fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2023-10- | ARCHIVE-SELECT | 2023-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

愛馬リポート(11/9、11/10)

先日衆議院議長を辞職した細田氏が死去したそうです。
死人を鞭うつようなことはしたくありませんが自分の体が自分が一番よくわかるはず、衆議院議長を辞職して衆議院議員ならできるとなぜ思ったのか…議員という仕事を舐めてるとしか思えなかったですね。
やってきたことはともかく「後進に道を譲るべき」と議員引退を表明した菅を見習ってほしいものです。

都合により今日は2日分

ルージュスエルテ

2023.11.09
美浦:国枝栄厩舎

角馬場運動後、坂路1本。
坂路 66.3-48.8-33.0-16.6 馬なり

国枝調教師「今日は角馬場と坂路で調整しました。いいリズムで動けていましたし、ここまで入念に乗り込んでいても脚元には問題ありません。人懐っこいタイプではないので、馬房にいる時は耳を絞って人間を警戒するようなところを見せている反面、調教中はファイト気味にもならずコンタクトはしっかり取れていますね。馬体重は466キロと大きな変動はありません。まだ追い切りは消化していないとはいえ、今のところは問題なく進めることができていると思います」


レースまであと1カ月、ずっと在厩で調整するというのも異例なことと思います。おそらく短距離馬なんで桜花賞が勝負になるでしょう。阪神JFに向けてまずはレースに出ることですね。

ルージュリリカル

2023.11.09
栗東:杉山晴紀厩舎

本日は引き運動をおこないました。
杉山晴紀調教師「最終追い切りについては先週までにしっかりやっていましたし、体もちょうど良さそうなので坂路でサラッとやりましたが、動きは変わらず良かったです。追い切り後もフレッシュさをキープしていますし、牝馬にしては変にテンションが上がってこないのもこの馬のいいところですね。競馬は岩田望来騎手にお任せしますが、ガツンと行くタイプではないので出たなりで運んで、終いに脚を使えれば…といったところ。先々まで期待できる走りを見せてもらいたいですね」
※11月11日(土)京都4R・2歳新馬(芝1600m)に岩田望来騎手で出走します。


ミライが乗れるようですね。兄弟の中では一番遅いデビュー、騎手もこれまでこの血統には乗ったことのない騎手、これがどうでるかですね。

ファーヴェント
23/11/9  藤原厩舎
8日は軽めの調整を行いました。9日は栗東坂路で追い切りました(53秒6-39秒4-25秒5-12秒4)。
「今朝は西塚騎手を乗せて坂路で追い切りました。先週までコースでしっかりやってきていますから、今週は坂路でサラッとやる程度の内容ですが、終いまで楽な感じでよく動けていましたね。状態はもうほとんど仕上がってきていますから、ここからレースまでの1週間はじっくりコンディションを整えていきます」(田代助手)
18日の東京競馬(東京スポーツ杯2歳・芝1800m)にムーア騎手で出走を予定しています。


ライアン、BCで鞭の使用で騎乗停止喰らったのですが異議申し立てしたようです。鞭の使用ですから採決がひっくり返る可能性はゼロなんでジェラルディーナの騎乗&騎乗停止日の変更を狙ったものでしょう。結果騎乗停止日が11/18になったrこの馬には乗れないのですが果たして? なお翌日でも今度はナミュールに乗れなくなります。

ルージュブラゾン
2023.11.10
山元トレーニングセンター

担当スタッフ「予定通り先週末より坂路での15-15を開始。今週も火曜日に15-15で1本登坂していますが、動きも気配もいいですよ。強い稽古が必要な状況ではないことから、今週末は終いだけ少しやろうかなと考えているところで、着々と準備は整いつつあるかと思います。馬体重は497キロ。ペースアップ後も飼葉の食いは落ちることなくメンタルも安定していますので、体調や動きを確認しながら厩舎サイドと帰厩時期の相談をと考えています」


どこ出るかはわかりませんが12月2週目の競馬の予定、来週くらいの帰厩でしょうか。

ルージュアズライト

2023.11.10
浦和:小久保智厩舎

厩舎スタッフ「昨日(木)帰厩し、今朝(金)はダク1000m、キャンター2000mのメニューで軽めに乗りました。手先だけで走っていて非力な印象は前回在厩時と同様ですが、牧場で入念に乗り込んでもらったようで、ベースの部分は概ね出来上がっているように思います。これから本格的な調教へスムーズに移行できそうな感触で、そのあたりは再放牧に出した効果ではないでしょうか。脚元については問題ありませんし、飼い葉食いが旺盛で完食した後も『もっと欲しい』と前掻きしていたほど。これだけ食べるキャラだとは思わなかったので意外といえば意外ですが、これから手加減せずに負荷を掛けられるという意味では歓迎材料と言えそうです。再来週(11月20日~24日)の地元(浦和)開催での出走を予定していますが、概定番組を見る限り、恐らく初日(11月20日)のレースに組まれそうな見通し。番組が確定してからにはなるものの、来週の水曜日か木曜日に本追い切りを消化することになると思います」


11/20のレースですか。年内2勝したいならギリギリになりますね。

レッドレフィナード
2023.11.10
追分ファーム リリーバレー

馬体重:509キロ
昨日(木)術後の検査を受けたところ、手術箇所の良化を確認することができたことから、獣医師より少し運動負荷を上げても大丈夫との許可を得ることができました。ウォーキングマシンでの運動に変わりはありませんが、運動時間を60分に延ばして動かしています。精神状態も良好で、元気にメニューに取り組んでくれていることが何より。トレッドミル調整への移行を目標にしばらくは現行メニューを継続していくことになりますので、ストレスを溜めないように表情などを確認しながら日々のメニューに取り組んでいきます。


少し前進ですがまだまだ先は長い。

ルージュラフェリア

2023.11.10
スピリットファーム

馬体重:434キロ
周回コースでダク500m、キャンター1500m(ハロン20秒)、最後に坂路に入り14-14のペースで1本登坂のメニューで進めています。全体のメニューを上げてみましたが、スムーズさを欠くこともありませんし、最後までフットワーク良く動けています。乗り込んできていますが、テンションが高くなるようなこともなく乗り手に従順。いいトレーニングができています。早ければ来週にもトレセン帰厩とのことですので、いつ声が掛かっても対応できるように、しっかりと準備していきます。


そろそろ持ってけコールですね。あとは尾関先生の判断。




| クラブ馬主・現役馬近況 | 23:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |