Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2017-04- | ARCHIVE-SELECT | 2017-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ロードヴォルケーノ14 ~10回目のプロポーズ

私の現役馬の中でこれまで2勝以上していて私が口取りを達成したことない馬が次の3頭。
ロードヴォルケーノ
レイズアスピリット
アプリコットベリー

アプリコットベリーは勝鞍が小倉と福島ですかららいかんともしがたく、レイズアスピリットの場合はグッドラックH・九十九里特別と当選倍率の壁に阻まれており、後は中京で勝った時は東京にいて福島で勝った時は名古屋にいるという間の悪さに泣いてます。

ヴォルケーノの場合は、初勝利の時はエルマンボ+レイズと重なったためパス、2勝目は中京でしたから口取りせず、3勝目は菊花賞の日で躊躇…とロードの規則と選択が裏目に出ている次第。
この三頭勝ててあと一つと思ってますから次を逃したらもうチャンスはないでしょう…ということでこのところヴォルケーノにはもれなく申し込んで今回が10回目の挑戦。

20170515A (1)
今日のニッカン、3歳時に3勝したころの勢いはもうなく勝つためには展開の助けが必要かと。なので△ポツポツと…こんなもんでしょうね。

20170515A (2)
ガンバレ馬券。下? 日本の畜産振興のための寄付証書です(笑)

20170515A (3)
馬体重、もうちょっと増えてもよいよなんですがどうも減ってしまいます。

20170515A (4) 20170515A (5)
でてきました。いつもの厩務員さんです。

20170515A (6) 20170515A (7)
馬体はこのところゼッコーチョーではないにせよ悪くない状態だと思います。年齢的には上がり目はないのかもしれませんが。

20170515A (8)
今日は舌を出すしぐさもありません。あれって遊んでるらしいですね。(by WP8 2017辞典)

20170515A (9)
だけども人気はありません。前走着も内容も悪いですからしかたありませんが、あれはス○ルが…(以下自粛)

20170515A (10)
とまーれーがかかりまして。

20170515A (11)
いつもの怖い人(失礼)が出てきません。東京行きましたかね。

20170515A (12)
11Rに騎乗してた松若君、ここも出てきました。若者はまじめだねえ(笑)。

20170515A (13)
ジョッキーベイビーズに騎乗する小学生ではありません、念のため(笑)。

20170515A (14)
ヴォルケーノの背と比べればわかりますが何しろ小さい。たしか150くらいだったかと。

20170515A (15) 20170515A (16)
とはいえ前走この馬に乗ってたヤツよりはるかに頼りになります。
  松若 10戦 2-0-2-0-1-5
  ヤツ 13戦 0-2-1-1-1-8

いつものことですがロードは服装チェックがありますので返し馬の写真はありません。

20170515A (17) 20170515A (18)
スタート、一瞬また出遅れたと思いましたがそれはヤツが乗ってた隣の馬、ヴォルケーノは好スタート(この馬比)を決めます。

20170515A (19)
ダートに入るところでこの位置。

20170515A (20)
3コーナー、もうちょっと前にいると勘違いしてましたが一番左の見切れてる青の帽子がヴォルケーノ、前走はこの時点で最後方のあたりですからね。

20170515A (21)
ただ欲を言えばこのあたりでサンデーの馬がいる位置あたりのポジションがほしいところ。

20170515A (22)
このあたりで一瞬伸びてきまして「フーマ行ける!」と叫んだのですが(これも前走と大違い)

20170515A (23)
そこから止まってしまいました。着は8着と悪いですがこの写真の一番左が勝った馬ですからそう差はありません。

20170515A (24) 20170515A (25)
戻ってきたところ。ス○ル、こうやって乗るんだよと言いたいところです。

公式HP
2017.05.13
ロードヴォルケーノは、5月13日(土)京都12R・4歳上1000万下・ダート1400mに松若騎手57kgで出走。8着でした。
・松若騎手 「好位から中団ぐらいで・・・との指示。スタートも決まりポジションを取りに行きました。ただ、軽く促しながらの道中。乗り易くて直線でのゴーサインにもグッと反応してくれたものの、もう少し時計を要す馬場の方がベターなのかも知れません

2017.05.15
ロードヴォルケーノは、5月13日(土)京都12R・4歳上1000万下・ダート1400mに松若騎手57kgで出走。16頭立て12番人気で4枠8番から平均ペースの道中を9、9、9番手と進み、直線では外を通って0秒3差の8着でした。馬場は不良。タイム1分23秒5、上がり35秒8。馬体重は4kg減少の484kgでした。
・笹田調教師 「今回はゲートも五分に出て、相応の位置でレースを進められました。最後もジワジワ差を詰めたものの、もう一伸び・・・と言ったところ。勝った馬こそ後方から来たとは言え、それ以外は前残りの競馬ですからね。今度は恐らく間隔が必要。育成場で待機するのが妥当でしょう」
≪2017年5月13日 京都12R 4歳上1000万下 ダ1400m 不良 16頭≫
1着メイショウノボサン 57福 永 1.23.2    (  13・12・12)35.2 472kg 0kg
2着ミッキーグッドネス 55武 豊 1.23.2 鼻  (  2・2・2)36.1 416kg 0kg
3着アドマイヤムテキ  57川 須 1.23.3 3/4  (  1・1・1)36.4 498kg+4kg
8着ロードヴォルケーノ 57松 若 1.23.5    (  9・9・9)35.8 484kg-4kg


SSD先生ついに動いたようでフーマ君に前で競馬するよう」指示したようです。相手がイチリューでもそうやってちゃんと指示出してほしいですね。
今回疑問視してた不良馬場でこの競馬ですから悪くはないと思いますが、最後止まったように見えましたので使える脚に限界があるタイプかなーと。ならばもう少し前目に位置したいですよね。さりとて前半せかすと良くないタイプですから楽に先手とるためにもう少し距離を伸ばしてみるのもアリじゃないかなーと。SSD先生はD1400使い続ける気のようですが。
スポンサーサイト

| レース出走 | 19:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

トップをねらえ 5月-1

シーリア
NF早来
馬体重:467kg 
現在はウォーキングマシンで運動の後、週5回は屋内周回コースでキャンター2400m、週1回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。速めのメニューを継続して行っていますが、程よいテンションを保った状態で調教に臨めており、非常に好感が持てます。馬体には徐々に逞しさが増してきていますが、実際に坂路での動きには力強さが感じられるようになってきました。順調に乗り込めているのは何よりですし、今後もこの調子で進めていきます。


アンカツさんは体が小さいと一蹴してましたが同時期のグローブシアターより遥かに体重はあるのですがね。ただ体型はいつも書いているように胴が詰まっていて今までにないタイプのように思います。果たしてアンカツさんが勝つか佐藤厩舎長が勝つか?

レッドイリーゼ
(ノーザンファーム早来)
順調に調教が進んでいた本馬ですが、右トモに血腫ができていましたので、貯留液を抜く治療を行いました。10日程ウォーキングマシンでの運動を行ってきましたが、その後の経過は問題なく、5月9日より騎乗調教を開始しています。現在は屋内坂路コース800mをハロン16~17のペースで週1日の登坂、週4日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込んでいます。飼葉の喰いは良好で、調教での脚捌きも相変わらず軽快です。馬体重の増加に見られるように馬体は着実に成長していますが、気性面はまだ幼い印象ですので、乗り込みを重ねながらさらなる成長を促していきます。馬体重は457キロです。


頓挫その1、血腫ということはどっかにぶつけたんでしょうがたぶんわからないんでしょうな。にしてもルヴォワールと言いハーツの子はよくどこかにぶつけますが、どんくさいのが多いのかなあ。

レッドラフェスタ
(坂東牧場)
マシン運動60分、ダク1000m、キャンター3400m。馬体重440キロ。
担当スタッフ「この中間、蕁麻疹を発症したため若干ペースを落として乗っていますが、坂路のペースをF20にとどめているだけでメニュー自体は大きく変えていません。トラックでのキャンター3500mを主軸として週3の坂路を併用。坂路はF20秒ぐらい。ここからさらに負荷を上げていこうというところだったのですが、そこでとどめているだけで後退したわけではありません。おかげで体も増えましたし、良いリフレッシュになったものと思っています。物見の対策としてメンコやチークを今からつけるなどしています。まだ完全に改善とまではいきませんが、調教師とも相談しつつ良い方に修正していきたいです」


頓挫その2、ジンマシンですから内臓の疲れでしょうかね。まさか蜘蛛食べてないでしょうが(古いファンにしかわからないか(笑))。とりあえず物見対策にも本腰入れるようです。チークがいいのかな。

レッドガラン
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重514キロ。
担当スタッフ「力む面があるので普通キャンターと速いところをメリハリつけて乗っています。まだ力むところがあってその分背腰に張りが出やすく事前にケアは施しています。10日に直線走路で乗った時は、1本目にダートで34.6-16.8を。この時は併せ馬でしたが、力みもなくスムーズ。ただ、2本目にウッドで乗った時は29.9-14.6で少し噛む感じがありました。現状、速いところにいった時の方が力みが出やすいようです。体型からは距離に融通が利きそうなのですが、この気質だと短いところ向きかもしれません。引き続き精神面の成長を課題しとして乗り進めていきたいです」


この馬はこの馬で力んで走る面が治りません。このままいくと○ケダのような1000mしか走れない一本調子の馬になりそうです。
正直、この馬が一番不安ですね。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3600m(1ハロン20~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~20秒ペース)。4月30日(日)測定の馬体重は471kg。
・当地スタッフ 「コンスタントに乗り込みを重ねて着実に成長を遂げている様子。最近になって特にトモに力が付いて来た印象を持っています。引き続き、脚元や背腰に不安材料は無し。今のリズムを保てさえすれば、夏を迎える迄に本州へ運ぶ準備が整うでしょう


募集時には400なかったのですが今470ですか。馬体的には問題ないです。ハーツの子ですからもうちょっとほしいですけどね。
5頭の中で「本州に移動」という話が出てるのはこの馬だけ、これが一番星になるかな。

| 育成馬報告 | 19:53 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 87/7

ここからはリメイク終了して先に行きます。

この半期は☆カウンテスアップ、☆DB様、★ルアンジュの3頭でどれだけG1勝てるかです

☆カウンテスアップは前回涙をのんだペガサスWCにチャレンジ、今回は……昨年のアメリカ年度代表馬Fardinand以下を抑えて勝利です! 続くフェブラリーも勝ったのですが連覇を狙ったドバイで返り討ちにあい3着、日本に帰ってきてからはかしわ記念、帝王賞連勝で日本ではまだまだ無敵のところを見せてます。ちなみにこれまで奪取したG1タイトルは24となってます。

★ルアンジュは金札を増やすためにアジアMCにチャレンジ、アットーテキな強さで3連勝し、最後の安田記念はニッポーテイオーに詰め寄られましたが勝ってミッション達成、自身もG1 9個で金殿堂いり確定ですから金札2枚Getです。
DB様とカウンテスアップの金札が確定ですからこれで今後必要な最低限の金札は確保しました。

☆ダンシングブレーヴは3200は長いのですがうっかり古馬春三冠を選択してしまい大阪杯は問題なく勝ちましたが春天直前でミスに気づきました。結局春天回避でQE2世C→エクリプスSと行きます。

このミスのとばっちりを受けたのが☆ウインドストース、もともとルアンジュとDB様に挟まれて厳しい立場なのですが、DB様が間違えて大阪杯に出てしまったため大阪杯2着に、やむなくルアンジュとDB様を回避させて宝塚に行かせましたが距離が長く大敗…でG1取れずじまい…この馬をG1馬にするのがミッションになってしまいました。

3歳勢は★エルマンボとブルーラグーンがダービーに挑戦しましたが成長曲線が遅いせいか勝利には至らず。代りに適性ダート短距離のため適鞍がなくアメリカで走らせた☆バウンドが向うでG1 1つもぎ取ってきました。

87/7時点の布陣

(6歳)
★カウンテスアップ ♂ テキバ(クニオ君)

(5歳)
トゥーランドット ♀ マルコメ(クニオ君)

(4歳)
☆ダンシングブレーヴ ♂ ミナイ(坂口ダイ)
☆ウインドストース ♂ テキバ(武パパ)
ブルーオーシャン ♂ ユタちゃん(コバミノ)
 ※ブロケードの全弟なんですがもはやどうしようもない成績、年末まで持たせるかどうか思案中
★ルアンジュ ♀ しばたま(クニオ君)

(3歳)
★エルマンボ ♂ マルコメ(クニオ君)
※ダービー2着、ヤネがマルコメ君でなければ…いやそれはいうまい
ブルーラグーン ♂ ミナイ(コバミノ)
※大物評価が出た割に頭が悪い賢さDとかパラメーターはイマイチ、大丈夫か?
☆バウンド ♀ しばたま(コバミノ)
ペネローペ ♀ テキバ(クニオ君)
☆ミラクルレイザー ♀ ミナイ(坂口ダイ)
※競走成績にはまーーーったく期待してませんがそれでも3勝です。

(2歳)
★オグリキャップ ♂ (芦口) ユタちゃんでいきます
ブルーアイランド ♂ (コバミノ) ミナイ
シグルズ ♂ (クニオ君) 無論しばたま
☆アオチュークラウン ♀ (クニオ君) しばたま
※すでに新馬勝ち、でもダート馬なんでそこから使える場所なし…
☆リーチコンセンサス ♀ (武パパ) ユタちゃん
★スカーレットリボン ♀ (坂口ダイ) マルコメ

生産
★ダイタクヘリオス(仮名) ♂
★スカーレットローズ ♀
ブロケード87(Bold Rucks) ♀
 ※パラ的には意外にたいしたことなし
マリンエクスプレス87(トウショウボーイ) ♀
 ※やっと牝馬誕生

業容拡大のためこれに後3頭買い足します。

繁殖牝馬
マリンエクスプレス ←ミスターシービー
ブロケード ←トウショウボーイ
スカーレットインク ←ノーザンテースト
 ※最後の☆配合
キクノペガサス ←Lyphard
アイーダ ←ミホシンザン
 ※両親ともに超長距離もち 果たして?
マリンブルー ←Mr.Prospector

現在の名声 21118  すでにオオトリは抜いて祝永が射程に

| ゲーム理論 | 23:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |