fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2014-04- | ARCHIVE-SELECT | 2014-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

愛馬リポート(5/14)

まずは1にも2にも3にも4にもこの馬から

レッドセシリア
(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
鹿戸調教師「先日のレースでは4コーナーで2度躓いてしまい、上がりの歩様は問題ありませんでしたが、帰厩してから入念に脚元をチェックしました。今のところ、歩様はこれまで競馬を使った後と変わりありませんし、脚元にも異常はありませんでした。レントゲンを撮る事も考えましたが、撮る必要はなさそうですね。ただ、以前に骨折している馬だけに、この後も慎重に進めたいと思います。今の東京は内も馬場が悪くなっているので、この後は6/14(土)の函館11R・HTB杯(芝1800m)に三浦騎手で行く予定です。洋芝の開幕週なので、クッションが利く馬場で脚元の負担も軽減されると考えています」


おとといも書きましたが「カーンと鳴った」というのは折れたというより衝撃が響いたということと思います。衝撃により骨にひびが入ることは考えられますが今のところ歩様には出ていないようです。必要経費は認めるからケチらずにレントゲン取ってほしいところですが。
で、私は1度も確認できませんでしたが4コーナーで2度も躓いたとはね。ずっとインをついたE騎手の責任重大です(怒)。

さて、セシリアはVMに登録がありますが当然今日の想定から消えています。
もうちょっと状態を見てからになると思いますが鹿戸先生は函館戦を選択するようで、その理由としては極めて納得いくものと思います。小柄ですがパワー型の馬ですから洋芝は問題ないと思います。距離も問題ないと思いますが、1600万以上で戦っていくには1600以外の距離もこなしていかなければならないでしょうからね。

レッドヴィーヴォ
(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
鹿戸調教師「使った後なので、今日は曳き運動での調整でした。レースでは外枠でしたが、馬と馬との狭いスペースを縫うように来てくれましたね。左回りでしたし、距離もこれくらいが一番合っているのでしょう。権利も取れたので、次走は5/31(土)の東京7R・4歳上500万下(芝1600m)に引き続き柴山騎手で向かいます」


こちらも予想通り中2週の東京戦です。2場開催ですからジョッキーはそろうと思いますが鹿戸先生のジャッジはコーセイでもナリ君でもなく柴山騎手、まあ前走好走させてますからね。でも二度同じことができるのならもうちょっと成績も上がるかと…

レッドクラリス
(ミホ分場→古賀厩舎)
北のダートコースを1周後、坂路1本。
5/14(水) 坂路 67.4-50.5-33.8-17.1 馬なり
攻め厩務員「今日は北馬場をダクとハッキングを交えて1周してから、坂路を1本上がりました。前走から中3週での競馬になりますし、牧場で楽をさせている分、坂路で乗っていても動きは以前より素軽い印象でしたね。昨日帰厩したばかりですが、稽古初日の動きとしては良かったと思いますよ。今日のようなペースなら、上がって来てからの手入れの際にも四肢に熱を持つ事はないですね。体もそこまでボリュームアップしているわけではありませんが、昨日の飼葉もしっかり完食していたので、競馬には前走と同じくらいの馬体重で出走できると思いますよ」


予想通り火曜日に戻ってきたようですね。優先権持ちの鞍上ウチパク…決めるとしたらここでしょう。まずは無事にレースを迎えることですが。

レイズアスピリット
上原厩舎
14日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒7-52秒0-38秒6-13秒4)。
「順調に来ていますね。先週から時計も出し始めてこの中間の調整はうまく行えています。今日しっかり動かして態勢を整えておけばレースへ問題なく向かえると思いましたし、今朝はコースにて併せ馬で負荷をかけました。終いを伸ばすように動かしましたが、走りはまずまずですし、感触は良好ですよ。まだ幼さはあるのですが、少しずつしっかりとしてきた印象を受けますし、ここは頑張ってほしいですね。2走前は勝った時のイメージで前々の競馬で苦しくなってしまいましたが、前走は展開が有利とは言えない中で終いによく伸びてくれました。急かしたり前半から強いる競馬をするのはまだ苦しいのかもしれませんが、出たなりでレースができれば前走のように頑張ってくれるのかなという気はします。それをわかってくれている田辺が続けて乗ってくれるのはプラスと思っていたのですが、先週の落馬によって負傷した個所が今朝の調教で確認してみたところもうひとつで今週の競馬は見送ることになったという残念な話が出てきてしまいました。調整段階ではありますが内田ジョッキーの都合がつくかもしれませんのでそのあたりが状況を見て準備していきます。そして、あとはしっかり体調を整えてレース当日を迎えられるようにしたいと思っています」(上原師)
17日の東京競馬(夏木立賞・芝2000m)に出走を予定しています。


やはり田辺君はアウトのようです。まあしょうがありませんね。11頭立ての重賞のある日ですからそこそこ騎手はそろうと思いますが、上原先生はウチパクを抑えにかかってる模様。どちらかってーと早仕掛け気味の人ですからあまりレイズ君には合わない気がすますがね。それこそコーセイがよくないかと…。

| クラブ馬主・現役馬近況 | 22:53 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |