fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2023-03- | ARCHIVE-SELECT | 2023-05- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

センバツ終了、職業野球開幕

甲子園は今日が決勝戦、古豪報徳学園と初決勝進出の山梨学院の対決、途中まで報徳がリードしていててそらそうよ(by某球団監督)と思ったのですが山梨学院が5回にビックイニングを作って逆転、そのまま初優勝を飾りました。にしても山梨学院が優勝すると予想してた人はどれだけいたでしょうか。下馬評通りにはいかないのが高校野球の怖いところでもあります。

そして30日から職業野球開幕、わがドラネコーズは大阪ドームでベイを相手にします。昨日はアメヤギさんの好投で先勝、今日は秋山KOでしたが打線も相手の投手をKO、2回までで4-5とあれた試合でしたが以後は全く点が入りません。5回にドラネコーズが同点に追いつき終盤は押し気味でしたが同点のまま延長戦へ。12回。勝ちがなくなったベイがヤスアキで引き分けに持ち込もうというところ、ちかりんがサヨナラ打でドラネコーズが連勝、ベイはヤスアキが打たれて負けたというのは痛いですね。

| 野球 | 22:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

とある一口馬主の愛馬目録(3月-2)

レッドレフィナード
20230402A01.jpg
追分ファーム リリーバレー
馬体重:502キロ
ハロン15ペースを基本に、ハロン14秒台に入ることもある坂路調教、周回コースにおける1500~2500mのハッキングキャンター、トレッドミルを使用した調整をおこなっています。ボリューム感のある、筋肉量豊富な馬体を上手に使った力強い走りが特徴ですが、ドゥラメンテ産駒らしい柔軟性も保持しています。芝中距離戦線におけるレベルの高い活躍を目指し、早期の本州移動も視野にしっかりとトレーニングを進めていきます。


この馬も早そうな感じですね。そりゃー早くデビューした方が時間があるわけだからいいに決まってますが。

ルージュラフェリア
20230402A02.jpg
坂東牧場
馬体重:407キロ
ハロン16~17秒ペースの坂路調教、周回コースにおける3500mのキャンターをおこなっています。運動神経の良さを感じさせる、シャープで素軽い走りが特徴。ここに力強さが加わってくれば、さらに中身の濃い走りとなってくるはずです。コンパクトながら肉付きは良く、毛艶、馬体の張りともに上々。血統から、マイル戦がベストかと思いますが、無駄なことはしないタイプだけに、距離延長にも対応出来そうです。


写真でもわかるように小さいんですよね。あまり大きくならなさそうですし。420くらいまでならないものかな。

ルージュリリカル
20230402A03.jpg
下河辺牧場
馬体重:434キロ
ハロン15~16秒ペースを基本とした坂路調教、周回コースにおけるキャンターといったメニューを継続しています。身のこなしが軽やかで、坂路をシュッと駆け上がっていく、スピード感に富んだ走りが出来ています。胸部の厚みが増すなど、馬体も順調に成長中。もう少しトモの筋肉が付いてくれば、より理想的な身体付きとなるはずです。気性は強い方ですが、手を焼かせるタイプではありません。


ダメかーちゃん返上、しかっとせんかい厩舎から離れたこの馬が最後の砦かもしれません。正直エピファネイアとはあまり相性が良くなさそうですけどね。

ロードマイライフ
20230402A04.jpg
ロードマイライフは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~20秒ペース)。3月中旬測定の馬体重は488kg。
・当地スタッフ 「調教内容をアップデート。終いを伸ばしている他、1周800mのトラックコースへ通っています。順風満帆な様子を評価し、厩舎側と進め方を協議。今のリズムを保てるようであれば、ゴールデンウィーク明けにトレセンへ入れるプランが浮上しました


おっと、これももう入厩してくるんですか。今年の世代は動きが早いですね。

ファーヴェント
20230402A05.jpg

NF空港
現在は週3日、900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。この中間からハロン15秒ペースを開始していますが、状態面は変わりなく推移しています。今しばらくは現状程度の内容でペースに馴らしていき、しっかりとした下地を築いていくことができればと思います。


こちらはどうでしょう。ちょっと時間がかかりそうですね。最もハーツの子ならこんなものかと思いますが。スエルテが異常に早すぎです(笑)。

| クラブ馬主・育成馬報告 | 20:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

令和の時代にタクティクスオウガをやる 9

第2章 誰も僕を責めることはできない

バルマムッサの虐殺から3週間その惨劇は全ウォルスタ人の結束を頑強なものとするには十分であったが、ガルガスタン陣営内の反バルバドス枢機卿派の決起を促すまでには至らなかった。地下に潜ったヴァイスらが虐殺の真相をガルガスタン内に広く流布していたためである。

Cデニムは虐殺の首謀者にされ賞金首になってるのに、なぜLヴァイスは虐殺の首謀者にされ賞金首にならないのだろう? ロンウェー公、不公平じゃないか、ブーブー。それとも一応賞金首なんだけど雷神様(後日詳述)がついてるのでみんな返り討ちにあってるとか。

まあそんな状況で焦る公爵はデニムを捨て駒囮にして数で勝るガルガスタン勢の分散を図ります。デニムのミッションは本隊に見せかけた囮部隊で本隊と別方面から敵の居城コリタニ城を攻めると見せて敵の分散を図る→敵が乗ってこなかったら港町アシュトンを陥れ経済封鎖をちらつかせ嫌でも分散させる というもの。

デニム様ご一行は廃墟にしたなったバルマムッサに上陸します。

1 バルマムッサの町
1章とは違うマップ、正規軍は招集されているのかここにいたのはホークマンとグリフォンとウィザードとドラゴンで構成されるという変わった部隊。
のっけからデニムは「ガルガスタン兵を皆殺しにするのだ❗️」と過激発言。例の選択で頭のネジが飛んだか(笑)

まずグリフォンとかドラゴンをスタンスローターとナイトメアで足止めしつつ耐久力の劣るホークマンとウィザードを集中攻撃でつぶします。片付いたらグリフォンとドラゴンを始末して皆殺し完了…と思いきや、下の方で段差を飛び降りたはいいが上がれなくなってずっと右往左往していたマヌケなウィザードが残ってたので成仏させて皆殺し完了。

戦闘後、町でコカトリスを雇用しますが住民は皆殺しになってるはずなのにこの店員さんはどこから沸いてきたのだろう。

その後バルマムッサでトレーニングして新入りも含めて全員Lv8に、コカトリスのペトロブレスで石化すると反撃がなくなるからタロスでもレベル上げが楽になります。

2 ゾード湿原
デニム率いる小沢艦隊(仮称)出撃。
小沢提督ならぬゴリアテの英雄殿が率いてるとあってハルゼー提督ならぬ敵リーダーは策に引っ掛かったようです。コリタニに1名伝令を飛ばし自分は命を賭けて足止めする覚悟です。
敵の構成はリーダーがウィザードであとはタコを除いてグレートボウ装備、つまりタコ以外は遠距離攻撃可となります。遠距離攻撃のヤなところは際限なく集中攻撃できるというところなんですよね(実際ウチはやってるわけで相手から見ればヤな敵だろうな)。
と言うわけで作戦ですが囮部隊の囮、アルバートで敵を誘き寄せ敵が釣られたところで新入りのコカトリス、アズライールのペトロブレスで固めて、あとはポイ…じゃなくて1体ずつ順々に引き取りいただこうと。
敵リーダーは石化しないので泳がせておいたらアルバートが2回倒されましたが、アズライールは4体も石像作成、最後のトドメも刺すという大活躍でした。MVPは違う人だけどね。
ここでLv9まで育成(いわゆるMVP法を使っています)。

3 港町アシュトン1
予定どおり経済封鎖をちらつかせるべく港町アシュトン制圧へ。
ここも高低差のあるマップ、そして連戦になりますがまずは下り、敵リーダーのふしぎの海のナディアはクレリックという珍しいマップです。クリアランスを持っており状態異常にしても回復されますのでペトロブレスなしで攻略してみます。
「目的のためには同胞をも犠牲にするオウガども」とデニムを評したリーダー、いまわの際には「神よ、あの者らをお許しになるのか? 彼らを罰し我らに救いを」と、まあそう言われても仕方ないことやってますけどそちらも同胞である穏健派の弾圧とかしてるわけで。「悲しいけどこれ戦争なのよね」。
次のマップに超強敵が出てきますのでここでLv10に。

| ゲーム理論 | 21:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

令和の時代にタクティクスオウガをやる 10

4 港町アシュトン2
バルマムッサ制圧の報を聞いたロンウェー公。今頃小沢艦隊(仮称)はアシュトンを落としてるはずだと翌朝のレイテ湾突入を指示します。レオナールは敵がニミッツだけになったのを確認してからでいいのではと進言しますが聞く耳持ちません。こういうのって負けフラグなんだよねえ。

さてミッションを達成した小沢艦隊、することがないので町を出ようとして敵に捕捉されます。
ここで出てきたのが「雷神」アロセール。バルマムッサの虐殺に巻き込まれて兄を殺されたとのことで、虐殺に反対したCルートでは強い味方でしたが、虐殺に加担したLルートでは当然敵、しかもマップは敵に有利な上りです。

戦略、雷神様の弓を2発も喰らえば死ねますからどう交わすか。彼女は3本ある街路の内中央を突進してくるようですからアルバートに生贄囮になってもらって引き付けてる間に全軍左右に展開、面倒なホークマンはカノぷ~、ティターニアの飛行部隊で処理して、敵クレリックはアズライールが決死隊になって石化させる…これで行きます。ホークマンとクレリックを無力化しこっちが上手を取れれば楽になるはずです。

Fight It Out!
兄の仇と怒り狂う雷神様は攻略本のどおり中央を突進してきます。飛行部隊はヤネに上りアルバートを残して残りは左右に展開しようとしますが敵の動きが速い! 1ターン目でホークマン1体は消しましたが、アルバート撃沈、デニム他2名が被弾、ペトロブレス、ナイトメアはことごとく外れるという予想外の展開。
とりあえず予定通り左右に展開、デニムにはカチュア姉さんがヒーリングをかけてくれました。
2ターン目、そのカチュア姉さんが雷神様の一撃で撤退、しかしこちらもクレリックの石化に成功、一番危険と判断したウィザードを地上部隊で片付けます。まだ弓持ちがアロセール以外に3人残ってますがクレリックを無力化したのでだいぶ有利になりました。
3ターン目以降はアルバートを囮にしつつ敵ユニットの数を減らし、最後はさんざん狙われたアルバートに花を持たせてアロセールを退却に追い込みました。

アロセールの捨て台詞「次があるとでも? スウォンジーで公爵は負けたのだぞ」…やっぱり。
ウォーレンレポートでも「途中からガルガスタンに援軍が加わり両軍に甚大な死傷者を出したうえで軍配はガルガスタンに上がった」と。レオナールの言う通りハルゼーがまだ離れ切ってなかったところに攻撃したものだから援軍として戻ってこられたのでしょうね。
デニムは海路でアルモリカ城に戻ることを決意しますが、ヴァレリアなんかどうたってもいいカチュア姉さんはこのまま逃げようと、そろそろめんどくさい度が上がってきます(笑)。

| ゲーム理論 | 22:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(4/4)

坂本「教授」が直腸がんで亡くなったそうです。なんでも最後は延命治療を拒否したとか。この人らしい最後の迎え方ですかね。にしても先日高橋幸宏さんが亡くなったばかりだっというのに…最後の先祖がタイタニックで救助されていなければこの世にいなかったはずのお方もいつかは後を追うのでしょうがその日が遠からんことを祈るばかりです。

ヴェルトハイム
ヴェルトハイムは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「この中間も追い切りレベルを交えるなど、与えられた課題をキッチリこなす形。脚元や背腰に何の反動も生じておらず、テンションについても問題が認められません。『東京を本線に復帰戦を考えたい』との友道調教師の方針。準備を進めるのみです」


ようやくですか。同じ東京本線のクレオスはもう帰厩してるんですけどね。それが馬房の空き具合の差かな。東京ということで見てみると2週目の府中Sですかね。

ストーリア
ストーリアは、4月1日(土)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行い、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・当地スタッフ 「前回の報告後も計画に沿ってメニューを消化しました。杉山調教師と話し合い、15-15まで踏み込まずにコンディションを整える部分に主眼を置く形。イメージ通りに上手く進められただけに、あとは厩舎の皆さんにお任せすれば大丈夫だと思います」


福島牝馬Sが視野に入ってるようですから帰厩してきました。はっきりココと決めているわけではないようですが意外と適鞍もない感じですからね。仕上がり具合によってはあっと驚く新潟大賞典なんてこともあるのかな。

フィレット
フィレットは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。
・当地スタッフ 「疝痛予防を兼ねた内容に止め、競馬や追い切りで蓄積した疲れを取り除くパターンです。時間の経過と共に少しずつエネルギッシュな感じに変わるなど、望むべき方向へ進んでいるのは確か。今週のどこかで次のステップへ移ろうと考えています」

そういえばグリーンウッドではなく千葉へ行ったんですね。ともかく鍛えなおしですね。

ナミュール
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「ここまで順調に乗り込まれて徐々に態勢は整いつつあります。坂路では終い13秒ぐらいの調教も取り入れており、いい形で状態は上がってきている印象です。あまり攻め込みすぎず、体調にも気をつけていい形でバトンタッチできるように努めていきます」(NFしがらき担当者)


あまり厩舎に置いておかない馬ですからね。どのへんで戻すか。

エオリエンヌ
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「ここ最近はこの馬なりにということにはなるものの、だいぶ安定してきた印象なので、坂路3ハロン40秒ほどの時計を出す調教も採り入れていますよ。もちろん体調次第になるのですが、このあともしっかりと乗り込んで送り出す態勢を整えていきたいですね」(天栄担当者)


東京プリンセス賞ならそろそろ戻すころかと思うのですがあまりそんな感じがないですね。どうしますか。

| クラブ馬主・現役馬近況 | 22:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

弥生成績

3/11
阪神
3歳未勝利
ルージュメイベル
54
ヤス
13着
2.0
3/11
中山
中山牝馬S
(G3)
ストーリア
52
たけすぃ
2着
0.2
3/19
中京
フローラルウォーク賞
(1勝C)
フィレット
54
コータ
7着
1.8
3/25
中京
3歳未勝利
ルージュアズライト
54
アカツキ
7着
0.5
3/26
中京
4歳上1勝C
ルージュブラゾン
56
アツヤ
3着
0.5


今月 5戦 0-1-1-0-0-3
本年 17戦 1-2-2-2-0-10

今月は5戦しましたが未勝利、3月までで1勝というのはあまりいい成績ではないですね。重賞2着が2回ありますから賞金的には結構入ってるんですが。歴史に名を残すのは1着馬だけ、最強の1勝馬なんか目指したくないですし何とか今年も重賞を取っていただきたいものです。

4月の予定
4/22東京 晩春S    レッドクレオス ?
4/22福島 福島牝馬S ストーリア   ?

今出走レースを予想できるのはこれだけですが、ブラゾンが優先権のあるうちに使うはずですし、アスタリスクもデビュー戦に向けて調整中ですから近々出てくるのでしょう。
ヴェルトハイムは4/29の府中Sじゃないかと思ってますしエオリエンヌも東京プリンセス賞と言ってたはずですから下旬には出てくるはず…ということでなんだかんだで5-6頭は出てきそうです。
12勝はもう諦めてますがその半分くらいは勝ちたい…それくらいなら行くよね…行かなければ。

| クラブ馬主・成績 | 23:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(4/5)

私は気づかなかったのですが昨日C社がトンデモ更新をやらかしてたようです。
なんでもナミュールが「新潟を目指す」と出ていたとか。当然他の馬との取り違えだったのですが。取り違えた馬はパルメリータという馬だったみたいですが所属厩舎も世代も違う、今しがらきにいるしか共通点がないうまと何で取り違えますかね。しがらきでの出席番号がナミュールの次がパルメリータだったとしか思えません。信楽の送信ミスだったにしてもC社も新潟と出た瞬間おかしいと思わないのかなあ。あんまり流れてきたメールを確認してないのかも。

レッドクレオス
美浦:蛯名正義厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、その後坂路1本。
坂路 55.2-40.3-26.4-13.5 馬なり

助手「坂路を13秒くらいで上がりました。入厩から徐々にペースを上げてきていますが、動きは問題なさそうですね。少し硬さがあるかなという程度でトモの踏み込みなども悪くないですし、乗り込んでいって体が動くようになれば硬さも取れてくると思います。年齢的に多少の硬さは仕方がないので、ひどくならないようにだけ気を付けて進めていきます」
蛯名正調教師「まだ戻ったばかりで気が入っていないところはありますが、そのあたりはこれからですね。気になるところもないですし、体調も良さそうなので2回東京1週目の晩春Sに目標を定めて乗り込んでいくことにしています」
※4月22日(土)東京10R・晩春S(4歳上3勝クラス・芝1400m)を予定。


前々から晩春Sと言っててその通りになったわけですが騎手の発表がないですね。ウチパクを抑えれてないのかな。

ルージュブラン
美浦:伊坂重信厩舎
角馬場後坂路1本。
坂路  58.7-43.1-28.6-14.1 馬なり

伊坂調教師「先週末に帰厩させました。そこまで重くも見えませんし、体調面に関しては問題なさそうですね。今日は坂路でサラッと時計を出してみましたが、下ろし掛けから勢いよく、気持ちも入っていい動きをしていました。脚元も問題ないのでこのまま進めていけると思います。引き続き角馬場で乗る時もネックストレッチを着けて、できるだけ騎乗者とコンタクトを取れるようにやっていきますが、以前よりはハミ受けなども良くなってきたので、それが競馬でも出せるように教えていきたいですね。週末やってみてからではありますが、息が問題ないようなら競馬は1回福島の3週目(4月22日23日)あたりを考えています」


いつの間にか戻ってきていました。もう後がなくなってきてますから納得のいく状態に仕上げて使ってほしいところなんですがプレッシャーもかかってるのかな。22でも23でもと言ってるということはどちらにもレースのあるD1700でしょうね。22は福島牝馬Sがありますから騎手はそろいそうですが23の方は牝限戦、私だったら22の方に出しますがこの世界牝限信者様が多いからねえ。

ルージュブラゾン
美浦:小島茂之厩舎
角馬場運動後、坂路にて併せ馬で追い切り。
ルージュブラゾン 55.4-40.9-26.9-13.4 馬なり
カルタゴ     55.0-40.4-26.4-13.1 馬なり

小島調教師「想定を見てメンバー次第では今週使うことも考えているので、今日は坂路でサラっと追い切りました。下ろしがけから力みもなく、道中の折り合いも付いていました。最後まで楽に動けていましたし、型通り状態は上がっています。午後も入念に馬体チェックをして、今週使うことになってもいいように態勢を整えておきます」


今週というと中1週になりますよね。ドゥラメンテの子だし大丈夫ですかね。

ルージュスエルテ
美浦:国枝栄厩舎
厩舎周りを引き運動。
国枝調教師「ここまで追い切りを重ねて来ましたが、昨日から左前に骨瘤が出てきました。歩様には見せていませんが、触診すると気にする素振りがあるので、今日は大事を取って引き運動だけにしています。適度に気合が乗っていて、飼葉もしっかり食べているように気持ちが萎えた感じはありませんが、ここで無理する必要もないので、明日ノーザンファーム天栄に出すことにしました。患部の状態にもよりますが、6月の東京開催デビューの予定は変えない方向で考えています」


放牧ですね。どうせ6月までレースがないのだしそれでもいいかと思います。

ロードアスタリスク
ロードアスタリスクは、4月5日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・安田調教師 「この中間も順調そのもの。4月5日(水)は坂路で併せ馬の追い切りを行いました。全体の51秒7については大いに評価できる一方、ラストの12秒9がやや不満。ここが詰まって来ると胸を張れるのですけどね。更に乗り込んだ方が良さそう。出走プランを詰めています」


確かにね。12秒の前半くらいは出てほしいところ。どうせもう新馬も終わってるしもうちょっと乗り込んだ方がよさそうです。

| クラブ馬主・現役馬近況 | 23:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(4/6)

レッドクレオス
美浦:蛯名正義厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は軽く乗っています。硬さはありますが、いつもよりひどいということもないですし、ケアしていけば問題ないでしょう。体を見る限りそこまで年齢は感じさせませんが、この時期でも硬さが出やすいのは年の影響はあるのかもしれません。ただ、このような感じでも毎回競馬になれば自分の脚は使ってくれますし、能力的な衰えはないと思っています。週末か来週からペースを上げて東京開催に合わせて進めていきます」


一時期もうダメかと思ったんですがこのところは掲示板の下くらいまでは来るようになってます。可能であればあと一つ勝ってオープン入りしてほしいところですがそこまでは無理かな。

ルージュブラン
美浦:伊坂重信厩舎
運動のみ。
伊坂調教師「昨日少し時計を出しましたが、脚元も変わらず馬体に気になるところもないですね。徐々にではありますが、力んで走るところが少なくなってきて、以前より前に硬さが出なくなっているのはいい傾向だと思います。フォームを矯正しつつやっているので馬にはストレスもあるかとは思いますが、そのあたりは適度にガス抜きしながら気性面もケアしていきたいと思います。根気強く教えていくしかないですが、走りが変われば結果に結びつくと思うので、何とか変化を求めていきたいですね」


走り方って早々代わる者じゃないですからもうちょっと時間をかけて教えた方がいいと思うのですがそうも言ってられない事情があるのかな。次何か変わらなければ厳しいでしょうね。

ルージュブラゾン
美浦:小島茂之厩舎
マシン運動。
小島調教師「追い切った翌日なので厩舎周りを引き運動で調整しています。出掛けの歩様も問題なかったし、程よい緊張感で稽古に取り組めていたと思います。飼い食いも安定していますし、ひと叩きで着実に状態は上がっているので、今週9日の中山ダ1800mを大野騎手で投票することにしました。前走で終いが甘くなってしまったので、今回はチークを装着する予定です」
※4月9日(日)中山12R・1勝クラス(ダ1800m)に大野拓弥騎手で出走します。


想定見ながら決めた結果優先権持ちがこの馬含めて2頭というところに出してきました。桜花賞の裏で騎手がいないところですがオノタクならいいでしょう。おそらく1番人気と思いますがミルコかスグルかコーセイの馬あたりが敵か。

ストーリア
ストーリアは、4月6日(木)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。4月22日(土)福島・福島牝馬S(GⅢ)・国際・牝馬限定・芝1800mに横山武史騎手で予定しています。
・杉山調教師 「4月1日(土)に戻したのは予定通りで、約2週間の放牧でも気分転換が図れたはず。15-14の内容だった6日(木)の様子からは休み明けの緩さが窺えたとは言え、目標の福島牝馬S(GⅢ)までの日数を考えれば丁度良い印象。改めて横山武史騎手に頼んでいます
≪調教時計≫
2023 4 6 助 手 栗東坂 良 1回 59.2 43.1 27.7 13.5 馬ナリ余力


そういう噂はあったのですがホントにたけすぃに頼みましたね。これは福島に行かねば。

クールブロン
武幸厩舎
5日は栗東CWコースで追い切りました。6日は軽めの調整を行いました。「NFしがらきでもだいぶ乗り込みが進んできましたので、先週帰厩させています。水曜日はCWコースで併せて追い切り、終い仕掛ける程度で6ハロン87秒3、ラスト1ハロン12秒3という計測でした。格下相手に手応えでは劣っていましたが、いつもこんな感じの動きでも追い切りを重ねつつ仕上がってくるので気にしていません。来週ビシッとやって、再来週の競馬を目指せればと思います」(武幸師)
23日の京都競馬(3歳1勝クラス・ダ1800m)に出走を予定しています。


どう考えても調教では動かなさそうな馬ですから時計は気にせんでもいいでしょう。それでもラスト12秒3ですから安田先生が言うように12秒9ではね。まあそれはさておきレースは決まりましたが騎手どうしますかね。岩田父とか追える騎手ぢゃないと途中でやめちゃいますからね。

| クラブ馬主・現役馬近況 | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>