Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2017-06- | ARCHIVE-SELECT | 2017-08- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

@セントレア(死語?)

本日はウィズダムの応援に…ではなくロードの見学会で北海道です。

ロードに参加するのは2年ぶり3回目ですが募集時期繰り上げでだいぶ様変わりしたようです。
昨年申し込んだゴラッソは見学会でGMオススメだったという情報を聞いて申し込んだものですが、カナロアの♂でいい馬がが居るといいのですが。
スポンサーサイト

| 出資馬選定 | 07:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

@バスto三石

現在厚真のあたりを走行中、キャロのツアーに比べると移動時間が長いのがね。

三石より遠い浦河が拠点のブルーさんなんかどうしてるだろう。

展示1歳馬のリストを見てるところですが、最重点の「ロードカナロアの♂」はどうもインパクトに欠けます。
オーシュペール(メロメロなんちゃらのいとこ)、
キャサリンオブアラゴン(期待のわりに産駒は今ひとつ)、
キャトルフィーユ(母父DIで除外予定)、
グラシャスギフト、
ニンフェアルバ、
ハーフムーンⅡ(上ほどではないがかなり血が濃い、ミスプロのクロスがあってノーザンダンサーは結局何%入ってるんだ?)

実馬みてビビビッと来るかですね。

| 出資馬選定 | 11:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

@静内

1日目終了、某クラブと違って30頭くらいですから半日で終わります(笑)

で…

いいと思った馬はほとんどカナロア♂以外、困ったもんです(--ξ)
GMは「自分がいいと思った馬を買え」と無責任なありがたいお言葉。

当座よく見えたのは
エンジェリックレイ16
言わずとしれた初出資馬の子、去年のカナロアの初子はよく見えなかったのですが今年はよく見えます。これが「小説家」の魔力か。

キャトルフィーユ16
カナロアで一番よく見えたのはこれ、でも母父がアヤツなんだよねえ。

パーフェクトトリビュート16
カナロアでなくキンカメ産駒。

マツリダワルツ16
この馬ケイアイ生産じゃないはずですがよほど気に入ったと見えます。父ゴールドヘイローをどう評価する?

レディルージュ16
栗毛なのにハーツらしいと思えた馬、ただハーツは東サラで行くと決めてるだけに。

レディバラード16
母19歳をどう評価する? それにこの血統は足元がついてまわります。

ワイルドココ16
GMの話によれば母は長めの距離で走ったらしい。そこにカナロアでどうでるか。

なおクラブ発表によると今年は募集時期を秋に戻すそうです。
キャロが終わったタイミングってのは当方としてもありがたいです。

キャロで取りすぎたと思ったら応募しなければいいのだし…と思ってたらロードから「逃しませんよ」と工作が。
懇親会の抽選で1万ポイントあたったらしい(よく聞いてなかったので間違ってるかも、1万円の何かが当たったのは確かなんですが(爆))

| 出資馬選定 | 21:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

@新千歳

全日程が終わりまして今空港のラーメン屋です。

足が長いので余裕を見てる分うまく行くと早く終わってしまうのですね(予定では1615空港着)。
SSSで時間かけなさすぎたかな。

これから飛行機で梅雨真っ只中のにゃごやです。

| 出資馬選定 | 16:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

メロウハート1 ~メロメロハートの子守唄

すっかり忘れておりましたが先々週の東京メロメロウハートの2戦目でした。
既走馬に混じってのデビュー戦は着順は7着ですが3着からはハナハナ…の大接戦、最後追い上げてきたレースぶりでしたしこれならば…と期待できそうなレースでした。
ゆえに好勝負になると踏んでの2戦目

20170703A (1) 20170703A (2)
まずは東京競馬場恒例の第5コーナー、この日はキンカメでいきました。

20170703A (3)
この日のニッカン、「大型馬の2走目」で上積みが見込めるということでそれなりの評価

20170703A (4)
そしてガンバレ馬券

20170703A (5)
524キロ、メンバー中最重量ではありませんがやはりデカイ。

20170703A (6)
でてきました。

20170703A (7)
メロウハートの前にこのレース出走の良血馬
サンジュリアン…母はサンテミリオン

20170703A (8)
ベストダンス…母はダンスパートナー

20170703A (9)
サトノニオクゴセンマン…兄はサトノクラウン

ただし人気はこれらの馬ではありません。

20170703A (10) 20170703A (11)
で、メロウハート、はじめてみる馬ですがどうも重っ苦しく見えました。

20170703A (12)
とまーれーで走る高柳師

20170703A (13)
走る津村君

20170703A (14)
津村と言えばマイネル、どうも東サラの勝負服は似合いません。

20170703A (15) 20170703A (16)
スタートは好発

20170703A (17) 20170703A (18)
そのまま4番手をキープ

20170703A (19)
3コーナーのあたり、ここから伸びてくればだったのですが。

20170703A (20) 20170703A (21)
ここから絶望的に伸びません。

20170703A (22)
もう相当後ろに下がってます。

20170703A (23)
後ろには1頭しかいないという大敗

20170703A (24)
戻ってきたところ

ロードはレクがあるのですが、スタッフの第1声は「申し訳ない」、津村君も高柳氏も「道中は思い通りの競馬ができたが、さあこれからというところでまったく伸びなかった。距離が長いにしても負け過ぎ、どうしたんだろう」と。

結局故障ではないようで敗因は「全くわからない」としか言いようがありません。
この馬の勝ち上がり…また見えなくなってしまいました。

| レース出走 | 22:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

トップをねらえ(6月-2)

途中にロードツアーが入ったりしましたのでこれも遅れました。6月末の更新

シーリア
20170703B01.jpg

NF早来
現在はウォーキングマシンで運動の後、週3回は屋内周回コースでキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。この中間から坂路の登坂日を増やすなど負荷を強めてトレーニングを行っていますが、気持ちが高ぶることなく安定した走りを見せています。馬体を見ても逞しさを増していることは間違いなく、力強さが備わってきたことで走りのバランスも良くなり、ノビノビとしたキャンターを披露していますので、今後もこの調子で乗り進めていきます。


やはり胴が詰まって前が勝ってみえますね。となると桜花賞が狙いになるのかな。

レッドイリーゼ
20170703B02.jpg

(ノーザンファーム早来)
右トモの血腫の治療を行いながら少しずつ運動量を増やしており、現在は毎日トレッドミルでの運動を行っています。騎乗調教を控えていますので馬体は少し緩んでいますが、体調は良好です。ペースを落としていることもあり、気性面は特にうるさくなっているということはありませんが、治療時などには頑固なところを見せるようになってきました。引き続き右トモの経過を見つつ、精神面にも注意しながら運動量を増やしていきます。馬体重は477キロです。


馬体だけならシーリアよりこちらの方が良く見えます。血腫がなくなるまでしばらく待ちですね。

レッドラフェスタ
20170703B3.jpg

(坂東牧場)
マシン運動60分、ダク1000m、キャンター3400m、坂路調整。馬体重444キロ。
担当スタッフ「通常の乗り込みに加え、終いの3Fを15-15で駆け抜けるスピードトレーニングと、F16秒程度のスピードを保ったままトラックコースを2周するスタミナ調教も課しています。ペースを上げても脚取りは軽く、スッと加速できるのは筋力に恵まれているからでしょうね。毛色が近いというのもあるのでしょうが、走っている姿が現役時代の父のイメージと重なる部分もありますよ。まだ気性に関しては、ドンとこいとはいえないのがもどかしいところですが、何とか素材の良さを生かせるように心身ともに成長させていければと思います」


気になるのは期待通りの滑り出しを見せているカナロアに対しオル坊は今一つ期待に応えてないのですね。気性はまだまだですが集中はしてきてるようです。

レッドガラン
201703704B04.jpg
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重526キロ。
担当スタッフ「この中間も休みなく乗っていますが、左前膝裏に疲労感が出たので、速めは控えて馬なり1本の調整に切り替えました。もともと背腰に張りの出やすいタイプですし、芯がしっかりしないうちはどこかに負担が掛かってしまうのかもしれません。休むほどではありませんが、やれば動いてしまうタイプなので、気持ちを制御しながら無理せずケアを優先したメニューを進めます」


今度は左前かあ、少々体質が心配ですね。

| 競馬全般 | 23:05 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(7/4)

今年初上陸の台風3号ですが、長崎から東京までほぼ日本を東に走りました。
にゃごや最接近は18時頃、退社時間と重なりまして拙も久々に振替輸送となりました。とりあえず大きな被害はなさそうでなによりでしたが。

ルヴォワール
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「引き続き体調のほうは安定していますので調教も継続して行っています。坂路に入る際は基本14-14のところを乗るようにしていて、特に問題なくしっかりと乗れていますよ。脚元のほうですが、外傷して腫れていた右トモのほうはすっかり落ち着いているのですが、左トモの球節まわりは名残があるので、引き続き気を付けながら調整を進めていきます。馬体重は553キロです」(天栄担当者)


正直良くなるのが遅いという印象ですね。ただの外傷で2か月以上もかかるわけはないし。根拠はないですがなんか隠してるのでは?という気がします。

ロードブレイク
ロードブレイクは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500m。
・当地スタッフ 「6月30日(金)に調馬索で慎重に具合を確かめたところ、スムーズな動きを見せていました。その点を踏まえ、7月1日(土)より角馬場へ。現在はハッキングを繰り返している段階です。後戻りは許されない状況。慌てずにピッチを上げましょう」


もう7月、スーパー未勝利まで使えるとしてもあと3ヵ月、そうそうのんびりして裸レませんからね。もっともこっちの方は半ば以上あきらめてますが、

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「6月30日(金)は3頭併せの大外を回る形ながら、最後まで十分な手応えで馬体を並べました。息遣い、フットワークは上々。走りに若干重さが感じられるだけに、欲を言えばもう少し素軽さが欲しいですね。今月中の移動を視野に本数を重ねます」

ロードゴラッソは、7月下旬に栗東・藤岡健一厩舎へ入厩の可能性がございます
【ご出資のお申し込みは7月14日(金)午後5時で締切となります。】


15-15まできましたからそろそろ入厩かなと思ってましたが下旬に入厩するようですね。ウチの2歳馬では第1号になります。

| 現役馬近況 | 01:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(7/5)

日曜日にあった都議選、公明の支援がないジミンが57議席から30議席以上減らし史上最低の23議席という歴史的大敗を喫したようです。23というのがどのくらい酷い数字かというと公明党と同じで19議席の共産党まであと一歩というくらいの数字です。ではミンシンかというとこれもメルトダウンが止まらず史上最低の5議席、出はどこがと言えば小池政党なわけです。
何年か前の大阪でも同じようなことがあったわけで、要は「ジミンに期待してる」のではなく「他がだらしない」だけなんですがそれをわきまえてないとたまーーーにこうなるということです。不都合な質問に「印象操作だ」と印象操作を繰り返すアベールにはおおいに反省していただかないといけません。もっともいつも「丁寧に」といいつつ何か変わったようにはみえませんから何も変わらないんでしょうがね。
ミンシンは…もはや政党としての体をなしてません。バラバラ過ぎてもはや党としての政策を打ち出すことができないんですからね。
イシンは…ハッシーが手を引き出してるところを見るとそろそろ終わりですかね。

レイズアスピリット
NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を行っています。「この中間は左トモ、そして背中を中心にケアを行った上で周回ダートコースでの運動を開始しています。夏はあまり得意とは言えないタイプですから状態を見つつ、今後も進めていければと考えています。馬体重は493キロです」(空港担当者)


結局1戦しただけで「秋まで休養」が濃厚ですね。ヴォルケーノを除くジーサンズ3頭でここまで計2走ですからお話になりません。

アプリコットベリー

7/2  大久保厩舎
「先週の追い切りはいい動きだったのですが、その際に軽く捻挫をしていたようで、右前脚の球節部分が腫れてしまいました。検査の結果骨折はなく、少し楽をさせれば大丈夫という診断でしたが、来週の競馬は厳しいため回避して様子を見ることにします。ご心配をおかけして申し訳ありません」(大久保師)予定していた8日の福島競馬(松島特別・芝2000m)は登録を見送りました。

7/5 大久保厩舎
5日は軽めの調整を行いました。
「お伝えしていますとおり右前脚の球節部分の腫れで、予定していた松島特別の登録は見送らせていただきました。その後は徐々に腫れも引いてきていますが、無理をさせると長引く可能性もありますし、一度放牧に出すことにしました。放牧先での状態を見ながらになりますが、順調に回復するようなら小倉開催での復帰も考えていきます」(大久保師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


ベリ子 おまえもか!
どこぞの方に倣ってトンザースを結成しようか…

レッドウィズダム
(角居厩舎/函館競馬場)
本日はひき運動の調整でした。
今週9日(日)函館8レース・3歳上500万下(D1700m)に吉田隼騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。
助手「展開が向かなかったこともありますが、パトロールビデオを見ると砂をかぶったところで高脚を使う場面もあったように、なかなかレース慣れしてきません。500万クラスなら楽勝してもいいくらいの力があるだけに歯がゆいですね。レース後はひき運動で疲れをとっていますが、暴れ回るくらい元気だし、右前脚の骨瘤は小康状態を保っているので、あすから乗り出し、連闘で日曜函館8レース(D1700m)に臨む予定です」


あっと驚くレントー宣言、レース鳴れしないと言ってますからゴーインにレース慣れさせる気なのかな。日本語の通じる騎手ならためてくれると思いますのでそこに期待…

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、7月5日(水)不良の栗東・坂路コースで1本目に59.0-43.3-28.5-14.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。7月23日(日)中京・尾頭橋特別・混合・ダート1200mに予定しています。
・笹田調教師 「今週の福島に組まれる1700m戦も考えました。ただ、戦績からも長い距離は不向き。また、芝も微妙な感じで・・・。そのあたりを踏まえて、中京の最終週を新たな目標に。ちょっと間隔が空くだけに、追い切りをセーブしながら準備しましょう」
≪調教時計≫
17.07.05 助手  栗東坂不1回     59.0 43.3 28.5 14.3  馬なり余力 坂路コースで入念


「戦績からも長い距離は不向き」って3年前に重馬場のD1700を走って惨敗しただけなんですがねえ。

2014.08.18
ロードヴォルケーノは、8月16日(土)小倉10R・宮崎特別・混合・ダート1700mに松山騎手54kgで出走。16頭立て3番人気で4枠7番から平均ペースの道中を11、12、11、11番手と進み、直線では最内を通って1秒9差の9着でした。馬場は重。タイム1分43秒9、上がり37秒3。馬体重は2kg減少の466kgでした。
・笹田調教師 「メンバーを考慮して小倉に出馬投票を行ないました。3、4コーナーでスッと上がって行けず、直線でも伸びそうで差が詰まらず・・・と言った感じ。距離よりもコース形態の影響が大きいかも知れません。また、降雨で締まった馬場。前残りの展開で、勝ちタイムも非常に速かったですね。今後に関しては厩舎へ戻ってから検討する方針」


そのときは、距離よりコース形態や馬場だと言ってるのですが…。前半ついていけない馬ですし私は1200よりは1700の方が向いてると思いますがねえ。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、7月8日(土)中京・豊明S・混合・芝1400mに幸騎手57kgで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では優先順位1番目、同順位12頭で出走可能です。7月5日(水)不良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン51.6-37.4-12.7 7分所を直線強目に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を1秒3追走して1秒0先着。短評は「抜群の動き」でした。
・高柳調教師 「7月5日(水)は伴騎手を背に追い切っています。少し頭が高い面が窺えたとは言え、概ね真っ直ぐ走っていたでしょう。なかなかのデキで送り出せそう。右回りがベターながら、大敗を喫した時のような極端なペースでなければ対応できるはずです」
≪調教時計≫
17.07.05  伴  美南W不          51.6 37.4 12.7(7)直強目追う 抜群の動き
         ダノンウィンザー(3歳未勝利)一杯の内1秒3追走1秒0先着


勝って降級ですから今度は人気になるでしょうねえ。とはいえコース形態もビミョーだしヤネはfu-幸、まあ地元ですから行くつもりですけどね。

メロウハート
メロウハートは、ここに来て右前脚に幾らか腫れが認められます。レントゲン検査を受けたところ骨折等の診断は下されませんでした。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。
・高柳調教師 「7月5日(水)に函館へ向かう段取りを組んでいたものの、今朝のチェックで右前脚中筋に腫れと熱感を確認。曲げた際に反応も示しています。骨折は見付かっておらず、捻った可能性が高そう。計画を白紙に戻し、数日間は経過観察を続けましょう」


おっとこの馬までトンザース入りナリ。とにかくNeppatsu、Nenza、Dabokuのラッシュですなあ(泣)。どうでもいいですが次は函館で使う気だったんですね。

| 現役馬近況 | 20:34 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>