑える方針のようです。

20151013C (32)
向正面、9頭立てのど真ん中。

20151013C (33)
4コーナー回ってきます。

20151013C (34)
このへんでは「やった!」と思ったのですがねぇ。

20151013C (35)
そこからあまり伸びません。

20151013C (36)
勝ち馬はともかく2着馬に離されてのゴールはいただけません。

20151013C (37)
戻ってきたリュラ

以下公式HP
松田博厩舎
12日の京都競馬ではまずまずのスタートから好位の後ろを追走。勝負どころから動いて馬場の真ん中をジリジリ伸びたが3着。
「調教では前の馬に乗りかかるぐらい行きたがっていたので、実戦に行ってどうか心配したのですが、返し馬から落ち着いていましたし、無理に抑えることもなくスムーズに追走できました。追い切りでも終いを伸ばす程度しかやってきていないので、その分最後は動き切れなかったのですが、これなら次は変わってくれそうだという手応えはつかめました。ウッドコースでの調教より芝のフットワークの方がずっと良かったですし、初めての実戦で他の馬がバタバタしている中でも堂々としたものでしたから、これからもっと良くなってくれると思います」(川田騎手)
「最後は伸び切れなかったけれど、道中はうまく収まって進められたし、初戦としては決して悪くない内容だったと思います。体は入厩時から減ってしまったけど、背肉はしっかりしてたし、ここからガクっとこなければ大丈夫でしょう。馬体に問題なければこのまま使っていきます」(松田博師)
期待が高いだけに結果は残念でしたが、心配していた折り合いはまったく問題ありませんでしたし、使っての変わり身が楽しみになる内容ではなかったでしょうか。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから決定しますが、今のところはこのまま続戦の予定です。


個人的には2着の馬に突き離されているのが不満なんですが陣営は「しっかり調教してないから」と強気ですね。
見た限り能力がないわけではないと思いますが、姉ほどの活躍は?と思います。もっともそれは承知のうえで「母馬優先権狙い」の出資なんですけどね。
続戦のようですから次どんなレースしてくれるか?ですね。

この日のレポはあと7、8、11Rになりますが明日以降に。
スポンサーサイト

| レース出走 | 22:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>