Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2014-01- | ARCHIVE-SELECT | 2014-03- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

南武線なう

久々の東京競馬場、本日の予定は1R、7R、9R…11Rは9Rの結果次第ですね。

ニッカン本紙は▲、フゥーーーン。
スポンサーサイト

| レース出走 | 08:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

東京9R速報

モンスター? ブレイディ?
それがどーした的勝利!
やはりもっと上で走るべき馬は違いますね。

で…もう黒ゼッケン勝ちが来ちゃいました(嬉)

| レース出走 | 14:58 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

レッドセシリア5 ~いつか夢が きっと夢が

レッドセシリア6戦目となる東京9Rのテレビ山梨杯、タイトルの番号でわかるようにセシリアのレースは復帰戦だった函館以外全部行っているのですが、今回は一昨年の阪神JF以来2度目の口取り権をもっての出走となります。東京での口取りも東サラの口取りもコーセイとの口取りも全部経験していますが、やっぱセシリアで口取りしたいですからね。

20140201C01D90.jpg
今日のニッカン、どちらかというと東京に実績のないモンストールを上に見てますね。まあ○はわからなくもないけど本紙高木は▲、セシリアよりブレイディを上に見たようです。それくらいは許しますがモンストールのところがただの◎じゃないですよね? これは1日1頭だけ打つ絶対の自信馬でして、本紙高木氏は東京実績に目をつぶってモンストールを絶対の自信馬に指名したようです。木南氏に至っては△、あんたバカァ? 逆に写真の右下の方、たった一人だけセシリアを絶対の自信馬に指名したTMがいます。

20140201C02D90.jpg
今日のガンバレ馬券、今年度からクラス別に金額を設定することにしました。これは1000万クラスの金額です。

20140201C03D90.jpg
問題の馬体重、ローズノーブルが+10で426キロ、セシリアが-2で424キロでまたまた出走馬中最軽量に。

20140201C04D90.jpg
1番ですから1番最初に出てきたのがローズノーブル。

20140201C05D90.jpg 20140201C06D90.jpg
GCの解説者は「+10だけどもっと体重がほしい馬だから問題ない」とのたもうておりましたが、一般には+10ったら大きく増えてると言われるわけでして。

20140201C07D90.jpg
セシリア登場。

20140201C08D90.jpg 20140201C09D90.jpg
こんなシーンはありましたが。

20140201C10D90.jpg 20140201C11D90.jpg
今日はおとなしい方でしたね。前走時は脳震盪でも起こさないかと思うくらい首ブンブン振ってましたからね。

20140201C12D90.jpg
正直もうちょっとあった方がいいのかもしれませんが、こういう体型の馬という気もします。
GCの解説者は「休み明けなのでふっくらして出てきてほしかった。北海道の時は430あったわけだし」と。でもその北海道の時は何着でしたっけ? というわけでこの解説者は使えないとジャッジしました。

20140201C13D90.jpg
人気は微差ですがセシリアが1番人気。

20140201C14D90.jpg
2番人気のモンストール。福永が騎乗停止になり、相談役が自転車でコケたためタケユタカとなったわけですが。

20140201C15D90.jpg
とまーれーのあと、この厩務員さん、顔覚えちゃいました(笑)。

20140201C16D90.jpg
ヴィーヴォの前回のレース後の不祥事により「今回負けたら降格」を通告した鹿戸先生。

20140201C17D90.jpg
先約のこっちを蹴ってアロマティコに乗りに行った件について審議した結果「今回負けたら擁護しない」ことを通告したコーセイ。ブノワと話してますがこの人英語できるんか?
どうでもいいですがYT氏はいつも人のジャマをします(苦笑)。

20140201C18D90.jpg
コーセイがブーツの上に何色の布を巻いてるかをよく覚えといてください。

20140201C19D90.jpg 20140201C20D90.jpg
こっちはレッドクラリスの件につき、要経過観察となった古賀先生。

20140201C21D90.jpg 20140201C22D90.jpg
古賀先生の主戦ヒロシ、この人うまいんだかへたなんだかイマイチ判断がつきません。

20140201C23D90.jpg
コーセイ、いつものように掲示板を見まして…

20140201C24D90.jpg
今回はいつもやらないような行動にでます。

20140201C25D90.jpg
いつもなら笑ってる時間帯ですが今日はまったく笑いません。それだけ期するものがあったのでしょうか。

20140201C26D90.jpg 20140201C27D90.jpg
ローズノーブルの本馬場入場。

20140201C28D90.jpg 20140201C29D90.jpg
セシリアの本馬場入場。
ここでいつものようにZR3000に交代です。

20140201C30Z30.jpg
今日はなぜかセシリアばかり写してました。
先生&コーセイに「今日は絶対勝て!」と厳命してましたが、私にもプレッシャーが…(ふぢたの持病が出かけました)。

20140201C31Z30.jpg
スタートはまずまず。ローズノーブルは好スタート、テンペルは普通に出てるのですが二の脚が遅いのか下がってしまいます。

20140201C32Z30.jpg
行くと思われたブレイディが行かず、ローズノーブルが先頭に立ちますがルロワも譲りません。こうなるとローズノーブルはスタートがよかったのがかえって仇になった感です。
セシリアはモンストールをマークするような位置に、相手は稀代のマーク屋ですからこれは戦前の希望通りのポジションです。

20140201C33Z30.jpg
それほどペースは速くなかったようですがルロワが離して逃げています。

20140201C34Z30.jpg 20140201c35Z30.jpg
ここからあとは完全に失敗しました。
ピンボケですがセシリアが先頭に立ったシーン。にしてもベリーまでアレやるようになったんか?

この後気合の入りすぎてフレームまで外してしまい写真はありません。
先頭に立ったセシリアはそのまま力強く伸びて2着に1馬身半の差をつけての完勝でした。
2着はシンガリから追い込んできたテンペルが飛び込んできて、3着にブレイディ。モンストールはどっかいっちゃいました。今日のユタカタケは乗れていませんでしたね。

というわけで、わが軍のあまたの迷馬がなかなか越えられなかった「1000万の壁」をセシリアはあっさり越えてしまいました。東京コースでは4戦3勝2着1回、小柄ですがパワー型と思いますので純粋な時計勝負になるとどうかですが、持ってるものは相当なものがあると思います。惜しむらくは数使えないのがね。

以下クラブのHPより
2月1日レース後コメント
三浦騎手「馬もレース前からリラックスしていましたし、走り自体も去年の秋より格段と良くなっていました。今日も無理させずに、開幕週で馬場の真ん中を通ってこの結果ですから、本当に強いと思います。セシリアに大きいところを勝たせてあげられる様に、この後も一緒に頑張って行きたいです
鹿戸調教師「自信を持ってレースに送り出しましたが、思った以上に強い勝ち方でした。この後は状態を見ながらですが、22日(土)の東京・初音S(牝・芝1600)に引き続き三浦騎手で行く予定です」


口取りの時にコーセイは「ありがとうございました」を2回、ヴィーヴォの時はそんなこと言わなかったのにね。とりあえず責任は果たしましたから続投でいいと思います。
で、口取りの時に相変わらず名前すらわからないスタッフ2人(1人は結構年配ですからユーワからの生き残りと言う佐伯氏かな)が「勝ったら一応登録する」ウンヌンと言っていたのですが、初音ミクSですか、ちょっとローテがきついような気もしますけどね。まあまずレース後何もないことを祈りますが。

本日達成された記録。
・コーセイ4勝で単独2位浮上
 1位は哲ちゃんの5勝2着2回3着5回、あと1勝と3着1回で並びます。
・ハーツクライ、リーディングサイアー争いトップに
 本賞金だけで1480万ですからそれを加算すると、一口あたり賞金14.3万のサクラバクシンオーを抜いて15.1万になるハーツクライがトップに立ちました。あれだけハーツ、ハーツと言い続けてようやっとですね。
 ただ勝ち星はバクシンオー6勝に対してハーツクライは3勝、阪神JF3着が効いていますね。
・レッドセシリアが一口あたり賞金・回収率ランキングトップに
 つ・い・に! フィックルベリーが賞金ランキング首位の座を奪われました。まあ考えてみれば2勝・500万下の馬がいつまでもトップじゃいけませんよね。
回収率でもセシリアの方がフィックルベリーより1口で1万高いのですが、わずかに交わしてトップに立ちました。

そして2/1現在通算439戦43勝、もし明日3じぇが勝つと440戦44勝とちょうど勝率10.0%に到達します。でも次は「2ケタ負け」の番だからなあ(苦笑)。

今日ですがあと1R,7R,11Rがありますが、それは明日以降に。

| レース出走 | 01:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

1回東京1日目 1R

今年最初の東京開催、メインのオープン特別が豪華メンバーなこともあってかいつもの土曜日より多かったですね。
そして今年最初の東京でのレース。

20140202A01D90.jpg
このレースの注目は1番下のリストワール、前走+10だったのですが、今回は新馬戦の時の体重に戻っちゃいました(苦)。

20140202A02D90.jpg
この馬も前走5着でしたが、前走好走馬がかなりいまして人気はあまりありません。

20140202A03D90.jpg
出てきました。この厩務員さん、前回と着てるものもまったく一緒です。

20140202A04D90.jpg
20140202A05D90.jpg
20140202A06D90.jpg
特に細くは見せませんが、トモはもう少しはってる方がいいかもしれません。アーヴィングがこんな形のトモのままですね。

20140202A07D90.jpg
現在確変ちゅうのみずきちゃん登場。

20140202A08D90.jpg
コーセイ登場。えーと昨日の記事覚えてますか? ブーツの上に何色の布巻いてましたっけ?
これがロードの時だけの処置なのか、はたまたグリーンの馬に乗るときは緑色にするのか、今後注目です(笑)。

20140202A09D90.jpg
騎乗したところ。

20140202A10D90.jpg
例によって掲示板を見やりますが。

20140202A11D90.jpg
前走はそこからお笑いモードに入ったのですが、今日は9レースのことが気になるのかにこりともしません。

20140202A12D90.jpg 20140202A13D90.jpg
本馬場入場、東京競馬場のスタンドは南向きですから昼間は完全逆光になります。

20140202A14D90.jpg
16番ですから一番最後のゲート入り。

20140202A15D90.jpg
前とそれほど差があるわけではないですがやや後ろ目かな。2頭競走から除外モードです。

20140202A16D90.jpg
3・4コーナー中間、重なって見にくいのですが、5番手の社台の馬のすぐ外にいます。

20140202A17D90.jpg
直線、ここから延びてきそうな感があったのですが。

20140202A18D90.jpg
拡大してみました(笑)。

20140202A19D90.jpg
結局今ひとつ伸びを欠き6着、勝つには現時点ワンパンチたりない印象ですね。これからどれだけ成長するか。

20140202A20D90.jpg
引き上げてきたリストワール。

以下7Rに続く

| 競馬全般 | 12:25 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

京都6R

わが軍団現在の最高額馬(そうなんですよ、覚えてましたか?)サンジェナーロのデビュー戦。
パドックでは「体はできてるがもうちょっと気合がほしい」とのこと。上は難しい気性の馬ばっかですから少しおっとりしてる方がいいと思うのですがね。

レースは一番人気の馬を見る位置で後ろから、この距離の新馬戦にしては流れてますがきれる足がないみたいだから早めに動かないとDI産駒には勝てないよ。
一応師範もその意思はあったようで3コーナーすぎで動き出しますが、肝心の馬はサッパリ動かず。これは順番通り沈むかと思ったのですが、最後の100mあたりでエンジンがかかったのかものすごい伸びで3着を確保! 負けは負けですがよーやくミョーなジンクスが止まりました(笑)。

一度使われたことでピリッととしてくるでしょうから次は期待ですね。師範でも師範代でもいいですから頼みますよ。
しかしエル君といい元帥閣下といい、ウチはこんな馬ばかりですね。大型アメ車は3台もいりませんが(苦笑)。

| レース出走 | 13:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

1回東京1日目 7R

1Rのあとグダグダと時間をつぶしまして、やっと迎えた7R、このレースただの3歳500万下D1600戦なのですがメンバーがそろいました。

20140202C01D90.jpg
メンバー ドン!(古ッ!)
キャロ1頭、シルク1頭、東サラ1頭、それぞれ人気になりそうな馬です。

20140202C02D90.jpg
とりあえずの注目はシルクのこの馬スペシャルギフト。

20140202C03D90.jpg
20140202C04D90.jpg
20140202C05D90.jpg
名前から想像されるようにスペシャルウィークの仔ですが、まさに「そんな毛色」ですね。初期のスペウィ産駒は真っ黒なのが多かったのですが、このところこんな毛色の馬が多いです。

20140202C06D90.jpg
こちらは東サラ、可憐黒丘の半弟、レッドアルヴィス。こっちから見るとまともそうですが…。

20140202C07D90.jpg
実はこっちからみると終始こんな有様でした(苦笑)。パドック的にはマイナスポイントですよね。

20140202C08D90.jpg
人気は、キャロのジャッカスバークが一番人気。

20140202C09D90.jpg
この馬ですね。

20140202C10D90.jpg 20140202C11D90.jpg
さてこの黒いコートの人物は何者でしょう? 須貝師ではないしジョッシュ師にしても少々恰幅があるように(言葉を選びました(笑))見えまsが。

20140202C12D90.jpg 20140202C13D90.jpg
トサキはあいかわらずこんな感じです。

20140202C14D90.jpg 20140202C15D90.jpg
東サラ-安田師-勝浦、ちょっと珍しい組合わせです。

20140202C16D90.jpg 20140202C17D90.jpg
スペシャルギフトの本馬場入場、逆光の唯一の利点で白い部分が光ります。

20140202C18D90.jpg 20140202C19D90.jpg
スタートは五分、ダートにはいるあたりでスペシャルギフトがハナに行こうかという勢い。

20140202C20D90.jpg
ウチからジャッカスバークが主張、結論から言うと前は速すぎたようです。

20140202C21D90.jpg
直線、まだジャッカスバーク以下が逃げていますが。

20140202C22D90.jpg
先行軍団が壊滅、その後ろにいたレッドアルヴィスが伸びます。

20140202C23D90.jpg
アルヴィス勝利。
やべぇ~ここで東サラ勝っちゃったよ~、と誰かさんが思ったということはどうか御内密に。

20140202C24d90.jpg
スぺシャルは先行馬の中では粘りましたが6着。

20140202C25D90.jpg
戻ってきたところ。

おまけ、出待ちの8Rパドックよりフェアリーライン。

20140202C26D90.jpg
牝馬同士の1戦ですが、なんですか1番の馬の馬体重は…

20140202C27D90.jpg 20140202C28D90.jpg
この日キャロは3R連続で1番枠、これは第二弾でした。

20140202C29D90.jpg
池上先生登場。悪い先生ではないと思いますが今一つワンパンチ足りない印象…。

20140202C30D90.jpg
この馬、目に特徴がありますね。

この後の9Rは昨日アップしてますから次は最後の11R(レースだけ)になります。(続く)

| 競馬全般 | 15:09 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

1回東京1日目11R

11Rはオープン特別の白富士S、ただのオープン特別ながら例年メンバーがそろうレースですが、今年も好メンバー。
9Rの口取りの後でパドックに行く気もなかったので返し馬とレースだけです。

20140202D01D90.jpg
20140202D02D90.jpg
20140202D03D90.jpg
20140202D04D90.jpg
20140202D05D90.jpg
20140202D06D90.jpg
20140202D07D90.jpg
20140202D08D90.jpg
20140202D09D90.jpg
20140202D10D90.jpg
20140202D11D90.jpg
20140202D12D90.jpg
20140202D13D90.jpg
20140202D14D90.jpg
返し馬、先入れの馬もいますので順不同で。

20140202D15D90.jpg
スタート、ペルーサはもう「お約束」ですね。

20140202D16D90.jpg
レースはゼロスが飛ばしますが見た目ほど速くないようです。

20140202D17D90.jpg
直線、まだゼロスの逃げ…このままいくんじゃないかと思いましたが。

20140202D18D90.jpg 20140202D19D90.jpg
外からエアソミュールが強襲。

20140202D20D90.jpg
20140202D21D90.jpg
20140202D22D90.jpg
そのままエアソミュールが1着、2着アロマカフェ、3着サムソンズプライド、世界のエースは最後セイクリッドバレーに差されて5着どまりペルーサとヒラボクはどっかいっちゃいました。

この日のレポはここまでです。最後までお付き合いありがとうございました。

| 競馬全般 | 17:13 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

週末出走馬コメント

今日はニューヨークでスーパーなんちゃらとかいうイベントがあったようですが、もうシーズンは終わってますのでまーーーったく興味なし。しかし寒い場所で寒い試合見せられたファンもたまったものじゃないですね。25点以上差が付いたら(3TD入れても逆転不能)半額払い戻しとかしてもいいんじゃないかと。

さて、この週末は2頭が出走。1着、3着となったのは本紙既報のとおりでさっそくいつもは買わない専門誌を買ってまいりました。どっちを買ったって? 両方立ち読みすればどっち買ったかわかるかと(笑)。カギは後ろから7ページ目。

土曜日のセシリアの方はすでにコメントを乗せておりますので専門誌のレース評のみ。
レース間隔は開いたが、体はできていた。中団から。直線は馬群の外へ。ラスト2F付近で仕掛けると鋭く伸びて、まとめて差し切った。

これがGⅠ3着の実力! ですよね(笑)。
ところで本日緊急更新がありまして、重いエビで2年以上戦列を離れているセインツの「セカイノスミイ」厩舎から鹿戸厩舎への転厩が発表になりました。いつも書いてますが、鹿戸先生はC社では散々ですが東サラとの相性がいいですし(逆なのが国○先生、スティンガーの仔で何やってるのさ?)、セシリアの活躍もあっての転厩だと思われます。

日曜日のサンジェナーロ

クラブのコメント
松田博厩舎
2日の京都競馬では勝負どころで促しつつ直線へ向かい、終いにかけて脚を使うが3着まで。
「ゲートや道中の感じは悪くないと思いますが、如何せんまだ体に余裕があってモタモタしていましたね。勝負どころでは早めにムチを入れたくらいですが、それでいて終いは脚を使っていますし使いつつもう少し動けるようになってくれるでしょうからこれからが楽しみですね」(岩田騎手)
終いまで脚を使っているし悪くないんだけどな。調教では少しずつは動けるようにはなっていたものの、今日の競馬を見ても体が大きくてまだそれを使いこなせていないし、モタついてしまったからねだからこそ競馬を使ってより良くなってくる面はあるはずですし、走りのバランスも少しずつ変わってきてほしいね。初めての競馬の後だからより慎重に反動が出ないか見ていくけど、問題ないようならこのまま次に行きましょう」(松田博師)
馬体に勝負どころでは気合いをつけながらになりましたし、直線でもジリジリとした伸びにはなりましたが、馬体に余裕がある中でも悪くない走りはしてくれたと思います。この後はレース後の状態を見ながらどうするか判断していきます。


師範と御大、ほぼ同じようなことを申しております。御大は、ちゃんときわめて遠回しながら「初戦からはありません」と言ってましたしね。大型馬ですから使われつつ良くなっていくことに期待したいですね。

専門誌のレース評
大型でやや太め。ジワッと行かせて中団の内。道中はちょうど勝ち馬を見る形で手ごたえ良く追走。その勝ち馬が動いた時に少し置かれたが、直線で外に出してからしっかり伸びた。

直線、やっと5着かなというところから3着まで押し上げてきましたからね。ラスト1Fはこの馬が一番速いでしょう。でももうちょっと人気になるかと思ってたらトレノカチドキより下の7番人気だったんだって、バカニシナイデヨ。

この馬の3着やホーカーテンペストの2着はありましたが、今週のキャロは未勝利、月が変わってツキも変わった…なんてことにならなければいいのですがね。また勝ち星でT社に並ばれましたから突き放さないと。

今週の競馬ですが、上原先生が特別登録するかもと言っていたレイズ君は結局ゆりかもめ賞に登録してきませんでした。ですので馬房の都合で予定を一週早めたヴィーヴォだけになりそうです。

2/8 東京8R レッドヴィーヴォ 三浦
2/16 小倉12R帆柱山特別 オレニホレルナヨ フルキチ?
2/22 東京9R初音S レッドセシリア 三浦
2/23 京都7R? レッドロンメル ?
2/23 東京9Rセントポーリア賞? レイズアスピリット ?

2/22に芝2000の未勝利戦がありますからサンジェ君はここに出るかもしれませんね。ただ、もう1週待つと阪神で芝2400の未勝利戦がありますので、そこの方がいいようにも思います。

| レース出走 | 21:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>