Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

日本の中心でハーツ愛を叫ぶ 9月号

現在のところ1歳馬で出資が決定してるのは
 リュヌドール14
 ストライキングヴェイル14
 コロンバスサークル14
の3頭ですが、この3頭の募集額を合計すると16万円、昨年のリュラが17.5万円ですから、3頭束になってもリュラより安いということになります。あと2頭もうし込む予定というのは散々書いてますが希望通りとれても総額30万円には届かない模様、バブルは崩壊しました(笑)。まあ一気にボンビーというところまではいってませんけどね。あと↑3頭はいずれも牝馬、全体としても牝馬が多くなりそうな感じになってます。もう一つ特徴的なことがあるのですが、これは希望通り取れてからのお楽しみ。

リュヌドール14
20150930B01.jpg
NF早来
馬体重:496kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動と馬房内での鞍付けや騎乗馴致を行っています。父の産駒らしい柔軟性に富んだ動きを見せており、放牧地でひとたび走り出すと惚れ惚れするようなストライドを披露しています。クラシックディスタンスで活躍を遂げた両親を持ち、人を信頼してくれる気の良い性格をしていることからも折り合いに不安のない競走馬へと育ってくれるのではないでしょうか。洗い場馴致も問題なくクリアして、今後も順調なステップアップが望めそうです。


今回募集された中では最もハーツに近い馬体をしていると思います。能力もハーツに似るといいのですがね(笑)。

ストライキングヴェイル14
20150930B02.jpg
(富田牧場)
馬体重462キロ
夜間放牧を継続しながら、昼間は洗い場に連れて行って馬体を洗ったり背馴らしをしたりと、騎乗馴致を見据えて初期段階の馴致で勉強させています。怪我などもなく馬のコンディションに不安点はないですし、夏を越して順調に成長してくれています。新馬戦を勝った2歳の全兄ヴレは520キロくらいで競馬をしているように、1歳のこの時期もゴツさのある馬でした。本馬も小さい馬ではないですが、兄のようなゴツさはなく牝馬らしい綺麗なシルエットをしていますので、また違ったタイプに成長していくのかもしれません。馬は動かせる状況にありますので、移動のタイミングについて具体的に調整していきたいと思っています。


ききょうSに出た全兄は残念ながらビリ負け、まあビリと言ってもそう離されたわけではないのですけどね。この馬のカギは育成馬だと思います。一応ノーザンで働いていた人のようですが。

コロンバスサークル14
20150930B03.jpg
(ブルーグラスF)
マシン運動60分、乗り馴らし訓練。馬体重468キロ。
担当スタッフ「昼夜放牧を行いながら日中に乗り馴らしを行っています。厩舎内で人を乗せる段階まで進んでいるので、この後問題なければ、馬場での駆け足に移行する予定です。父譲りの好馬体は集団の中でも目につく存在ですよ」


一番最後に出資が決まったのがこの馬ですが、今回3頭の中で一番馬体が良く見えるのはこの馬ですね。まあなんといっても父シンクリですからねぇ(笑)。

進度的には3頭ともほぼ同じくらいでしょうか。まあまだこれからですよね。
スポンサーサイト

| 育成馬報告 | 22:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>