Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

先週の結果分析

オル坊が順当に殿堂馬に選出されたようですね。しかし得票率は95.9%…4.1%はオルフェーブルと書かずに他の4頭を書いたわけですよね。
はたしてこういう判断をする記者が「有識者」と言えるんでしょうか。殿堂馬の選出方法は見直した方が良いと思うのですがねえ。

先週出走の2頭走

レントラー
松永昌厩舎
12日の阪神競馬ではまずまずのスタートからジワッと先行し、好位を追走。直線半ばで抜け出して押し切りを図るが、勝ち馬に内から来られて2着。「開幕週の馬場でペースも落ち着いていましたし、前々でと思っていましたが、そのとおりいいポジションでスムーズに運べました。直線で追い出してからの反応も良く、しっかり伸びてくれたのですが、勝ち馬にうまく立ち回られてしまいました。休み明けでも調教どおりに息遣いは良かったですし、体が増えていたのはほとんど成長分と言っていいと思います。久々とはいえここで結果を出さなくてはいけませんでした。申し訳ありません」(北村友騎手)
「プラス体重も太目感なくいい仕上がりでレースに臨めました。開幕週の馬場ですから、意識的に前々で運んでいましたが、結果的にちょっと抜け出すのが早かったようです。ただ、勝ち馬は枠も良く終始内々で進めていましたから、最後は内外の差でしょう。使って良くなると思いますし、次こそはという気持ちです」(松永昌師)
最後は内々でうまく立ち回った勝ち馬に差されてしまいましたが、外からの追撃は封じ、地力のあるところを見せてくれました。久々の一戦でもありますし、使っての上積みは大きいはずです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認し、問題なければこのまま続戦の予定です。


前目のポジションから4コーナーでは先頭に並ぶ位置にいて早めの抜け出し…こういう競馬をしてくれと春先からずーーーっと言い続けてきたレースはしてくれました。
…が

それでも勝てない…

エピファのダービーの時のユーイチFの気持ちがわかりました(苦笑)。
やはりユーイチKやしあわせ君ではなく一翻つくような騎手にお願いしないとだめかなあ。

レッドクラリス
9月13日レース後コメント(11着)
石川騎手「返し馬でも大人しかったですし、非常に乗りやすい馬だと思いました。スタートは躓き加減で出ましたが、そこからの二の足が速く、ちゃんとリカバリーできて前目で競馬を運べました。良い形で進めたのですが、向こう正面に入ってからはずっと右に張りながら走っていました。終始右に行かないように修正していたので、脚を溜められずに直線に向いた時には、使える脚がありませんでした。初めて乗らせてもらいましたが、走りは悪くなかったので何とかしたかったのですが…」
古賀師「体も減っていましたし、太い感じはなかったので良い状態で使えたと思います。良いポジションでレースができたのですが、今日は寄れながら走っていて、思ったような競馬ができませんでした。それでも走りは良化して来ているので、この後は東京開催で使おうと思っています」


さずがに続戦するらしいですがね。どう見ても良化してるとは思えませんがKM先生の目にはそう見えるみたいです。東京で勝ち上がった馬ですが昇級してからは初の東京、ここでダメだと次のことを言いだしそうですね。

で、園田に行ったヴォルケーノの同期スパーク7ですがどうやら引退になったようです。まだ4歳ですしたまには掲示板に載ってたようですからどこか故障したのかもしれません。

で、引退したレッドアイヴァーですが先日シブヤカラノテガミがきて競馬学校が引き取るらしいです。ウチの仔で競馬学校行ったのは初めてかなあ。いつかは模擬レースにも出てくるんですかね。

リュラはゲート試験不合格、Road To JFに早くも黄信号か?
スポンサーサイト

| レース出走 | 21:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>