Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2016-04- | ARCHIVE-SELECT | 2016-06- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

卯月成績

競馬は今日もありますが4月は昨日で終わりですのでゲンミツに昨日の時点で集計します。

4/2
中山
安房特別
(1000万下)
レイズアスピリット
丸山4着
0.4
4/3
阪神
3歳未勝利
ロードセレリティ
岩田神7着
1.9
4/3
阪神
3歳500万下
レッドウィズダム
福永4着
0.2
4/10
阪神
3歳500万下
ロードレグナム
小牧8着
2.6
4/10
福島
3歳未勝利
クラシカルチュチュ
鮫島駿7着
1.4
4/10
中山
デイジー賞
(500万下)
レッドシルヴィ
吉田豊4着
0.6
4/17
中山
鹿野山特別
(1000万下)
レントラー
武豊12着
1.1
4/23
京都
3歳500万下
ロードレグナム
小崎9着
4.2
4/30
京都
3歳500万下
レッドウィズダム
岩田神1着
-0.3


今月 9戦 1-0-0-3-0-5
本年 26戦 2-0-4-5-0-15

前月同様岩田神によるハイテイツモがあったからよかったようなものの、そうでなければ悲惨な成績であります。
前年同月は28戦 1-5-4-4-1-13ですから勝ち数はともかく2着が着外に振り替わってるぶん悪化してるような感じです。
1にも2にも3にも最大勢力のキャロが9戦 0-0-1-1-0-7と全く調子が上がってこないのが原因ですね。
3頭しかいない東サラは4月にやっと初出走でしたが3戦 1-0-0-2-0-0と掲示板を外してません。
4頭のロードは10戦 1-0-2-1-6、走る労働者某のおかげで頭数の割に出走数が多いのですがそれが貴重な1勝を挙げたことも事実です。
エルマン、レイズ、レントラー…現級ならすぐに勝てそうな馬だったはずですが、「どいつもこいつも…」な状況、私は決してキャロをやめたいとは思ってませんがどうもクラブとの相性が悪いようでです。もともと牝馬は走らずハハウマユーセンケンは遠い彼方なのですが、頼みの牡馬は問題児揃い…では「なにからなにまで真っ暗闇」です(泣)。既に東サラをメインにしようかと考えているところですが、これでリュラが万が一…なことにでもなったらちょっと考えてしまうところです。

5月の予定
5/1 東京 陣馬特別 レイズアスピリット 戸崎
5/7 京都 3歳未勝利 ロードセレリティ  岩田神
5/8 京都 鴨川特別 レントラー     武豊…でなくての方
5/14 新潟 石打特別 ルアンジュ     川須
5/14 新潟 障害オ-プン レッドヴィーヴォ 上野といいたいところですがはたして?
5/22 東京 丹沢S    エルマンボ     ?

これにはっきりとは出ていませんがリュラとシルヴィが入ってくると思います。
4歳は降級目前、降級をあきらめて得意と思われる北海道に渡ったベリ子を除くレン君とアンジュ様は勝負の月です。悪くとも優先権は確保しておかないと次につながりません。どっちも現級なら勝てる力はあると思うのですがなかなかかみ合いません。
で…詳細はあとで書きますがついに東サラに勝ち星で追いつかれた今年未勝利のキャロ、問題児トリオで再点火できるでしょうか
スポンサーサイト

| 成績 | 10:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ロードゲキシン

といってもデビュー予定の馬ではありません。
4/21ひっそりとロードより告知
2016年7月5日(火)より2016年新規募集を開始します。本年も皆様のご参加を心よりお待ちしております。
さりげなく告知してますが、例年募集は11月から、何を思ったか4ヵ月も繰り上げてきました。
どーせ「売れ残りが多発してるから申込期間をもっと長くしよう」と思ったのでしょうがみんな11月と思って予算繰りしてたはずですからいきなりやられると困るんですよねえ。しかも7月ということは東サラより早くなってしまうわけですから戦略が狂ってしまいます。今まではキャロ・東サラでうまくいかなかった分をロードでカバーしてたのですがその手が使えなくなるわけですからね。
今年は「ロードはカナロア産駒のあれかこれ」と戦略がはっきりしてるのでいいですが来年以降どうしようか考えないといけないですね。
ちなみに募集予定馬も公表になってまして
オルフェーヴル アンビータブル ブライアンズタイム 牡 鹿毛 4/17
キングカメハメハ レディパステル トニービン 牡 栗毛 3/ 3
ダイワメジャー レディプリンセス ブライアンズタイム 牝 栗毛 3/ 6
ディープインパクト キャサリンオブアラゴン Holy Roman Emperor 牡 鹿毛 4/ 6
ディープインパクト グラシャスギフト Giant's Causeway 牡 黒鹿毛 3/ 6
ディープインパクト ニンフェアアルバ Monsun 牝 鹿毛 2/27
ディープインパクト レディアルバローザ キングカメハメハ 牝 鹿毛 3/14
ノヴェリスト レディチャーム サンデーサイレンス 牝 青鹿毛 3/10
ハーツクライ アンビナウン Wild Again 牡 黒鹿毛 4/18
ハーツクライ サッカーマム Kingmambo 牡 青毛 5/16
ハーツクライ レディマーメイド Fusaichi Pegasus 牡 黒鹿毛 5/30
プリサイスエンド マツリダワルツ チーフベアハート 牡 鹿毛 4/11
ヘニーヒューズ フェリス ジャングルポケット 牡 栗毛 3/16
ロードカナロア エイトディズアパート Forest Wildcat 牝 黒鹿毛 4/ 6
ロードカナロア エンジェリックレイ ダイワメジャー 牡 鹿毛 3/14
ロードカナロア シンメイフジ フジキセキ 牡 黒鹿毛 2/12
ロードカナロア スターコレクション アグネスタキオン 牝 黒鹿毛 4/22
ロードカナロア レディアーティスト フレンチデピュティ 牡 鹿毛 2/10
ロードカナロア レディカーニバル Giant's Causeway 牡 青鹿毛 2/ 4
ロードカナロア レディバラード Unbridled 牝 鹿毛 4/ 5
ロードカナロア レディルージュ ブライアンズタイム 牡 青鹿毛 2/20
Frankel      ワイルドココ Shirocco 牝 鹿毛 2/25

予想もされてたし予告もしてましたがホントにロードカナロアの嵐です。これでSSSの三輪氏の評価が高くないロードカナロアがこけたらクラブ解散ですね(苦笑)。
他もDI様4頭にハーツ3頭とだいぶ偏ってます。そんななかヘニーヒューズとプリサイスエンドが「天皇賞に乗る元気」なみに場違い感を漂わせてますが、ヘニーヒューズの方はクラブ牝馬(エンジェリックレイの相方でしたね)、プリサイスエンドの方はロードクエストの下です。

ちなみに今年は6頭出資の予定ですが、少なくなった東サラを補充しますのでC:T:L=2:3:1の予定です。
お題は「オル坊とカナロア」、オル坊はサセッティがそうなのでそれに行こうと思ってます。でカナロアはやっぱりロードですよね。
ズバリ、レディバラード15かエンジェリックレイ15狙いです。レディバラードは高齢ですので元愛馬エンジェリックレイが本命ですが1戦で終わった馬なんで脚元見てからですね。

| 出資馬選定 | 11:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

第153回天皇賞・春

回を重ねて153回目の天皇賞、時代遅れだなんだと揶揄されるところですが1つくらいこういうレースがあってもいいと私は思います。
ただ春と秋は別のレースですあkら別の名前にした方がいいと思いますがね。

このレース強いのは阪神大賞典組でしたが最近は日経賞組も台頭しています。大阪杯組はスケジュールがめちゃめちゃだった11年こそ来ていますがあとは苦戦、勝ったのは11年のヒルノダムールを除けばスーパークリークくらいしかいないのではないでしょうか。阪神大賞典から天皇賞に行って連覇したマックイーンが、大阪杯から天皇賞に行って負けたというのは偶然ではないと思います。
あと菊花賞馬が強いレースですがトーホウは近走不振で、キタサンはその大阪杯からの参戦、悩むところです。

