fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2021-10- | ARCHIVE-SELECT | 2021-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

愛馬近況(11/10)

夏にJRA登録を抹消されたピアちゃん、当然故郷には帰れずサラオク行、盛岡に転厩して先日デビュー戦を迎えようとしました。「ようとしました」というのは競走除外になってレースに走ってないからです。どうも放馬したようですが地方転厩初戦で放馬除外というのも前途多難ですな。ちなみにわが厩舎からのドナドナ組はこれで3頭が地方で走ってますがアットーテキ最下位人気に応える走りを見せるプロスペリティ、園田→金沢→名古屋と放浪の旅にでたラルーチェとどれもこれも今一つです。基本ダート馬を選んでないからなあ。

レッドクレオス
美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、その後ウッドチップコースで追い切り。
ウッド
レッドクレオス  85.0-69.2-54.6-39.8-11.7 馬なり
ウインドジャマー 85.8-69.6-54.9-39.9-11.7 馬なり
ルヴォルグ    84.5-68.8-54.3-39.5-11.7 馬なり

助手「今日はレースで騎乗予定の大野騎手に乗ってもらって追い切りました。『常歩は緩さを感じたけど、走り出せば思っていたよりはしっかりしていたし、息も気にならなかった』ということなので、走れる状態まではきたと思います。ずっと坂路を2本乗るなどしてジックリ締めてきたので、体のラインもだいぶシャープになってきていますよ。あまり時計が速くなると心配はありますが、ここ2走を見るとやはり良馬場の方がいいと思うので、今週末まで天気が持ちそうなのは何よりですね」
藤澤調教師「注意しているので、今のところ蹄も問題なくきています。休み明けではありますが、蹄のこともあって一戦一戦が勝負になりますからね。今日の動きを見ても力は出せそうですよ。スムーズな競馬ならこのクラスでも通用するはずなので、頑張ってもらいたいと思います」
※11月13日(土)東京10R・奥多摩S(3歳上3勝クラス・芝1400m)を大野拓弥騎手で予定。


今週の競馬、気づけば姉がオープン入りした5歳11月に、3勝Cにあがってからは家賃が高そうな競馬が続いてますが果たして?

レッドカルム
美浦:奥村武厩舎
角馬場運動後、坂路にて単走で追い切り。
坂路 52.8-38.6-25.4-12.8 馬なり

奥村調教師「気持ちの面でカリカリしないように、今日は坂路にて単走で追い切りました。テンからリズム良く走れていましたし、道中の立ち回りもスムーズ。終いの反応も素早く、上がってきた時もケロッとしていて走り足りなそうな感じ。上々の内容だったと思います。来週のレースは距離が延びるだけに、今のところチークピーシーズは外すつもりで考えています」
※11月21日(日)東京7R・3歳上1勝クラス(ダ1600m)を北村宏司騎手で予定。


これもクラスが上がってからは家賃が高そうな競馬つづき、今回距離伸ばしてどうか?ですが。

ルージュブラン
美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを引き運動。
手塚調教師「使った後なので、今日は厩舎周りを引き運動で様子を見ています。運動中の脚運びはスムーズで、脚元も今のところ問題なさそうです。飼い葉も与えた分は食べており、コンディションは上々。明日から騎乗運動を再開していこうと考えています」


来週使うか再来週使うか…まあ節で入れるか?ですけどね。

レッドザグロス
引退
本馬は11月6日の福島競馬に出走し13着入線。去勢を施したことで初戦時より多少前向きな面は見られたものの、このまま1勝クラスを続戦するほどの内容とは判断できず、残念ではございますがここで引退の結論に至りました。長らくお時間を頂戴したにも関わらず、このような結果となり申し訳ございません。長い間、レッドザグロス号へのご声援ありがとうございました。

庄野調教師「デビュー戦よりも行儀よく競馬に臨めたように、去勢により競馬に向かう姿勢については多少なりとも効果があったと見ていますが、残念ながら1勝クラスでは力及ばずといった内容でした。しっかりトレーニングを積んでもトップスピードの差までは埋められませんでした。レース後、オーナーサイドと協議して引退することとなりましたが、ここまで長い時間をいただいたのにも関わらず、いい結果に繋げられなかったこと、わずか2回の出走に終わってしまったことは大変申し訳なく思っています。この後は滋賀県内にある牧場で若手スタッフの練習馬になることが決まったということで、新たな道での活躍を期待したいと思います。これまでありがとうございました」


異例な展開が続いていた本馬ですが結局引退。出資者様に圧力に押されたクラブ側の勝利となりました。まあ仕方ないですね。
にしても庄野先生、こんなコメント上手い人だったっけ?

ルージュグラース
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で追い切りました。
坂路 斎藤新J 55.6-41.0-26.6-13.0 馬なり

助手「先週しっかりやりましたし、福島までの長距離輸送もあるので無理せず流す程度にとどめました。追い切りに騎乗した斎藤新騎手は『やればいくらでも動けそうでした。先週速い時計を出したせいか適度にピリッとしていて、いい雰囲気です』と話していました。相変わらず馬房ではワサワサしたりジッとしたりの繰り返しで、馬房に敷いているチップがパウダー状になってしまうくらいですが、これもいつものこと。発汗は見られず、馬体も細くは映らないので問題ないでしょう。これまでの経験上、出張先だとイレ込んでしまうので、レース2日前の金曜日にトレセンを出発し、環境にある程度慣らしてからレースに臨むことになりそうです」
※11月14日(日)福島7R・3歳上1勝クラス(牝馬・芝1200m)に横山和生騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。


今週出走、ですがどうも「落ち着きがありません」のようです。この血統だとそうなるんですけどね。鞍上は強化されますし前走のようなことはないと信じたいですが。

ルージュブラゾン
美浦:小島茂之厩舎
角馬場運動後、坂路1本。
坂路 65.0-48.7-32.5-16.3 馬なり

小島調教師「今日は角馬場と坂路で軽めに乗って調整しました。少しテンションが高くなっていたものの脚取りはしっかりしていますし、トモの入りなども悪くありません。脚元も問題なかったですよ。明日追い切る予定で、その動きや追い切り後の状態を確認してから番組を決めたいと思います」


そういえばブラゾンも入厩してました。暮れの競馬と思いますがね。

レッドベスティア
昆貢厩舎→岩崎ステーブル
本日(水)岩崎ステーブルへ移動しました。
昆調教師「レース後も外傷などは見つかっておらず、重い筋肉痛もありません。脚元もスッキリ見せていることからも、大きなダメージはなさそうです。既にお伝えした通り、この後は放牧に出して体の成長を待ちますが、当初予定していた北海道ではなく、栗東トレセンから2時間圏内にある三重県名張市の岩崎ステーブルで調整をおこなうことにしました。今はまだ時間もあり、焦る時期ではないので、体を膨らませてから再始動するようお願いしてありますが、いい坂路が備わっていますし、静かな環境にあるので心肺機能を含めた身体造りやストレス解消にはピッタリの施設でしょう。今回の休養で馬体にもう少し伸びが出るとともに実も入ってくることに期待したいと思います」


北海道と言ってたのですが気が変わったようです。ともかく成長待ちですね。

ルージュレイア
美浦:尾関知人厩舎
角馬場運動後、坂路1本。
坂路 67.8-50.6-33.9-17.2 馬なり

尾関調教師「先週土曜日に帰厩しました。日曜日に跨った時は運動初日だったのでテンションは高めだったのですが、乗り込むにつれて落ち着きが出てきました。今日は坂路で軽めに乗っていますが動きは問題なく、気持ちの面もしっかりしています。飼い葉もこの馬なりに食べていてコンディションは良好。追い切りを明日(木)おこなう予定です」


この子も戻って来てますがどこ使う予定でしたっけ?

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は11月11日(木)に滋賀・グリーンウッドトレーニング、11月12日(金)に千葉・ケイアイファームへ移動して馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。
・藤岡調教師 「特に問題は見当たりません。全盛期の雰囲気に戻り切らない部分が走りに響いているようで、なかなか苦しい立場です。11月11日(木)に近郊牧場へ移して1泊し、12日(金)に千葉のケイアイファームへ。回復具合も踏まえ、今後について話し合いましょう」


先生さあ、いつまでも戻りきらないというのは「それが実力」だと思いませんか?

ヴェルトハイム
ヴェルトハイムは、レース後も特に異常は認められません。11月10日(水)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して冬以降のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。
・友道調教師 「レース前との比較で大きく変わった印象は無し。11月10日(水)にグリーンウッドトレーニングへ移しました。リズム良く運び過ぎると結果に繋がらないのかも。復帰の番組については未定ながら、次は控える競馬に徹して直線勝負に賭けようと考えています」


新説登場(笑)、さすがにヤネのせいで能力1割減になったとは言えませんがね。でもリズムよく運べば普通は力を出すものなんですがねえ。

ストーリア
ストーリアは、11月10日(水)栗東・Cウッドチップコースで調教時計を記録しています。11月21日(日)東京・2歳未勝利・牝馬限定・芝1800mに予定しています。
・杉山調教師 「11月10日(水)は84秒ぐらい。ラストに重点を置く内容で、キッチリと折り合っていました。パートナーが2勝クラスだっただけに、首差の僅かな遅れについては何の心配も要らない部分。ここまでは順調に本数を積んでおり、計画通りに準備が整いそうです」
≪調教時計≫
21.11.10 高 倉 栗CW稍     84.2 68.9 54.6 40.7 12.3(9)馬なり余力
         グレースオブナイル(古馬2勝)馬なりの外首遅れ


牡馬勢がだらしないだけに牝馬勢は次決めてほしいですね。

ナミュール
高野厩舎
10日は栗東坂路で追い切りました(53秒0-38秒9-25秒0-12秒2)。
「NFしがらきでの状態をチェックし、東京の赤松賞を目標にすることにして先週帰厩させました。今朝は坂路で併せて追い切りましたが、時計も上々で相手を突き放すいい内容でした。先々はもっと身が入ってくるのでしょうが、現状でもしっかり芯のあるブレない走りをする馬ですね。この調子で進めて行ければ楽しみです。鞍上は三浦騎手で調整しています」(高野師)
21日の東京競馬(赤松賞・牝馬限定・芝1600m)に三浦騎手で出走を予定しています。


こういう趣味を長く続けていると鬼門の騎手の他鬼門のレースというのが出てきます。私にとってもセシリアが2年連続沈んだ湘南S、セイエイツートップが枕を並べて討ち死にした箱根特別と新馬戦を勝って意気揚々と臨んだ2頭が沈んだ赤松賞が鬼門認定されてるんですが…
赤松賞はやめろと言ったのにい


| クラブ馬主・現役馬近況 | 23:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |