Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(10/2)

今週、わがTCの出走馬はいないのですが日曜阪神の5Rが注目のレースになっています。

ファンタサイズ(父ハーツクライ 母ファンジカ)
…これは某所POGでの今季の指名馬

タイセイアモーレ(父ゼンノロブロイ 母ハートビートワルツ
…レントラーの半妹、この母はレントラー以外の産駒は未勝利とサッパリなわけですが兄の頑張りで流れが変わったか。厩舎は因縁のミヤリン。

プログレスシチー(父ディープスカイ 母アルテミスシチー
…ルクソールシチーの半弟、ルクソールシチーは父タキオンですからかなり近い血統構成になります。母はルクソールシチーのあと3年間産駒がなく(普通このあたりで見切られます)、2011年にやっとディープスカイの牝馬を生みましたがこれは競走馬になっておらず行方不明、また1年あいて本馬ですからこの母の仔で競走馬登録されたのはルクソールシチー以来となります。ちなみに厩舎は晶ちゃん先生ではなく安達先生です・父ディープスカイは完全に期待外れでダーレーから放逐されましたし母ももう高齢、どこまでやれるか?ですね。

その他お知り合い様の馬が多数出走、なかでもキャロのグルーヴィタイムは「新規開業厩舎」でなければ出資してたであろう馬でした。

結果はいかに?

本題、最近金曜日恒例の鹿戸レッズ(笑)

レッドセシリア
(ノーザンファーム天栄) 
担当スタッフ今週火曜日から角馬場で軽く乗り始めています。疲れはまだ残っている感じはしますが、両膝に関しては今のところ大きなダメージも見られず、時間を掛けてほぐせば硬さも取れてきます。馬自身はやればやるだけ動く馬ですので、やり過ぎないようにジックリほぐすようなイメージで乗っていきます。予定レースはまだ先なので、回復具合を見ながら体調に合わせてピッチを上げていきたいですね」


大きなダメージはないようです。仕上がりの早い馬ですから当分はゆっくり休ませてもよいと思います。

レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、ダク1200m、キャンター2400mを20-20秒。馬体重457キロ。
担当スタッフ「今は落ち着きがありますし、体重こそ大きく増えては来ませんが、飼葉もしっかり食べていて順調に来ています。この後もいつでも入厩できるように進めて行きます」
※早ければ来週にも美浦トレセンに入厩予定となりました。


ううーん、新潟使うのに来週入厩では遅いような気もしますがねぇ。1週目じゃなくて2週目(菊Week)なんでしょうか。

レッドシルヴィ
(ミホ分場)
マシン60分、ダク1200m、キャンター1800mを25-25秒。馬体重425キロ。
担当スタッフ「少しずつ飼葉を食べるようになっていて、徐々に体重も増えて来ていますが、まだ細く映るので、この後もフックラするようにじっくり乗って行きます。乗っていても時々スイッチが入って行きたがったりしますが、少しでもリラックスして走れるように気をつけています。歩様などは問題ありません」


次走はどうやら11/21の赤松賞の予定のようです。まだ先ですからあわてることはないでしょうね。

キャロはまた1頭満口に、昨日2頭満口になってますから完売率64/84…ついに3/4を超えました。
今20頭残っていますがうち7頭には残口表示でており、リーチコンセンサスあたりも時間の問題となってます。
例年ですとシルクの結果が出るまではおとなしかったのですが今年は異常な速さですね。ツアーの時にスタッフの方は会員数はそう増えてるわけではないと言ってたのですがねぇ。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 19:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>