fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2014-04- | ARCHIVE-SELECT | 2014-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

愛馬リポート(5/27)

青森のバカ者のせいでAKBは活動縮小の様相、腰痛の星野監督は医療費全額公費負担の難病と診断、ASKA容疑者は頭痛を訴えて搬送…とTrouble Everydayなこの頃であります。
どっかにいいニュースは落ちてないかと今日の愛馬リポート。

オレニホレルナヨ
NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「この中間からウォーキングマシンで軽く動かしながら調整を行っています。テンションが上がりやすいい馬なので、リラックスさせて馬の気分を損ねないようにしています。とにかく馬の気持ちを第一に接していきます。馬体重は514キロです」(NFしがらき担当者)


えーと6/21に水無月Sというレースがありますのでよろしく、南井センセ!

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「先週帰ってきて様子を見ていますが、トモを中心に疲れは感じさせます。ただ、元々疲れやすい部分でもあり、これまでもケアをしてきた個所でもあるので大きな問題が新たに出ているというわけではありません。これまではあまり時間をかけられないまま使ってきた馬でもありますから、今回のお休みは少しゆとりを持たせてあげたいとは思っているんです。成長を促すことも必要ですから、まずはトレッドミルを中心にして体を動かしていき、様子を見ながらじわじわと乗り進めていければ理想的と思っています」(天栄担当者)


この血統は晩成傾向だからねぇ。まあしょうがないか。一つ勝ててて本当に大きかったですな。

サンジェナーロ
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「変わりなく順調に周回コースと坂路で乗り込みを行っています。引き続き終い15秒近いところも織り交ぜていますが、馬の調子落ちはないですね。この後もしっかり乗り込んでいければと思います。馬体重は512キロです」(NFしがらき担当者)


この血統が晩成傾向なのはわかってますが、こっちは勝ってないのだからそうそうゆっくりもしてられません。オークスは終わったしそろそろハープスターと入れ替わりでお呼びがかかるかと。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「坂路中心のメニューに切り替え、13-13ぐらいまでペースを速める場合も。メリハリを付けながら調整を行なっています。スクミは無し。脚元が落ち着いた状態を保っているのも何よりですね。同等の内容を続けつつ、新たな指示を待つばかり


新たな指示を待つばかり…要ははよもってかんかい!と言いたいわけですね(笑)。D1400という特殊な距離を使うとなると阪神か中京ですから阪神の内にはもどすんでしょう。

ロードスパーク
ロードスパークは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「定期的に15-15を実施。乗り進めるに連れて段々と気持ちが入って来た印象です。動き、身体つきも着実に良化。心身共にコンディションは上向きだと思います。そう遠からずに帰厩の段取りが組まれるはず。現在の調子を保つのが大事ですね」


現在未勝利馬は3頭いますが、うち2頭は何度か掲示板はありますので全く掲示板に乗ったことがないのはこの馬だけ、いまだに適性すらつかめないわけで、正直かんなり厳しいと思ってます。まあ一番安馬だからなぁ…ブツブツ。

ルアンジュ
ルアンジュは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。5月27日(火)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動の予定です。
・当地スタッフ 「すぐに元通りの調教内容へ戻せており、休んだ影響も感じられません。通常メニューは5月24日(土)まで。25日(日)は余裕を持たせ、26日(月)にウチを出発しています。近郊の牧場で数日間ほど過ごし、それからトレセンへ向かう見込み」


若干遅れましたがアイヴァー、レントラーに次いで3頭目の脱北です。この世代はデビューが遅いと思ってましたがこの分だとかなり早そうです。先述の理由で年初時には1勝も考えてなかったのですがこれなら1勝くらいはしてくれそうです。期待外れのAグループの損失補てんをば…

| クラブ馬主・現役馬近況 | 20:37 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |