Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2016-03- | ARCHIVE-SELECT | 2016-05- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(4/1)

昨日書き忘れてたのですが昨日の東サラのコラム

キンカメ相似配合の傑作
今年の3歳牡馬クラシック戦線は“傑物怪物化物揃い”を謳われちょっと記憶にないほどハイレベルだともっぱらの評判です。これはこれでワクワクさせてくれるのですが、先日のドバイでラニが日本調教馬としては史上初めてUAEダービーを制覇してケンタッキーダービー出走権を自力で手中にする快挙も手伝いダート陣も隅に置けないぞ!と改めて見直されて来ています。G1フェブラリーSと同日同コースで行われ、そのラニが5着に沈んだOPヒヤシンスSのレベルの高さが注目を集めています。ご承知のようにレコード決着するような前が止まらない馬場で追い込みタイプのラニには気の毒な条件だったのは確かですがそれにしても掲示板に載った馬たちの強さが目を引きました。

このとき掲示板を占めた上位勢と戦い続けていた馬がいます。日曜に必勝を期して出陣するレッドウィズダムがその馬です。ヒヤシンスSでラニに先着した勝ち馬ゴールドドリームを始め3着スマートシャレード、4着ケイティブレイブ、どの馬も皆ウィズダムが最近のレースでしのぎを削ってきた宿敵ばかり。蛇足ながら芝の新馬戦で戦ったスマートオーディンはその後に東スポ杯2歳S、毎日杯と重賞をダブルゲットする大物でした。NHKマイルCに出て来れば大本命と評判の高いキレモノです。これだけの強敵相手に戦い続け大崩れしなかったウィズダムの器量も相当なもの!と密かに先の成長を楽しみにしています。

先の話をすればソエなどに悩まされてダート中心の現状ですが『本来は芝向き』とデビュー戦の手綱を執った福永祐一騎手は彼の秘めたるポテンシャルを高く買ってくれている一人です。血統的にも、半兄ナリタクリスタルが芝重賞3勝の猛者でした。父がスペシャルウィークからキングカメハメハに替わり父系と母系が瓜二つのシンメトリーな相似血統構成が実現しました。5代内にはノーザンダンサー、ミスプロ、レイズアネイティヴ、歴史的名馬ミルリーフ、トウルビヨン系の英ダービー兄弟制覇ブレイクニーに加えて、キングマンボ系の大きな影響力の源泉スペシャルとは、半弟ガイガーカウンターを合わせています。徹底してキングカメハメハの良さをコピーした相似配合です。狙いはキンカメのスピードと瞬発力、その持続力でしょうか?ダートもこなすパワーの素=高い心肺能力も狙いの一つです。生産者乾皆雄さんの情熱がヒシヒシと伝わって来る傑作です。

この中間はダービー卿CTに出走のエキストラエンドの胸を借り仕上がり上々のようです。気性面の落ち着きも出てきました。初勝利をプレゼントしてくれた福永騎手との黄金コンビ復活で両目を開いて、大きな未来をしっかりと見据えられる高みへと早く到達してくれと祈るような気持ちの週末になりそうです。


タイトルの「キンカメの相似配合」というところでもうウィズダムのことだとわからなければ失格です(笑)。父キンカメ、母父ペンタイア、ちょうど父母をひっくり返したような配合そうです。乾氏が狙ってこれをやったのでしたら鬼才ですね

で、実はこのコラムはLTCとの相性が良くここまでロンメル、セシリアが取り上げられておりこれが3頭目だったと思います。

レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、ダク1200m、キャンター1800mを25-25秒。馬体重463キロ。
担当スタッフ「キャンターを入れて乗っていますが、疲れも出ていませんし、トモの感じは良くなって来ています。元々、背腰を気にするところのある馬ですが、良い意味でこの馬の感じが出て来ていますね。歩様もしっかりしていて、乗り出してから毛艶も良くなっているので、この後もしっかり乗り込んで行きます」


東サラ休養馬デーでこの馬だけ更新、ずい分長い休みになってますが。いつくらいにもどってこれるのかなー
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:16 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

中山10R速報

レイズアスピリットは4着

出遅れもあったけど道中はシンガリポツンのノリスペシャル(ギョーカイヨーゴ)、直線外から差を詰めてきたけど4着まででした。
人気はあまりなかったから力は見せたと思うけど、現状を何とかしようという乗り方には思えず。
もうこの競馬に徹して小銭を稼いで運が良ければ勝ちを拾う…そんな馬になっちゃったのかなあ。

| レース出走 | 15:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

@阪急

予定通り朝から阪神参戦。
12時20分頃にはすべて結果が出ています。
師匠、がんばりどころを間違えないように。(笑)
ユーイチ君、マークきついはずだからよく考えて乗るように。

| レース出走 | 08:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

シゲルマナーイハン

森中のおじいちゃんに遭遇…したと思ったらその辺の床に唾吐きやがった。

金輪際シゲルの馬は買いません。

| 競馬全般 | 09:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

阪神2R速報

セレリティは7着見当、スタートいまいちも前にいく指示が出てたのか師匠は前目につけます。ただダート入ってから師匠は促しっぱなし。最後は師匠も無理しませんでした。

うーーーんという一戦でしたが仕方ありません。ともかくレース後何もないことと2戦目の変わり身に期待します。

| レース出走 | 10:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

阪神5R速報

あの手応えできて全く伸びないとは…

おれにかまわずいってくれ

ぐふっ

| レース出走 | 12:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ロードセレリティ1 ~今は涙、涙 零れてゆけ いつか強く、強くなるのだから

日曜日の阪神はLTC3歳世代のキンカメ産2頭がそろい踏みということで出撃しました。

20160404A (1) 20160404A (2)
当然阪神はオーカ賞一色、

20160404A (3)
1600スタート地点の桜は満開一歩手前か。駅からの専用通路入口にあった桜は満開でしたから今年も阪神馬場造園課の「どんな状況であろうと桜花賞の週に満開にさせうr」マジック健在です(笑)。

20160404A (4)
着いたのは1R前だったのですが馬場を探索してる騎手1名、顔がよくわかりませんが足元の布の色からユーイチFと推定されます。

20160404A (5)
5Rのダート戦で有力馬に騎乗するため(異議申し立ては認めません)、ダートの内側を入念に確かめてました。

20160404A (6)
今日のニッカン、既出走馬相手のデビューはエルマンボをもってしても2着だったようになかなか厳しいのですが、調教の動きが良かったこともあり▲評価。

20160404A (7)
ガンバレ馬券

20160404A (8)
これでこの世代のデビュー戦馬券のコンプリート達成です。

20160404A (9)
馬体重ドン! ではなくこれは1Rのもの、よく見るとレントラー妹が出てました。結果は…

20160404A (10)
こちらが2Rの馬体重、504キロとでました。

20160404A (11) 20160404A (12)
ロードセレリティ登場。ちなみにこの馬申し込みの経緯、
先行申込みで書いておけば問題なくとれたのですがそこはユ○イチさんみたいに踏ん切りがつかずにパス。で、一次で満口ならあきらめもついたのですがそこでまさかの「残口あり」
今日から電話先着順受付でしたがこの馬だけは「電話のみ」となっていましたので「在庫僅少」であると予想されます。
今日10時からGo! 話し中が続くこと15分…やっとつながりましたがなかなか出ません。無論いくらでなくても切るようなことはしませんよ。
やっと出た社員様、「1口ならあります」とのこと。Last Oneだったようです。


20160404A (13) 20160404A (14)
馬体は「俺の目に狂いはなかった!」という感じですが、ちょっと重く感じました。あるいは太目かもしれません。

20160404A (15)
二人引きでしたがさほど煩いわけではありません。

20160404A (16)
ちょっと小さいのですが、右側のところに橋田師がいます。正直一口馬主界での評判は芳しいものではありませんが、この馬はどうなんでしょうかね。

20160404A (17)
このレースのアットーテキ1番人気メイショウグンパイ、メンコでわかるようにミナイ先生のところの馬です。

20160404A (18)
とまーれーの後、橋田師は遠目から見るタイプのようです。

20160404A (19)
師匠登場。

20160404A (20)
馬に乗ろうとする師匠を呼び止めて何事か指示する橋田師、なんでも「先週の同馬主の馬同様勝ちに行く競馬をしてくれ」と言ってたようです(嘘)。

20160404A (21) 20160404A (22)
師匠が嫌いなのか乗った瞬間エキサイトしだします。

20160404A (23)
先週は神騎乗で不可能を可能にせしめた師匠ですが今週はどうでしょう?

20160404A (24)
本馬場入場前、橋田師はここへワープ、相当に気になってるようです。

20160404A (25) 20160404A (26)
本馬場入場、師匠はロードの服が合ってますね。

20160404A (27) 20160404A (28)
ちょっと頭が高いですね。

20160404A (29)
締切直前、メイショウがアットーテキ一番人気なのは変わりませんがレレリティが2番人気に浮上してきました。

20160404A (30) 20160404A (31)
レース、練習では速かったようですが本番ではモサッとしたスタートに。レース後のレクによれば「もう1回ゲート練習してからレースに向かおうと思ってたのだが1週繰り上がったので…」と。同情はしませんがね(笑)。

20160404A (32) 20160404A (33)
ですが前に行く指示が出てたのか師匠がおすと難なく2番手を取ります。

20160404A (34)
ですがダート入ったところから師匠の手は動きっぱなしです。ダートが合わないのかなと見てましたが師匠によれば砂かぶってふわふわしたそうな。

20160404A (35)
直線、ここから伸びてくれば…なんですが。

20160404A (36)
うーーーーーん

20160404A (37)
結果7着、勝ち馬がちぎったこともあり約2秒つけられる大敗でした(泣)。

20160404A (38) 20160404A (39)
戻ってきたセレリティ、実はずーーーっと並足で戻ってきました。やはり脚元が気になるのかな。

20160404A (40)
今日のゼッケン。

以下クラブHPより
ロードセレリティは、4月3日(日)阪神2R・3歳未勝利・混合・ダート1400mに岩田騎手56kgで出走。16頭立て2番人気で1枠2番から平均ペースの道中を4、4、4番手と進み、直線では最内を通って1秒9差の7着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分27秒6、上がり38秒7。馬体重は504kgでした。
・岩田騎手 「初めての競馬でフワフワした走りでした。また、砂を被ると頭を上げるような格好。押せば進んで行きましたけどね。ちょっと身体も重く感じただけに、ここを使って良化を遂げるはず。早々にチャンスが訪れるのでは・・・。賢いタイプで距離の融通は利きそう。スプリント戦、1800mでも対応できるでしょう」
・橋田調教師 「先頭に立って運べれば違ったかも。ただ、行き切れませんでしたからね。今回は既走馬が相手。実戦を経験して次はゲートの鋭さも増すでしょう。大きな問題が無ければ続戦の予定。まずは早い段階で1つ勝たせられたら・・・と思います」
≪2016年4月3日 阪神2R 3歳未勝利(混) ダ1400m 良 16頭≫
1着メイショウグンバイ 56池 添 1.25.7    (  1・1・1)37.2 474kg-6kg
2着サウンドスプレッド 56松 若 1.26.7 6  (  7・7・5)37.6 462kg-4kg
3着テイエムダグラス  56田中健 1.26.8 3/4  (  3・2・2)38.0 504kg-2kg
7着ロードセレリティ  56岩 田 1.27.6    (  4・4・4)38.7 504kg初出走


前週の激辛チリペッパーコメントと違って今週は甘いコメントですな。
脚元の関係でダート短距離戦で下したと思うのですが、この結果を踏まえてどこを狙っていくでしょうか。
クラブレクでは「おそらく短いところではなかなか出走できないだろうから長いところ」と言ってましたので1800の方が有力でしょう。

このあとは5Rになります。

| レース出走 | 23:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

土曜10R

日曜阪神5R、ウィズダムのレポは明日書くとして先に土曜日のレイズ君の話

クラブHPからです。
上原厩舎
2日の中山競馬ではスタートから出さずに最後方からの競馬。折り合いがつく中で勝負どころより外から進出していくが、直線でよく詰めているものの4着まで。
馬が近くにいるとどうしても気持ちが乗りすぎて引っかかってしまうので、今日はあえて馬群から離して折り合い重視で運んだんです。その形がうまく行って今日は力まずにリラックスして走ることができていたんです。ポジションがもう一列前だとしても他の馬との距離があればいいのですが、そのあたりは状況次第なので正直難しさはあります。前にいた馬が少し早めに上がっていける馬ならば楽だったのですが、そういう馬ではなかったので自分から行くようにしました。折り合いがついたので手応えも楽で良かったのですが、4コーナーだけ逆手前になってしまってスピード減で直線へ向かうことになってしまったんです。勢いが再びついてからはよく伸びているだけに、そのあたりの走りが上達してくれればもっと楽に来ることができるのですが…。今日は展開が向かなかったことがいちばん大きいですし、力は示してくれていますから、何とか勝たせてあげたいです。チャンスをいただけましたし、結果で期待に応えたかったのですが、申し訳ありません」(丸山騎手)
「休みを挟んだことで馬もフレッシュになり、感じよく送り出すことができました。当日の雰囲気も良くてどれだけの走りを見せてくれるかと思ったんです。今日はこれまでの内容を丸山がよくよく考えてまわりから離す形で競馬をしたのですが、折り合いがついて上手に走れていました。前回は抜きにしてもここ最近はどうも力んでしまって精彩を欠く走りになっていたので、今日のようにリラックスして走れたのは大きいでしょうね。ただ、シチュエーションに左右されるのが悩ましいところです。例えば前のポジションだったとしても、今日の感じならまわりがいないことが落ち着いて走れる条件になってくるわけですからね…。力を示しているだけに悩ましく思いますが、またいい結果を出せるようにしたいです」(上原師)
ここ最近は思うような走りができず歯がゆい思いをしていましたが、今回は本馬をよく知る丸山ジョッキーが見直しをしてくれリズム重視の走りをすることができました。勝つことはできませんでしたが、内容はここ数戦より明らかに良かったと思います。あとは展開やシチュエーションが合致してこの馬向きになってくれるかということがポイントになってしまうでしょう。負けて強しの競馬をしているのは確かだと思いますし、何とか結果を出せるように取り組んでいきます。今後につきましては、様子を見つつ目標や調整過程をどうするか決めていく予定です。


元気による新説「馬が近くにいるとどうしても気持ちが乗りすぎて引っかかってしまう」…初めて聞きました。
まあ乗ってる騎手の言葉ですから信じるしかないのですが、以前はこれほど後ろから行かなくてもよかったはず…気性が悪くなってるんですかねえ。クラブコメントもいつの間にか「このクラスでは能力上位」から「展開やシチュエーションが合致してこの馬向きになってくれるか」に格下げされてしまいました。
このレベルの馬ではないと思ってたんですがねえ。

| レース出走 | 23:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>