◎ゴールドアクター
○シュヴァルグラン
▲タンタアレグリア
△サウンズオブアース
△アルバート

キタサンの逃げでスローが予想されますがあまりスローでヨーイドンになると瞬発力で見劣るスタミナ自慢には厳しくなります。逃げるのがユタカですからトゥンクルあたりがどこかで動いていってむちゃくちゃ上がり勝負にはならないと見ます。

素直に前哨戦の勝ち馬を◎○に、2着馬の取捨は難しいですが鞍上弱化のサウンズを下に見ました。
あと1頭アドマイヤデウスかアルバートでしたが意外と京都記念を使ってる馬は来てませんのでアルバートにしました。

サウンズまでのボックスと◎-アルバートの馬連、
意外と人気ないので○-アルバートの馬連も追加します。

当たりますように。

| G1 | 13:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

東京9R

レイズ君、惜しい3着

3枠のレイズ君、トサキは好発から敢えて下げずに馬群の中で勝負にでました。
道中は確かに少しエキサイトしてるように見えましたが、この程度なら許容範囲でしょう。
直線内を突いたのですが捌くのに苦労してやっと前が開いたところで突っ込んできたのですがね。
まあこれは内を突いた以上しょうがないです。

しっかしこの子、マイネルが天敵ですなあ。

まあでも、この競馬ができればこの後チャンスもあるでしょう。元気、ちゃんと見てた?

| レース出走 | 14:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

レントラー11 ~どうしたんだい? Hey Hey Hey!

この写真はそのまま封印しようかと思ったのですが、岩田神の活躍によりようやくやる気になったのでアップします。

えーーーーとだいぶ前のことなのでお忘れでしょうが、日付は4/17、皐月賞Dayの中山でございます。
この日は一日中強風が吹き荒れた日でして、新幹線は動いたものの、京葉線はほぼ終日ストップ、武蔵野線&総武本線も一部徐行で大幅にダイヤが乱れておりました。場合によっては西船橋から歩くことも覚悟してたのですが、一応予定時刻あたりに中山競馬場に到着しました。

20160501E (1)
この日のニッカン、実績上位も休み明けが嫌われたか○評価、

20160501E (2)
で、ガンバレ馬券。これに変えてから勝てなくなってるし元に戻すべきか…

20160501E (3)
出待ちの8rパドックから。この馬は「競輪ボス」と言って以前中京でアンジュ様と一緒に走ったことのある馬です。中野浩一さんみたいな名前ですが実は山田裕仁さんの持ち馬。

20160501E (4)
この日レントラーに乗る武豊。

20160501E (5)
馬体重、休み明けなんだから増えて出てきてほしいなあ。

20160501E (6) 20160501E (7)
レン君登場、このあたり雨は止んでますが強風になってます。

20160501E (8) 20160501E (9)
あいかわらずやる気なさそうに歩く竹邑厩務員とレン君

20160501E (10) 20160501E (11)
正直馬体に成長を感じないのがねえ。

20160501E (12)
人気はユタカ騎乗ですし休み明けとはいえ1番人気。

20160501E (13)
とまーれー、昌博先生は阪神だったようです。前のレース乗ってるからユタカも来ません。

20160501E (14)
本馬場入場
最近は入るところから返し馬に行っちゃいます。

20160501E (15) 20160501E (16)
ここまではいつものレン君です。

20160501E (17)
スタート、悪いわけではないのですが。

20160501E (18) 20160501E (19)
ユタカは下げてしまいます。

20160501E (20)
向こう正面、はっきりいってスローだと思いますが、この後皐月賞を勝った某騎手によれば「向かい風が強くて速いんだか遅いんだかわからなかった」そうです。たださして切れる脚のないレン君で一番後ろでじっとしていても勝てるわけはないでしょう。

20160501E (21)
この辺からやっと追い出しますが。

20160501E (22)
絶望的に伸びません(>_<)

この後の写真はありません。
失敗したのでなく、手が動くことを止めてしまったからです。

結果はご承知のとおりとなり、ユタカは何度も首をひねりながら帰ってきたようです。
まあこのレースに関しては思うところは書きましたのでここでは割愛します。

この後、皐月賞も馬場開放もブッチして速攻で船橋法典に向かったというのは既報のとおりであります。

レントラーですが、昌博先生によれば「全然走ってない」ということですぐ使うようで、来週の鴨川特別に登録してきました。
登録数が少なく出走は大丈夫ですがNHKマイルの裏でコーシローになってしまいました。
ユタカについて東京に行くとかあるんですがねえ。前走の敗因の一つに輸送があると思ってるのかもしれません。
とりあえず昨日勝ったウィズダムと同じく次が正念場になります。ウィズダムは正念場で決めてくれましたがこの馬はどうなるでしょうか?

| レース出走 | 18:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

レイズ君コメント

レイズアスピリット
上原厩舎
1日の東京競馬では良いスタートを切るが折り合い重視でジッと待機。道中も馬群内の後方で力むところをなだめながら進める。直線では内に潜り込んで窮屈になったシーンもあり、最後は差を詰めてくるが届かず3着まで。
「先生からはまわりに馬がいると力みやすくなると聞いていたので注意していましたが、実際に少し力んではいたものの、今日のような展開でもしっかりとコントロールは利きましたね。直線でもう少しスペースがあればよりノビノビと走れていたかなと思いますが、そのような中でもしっかりと脚を使って差を詰めて来てくれています。もともと上のクラスで走っていた馬ですが、やはり力はあるなと感じさせてくれましたね」(戸崎騎手)
「今日は体が絞れましたし、久々に良い感じでレースへ送り出せたかなとは思っていました。ジョッキーにはまわりに馬がいると気負うことがあるから気をつけてと伝えてあったんです。実際のところ、近くにいる形になり多少力んでいたようには見えましたが、それでも許容範囲内におさめてくれたように思いました。直線は潜り込んで勝負にいってくれましたが…。勝負に行った分ですし、悔しいですが仕方ないかとも思います。馬の具合が良ければこれくらいのパフォーマンスを発揮できるということですし、速い上がりを求められがちな東京で走れることがわかったことも収穫と言えると思います。このあとは同じ2400mの舞台を考えるつもりですが、同じような調整過程でリトライすることを中心に考えようと思っているところです」(上原師)
今回は条件を選んで挑んだレースでしたが、あと少しという走りを見せてくれました。馬場の傾向を汲んで直線内に潜り込む判断でしたが、一か八かの勝負に出て窮屈になったのですから致し方ありません。もちろん悔しさもありますが、今後につながる競馬もできましたから、今日の経験をしっかりと活かしていきたいです。このあとについては今のところ今回と同じような調整パターンで臨んでみようかと考えていますので、いったん放牧に出して心身のリフレッシュを図ってから次へ向かっていく予定です。


今までは「ケツから行って大外ブン回して届かず…」という競馬の繰り返しでしたからそれと違う形にトライして収穫があったのは大きいですね。とはいえ気分屋さんな馬ですから次も同じ競馬ができるかわかりませんが(笑)。
大事なことは多少失敗しようが今日の形をおぼえこませていくことですよね。今まで「この馬を教育した」というところがないだけにこれからそうなってくれればいいのですがね。

| レース出走 | 22:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

レッドウィズダム4 ~レグとは違うのだよ

早々と土曜日のレポ、明日実家に帰りますので頑張って今日中にあげます。
まずはレッドウィズダムが登場した6Rからです。

休み明けとはいえ能力上位と言われ人気になった前走、好位付から4コーナーを抜群の手ごたえで回るも直線まったく伸びず、後ろから差されたのはともかく前にいた馬すら交わせずの4着でした。
前走後F永から神に続いて距離短縮の進言があり、二転三転七転八倒がありましたが志願の岩田神を鞍上にご要望通り距離短縮で迎えたこのレース、拙は2走連続の口取り権を持っての観戦になりました。

20160502A (1)
今日のニッカン、この距離の常連さんに重い印がついて、初距離のウィズダムは△くらいの評価、距離さえこなせばそう引けはとらないと思いますがね。

20160502A (2)
ガンバレ馬券

20160502A (3)
馬体重、前走-2キロ、この辺の調整はさすがのセカスミ先生です。

20160502A (4) 20160502A (5)
出てきました。

20160502A (6) 20160502A (7)
個人的には脚長であまりダート馬という感じはしない体型なんですがね。

20160502A (8) 20160502A (9)
GCの評価は高かったようですが、私的には可もなく不可もなく

20160502A (10) 20160502A (11)
むしろこちらのレッド馬の方がよく見えました。

20160502A (12)
人気は4番人気。

20160502A (13)
とまーれーがかかりますが。

20160502A (14)
伴騎手ラン(仮名)について行った角居先生はおらず、岩田神も前レースでじゃじゃ馬に乗ってますから来ません。

20160502A (15)
本馬場入場

20160502A (16)
すぐ返し馬に行くかと思いきやここまで歩いていきます。

20160502A (17)
ようやくGo!

20160502A (18)
余りペースは上げません。

さてここでいつものようにコンデジにチェンジ、今回はミスばかりでした。
私の陣取った位置の前の列にいた集団、よく見るとレントラーの口取りでよく見るあのお方(タテヤマ様わかるかなあ、背の小さいあのお方ですよ)がいました。ご自身の出走は4Rのフーマが乗った馬で終わったようですが、お友達がヴェルサスを持ってるようでスーツ着てましたから口取り当たってたのでしょう、ご愁傷様。

20160502A (19)
さてレース、スタート遅れます。

20160502A (20)
さらに芝との切れ目でジャンプしたとか言うように、最後方からの追走になります。

20160502A (21)
そこに私はいません♪

20160502A (22)
実際にはもっと後ろ、まさかのNSPでした。
結果としてかなり速いペースだったようですが、ウィズダムはこれまでつめの甘さを露呈した馬、「これでは勝てない!」と判断し、「まーたトボトボと淀駅に向かうのか」と思った次第。

この後はしばらくまったく記憶がなく写真もありません。レース的には4コーナーのあたりではまだシンガリ、直線向いてやっと「ふしぎなおどり」を繰り出したようです。

20160502A (23)
逆光で見えないなか、このあたりと思って取った写真、ウィズダムはかろうじて写ってましたがどう見てもヴェルサス主体の写真(笑)。
逆光対策でにファインダー付きのコンデジを買ったはずでしたがまったく活用してません(爆)。
なおウィズダムに乗っているのは的場文男さんではありません、念のため(笑)。

20160502A (24)
気が付いた時にはウィズダムはセフティリード、あわてて写真を撮ったのですが、連射モードになってないと言う大失態(>_<)。かろうじて「のようなもの」を撮れただけでした。

この後1階への階段が見つからずギリギリの集合になったというのは私とあなただけのヒミツです(笑)

チョー久々の口取り、あまり顔を知らない東サラスタッフですがこの日は大挙出走だったせいかどっかで見た顔のスタッフが来てました。岩田神は何を思ったのかしりませんが完全丸坊主、このところスランプでしたから自分に気合を入れてたのでしょうか、後光が差してました。え? 太陽光の反射だろって? シーッ!

まずはコメント
4月30日レース後コメント(1着)
岩田騎手「返し馬から両トモに疲れがあるように感じていましたが、その影響でスタートしてからもスピードに乗り切れませんでした。芝が合わないということもあると思いますけどね。道中は砂を気にして少しフワフワしていましたが、仕掛けて勢いがついてからの脚は素晴らしかったです。1800mだと焦って走ってしまって最後に甘くなるので、1400mで一気に脚を使ったことがピッタリはまりましたね。1600mも問題なくこなせるとは思いますが、高い能力がある馬なので無理はせず大事に使っていってほしいです


今日のB誌・G誌ともコメントは岸本助手になってましたがなぜか東サラだけは岩田神のコメントを載せてました。まあ大体言ってることは同じだったので、岩田神のコメントをほぼその通り岸本助手がしゃべったのかもしれませんね。
それはさておき…
個人的には芝でも…と思う馬なのですがどうも芝はダメなようですね。結果的に展開がハマった形ではありましたが、一番後ろから行ったとはいえこの馬の上がりが36.2秒で、上がり2位の馬が37.3秒だから実に他の馬より1秒以上上がりタイムが速かったことになります。これまで「先行してはじりじり」だったわけですから、ホントわからないものです。

この後は予定取りならユニコーンSですが、岩田神によればだいぶ疲れがあるようです。
血統屋が必ず取り上げるくらいクロスの多い(キンカメ≒ペンタイアの相似配合らしいです)配合ですから体質には不安なところがあります。岩田神が言うようにここは無理せず放牧でもよいと思います。大レースはまだまだありますからねっ!

さてこのレースで誕生した記録

・史上2番目に速い3歳オープン馬
 弱小LTCはオープン馬を出すにも一苦労なんですが、この馬が3歳4月で一応オープン入りとなりました。
 これより速いオープン入りは「2歳で勝ち上がっただけ」というのを除くとあのルクソールシチーの3歳3月以来となります。

・岩田神5勝目
 岩田神がこれで5勝となって、勝ち数ではコーセイと哲ちゃんに並んできました。
 2着数の差でリーディング3位は変わらないおですが特筆すべきは上位2人はそれぞれ「固め打ち」の馬があるのですが岩田神は最多2勝で5勝を挙げている…いろいろな馬で5勝してるということですね。
  コーセイ:レッドセシリア3勝、レッドヴィーヴォ1勝、オッキオディガット1勝
  哲ちゃん:オペラシチー4勝、ルクソールシチー1勝
  岩田神:ロードヴォルケーノ2勝、レッドウィズダム1勝、ロードレグナム1勝、フィックルベリー1勝

・津田TM大抜擢!
 いつもLTCに冷たい(笑)「今週の結果分析」ですが今回はメンバーランク、タイムランクともにCながら津田TMが「注目馬」に取り上げてきました。
 曰く「中盤がスローだったため時計は遅く上がりも速くないが、末脚は別格だった。クラス替え後古馬と闘っても通用する」と。

・東サラ20勝到達
 この勝利で東サラが20勝目となりました。通算139戦ですから勝率は14.4%になります。
 キャロも現在20勝ですから一時突き放してたのですがついに並ばれてしまいました。ちなみにキャロは日曜日のレイズ君を入れて188戦ですから勝率10.6%となります。
 これにより、ある調査機関の調査によれば東サラの友好度は15ポイント増加して70ポイントに、キャロは10ポイント減少して35ポイントになったそうです(笑)。
 キャロはハハウマユーセンケンも望み薄だし、もはやサービスがいいと言うのだけが取り柄ですね。(どっかで見た文章だって? 気にしない。)

この後ですが、この日は4,5,7,10Rになります。徹夜してでもあげるぞう(笑)。

| レース出走 | 23:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2回京都3日目 4R

この日の京都競馬場到着は11時30分頃、4Rの出走が11時35分ですからギリギリ間に合いました。

20160502B (1)
いきなりスタート

20160502B (2)
7枠のキャロ馬、スタートは悪くないのですが

20160502B (3)
回りが速いのか一番後ろに下がってしまいます。

20160502B (4)
そのまま後方を追走

20160502B (5)
3コーナーでもまだ後ろ

20160502B (6)
直線、内へもぐりこんできます。

20160502B (7) 20160502B (8)
伸び脚は悪くないのですが前も止まりません。

20160502B (9) 20160502B (10)
結局6着、ここで掲示板載ると載らないとでは大違い(>_<)

20160502B (11) 20160502B (12)
戻ってきたところ、お疲れ様。

次は5Rです。

| 競馬全般 | 01:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>