fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2023-11- | ARCHIVE-SELECT | 2024-01- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(12/1)

ユーキャンの今年の流行語大賞ですが見事「アレ」に決まったそうです。
東京生まれのトラキチの私としては「そらそーよ」と言いたいところですが批判的な意見も。大阪地区を中心にはやったと思うのですがねえ。JC/JKの流行語大賞は「ひき肉でーす」だそうですが私は全く知らず…結局全年代の人口に膾炙する流行語なんて今はないのかもしれませんね。

ルージュアズライト
浦和:小久保智厩舎

厩舎スタッフ「週明けに馬房の中でぶつけたのか左トモの管の部分に外傷を負っているのが見つかり、やや腫れもあったため獣医を呼んで消炎剤を投与してもらいました。対角である右前の脚捌きにやや突っ張るようなところがあったものの跛行はしておらず、腫れも概ね引いていたので火曜、水曜と軽めに乗っても異常なし。昨日(木)獣医に経過を診てもらい、『腫れは引いているし、歩様も問題ない。乗っていくことでむしろ締まってくるはずで、これから乗り進めていって大丈夫』とのことで、大事に至らなくて何よりでした。当初は今週中にアスコットファームへ移動する予定だったのですが、そういった経緯もありましたし、調教師とも相談した結果、このまま在厩で進めていくことになりました。外馬場は改修工事中で使えず、内馬場を使用しての調整になりますが、12月21日(木)~26日(火)の浦和開催に万全の状態で出走できるように仕上げていくつもりです」


12/21~26の浦和開催ということですから一発勝負で大丈夫という判断なのでしょう。前走のレースぶりからそれでも問題ないと思いますが問題は勝ってからでしょうね。この厩舎で圧勝したブラゾンもJRAではイマイチな成績、戻らない方がっ良いのかもしれませんがさりとて地方では賞金の高い南関とはいえ1/400では勝っても配当は知れてるところ。私個人は金儲けとは思っていませんがそういう出資者様も多いでしょうしね。

ルージュスエルテ
ノーザンファーム天栄

馬体重:484キロ
今週もトレッドミルでの調整を継続しており、ダク1000m、キャンター2000m(ハロン20秒ペース)でのメニューです。左前肢の蹄についても良化してきており、脚元を気にすることなくバランス良く走ることができています。飼い葉食いもしっかりしていて、馬体重が増えているように状態は上向き。この様子であれば、騎乗運動を開始できる日も近そうです。


ざ石のはずがずるずる長引いた馬もいましたがスエちゃんはそれほど重症ではないと思われます。可能ならフェアリーSあたりにと思うのですがやはり2月以降なのかな。

レッドレフィナード
追分ファーム リリーバレー

馬体重:519キロ
引き続きウォーキングマシン運動(60分)での調整です。歩様はスムーズですし、フラストレーションを溜めることなく進めることができています。来週のどこかで定期検査を受ける予定で、問題なければトレッドミル調整へ移行することになるでしょう。トレッドミル開始後の様子を見て、山元トレセンへ移動となる見通し。この後もケアを継続しながら進めていきます。


3か月でしたっけ。そろそろ進展があってほしいところです。

ルージュリリカル
チャンピオンヒルズ

馬体重:430キロ
今週から坂路での調整も始めています。坂路入りするのは一日おきで、ペースはハロン20秒ほど。イライラせず平常心を保って調教に臨むことができていますし、背腰などの筋肉疲労も感じず、心身ともにフレッシュな状態をキープしています。また、乗りながらでも馬体重は少しずつ回復してきました。もうひと回り、ふた回り膨らんできて欲しいところで、来週も馬体の回復を優先した調整メニューを継続する予定。毎日馬場入りしたり、15-15を始めたりして負荷を掛けるのは、早くても今月中旬以降になる見通しです。


あまり空けると悪い方向に行きそうなんですが馬体が回復してきませんねえ。

ナミュール
香港・シャティン競馬場
10日のシャティン競馬(香港マイル・芝1600m)の鞍上につきましては、ビュイック騎手に決まりましたのでお知らせいたします。


コータ様に乗せてやりたい気持ちはMountain Mountainなのですがさすがに実績のない海外ではねえ。ジンガイがいない来年のVMに乗ってもらうとして、ここは乗り替わりでしょうがないと思いますがライアンではないんですね。

| クラブ馬主・レース出走 | 21:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ナンデヤネン

クール某(某所で見かけてツボにハマった)1番人気だとか。
他所様の馬はよく見てないけどこの馬が一番人気になるくらいレベル低いんか。
コーヘーに続いてついにカツマの連敗が止まるのか?

| クラブ馬主・レース出走 | 11:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

中京7R

クール某はまた7着でカツマ23連敗達成(--)ξ
ただやろうとしてたことはわかるしそれで良いと思うのだが、結果が何もしなかったまなみんと一緒。
頭が痛いところだね。

| クラブ馬主・レース出走 | 13:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

どうすりゃいいのかこの私♪

クール某
武幸厩舎
2日の中京競馬ではスタートから押して中団外目につけていく。早めに動いて3番手に上がり、そのまま直線に向くも伸び切れず7着。「ズブい馬で内枠は嫌だったので、スタートしてから外へと誘導していきました。道中は緩急をつけるのではなく、自分のタイミングで動いてそのまま惰性で走りたかったのですが、イメージしていた通りのレースはできたと思います。馬自身は最後まで頑張ってくれているのですが、もうちょっと速い脚が欲しいですね。いい結果を出せず申し訳ありません」(鮫島駿騎手)最内枠から外目に出し、早めに動く形でジョッキーは積極的に乗ってくれたのですが、終始促しつつの追走で手応えに余裕がなく、思うように差を詰めることができませんでした。もうひと押し欲しい現状ですが、それでも流れひとつでさらに上位争いできるはずですから、展開も味方にしてなんとか前進を図りたいところです。この後は馬体を確認してから検討していきます。


改めて書きますとカツマは最初から押して行ったしその後も追い続けてなんとか早めに押し上げようとしてた。早めに動いたのでバテたのかと思いきや最後チョッとだけ盛り返してる。よーするに怠惰鈍足ということかと。先生は展開を味方にしてと言ってるけど正直どういう展開になれば勝てるのか見当もつきません。このままダート1800あたりを使っても同じことになりそうでまだ3歳ですがすでに手詰まり感が漂ってます……芝では余計鈍足が目立つだけかもしれませんがそういうことも考えていいでしょう。あるいは障害というのもいいかもしれません。

| クラブ馬主・レース出走 | 18:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

僕の愛馬のヤバいやつ(11月)

ルージュスティーズ
20231203A01.jpg
富田ステーブル(BTC)

馬体重:473キロ
ステーブル内の周回ダートコースを使用して、2000mのキャンターを継続しています。同期生たちも同じメニューを課しているのですが、重い馬場に苦しむ馬が多いなか、柔軟でありながら、力強さにも充ちた走りを見せています。まもなく、BTCの施設を使ったトレーニングに入っていく予定ですが、BTCの軽い馬場であれば、かなり楽な手応えで長い距離を走れるはずです。普段は穏やかで、ノンビリとした様子で過ごしていますが、内に秘めた強さには、相当なものがあると感じています。


だいたいこの牧場は盛ったコメントしますね。ロンメルのダービー云々…忘れてませんから(苦笑)。いまは問題なくメニューをこなしていればよいかと。

ルージュラティーナ
20231203A02.jpg
社台ファーム

馬体重:469キロ
週3回坂路に入り、内1回はハロン17~18秒の時計を2本出しています。坂路に入らない日は、周回コースにおけるキャンターを継続中。運動強度が上がり、身体が絞れ、本格的なトレーニング開始当初よりは、緩さが気にならなくなってきました。周回コースでは、多少力んで走る面も見受けられますが、坂路での動きはスムーズ。そういったバラ付きをなくすよう、しっかりとコミュニケーションを図っていきます。気性は素直で、コンディションも上々。将来性豊かで、これからの成長と進化が楽しみな一頭です。


牝馬で今469キロですか。母みたいに500はいかなそうですがそれなりに大きくなりそうですね。ルヴォワールの子が怪しいですからこちらが♀のエースになるかも。

レッドアーネスト
20231203A03.jpg
ヤシ・レーシングランチ

馬体重:413キロ
中間、熱発を発症し、10日間ほどトレーニングを休みましたが、いい休養になったようで、とてもフレッシュな状態で、調教を再開しました。現在は3ハロンを18-17-16秒ペースで駆け上がってくる坂路調教などをおこなっていますが、バネの良さを感じる、前向きでスピード感に優れた走りを披露しています。やや気持ちが昂りやすい面もあるので、そのあたりを改善出来るよう、しっかりとコミュニケーションを図っていきます。馬体はコンパクトですが、幅があり、良好な肉付きを維持しています。


どうやらきねうちさんも出資したようで満口になりました。もっと体が増えてくるといいんですがね。

ルヴォワール22
20231203A04.jpg
NF早来
精密検査で骨折等の異常は見られず、また触診での反応も少ないという現状から、表面的な筋肉というよりは筋や靭帯を伸ばして負担が掛かった可能性が高そうです。現在は経過観察と体調管理を目的に、ウォーキングマシン運動を30分行っています。今しばらくは治療を施しながら良化度合いを確認し、運動負荷を高めることができるかどうか判断していきたく思います。


11/15に臨時更新、正直最悪の事態も想定したため馬名は応募しませんでした。外科的な異常は見られず内面的なものだろうということで現状に至ってますが、確かミホノブルボンも同じような状態だったと思います(症状が出てるのだが現在の医療技術ではどこが悪いのかわからない と)。当面様子を見ながらでしょうから育成が遅れるのは否めませんね。



| クラブ馬主・育成馬報告 | 19:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

Week13

SF 42-19 @PHI ○
プレNFCチャンピオンシップとも言われる試合、AwayでNinersが今季1敗のEaglesに爆勝。
スタッツ見るとよくこれで爆勝したんなと思うくらい拮抗してるのですがD-柵が要所を締めたということなんでしょうか。
ここで勝ってもまだ1勝差、他力の状況は変わりませんが。
Seahawksが負けたので2位と3勝差、来週か再来週に優勝が決まるかもしれません。

ARI 24-10 @PIT ●
今季2勝のARIさんになにさらしとんねん!と思いきやスタートQBのPicket君が途中負傷退場したとか。 代わりのTrubiskyってBearsでスターターだった人なんですけどねえ。

| アメフト | 19:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

23年度募集馬選定 青2

ロードの先行募集、1頭確定、1頭抽選になっていましたが本日抽選結果が郵送されてきましたのでご報告いたします。
20231205A01.jpg

ハイ、トーセンオメデトウでした

ではあらためて。

プリメラビスタ22 (♀ 父ロードカナロア BMSオルフェーヴル) 栗 高野
名前でピンとくる方もいるかもしれませんが母はブエナビスタの妹、ビワハイジのラストクロップ…ですが走った馬がロードに回ってくるはずがなく現役時代は未勝利→名古屋で2勝→未勝利という成績でノーザンが放出、6200万円でケイアイが落札したという次第です。この子が2番子で全兄が先日デビューして5着、全くダメというわけでもなさそうですが果たしてナミュールをG1馬に導いた高野先生のお力でどこまで?という感じです。この馬にはしがらきの援軍はありませんから力量が問われるところです。

デルフィーノ22 (♂ 父ドゥラメンテ BMSハーツクライ) 栗 ハルキ
ハーツクライ産駒の母は1000万下までの馬でしたがDenaの#2と同じ名前の某調教師の謎運用がなければもうちょっとやれたと思ってます(この馬の扱いを巡ってロードが激怒してこの馬を含めて預託馬全頭即時引き上げ+「預託予定馬変更になったくらいです)。1番子、2番子はあまり走りませんでしたが3番子の父ロードカナロアのロードデルレイがバクハツ、新馬から3連勝→神戸新聞杯4着→ウェルカムS勝利でオープン入りとなってます。そういう血統構成に加えて父のラストクロップでストーリアのハルキ厩舎…お値段は半端ではありませんでしたがおそらく1番人気だったのではと思ってます。ルヴォワール22が怪しいのでルージュラティーナとこの馬が引っ張る感じになるかなと思っています。

| クラブ馬主・出資馬選定 | 21:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(12/5)

5日の大井競馬は電気系統のトラブルで開催取りやめ
停電と言うと先日の金沢競馬の「17時10分と午後7時10分を間違った事件」が思い出されますがこちらは1R開始前だったということで全競走中止、。金沢のようなヒューマンエラーではなく消防車が来ていたということですので漏電からボヤがあったかもしれません。ともかくナイター実施時でなくてよかったと思います。

エオリエンヌ
ミッドウェイF
2日は坂路コースで追い切りました(38秒7-25秒3-12秒5)。
「週末から時計になるところをスタートしています。単走で馬なり程度の内容でしたが、変わりない動きを披露してくれていますよ。目標のレースへ向けて、このまま仕上げを進めていきます」(ミッドウェイF担当者)
19日の船橋競馬(クイーンズオーディション・牝馬限定・ダ1600m)に出走を予定しています。


目標のレースに向けての調整になります。騎手はキャロお気に入りの本田騎手になるんでしょうかね。

ファーヴェント
NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間はトレッドミルによる調整も開始しており、週4回ほどキャンターペースで動かしています。ここまで膝の状態も変わりなく、特に大きな反動などもなさそうですね。このまま運動量を増やしながらじっくり進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


膝の問題があるようだから冬場は使わないでしょうね。皐月賞という馬ではないから2月の自己条件あたりからどうかなと思いますが。

ヴェルトハイム
ヴェルトハイムは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「質、量共にトレーニング内容をアップデート。友道調教師が仰るように年齢を重ねて扱い易くなり、不必要にテンションが上がる場面はほぼ無いです。今はハロン17秒レベルのキャンターも消化。可能な限り良い状態で戻せるように手を尽くします」


友道先生は2月の東京の心算のようですが中京あたりでも使ってみてはと思いますけどね。

フィレット
フィレットは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「調教場所を問わずに気難しい部分を覗かせていないのは好材料。計画通りに速いところをこなし、段々と動けるように変わっています。課題のラストの粘りも増し、今の感じであればトレセンの中でも進められそう。いよいよ最終段階に入りました


年内に戻そうとしてるのかな。

ロードマイライフ
ロードマイライフは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・キャンター3000m(1ハロン20~22秒ペース)。
・当地スタッフ 「引き続き、周回コースで緩やかなキャンターを消化。距離については段々と延ばしています。今のリズムを保てるようであれば、タイミングを見計らって坂路にも連れ出す方針。来年の活躍に繋げられるように、しっかりと乗り込んで行きましょう」


こちらは来年2月の心算、まだ先は長いですね。

| クラブ馬主・現役馬近況 | 22:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>