Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

活き活きと速く

本紙既報の通り1/13のレースを最後にレッドヴィーヴォが引退しました。
この馬は2010産ですからレッドセシリアと同世代になります。
この世代の東サラの一次募集は10月、キャロの一次が終わってからの申し込みでした。
この年のキャロ1次では2頭に申し込んでエルマンボ1頭しか取れませんでしたので東サラで何頭か行く予定としたのですが…

2011.9.28
東サラはピックアップしたのが、
 アドヴァーシティ10♂      栗・橋田
 チャールストンハーバー10♀ 栗・藤原英
 サセッティ10♀         美・鹿戸
 ロリータ10♂           栗・松永幹
これにキーンランド組から
 Belva10♀            栗・角居


どこにもヴィヴァチッシモ10なんてありません(苦笑)。10/7には「出資終了」と書いてるくらいでして(汗)

いったいいつヴィヴァチッシモ10が出てきたのかと言えば…
2012-05-04
さてここでご報告、フィックルスターの電撃引退で枠が一つ空き、デセーオの勝利で図に乗った気をよくしたルクソールさん、よせばいいのに1頭ポチってしまいました。
まだ出資証は来てませんが残口表示も出ていない馬なんでまず大丈夫でしょう。
行ったのはこの馬


なんとレッドヴィーヴォに変わってだいぶたった12年の5月でした。全然記憶にないなあ。
記録によれば
「デカイ」「おっとりしている」「藤原英厩舎」とセイリングにはどっかで見たようなフラグが立ってるのと、こっちの近況報告がよく一度社台F育成の馬を持ってみたかったのでこっちにしました。

歩かせると外弧歩様が気になるのですが、コース追いみてるとこれが実にいい、後ろの馬をあっという間に離してますからね。とある掲示板での評判もいいようです。


となっています。なおレッドセイリングは1口7万の♀で新馬勝ちの13戦2勝、獲得賞金1350万、ヴィーヴォは1口5万の♂で34戦2勝、獲得賞金3317万ですからまあこっちが正解だったと言えるのかな。

ヴィーヴォのデビューはそれから4か月後の2歳9月コーセイを背に中山のマイルに出てきました。キャロツアーと重なったため行けなかったのですがここでタイム差なしの3着と能力を見せます。
次走が10月東京での未勝利戦、口取りもっていったのですがここで勝利
20180124B (1)
ヴォーヴォと言えばやはりこの右目でしょう(笑)

20180124B (3)
そして2度目の口取りで東京制覇でした。
この馬の2週間後にセシリアが新馬勝ち、3世代目で東サラ大ブレイクとなったのですね。
2戦目でJFに行ったセシリア同様この馬も果敢に重賞に挑戦
20180124B (4)
京王杯2歳S、今気づいたのですがなんとラブリーデイがいますねえ。
結果は13着と大敗、果敢なチャレンジ3着に突っ込んできたセシリアと明暗を分けます。

この後短い距離での活躍を期待されたヴィーヴォでしたが勝てない日々が続きます。それでも3歳時は4回掲示板に載るなどしてたのですが、4歳になるとコーセイに見捨てられ、1度しか掲示板に載れないという結果でした。

転機があったのは5歳春、障害練習はしてたのですが2回連続ジョガイに激怒した鹿戸先生が突然障害への転向を表明しました。
障害デビュー戦は3/15中京、その時点では名古屋にいたはずですが写真がないので行っていないのでしょう。結果4.9秒差の大敗…次走も9秒差の大敗。
当時障害にいた同じ東サラのアーヴィングと比べると飛越のセンスがないのは明らかで、そもそも2回除外食らって怒りの障害転向だったわけですから私は平地に戻すべきと言ってましたっけ。

5月の新潟、突然目覚めたように5着、どうやらこのコースがいいらしいということで以後東京、新潟を使ってきますが5→5→2→3→2と勝ちきれません。新潟が終わったためやむなく出た福島戦、
20180124B (5)
ヴィーヴォ障害8戦目にして勝利、ただの未勝利戦で上野君派手にガッツポーズするの図。

これでオープン入りしたヴィーヴォ、ところがここからヴォーヴォの出走数が急激に少なくなります。
5歳時には9戦してたのですが6歳になると4戦、7歳の去年はたった3戦です。

先にも書きましたがセンスがあるという馬ではないですし、ケガしないうちに早めに引退を!と叫び続けて迎えた1/13の障害戦
20180124B (6)
落馬の不利もあり大差13着でのゴールでした。

この後どうやら鹿戸先生は続けたかったようですが、多くの会員様らあお叱りを受けてきた東サラが決断します。
21日のレース後に「今後について協議」という文が出、翌日早々と引退が決定しました。私個人もこれでよかったと思います。

クラブは3歳で早期引退した馬でも「長きにわたり応援ありがとうございました」と書きますが、この馬は2歳から8歳まで足掛け7年、ほんとーーーーに長い間走ってくれました。ともかく怪我無く無事に終えることができて何よりでした。

そしてこの馬の引退により、セシリア、ヴィーヴォ、エルマンボを擁したわが軍黄金世代は終焉の時を迎えました。
ちなみにこの2010産世代だけで12勝、獲得一口賞金は世代最多となってます。
獲得一口賞金のランキングで見ても1位セシリア、2位エルマンボ、9位ヴィーヴォと、この世代がトップ10に3頭入っていることになります。

| 一口馬主ライフ | 22:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

クラシカルチュチュ番外編 ~2年の時が変えたものは

ウィズダム出走後の9R、ここにはお知り合い様の出資馬アルティマヒートと元愛馬(命名馬)の弟シェザストーリーだったよなと思って出馬表を確認したら予想外の馬名が…

20180115C (1)
5番のクラシカルチュチュ、父ロブ、母ダンスザクラシックスですからまぎれもなく1年半前までショーゾー厩舎にいたチュチュリュラ、チュチュリュラ~♪の片割れの元愛馬です。
ノーザンに戻れず売り払われて園田で走ってたことは知ってたのですがこっそり中央に戻ってきたとは…
というわけで急遽タイトルを「1回中京1日目9R」から「クラシカルチュチュ番外編」に変更してお届けいたします(笑)。

そのクラシカルチュチュですが、改めて戦績を確認すると園田で15戦して3勝、掲示板は1回しか外してないとはいえ園田の最下層のレベルでこれでは中央に戻ってきても勝負にならないでしょう。そのまま園田で走ってたほうが金になるのに何故戻したのか? 「せめて最後は飾らせて♪」というところなのかもしれません。

20180115C (2)
裏側からで申し訳ないですが横断幕も。元出資者様なのでしょう。

20180115C (3) 20180115C (4)
8Rのあと急行しましたからパドック途中からです。
で…

その…

何と申しますか…

言いたかないですが冬毛ぼうぼう、「なんじゃいこりゃあ」(古ッ!)です。

20180115C (5)
皮膚病なのか首のところもまだら模様…やはり「せめて最後は飾らせて♪」なのかな。

20180115C (6) 20180115C (7)
これは2年ちょっと前のピチピチギャル(死語)だったデビュー戦の頃の写真、かっこいい馬でしょ?

20180115C (8) 20180115C (9)
こちらはアルティマヒート、この母の子は気性が問題のようで2人引き。

20180115C (10)
で、この調子、この馬が大成しないのはこの気性かな。

20180115C (11) 20180115C (12)
シェアザストーリー、この母の子は各クラブたらいまわしにされておりますがキャロでは初子のリリカルストーリー以来だったかと。
ちなみにさっきのニッカン見てもらえばわかりますがチュチュ、アルティマ、シェアザ3頭とも全くの無印です。このことをよく覚えておいてください。

20180115C (13)
こちらは在りし日のお兄さんの写真、これは中京で勝った時のものですからよく見えるのですがね。
兄弟だから似てるような気がしますが華麗さでは弟の方がいまいつつ劣るかな(アッテンボロー風)。

20180115C (14)
そうこうしているうちにしあわせ君がやってきました。当然キャロの勝負服ではありません。
申し遅れましたが当然ショーゾー厩舎のわけはなくゴールドアクターの中川先生になってます。

20180115C (15)
返し馬、首が高いのは相変わらず。

20180115C (16)
スタート、シェアザは好発、クラシカルとアルティマはで負け気味です。

20180115C (17) 20180115C (18)
シェアザは2番手付け、アルティマとクラシカルは後方です。

20180115C (19)
中京のビジョンはよくなりましたが1面しかないうえにゴール板が邪魔、全体を見るには実写したほうがいいのです。
シェアザ2番手、アルティマが中団でクラシカルは後方からですね。

20180115C (20)
20180115C (21)
20180115C (22)
直線、勝負になりそうなのはシェアザぐらいか。

20180115C (23)
結局シェアザは最後力尽きて5着、ニッカン完全無印の9番人気でしたから好走でしょう。

20180115C (24)
アルティマは10着くらい。

20180115C (25)
クラシカルは…いや、語るまい

20180115C (26)
クラシカルのあとにやってきたこの馬、さっき知ったのですが母母がジャズキャット…ということはヴォルケーノやヴァンドールのいとこということになります。
調べましたらこの馬のお母さんのキャットガールはヴォルケーノの1歳上の姉でした。戦績は…コメントを控えさせていただきます。

クラシカルチュチュですが予想通りの厳しい展開…ただこんな調子で使ってきたところを見るとこれで引退させる気なのでしょうかね。

この後メインの11Rがありますが明日にします。

| 一口馬主ライフ | 00:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

あれ?

中京9Rの5番、クラシカルチュチュって(驚)。

無論キャロ3頭出しではありません。

| 一口馬主ライフ | 10:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

@のぞみ263

といってもどこかに行くわけではありません。東京から家に帰るだけです。
車中、暇なのでわが軍の22頭のうち3歳以上の16頭の今年を考えてみました。


レッドヴィーヴォ 戦力外寸前
ついに前人未到の8歳に突入するヴィーヴォ、毎度上野君から「ここを叩いて次は」と言われるも叩いたら休養に入るため毎度休み明けに(苦笑)。それでも毎度掲示板載ってるとかならまだしもこの成績でなぜ現役を引っ張るのか理解不能。正直いつ戦力外通告されるか?でしょう。

レイズアスピリット 1軍半
この馬も戦力外通告寸前でしたがまったくダメダメの騎乗で6着まで来たことが評価され7歳突入。10Aは全くこの馬わかってないので現役続けるならウエハラ先生主導で。

ロードヴォルケーノ 1軍半
ジーサンズで唯一働いたのがこの馬、とはいえこの馬もかって1年近い休養があったんですけどね。岩田騎乗で中団でインぴったりを回ってきて直線内が空いて外が伸びなければ勝てるかもしれません(条件が多過ぎ(笑))。まあ条件が向いたときに賞金を稼いでくれれば。

レントラー 力は1軍も監督に恵まれず
1にも2にも3にも4にも厩舎がこの馬を理解するか?でしょう。条件さえ合えばやれる力は持ってるはず。某掲示板では一番イライラのカキコが多いというのが現状を物語っています。

レッドウィズダム 1軍半
加藤ステーブル様開闢以来の大物ももう5歳、まさか500万下で5歳を迎えるとはなあ。この馬の場合完全に角居厩舎番付が下がってしまいましたね(苦笑)。

レッドシルヴィ 1軍半
厩舎は違えどレントーから長期休養に入ったというところはウィズダムと一緒。1回勝ってるんだから500万下でもやれると思うのですが、何しろ難しい馬なうえにレース選択が(‐‐ξ)。S先生がどれだけやる気になるかです。

ロードセレリティ 1軍
昨年数々の無理難題を克服してルクソールアワードに輝いた馬、好走条件は限られるうえにみずきちゃんのレース選択のセンスに?ですが条件がわかってきたようなので爆発あるかも。

ルヴォワール 1軍も現在IR入り
去年1月デビューでアッサリ連勝したまではよかったのですが、そこから一戦しかできてません。未だに脚の腫れが引かないようで、未確認情報によれば原因不明とも。いくら能力があってもレースに出られなくては(嘆息)。石川くん共々復帰の果報を寝て待ってる次第。

レッドコルディス 能力は1軍も
去年前半リタイアしたルヴォワールに代わってオークスに連れていってくれた馬、ですが夢を追った分代償も大きく、秋には500万下でも勝てない馬に(苦)。藤浪ともども何かきっかけさえ掴めれば…

レッドジェノヴァ 1軍
ルヴォワール、コルディスがもたついてる感に台頭してきました。シンクリ産駒で勝ち味に遅い感はありますが、コジシゲ先生によればまだ良くなりそうとのこと、ハーツ産駒ではありませんが「覚醒」すれば母のように重賞で活躍出来るかも。

ロードブレイク 2軍半
岩手で2戦圧勝して戻ってくるものの中央初戦では歯が立たずあっという間に崖の上のポニョ、次走ダート短距離で話にならなければ戦力外の可能性も。

シーリア 1軍と信じたい
鳴り物入りで入団もルーキーシーズンには結果がです福永コーチのもと鳴尾浜で育成の日々というところ。今年中に光の当たる日が来るか。

レッドイリーゼ 1軍
幸四郎の陰に隠れた秋山のごとく派手に入団した同期の陰に隠れてますが、総帥が買っている馬。デビュー戦でその能力の片鱗は見せました。松岡にマークされてしまったのは誤算でしたが、マークした以上責任を取ってもらいましょう。G1 1つくらいは出てくれるよね?

ロードゴラッソ 走ってみないとわからん
某GMが推したと言われる馬、ケイアイお得意の体力不足で鍛え直し、1月にはデビューできそうです。とにかく走ってみないとわからない馬。

レッドラフェスタ 2軍臭がプンプンと
期待のオルフェーヴル産駒ですがオルフェ産駒はホームランか三振っぽい感じ、この馬もご多分に漏れずビビりでテンションが上がりやすいと難儀な馬、やっとデビューもユウタロウNで大幅期待ダウン(>_<)。

レッドガラン 戦力外の覚悟できてます
こちらはアベレージヒッターのカナロア産駒+やっさんで期待の大きかった馬なのですが、ちょっと速いところやるとあそこ痛いここ痛いと言うイタイイタイ病患者であることが判明(苦)、世代唯一ゲート試験も受かっておらずデビュー時期さえ不明、正直もっともやらかした感のある馬。

| 一口馬主ライフ | 22:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

悪運がイヌ年に

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
さっき久々に地上波を見ましたが、愚にもつかない番組だらけですなあ。箱根駅伝が高視聴率なのもわかるような気がします。

とそんなことはどうでもいいのですが元旦ということで今年の目標…の前に昨年の検証
昨年の目標はこうでした。

1 重賞5回出走
 目標 重賞制覇!と言いたいところですがひとまず手堅く5回出走とします。ちなみに去年は2回出走でした。

2 G1出走
  セシリア以来のG1出走、勝てとは言わないけどとにかく出てほしい。
  最有力はオークスでしょうが、阪神JFあたりも可能性あり。有馬記念だって(誰だ? 笑ったやつ! 一歩前に出ろ!)

3 年間勝利数9勝
  今年は率より内容にこだわりたいと思っておりまして、これを出すか迷ったのですが、一応出しておきます。低いように思えるかもしれませんが、現時点での所有頭数から年間出走数はおおむね去年と同じくらいと踏み、勝率1割をキープできるところで考えました。ここは低いですがとにかく1,2の達成が最優先になります。

4 ロード2勝!
 正直危機的状況に陥ってるロード、おととしは未勝利で昨年は2勝ですが勝った馬はともにもう中央登録抹消になってます。成績も下降してますし、残留を決めるためにはそれなりの成績がほしいところです。


1 重賞出走は「フローラS」「オークス」「紫苑S」の3回でした。
  G1 1回は他の重賞3回に相当するなどというルールはなくこれは未達成 ●

2 その3回しかない重賞出走の中にオークスが混じってました\(^o^)/、これも1/6の抽選を潜り抜けての大逆転でしたね。結果? ともかく出走する事に意義があるのです ○

3 去年は90走くらいすると思ってたのですが実際には72走で、よって勝ち数も7に減ってしまいました。せめて大目標の勝率1割をクリアしてれば○にしたんですが… 残念ながら●

4 ロードの実態を知ってしまいロードは退会方針としましたのでこの目標はどうでもよくなってしまいましたが、一応救世主が登場、昨日書いた通りロード2勝で目標達成しました ○

というわけで2勝2敗の五分の星です。

今年の目標

1 G1出走
 昨年と同じですがやはり出ないことには勝利はないですからね。最有力はヤネ自ら宣言している桜花賞でしょう。あともう1回くらい出られるといいのですが…シーリアの成長次第かな。

2 1600万下以上の馬5頭達成
 目標を「重賞出走回数」にするか迷いましたが、陣容の底上げが必要と考えこの目標にします。現状レイズアスピリットとロードセレリティがいますからあと3頭、レッドジェノヴァ、レッドイリーゼ、シーリアあたりが候補かな。まともに出走できればルヴォワールもいるのですが。なお2歳馬、年内引退した場合も含み降級馬、障害は除きます。

3 年間11勝
 出走数は90走くらいと見ていますので、某板の足を引っ張らないように勝率12%くらい行きたいとして数字を出しました。ただ勝ち数は出走数にもよりますので、某板の平均勝率を上回れば達成とします。

こんなところかな。また思いついたら追加します。そうそう、私的には悪いことばかりでしたのでこれ以上悪いことが起きないよう願いたいですね。

ちなみに恒例のおみくじ、今年は「大吉」がでました。まあ大吉ってもナンチャッテ大吉みたいなひどい文面の時があるのですが、今回のはよーするに「先手必勝」ということのようです。

というわけで、こんな感じでやっていきますので本年もよろしくお願いいたします。

| 一口馬主ライフ | 14:06 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

第二回ルクソールアワード

今年も残すところあと1時間ほどですね。去年やったルクソールアワードを今年もやります。
実は去年の見直す前は大相撲のように3賞選考するつもりでしたが、去年のを見まして去年通りやります。

まず年間獲得賞金

年間獲得賞金 12,122万円
去年が13,731万円でしたから漸減ちう(苦)。まあ勝ち数が減ってるんですから当然ではありますが。

クラブ別成績
 東サラ 31戦 2-4-0-7-5-13
 キャロ 20戦 3-1-0-3-1-12
 ロード 21戦 2-1-1-0-1-16
今年は所属馬数を反映したような出走数になってます。東サラは10月まで未勝利だったのですが最後に挽回しました。
戦績を見ると東サラは勝ちきれない感がありありですがね。

さて第2回ルクソールアワード

1 最優秀2歳馬
 牡・牝・セン関係なく選出します。
 ここはレッドイリーゼ、他に勝ち上がった馬がいませんからねえ。「該当馬なし」も考えたのですが来年への期待を込めての受賞です。
  レッドイリーゼ 1戦 1-0-0-0-0-0

2 最優秀3歳馬
 前半だけのルヴォワール、後半巻き返したジェノヴァの勝負、勝ち数はルヴォワールの方が多いのですがなんといっても3戦しかしていないのが致命的、ジェノヴァは1年間コンスタントに走りましたし、成績も横山三世Ⅱのムチャ逃げで沈んだ以外はすべて掲示板です。獲得賞金でも上回ってますしジェノヴァに決定。
 レッドジェノヴァ 6戦 1-2-0-1-1-1

3 最優秀古馬
 ここは今年勝ち数、獲得賞金とも1位のこの馬で決定でしょう。
 ロードセレリティ 7戦 2-1-0-0-0-4
 ※今調べて気づいたのですがこの馬勝つか惨敗なんですね。

4 年度代表馬
 これから期待したい馬もいるのですが、ここはゲンミツに実績を取りました。
  ロードセレリティ (美北 高柳厩舎)
 ちなみに今年度の獲得賞金は4,338万円です。同じ2勝のルヴォワールは2,224万円ですし、やはり上級条件で勝つと大きいですね。

5 MVP
 今年1年もっともルクソール氏に貢献した「人」に贈られる賞です。ここは満場一致でこの方です。
 手塚貴久先生 4戦 3-0-0-0-0-1
 預託馬がルヴォワールとレッドイリーゼですからこの成績になります。さらには2新馬勝ちなんですね。下の世代ではプロミネント16の預託が決まってますし今後に期待されます。

MVP受賞を記念し先生には「様」の称号を進呈いたします。いらないか(笑)

それでは皆様、1年間のご愛顧ありがとうございました。あと45分ですがよいお年を。

| 一口馬主ライフ | 23:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

歴史的瞬間

福島6R、レースもなかなか衝撃的でしたが…

ついに鹿戸先生がキャロ初勝利でございます。
ここまで長かったのう

キャニオンビュー 抹消 0- 1- 1- 6
ローテスクライト 抹消 0- 0- 1- 4
ファントムクォーツ 抹消 0- 0- 0- 3
エースドライバー 抹消 0- 0- 1-13
ハッピードライブ 抹消 0- 0- 0- 7
ウォークロニクル 1- 3- 1- 8
アンテレクテュエル 抹消 0- 2- 0- 5
ベストプレディクト 抹消 0- 0- 1- 4
ベストヴォヤージュ 0- 0- 0- 1

| 一口馬主ライフ | 13:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ダノンプレミアム

昨日サウジアラビアロイヤルCを勝ったダノンプレミアム、父DI様ですが母はインディアナギャルですからケイアイの生産です。
インディアナギャルの産駒は16年産も含めてすべてロードで募集になってるのにこの馬だけがダノンへ…ダノンバラードもそうですが、つまり巷間言われてるようにケイアイは牡馬の一線級はクラブに回してくれれないというのが事実のようです(ちなみにDI牡馬が高いから募集しないのではない。この馬の全兄はロードで募集になってます。)。今年もツアーで見た馬の何頭かは募集にかかってないですしね。
であれば牝馬かクエストのようなセール出身馬を狙うか、ロードカナロアやロードヴァンドールのようなたまにくるおこぼれを待つかになります。

正直クラブ運営はいいとは言えないですし(口取りの問題、電話で意見を言うと逆切れするらし)、価格も高め(500口クラブなのに一頭当たりの出資金が400口クラブと遜色ないってどういうこと?)、成績も抜けていいとは言えないですし考えるべき時が来たかなあと。もともとは「日高ガンバレ」で入会したクラブですが、東サラでもそういうところが出てきましたから存在意義が薄れてきてるし。

今年は「カナロアの牡馬」と思っていましたが牝馬にするか、あるいは世代にキンカメ系がいないのに目をつぶってやめることも考えてます。

P.S.カナロアはセレクトで売れ残った馬らしいですね。となると最初は売りに出す気だったわけか。
であれば最初からクラブ募集のつもりの牡馬で重賞クラスはヴァンドールだけになります。

| 一口馬主ライフ | 12:24 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>