Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2017-04- | ARCHIVE-SELECT | 2017-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

速報

コルディス、1/6通りました❗
スポンサーサイト

| レース出走 | 17:46 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(5/18)

注目のオークス抽選

20170518A01.jpg
見ての通りレッドコルディスの名前が11番枠にあって非当選除外馬が5頭…1頭だけの抽選に通ったのはレッドコルディスでした。
私の出資馬初出走は2000年1月のゴッドブレスシチー、そこから18世代目にしてやっとクラシックのゲートに入れる権利を得ました(出資馬でなければオペラシチーが菊花賞に出てますが)。もっともよりによって死に番の11番で出走というのが私らしいところですが(苦笑)

今日は夕方ごろは忙しく、ぼく馬メールを見れたのは5時半ころでした。私のスマホはメールの3行目まで見れるのですがその3行目にオークスの文字が見えたのを見て思わず職場でガッツポーズしてしまいました(笑)。東サラも4日連続でコルディス神頼みキャンペーンを張ってましたが実りましたね(笑)。明日は「祝コルディス オークス出走」になるはずです。

今日は特に順番を変えてこの馬から
レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
※今週21日(日)東京11レース・3歳オープン/オークス(牝)芝2400mに吉田豊騎手で出走します。

助手「きのう追い切ってからもカイバは残さず食べています。けさの馬体重は466キロ。数字以上に体を大きく見せていて雰囲気はとてもいいですよ。今回は坂路とCウッドコースを併用して乗り込んで、申し分ない時計で動いているし、運動量も十分すぎるほど積んできました。ギリギリの仕上げと言っていいかもしれません。東京と京都、GIと500万と走る条件に大きな違いはありますが、どちらのレースになっても最善のレースを選んだと信じてレースに臨みます」
高橋忠調教師「オークスを除外された場合ですが、京都(土)のメルボルントロフィーに出走させることにしました。鞍上は武豊騎手で。距離もコース形態もぴったりと言えますし、輸送のリスクも減らすことができます。それに武豊騎手が乗れるということもこちらのレースを選択した理由の一つです。予定が何度も変更となり申し訳ありませんが、自己条件なら勝つ確率が少しでも高い方をとスタッフらと話し合って決めました。牡馬相手でも見劣りしないと思うので結果を求めていきます」

【追記(オークス出馬確定後の調教師コメント)】
高橋忠調教師「一生に一度のことなので出走することが決まってよかったです。正直なところ秋には京都の大舞台で走れる馬だと思っており、いまのうちに京都をもう一度経験させて賞金を上積みしたいという考えがあったのも事実ですが、府中の2400mはコルディスには適した条件だとみていますし、同じ世代の馬の実力を測るには絶好の舞台ですからね。そこを走ることはいい経験になるでしょう。きのうまでは除外されたらカーネーションCへ向かおうと東京に行く準備をしていたので調整にはまったく影響ありません。やれることはやったので、あとは前回東京に運んだ時の反省点を踏まえつつ、いま考えらえる最善の方法を尽くしてレースを待つだけとなりました。大きなことを言える戦績はありませんが、この時期の牝馬限定戦は気持ち一つ。秋につながる内容をと期待しています


義忠先生、どこでプレゼン術を学んだんだと思えるくらい完璧です(ホントウニシゲセンセイノゴシソクナンダロウカ)。しかもオークス決定後に再度コメントをよこしています。
で、オークスでなければユタちゃんでメルボルンTのつもりだったようです。まあそれも見てみたい気はしますが…とにかく運命の神様とやらがユタカはユタカでもヨシダの方でオークスへ出ろと命じたのですからそこへ全力投球ですね。
先生の言葉で一抹の期待は持って観戦しますがともかく無事に走ってもらうことですね。
ちなみにこの馬が通ったことで今年のオークスはハーツ産駒6頭だしとなりました。ハービンジャーが4頭ですのでこの2頭の産駒で半分以上ですね。

以下は通常順

エルマンボ
堀厩舎
17日は美浦南Wコースで追い切りました(55秒0-40秒2-13秒1)。18日は軽めの調整を行いました。
「先週の段階ではギリギリ出走できるかどうかという出馬状況と捉えていたのですが、1頭増えた17番目の次点になってしまいました。ただ、ここまで来た以上は出走できるかもしれないということを想定して、水曜日に追い切りを行っておきました。しかし、投票した結果、上位に回避馬は出ずに残念ながら除外となりました。過去の経験から夏はどうしても良くない馬なのですが、ようやく復帰できるかという状況になっていたところで秋まで待つというわけにもいかないでしょう。そう考えるとどこを使うべきかということになりますが、東京のマイル戦はさすがにどうかと思いますし、徐々に暑さが増してくる本州では厳しいでしょう。また、調教を重ねてくるごとに右トモ、左前脚のこなしが悪くなっていたのですが、正直ハッキリとした原因を掴めていないのもあります。そういったことを踏まえたうえで、このあとはいったん北海道へ移動させて、早来でそのあたりをしっかりケアをしてもらって、馬が良ければ最短で大沼Sなど北海道のレースを検討するつもりです」(堀師)
20日の京都競馬(平安S・ダ1900m)に出馬投票を行いましたが、非抽選除外となりました。このあとは状態を見ながら判断していきます。


結局1頭回避馬がです除外、この後が難しくなってきました。ホーリーは暑い時期はダメだと言ってますが、この馬が夏に走ったのは2回しかありません。3歳の時は2着→1着なわけだし、4歳の時は一番熱い小倉で2戦です。ジーサンズ仲間のレイズ君は夏のローカルで結果が出てないですし夏ダメなんだろうなと思いますが、この馬は夏ダメだとは思えないのですね。「秋まで待ってられない」というのも事実ですしナントカ北海道で結果出してもらいましょう。気になるのは大して良い状態で入厩したわけじゃないのにまた悪くなっていること。もうそろそろ限界がきてるのかもしれませんね。

レイスアスピリット
上原厩舎
17日は軽めの調整を行いました。18日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒6-53秒6-39秒5-12秒6)。「先週はゆったりと動かしましたが、それ以降もいい意味で変わりありませんでしたのでピッチを上げてきています。今週の追い切りは木曜日の朝一番の組で行いました。2頭併せで追い切ったのですが、7~8馬身ほど前を先行する馬を追走し、3~4コーナーで一気に距離を詰めて直線外から交わしていくものでした。手応えが良く、終始しっかりとしていましたね。ゴール板をすぎてもなお気を抜かせずに向こう正面まで流していましたし、長い距離で負荷をしっかりとかける調教を行うことができたと思います。ちょっとハードだったかもしれませんが、いくらかモコモコした感じもあったのでこれくらいやりたいと考えていましたから、この調教でいい方向へ変わってくれればいいと思っています。競馬まであと2週間ちょっとありますが、今のところ順調と言えますね」(上原師)
6月4日の阪神競馬(グリーンS・芝2400m)に出走を予定しています。


この馬はある程度パターンが出来上がっていますからね。問題は初の阪神がどうかということと誰が乗るかということ。あまり乗りやすい馬でもないですからジョーイの騎手がいいのですが安田の裏だしなあ。

アプリコットベリー
大久保厩舎
21日の京都競馬(御室特別・牝馬限定・芝2000m)に浜中騎手で出走いたします


このレースはフルゲート割れでしたから問題なく出走。内回りの条件の方がいいはずですから京都が苦手じゃないのなら前走より良くなるはず。

レッドヴィーヴォ
(鹿戸厩舎)
引き運動
助手「今朝も引き続き引き運動で調整しています。左トモに傷を作ってきましたが、いつものことですし、レース後は疲れからか少し左肩の出が悪かったですが、今は問題ありません。土曜の放牧までこのまま引き運動での調整となりそうです」


放牧に出す馬で、あまりやる気が感じられません(笑)。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日は角馬場で調整しました。
助手「元気がいいので角馬場で運動しました。ダクで体をほぐした程度ですが、運動後でも元気いっぱいだったので馬場で乗ってもよかったかもしれません。体重は510キロ。乗った感じだとまだまだ太く感じるのでダイエットが必要な状況です。今回は500キロを切るくらいまで落としてレースに臨むつもりですが、日に日に暑くなってくるはずなので絞ることはそんなに難しいことではないでしょう」


放牧から30キロ落とすのがダビスタ流ですがそんな感じですかね(笑)。次は必勝なんでタノミマスヨ

ロードセレリティ
ロードセレリティは、5月16日(火)稍重の美浦・坂路コースで1本目に64.1-47.4-29.8-14.2 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、5月18日(木)良の美浦・ウッドチップコースで6ハロン83.9-67.6-52.1-38.2-12.9 7分所を強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒8追走して0秒8先着。短評は「追って伸び欠く」でした。5月27日(土)京都・朱雀S・混合・芝1400mに藤岡佑介騎手で予定しています。
・高柳調教師 「5月18日(木)は伴騎手を背に僚馬を前に置き、終い1ハロンを一杯に追いました。まだ若干重目。また、幾らか頭が高いだけに、沈み込むようなところが出て来て欲しいですね。次週のレースへ向け、このまま進めるのみ。計画通りに運んでいます」
≪調教時計≫
17.05.18  伴  美南W良     83.9 67.6 52.1 38.2 12.9(7)強目に追う 追って伸び欠く
         サクラフローラ(古馬1600万)馬なりの内0秒8追走0秒8先着


少し重いようですが「計画通り」と言い張ってますのでそれを信じます。

メロウハート
メロウハートは、5月20日(土)新潟2R・3歳未勝利・牝馬限定・芝2000mに吉田隼人騎手54kgで出走します。5月17日(水)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン53.5-39.0-13.1 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末一杯の相手の内を0秒6追走して0秒2先着。短評は「仕上がり良好」でした。発走は10時20分です。

こちらは無事出走へ。既走馬相手のデビューは厳しいですがなんとかいいところは見せてほしいですね。

というわけで今週は吉田ブラザースに託します。



| レース出走 | 22:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |