Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

緑組選抜 4 衝撃の?結末

先ほど申込みしました。
迷いましたが結局最優先は下手したら×なしでも取れそうな感じのザリオシー14ではなく

ココシュニック14 ♀ (父ハーツクライ) 藤原英

にしました。
え? 昨日までと話が違うじゃないかって?
いやあ、今日昼休みの間中ずっと3頭の写真見比べてたんですがね

リュヌドール14は馬体はいいが(胴が長いとかがに股とか…誰の仔だと思ってんの?)、理由がわかりませんがギャンブル的要素の強い馬だとか。上がまともにデビューしてないといことから何か隠れた瑕疵がありそうに思います。

イグジビットワン14は何と言ってもあの右後ろ。繋ぎが寝てるのではなく柔らかすぎて沈みすぎなんでしょうね。いろいろ調べましたが柔らかすぎる繋ぎは腱への負担が大きいようです。アールブリュットも丈夫と言える馬ではないですし、東サラで申し込んだストライキングヴェイル14も気になるところのある馬なんで、脚元の怖そうな馬2頭というのもどうかなと思う次第。

ココシュニック14は芦毛でよくわからないということとヒデ師が減点材料ということとカタログではよく見えなかったというのが減点材料、「芦毛」はみんながいい馬と言ってますからいい馬なんだろうなーと。「よく見えなかった」という点はこのところ急成長したということで、改めて撮ってきた写真や動画を見ると確かにいい感じに見えます。馬にはっきりとした欠点はないですからもう1度だけヒデ師を信じてみようかと。上記2頭と違ってこの馬は上も手掛けてるというのは心強いかもしれません。

今日出た最終中間発表から、ココシュニック14は最優先で出せば入れ頃外し頃という感じと見ますしたはたして?

で、もう1頭一般枠で申し込みました。

リュヌドール14 ♀ (父ハーツクライ) 手塚

はい。トゥーハート(笑)で行きました。
上記の通りココシュニック14は最優先でも入れ頃外し頃と見ますが、この馬は最終中間でも名前がありませんから一般で出しても取れるかなと。

両方当たってトゥーハートとなっても異存はないですし、ココシュニック14が外れてリュヌドール14だけになっても×もらえて1.5次で違う馬に申し込めそう(メジロダーリング14? 私は何も言ってませんよ)ですから異存はない…そういう計算です。
スポンサーサイト

| 出資馬選定 | 21:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>