Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2017-07- | ARCHIVE-SELECT | 2017-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

愛馬リポート(8/4)

今日は1日暇でしたので新潟行こうかとも思ったのですが
行かなくて正解でした(号泣)
なぜって? お察しください。

昨日の分

レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。馬体重463キロ。
担当スタッフ「若干歩様に硬さはありますが、もともとトモの弱い馬なので、そのあたりはしっかりケアしながら乗っています。一時期よりは良くなっているので、この後も気を付けながら乗り込んで行きます。変わらず毛艶も良く、体調は良くなっているようですね」


S師はこの馬どうする気なんですかね? 障害のオープン戦はあと8/26の新潟JSか小倉の8/19、9/2の2鞍しかありません。まさか重賞いかないでしょうから小倉にもっていく気なのか? それを過ぎるとしばらく直線ダートの競馬しかなくなります。いつも言ってますが使わないのなら金がかかるだけ、そろそろ決断していただいてもいいのですがね。

レッドウィズダム
(吉澤ステーブル)
マシン運動。524キロ。
牧場スタッフ「今週もマシン運動とパドック放牧で調整しています。骨瘤の痛みはありませんが、少し熱を持っているので、無理させる必要でもないでし、もうしばらくは現行メニューで進めたいと思っています。脚元の状態と体のリフレッシュ具合を見ながら乗り出しのタイミングを決めたいと思います」


なかなか骨瘤がひきません。もうしばらく待ちですかね。

これで終わりかと思ったらもう1頭いました。

シーリア
函館競馬場
4日はゲート試験を受け、無事合格しました。
「昨日の試験は不合格でしたが、スタートのタイミングひとつですし、馬にはダメージもなかったので今朝も受けてみたところ、無事合格することができました。この後は、無理をせず一度放牧に出して調整していく予定です」(辻野助手)近日中にNF早来へ放牧に出る予定です。


来週の試験を受けるのかと思ってたらセカスミ先生は怒りのレントーでしたね(^^;)。これが功を奏して合格、8/5は早速NFに放牧に出ています。
ちなみにロードゴラッソは来週の試験に回るようです(普通そうでしょうが(笑))

スポンサーサイト

| レース出走 | 19:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |