fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2021-10- | ARCHIVE-SELECT | 2021-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ナミュール1

大変遅くなりましたが先週赤松賞にでたナミュールの記事

20211128A (1)
今日のニッカン、いわゆる出世レースなのですが今年は9頭立てとさみしい頭数、以前は土曜日だったはずですがG1の裏ではね。
印はスターズオンアースに◎が集まっていますがあとは割れ加減、ナミュールは本誌こそ○ですがあとは△くらい、無印なんてのもいますね。持ち時計がないのを嫌ってるんでしょうが時計が強さを示すんならレコード勝ちした馬が一番強いわけで。

20211128A (2)
ガンバレ馬券、「赤松賞」というレースが鬼門なのは以前書いた通り。シルヴィがビリ負けして山にこもり、プロスペリティがブービー負けで以後2度と勝てず…でしたからね。今回2桁負けににならないのが救いかと(笑)

20211128A (3)
9頭立てなんだからいっぺんに表示すればいいのになぜスクロールにこだわる?

20211128A (4)
出てきました。前走の新馬戦が地元中京でしたが熱中症により出走取消でしたので今回が初見です。

20211128A (5) 20211128A (6)
高野先生が絶賛するだけあってストーリアなんかと比べるとトモのボリュームが違いますね。

20211128A (7)
難を言えばなぜか尻尾が短いこと。ちょっと前クードラパンという馬がやはり尻尾が短かったのですがあれはひどい下痢で尻尾が壊死したと聞いてます。この馬はなぜなんでしょうかね。

20211128A (8)
こちらもカメラ目線きました。キョウエイマーチの系統は気が強いのが多いのですがこの子は超スローでも折り合ったように気性に問題はなさそうです。

20211128A (9)
持ち時計がないのが嫌なのか必要以上にコーセイが嫌われてるのか知りませんが3番人気、最終的には4番人気でした。ミルコはともかく脩サマやユッキーならコーセイのが上だと思うんですがね。

20211128A (10)
とまーれー、コーセイは前のレース乗ってますしG1の裏だから高野先生も来ず、誰もこないだろうなと見てたのですが。

20211128A (11)
ぬぁーんと高野先生登場。

20211128A (12)
調べたら今日のG1に出走馬がおらず、福島と東京で1頭ずつ、なら東京来ますわな。

20211128A (13)
本場馬入場ですが、一番最後の入場でした。

20211128A (14) 20211128A (15)
まだ2時過ぎなのですがだいぶ暗くなってます。

20211128A (16) 20211128A (17)
初戦に続いて出遅れ、これは今後の課題ですね。

20211128A (18)
ハーソナルハイが離しての逃げ、新馬戦ほどではないですがスローの判定。

20211128A (19)
前が離してますしちょっと届かないかと見てたんですがね。

20211128A (20) 20211128A (21)
ここから加速装置起動(笑)。

20211128A (22)
勝ちパターン入ってた逃げ馬を難なくかわします。

20211128A (23)
逆に2馬身ほど差をつけてのゴール、赤松賞の呪いってなんだ?って快勝でした。今回も上がり33.0秒、1分33秒8は赤松賞レコードだそうです。持ち時計を5.2秒も短縮、だから時計がすべてじゃないって言ったでしょ。

20211128A (24)
地下室にて、コーセイが凱旋。シルヴィがビリ負けした翌日のユートピアSのセシリア以来ですから久々の勝利で9勝目。

20211128A (25)
よーやったと高野先生、会員向けのコメントにはありませんがG1を意識してると言ってるそうです。

20211128A (26)
コーセイって背が高いんですよ。知ってました?

20211128A (27)
さて今度は表彰式

20211128A (28)
高野先生とコーセイ、あまり見かけないコンビですが、今回は起用に応えました。

20211128A (29)
記念撮影を裏から、いつか口取りは再開できるのかな。

20211128A (30)
ヒョーショージョー、アンタはエライ!(笑)

高野厩舎
21日の東京競馬ではスタートのタイミングが合わず中団後方から進める。道中ジリジリと動き、1頭離して逃げた馬を見つつ4、5番手まで押し上げると、直線半ばでエンジンが掛かり最後はあっさり差し切って優勝。
「今日はありがとうございました。期待はしていましたが、とても強い勝ち方で期待に応えてくれてホッとしました。ゲート内で少し駐立が不安定になりスタートは少し遅れてしまったのですが、ジョッキーも返し馬でこの馬の能力は感じてくれていたようで、焦らずに進めようと切り替えてくれたそうです。直線も、“馬の後ろにつけて抜け出すように意識した”と言っていて、しっかり課題を持って乗ってくれて、馬もそれに応えたというレースができました。この後については、まずはしっかり馬体を確認してから考えたいと思います」(高野師)
新馬戦以来、久々の実戦になりましたが、調教段階で非常に状態が良いと伝えられていたとおり、強い勝ち方を見せてくれました。先々が楽しみになる競馬でしたが、まずはレース後の状態をしっかり確認してから今後のプランを検討していきます。


わが厩舎が2歳1勝Cを勝ったのは史上初めて、新馬戦から2戦2勝としたのも初めてです。とにかくスタート以外文句のつけようがありません。キョウエイマーチが逃げ馬ですからどちらかといえばこの血統は前で粘る馬が多いと思うのですがこの馬はハービンジャーが出てるのかもしれません。

この時点では次走未定でしたが今日の更新。

NFしがらき
「現在はNFしがらきでの状態をチェックしているところで、基本的には年明けのレースを使う考えですが、選択肢を広げる意味もあって念のため阪神JFへ登録させていただきました。出走するかどうかはもう数日見極めるつもりです」(高野師)12月12日の阪神競馬(阪神JF・牝馬限定・芝1600m)特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて23頭の登録があります。


一応阪神JFも視野にあるようです。私にとってはセシリアのリベンジマッチになりますが無理せんでもいいと思います。
この先生だし故障だけが怖いですからね。

| クラブ馬主・レース出走 | 23:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |