fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< 2011-09- | ARCHIVE-SELECT | 2011-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

急告

本日帰宅するとスルガダイカラノテガミが…
1行目にはここでほとんど触れることのなかった、いらないというのにインパクトを買ったついでに勝手に押しつけられて、エビ疑惑が流れる中未勝利戦最終週で無駄にデビューしてTO負けで出走手当すらもらえず、クラブHPで正式報告される前にひっそりと消え去った某DA馬の名前が…
いまさら引退報告かよ(-_-メ)と思ったルクソールさんですが、ちょっと待った!(古ッ)。確か駿河台は無料提供馬の引退にははがき出さないはずだよね。じゃあなんだろ? 「某DA馬におきましては代替馬を出したくないとの一心であまりにも会員様を馬鹿にしたまねをしでかしたうえ、出走がかなわなかった他の未勝利馬にも甚大なるご迷惑をおかけいたしましたこと、腹掻っ捌いてお詫び申し上げます。」とは書いてませんでしたが(笑)、どうやらガイアツに負けて掟破りの無料提供馬の代替を出すことにしたようであります。私は別に某DA馬の補償をほしいとは思ってませんでしたからもらわないでも結構なんですが、

・Y社が己のしてきたことの誤りを直接ではないが認めた。
・新しい代替馬は去年の年末今年の新春セールで無料提供馬として供され、夏には不良在庫一掃のため2口プレゼントの大盤振る舞いまでしてた馬です。そこに去年の新春セールの無料提供馬であった某DA馬の申込者まで引き受けるというのですから、いくら募集数が減っているとはいえY社の持ち出しになっている可能性が高い。

ということは最近のY社には見られなかった傾向ではあります。まさかと思うけど本当に真摯に反省して変わろうとしてるのかな。まあ今回はその意気に免じて決定を評価し、ありがたくいただいておくことにします。というわけで7頭目の2歳馬です。

エスペランサシチー
もともと去年の年末今年の新春セールでこの子が無料提供馬として出てきたときこれならもらってもいいかなと思った馬です。結局ラインナップがショボイこともあり予定通り申込みしませんでしたが。
まず生産者はH牧場だのD牧場だのではなく名門千代田牧場、これだけでも、ん? 違うかな?って感じですね。
母はマミーブルー…と言っても悲運の名馬メルシーアトラの母ではないですよ。正式表記ではマミーブルーⅡとなります。これだけならどうってことありませんが。父がフレンチデュピティで母母はブルーアヴェニュー、ここでピンときたあなた! そうなんです。クロフネの3/4同血なんですね(母の字を1個減らせばクロフネと同じになります)。
ここで厩舎がSM田とかH井とかだと一気に興ざめなんですが池上昌弘厩舎と来ました。私にとっては最初の出資馬だったゴッドブレス以来2頭めです。またお願いしたい先生とは思っていましたがこんな形で転がり込んでくるとはね。なお、この先生の分析については池上先生専属評論家のU様にお任せいたしますのでよろしく。

ところでこの馬調べたら芦毛ちゃんなんですね。グレイトフィーヴァーを1売ってもらえなかった(D様)ルクソールさんですがこんな形で2頭めの芦毛ちゃんが転がり込んできました。
ただし、気になる点もないわけではありません。こんな馬をなんで千代田牧場はY社ごときに売ったんだろう。どっか隠れたる瑕疵があるんじゃないか? まあみなさん普通はそう思いますよね(笑)。そして致命的なのがアーク某の父だったフレンチデュピティを父に持ちライ(ピ~)の父だったRed Ransomを母父に持ちプレザントなんちゃらと同じ勝負服でレースに臨むと、去年のチームL ダメンズトリオの総力を結集している点であります(笑)。

さてどういう結果になりますやら。

| クラブ馬主・その他 | 20:19 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬近況(10/25)

今日はキャロ休養馬の日。と思いきや…

オッキオディガット
国枝厩舎
25日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「じっくり乗り込んできましたが、特に気になる部分があったわけでもありません。調教師からもそろそろ戻したいと言われていたのですが、本日の検疫を確保できたとのことで今朝送り出しています。準オープンとなるとさすがに大変だと思いますが、頑張ってほしいですね」(天栄担当者)


昨日のホレルナヨに続いてまたも何の前触れもなく突然帰厩。ちゃんと1/400馬主の了承を得てから帰厩してよ(笑)。ま、それは置くとしても、「準オープンとなるとさすがに大変だと思いますが」…そーゆーことは思ってても言わないでおいてほしいんですが。そいや去年500万下勝った時も
「これからクラスが上がって厳しい戦いになるでしょうが」(by Kunieda)
だったっけ。どこまで期待されてないんだろね、この子。言っておきますが回収率的にはまだまだ全然なんですからね。ところで10日ルールによれば10/5には出走可能、なんだか次走銀○Sっぽくなってきたのが心配なんですが。

以下予定通り休養中の馬。

ケミカルチェンジ
NF空港
周回コースで軽めのキャンターと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを行い、週2回は2本登坂しています。また、日によっては角馬場での調整を取り入れています。
「障害練習を行っていても体調に変化はありませんし、順調に進めることが出来ています。この中間から周回や坂路での調教も行っていますが、コース調教の動きも悪くありませんね。今後もこの調子で乗っていくことになりますが、ある程度のペースまで進められるようになったら、NF天栄に移して調整していくことも考えています」(空港担当者)


一か所を除くと普通の馬の調整のように読めますね(笑)。でも天栄に持っていく理由はなんなんでしょう。練習が早く進んでいるのかな。

チャイナキッス
NF空港
周回ダートコースでダクを500mと軽めのキャンター3000mを行い、週1日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本を取り入れています。
「週1本ですが、坂路にてそれなりのペースで乗れているように、状態は悪くないと思います。ただ、これまでの過程を考えても調教ペースだけで判断はできませんし、内面からの強さを付けられるようにジックリと調教を進めていきたいと考えています」(空港担当者)


ペースだけで判断しないでね、この前みたいに(パクリ)。

| クラブ馬主・現役馬近況 | 21:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |