Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(2/22)

騎手の今年の累積制裁点、2/13現在でもう10点を超えたのは次の6名だそうです。
大野拓弥、加藤祥太、菊沢一樹、小牧太、ミルコデムーロ、丸田恭介
詳しい人ならわかると思いますがこのうち騎乗停止があったのが4名…よって2名は騎乗停止なしで制裁の積み重ねで10点を突破したことになります。
1名はミルコデムーロ氏、まあ彼は数乗ってますし勝ってますからね(だからと言ってインターフェアが許されるわけではないですが)。もう一名は菊沢一樹氏でございます。
1月くらいに2016年の制裁点の多い騎手を書いたことがありますがその中でもコーヤ君とカズキ君に苦言を呈したと思いますが…コーヤ君のここまでの制裁点はなんと2点、立派に更生を果たしてます。なのにカズキ君は…(--ξ)。この記事を書く前にネットで情報を収集したのですが…よーするに彼はヘタ! という論調が多かったですね。大事故起こさないうちに目覚めてほしいところですが。

今日は在厩馬の日ですがよくよく見るとベリ子が放牧にでてしまって6頭いるキャロ勢は在厩馬がいなくなってました。東サラ勢にターンが回ってきてるんですが、今季未勝利ではねえ。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はCウッドコースにて追い切りました。
 CW 森一J 67.0-52.4-38.6-12.8 馬なり
森一騎手「きょうはチークピーシーズをつけての追い切りでした。時計は70-40の指示。向こう正面から少しずつペースを上げていきましたが、上げようとするとフワッとして自分で止めようとするところがありました。肩ムチを入れたり舌で合図を送ったりすると一瞬だけ集中力を取り戻すのですが、少し進むとまたフワッと気を抜いていました。ゴールするまでずっとその繰り返し。馬自身が走らされていると感じているのかもしれません。きょうのところはチークピーシーズが効いているようには感じませんでした」


一瞬レン某のコメント火と思いました(笑)、他馬を怖がる、走るのヤメチャウ…なんだか難儀な馬になってきましたねえ(苦)、もともとゴールドドリームやケイティブレイブあたりと好勝負してきた馬(個人の感想です)なんですが…気性面が差のついた要因なんですかねえ。

レッドシルヴィ
2月19日レース後コメント(5着)
蛯名騎手「道中も上手く走ってくれて脚は溜まりましたし、直線で出せたんですけどね。この馬も脚は使っているのですが、決め手のある馬にやられてしまいました。もう少し流れてくれればまた違ったのでしょうが、勝った馬は強いですし、牡馬相手に頑張ってくれていますよ。東京でも大丈夫なのは分かったので、そこは良かったと思います」

鹿戸調教師「上手に競馬をすることができていましたし、最後まで頑張ってくれているんですけどね。スパッと切れるタイプではないだけに東京では条件がつく感じですが、牝馬同士なら十分に勝負になるはずです。連闘で使いましたから、一息入れるかどうか帰厩後の様子を見て考えます」

(鹿戸厩舎)
曳き運動60分。
鹿戸調教師「競馬を使った後なので今日は軽い運動だけで調整しましたが、歩様に少し硬さはあるものの、運動を60分できましたし、そのあたりは心配ないですよ。レースではまだ外に行くような仕草は見せていましたが、最後までしっかり走れていましたし、収穫はあったと思います。この後、週末までしっかりチェックしてリフレッシュ放牧に出したいと思います。特に悪いところはないので、リフレッシュできればすぐに戻す予定です」


ピントはずれなこと言ってる某騎手は置いといてやはり放牧です。中山の後半のでも出られればいいのですが。

レッドジェノヴァ
(小島茂厩舎)
乗り運動後、南の角馬場でダクと軽いキャンターを10分。その後、ウッドコースにて2頭併せを追い掛けて内で追い切り。
2/22(水) ウッド
内レッドジェノヴァ 69.8-54.2-40.1-13.0 馬なり
外バイオンディップス 71.2-54.6-40.3-13.0 G強目
小島調教師「今日はウッドにて2頭併せで追い切りました。先週治療してじっくり進めて来たせいか、手前の変え方や左右のバランスは良くなって来ています。直線に向いても前の馬を気にするのか、早く前に出ようとするところがあって、まだ怖がりな面は少し残ってはいますが、競馬で慣れて行けばそのあたりは良くなって行くと思います。ただ、今週に入ってトモが少し傷腫れしていたように、体調面でまだしっかりしていないところもあるので、この後も今日の午後、明日としっかりケアして行って、状態面で納得いかないようなら予定を延ばす事も考えています。走る馬だけに、良い状態で使って行きたいですからね」


ジェノヴァよ お前もか! 2/25と3/25は早々と予定空けて待ってたのですがねえ。ともかく明日の更新を待つばかりです。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、2月22日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン71.0-54.4-39.9-13.7 9分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末一杯の相手の外を1秒5先行して同時入線。短評は「攻め手控も気合良」でした。3月12日(日)中京・トリトンS・混合・芝1400mに秋山騎手で予定しています。
・高柳調教師 「先週末に15-15を消化。そして、2月22日(水)はウッドへ。半マイルから持ったまま約55秒を記録しました。素軽い動きを見せる一方、息遣いが多少重い印象。これは前走後に楽をさせた為でしょう。再来週へ向けて段々と負荷を高めて行きます」
≪調教時計≫
17.02.22 助手  美南W良       71.0 54.4 39.9 13.7(9)馬なり余力 攻め手控も気合良
         エアセリーナ(3歳未勝利)末一杯の外1秒5先行同入


あれだけ苦労してた脚元なんですが、もう問題ないようですね。とアキヤマってのが気になるとこrですがどこまでやれるか興味深いところです。

メロウハート
メロウハートは、2月22日(水)良の美浦・坂路コースで1本目に64.2-47.9-30.8-14.8 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。2月23日(木)に追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
※厩舎関係者の談話は2月23日(木)にお伝えします。
≪調教時計≫
17.02.22 助手  美南坂良1回     64.2 47.9 30.8 14.8  馬なり余力 坂路コースで入念


そういえばロード勢は今カズ君2頭、高柳先生2頭なんでしたよね。3月になると思いますがなんとか新馬デビューできそうな感じです。
スポンサーサイト

| 出資馬選定 | 20:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2016出資馬選定 緑8

運命のキャロ1次抽選結果発表!

とその前に、今年の申し込み馬。

最優先がシーザリオ15だったことは先日書いた通りですが、一般では何に行ったか?
実は↓の通りでした。
20160916A01.jpg
あっと驚く(誰も驚いてないか)シンハリーズ15でした。
9/5のレポを見返していただければわかりますがS評価の2頭です。この2頭だけで実に47.5万の超バブリー、がけから飛び降りました(笑)
いやね、9/5昼の時点ではどちらかを最優先にして一般枠は別の馬の予定でした。
 最優先シーザリオ15なら 一般スプリングシーズンⅡ15
 最優先シンハリーズ15なら 一般ブルーメンブラット15あたりの♀
こんな感じで考えていてどっちにしようかというところでした。

流れが変わったのは5日の夜、キャロ申し込みの中間発表が出た時です。
シーザリオ15はリストに名前がでてましたがシンハリーズ15の名前がありません。「390キロが嫌われてるのかな。最優先使わなきゃとれないと思ってたけどこれは一般でも行けるかも」と。
さすがに6日の昼には名前が出てきましたが、6日の最終発表では
 前年比81% シンハリーズの15 総数277口 最優先131口
ここから総数が倍になったとしても 総数554口 最優先262口ですから確率138/292で約半分、シーザリオ15の方は抽選になるとしても×1ありますしもっと高い確率で取れそうな感じですからどっちにしようと迷うなら思い切って行ってしまうのもアリかなーと。
で、行ってしまいました。

14日の申し込み状況発表で、先に述べた通りシーザリオ15は確定、一方シンハリーズ15は予想どおり一般枠で抽選となりました。
そして今日結果通知

この度は2016年度1歳馬 第1次募集にお申込みいただきありがとうございました。
第1次募集における出資申込結果を以下の通り、ご案内いたします。

46.シーザリオの15              1口   一括   ○    
52.シンハリーズの15             1口   一括   ×  


玉砕! 第3号
まあそういうこともありなんと思ってましたからしょうがないですね。シーザリオ15は抽選でないですからドラフト6連敗となりました。(苦)
最終中間発表と実際の申込み結果からみるに、中間発表の時点で票が入ってる馬はそれほど伸びず(ex.ヴィートマルシェ15)、逆に思ったより票が入っていなかった馬(シンハリーズ15)は急増したように思います。来年は×なしになりますからよく覚えておきましょう。

で、落ちた馬はほっておいて確定したシーザリオ15の話、母シーザリオはあまり書いてなかったかもしれませんが当時キャロ会員でなかったにもかかわらず好きな馬でした、なのでずーーーっと産駒はチェックしてたわけですが
 トゥエルフスナイト:繋ぎが立ちすぎで却下
 ヴァイオラ:同上
 エピファネイア:繋ぎはまともだけど父シンクリでは…と却下(一生の不覚)
 ロザリンド:同上(この馬の募集時点では兄はまだ活躍していない)
 クローディオ:ハービンジャーだしぃ、角居先生じゃないしぃ、30万もするしぃ
 リオンディーズ:リュラと迷いましたが母馬優先権がほしかったので断念(>_<)
 グローブシアター:×なし最優先ではとれないと思ってハナから除外(実はとれたわけですがね。なおキャンセル募集でこの馬にいって除外されたということはどうかご内密に
と馬が気にいらないとかニーズに合わないとかでとれずじまいでした。今回もまよったのですが、母馬優先権狙いでいきました。シーザリオは牝馬の仔が少ないですから(現存未勝利のロザリンド1頭のみ)、1勝すれば繁殖入り→キャロで産駒が募集の可能性は高いという読みです。
「シーザリオの牝馬が走っていない」という点については前にも書きましたが私は心配していません。
もともと産駒の中で牝馬はヴァイオラとロザリンドの2頭しかいないのですが、ヴァイオラは競走馬になる前に亡くなってますから。競走馬として走ったことがあるのはロザリンド1頭だけです。このロザリンド1頭だけで判断するのは早計かと。シーザリオ15が走らなければ「シーザリオの牝馬は走らない」と認めましょう(笑)

これで1歳馬は赤3、緑1、青1
赤に偏ってますが、もう緑はハハウマユーセンケンがないと何頭もほしい馬を取れるような状況ではないので、ハハウマユーセンケンのない私としては当面緑はこれという馬をピンポイントで狙う戦略にしようと思ってます。足りない分は赤で補うとして、青はカナロア専用機です(笑)。

というわけで今年も抽選に泣かされましたが、去年にくらべて納得できる馬を取れたと思いますので申込みはひとまずおしまいにします。来年キャンセルでシンハリーズ15かスプリングシーズンⅡ15が募集されればダメモトでいってみますけどね。

| 出資馬選定 | 20:42 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

トップをねらえ 9月-L

他のクラブは月末ですがロードは15日に更新するようです。よって今日最初の1歳馬情報

サッカーマム15
サッカーマム'15は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン30分、放牧20時間。8月31日(水)測定の馬体重は418kg
・当地スタッフ 「前回比プラス26kg。順調に成長を遂げています。同期の中では小柄な部類。でも、母の仔の特長とも言えるだけに心配不要でしょう。父ハーツクライ。クラシックを狙いたいですね」


この馬出資にあたって心配だったのは馬体重、当時390とか出てましたからね。今のところ418あるようですので最低限はクリアしたかなと思います。
どうでもいいですがケイアイさん、姉のアンジュ様は今480ありますが、あれは母の特徴が出てないということなんですかね(苦笑)

| 出資馬選定 | 22:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2016出資馬選定 緑7

キャロですが予定より1日早く今日抽選状況を発表しました。

×2抽選になったのはアヴェンチュラ15とヒルダズパッション15でしたが、×1持ってる私が最優先で出したのは

シーザリオ15

でした。そのシーザリオ15は

F・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(前年最優先選)内で抽選
13.マルティンスタークの15
46.シーザリオの15
78.シシリアンブリーズの15


ですから前年度最優先選の私はキャロコンピューターの魔の手及びハハウマユーセンケンのブロックをかいくぐって出資確定となりました。

もう1頭一般枠で出した方ですが

D・最優先希望枠内は当選、一般出資枠内で抽選
03.イルーシヴウェーヴの15
08.バロネスサッチャーの15
11.カニョットの15
19.ロフティーエイムの15
24.シェルズレイの15
25.スプリングシーズンⅡの15
27.ヴィアンローズの15
31.ジュモーの15
40.コスモチェーロの15
52.シンハリーズの15
65.ピューリティーの15
66.グレイシアブルーの15
73.マチカネチコウヨレの15


この中にいます。よって抽選待ちです。

結果を見てですが去年より分散された感はありますがやはり会員数の伸びは相当なもののようで、めぼしい馬は満口になってます。私は最優先当選になりましたから次申し込めるのは2次になってしまいますが、1頭は確保できましたから一般枠の馬が落ちても妥協するくらいなら去年同様1頭でもいいかと思ってます。

金曜日は東京に帰ってますが結果が出ましたら改めて総括を書きます。

| 出資馬選定 | 21:27 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2016出資馬選定 緑6

キャロ一次募集の最終中間発表がありました。
思うことは2点
①この時点で前年比81%という例年にない早い出足。前年はこの時点で50%いってなかったかと)
②思ったより票が伸びてない。去年ラドラーダ14を始めこの時点で400越えがたくさん出ていましたが今年はだいぶ減ってます。
③みなさん意外にハハウマユーセンケンを行使しないな。

①の要因として考えられるのは
・みんな票読みに疲れた(笑)
・会員数が倍増している(ガクブル)
のどちらかかと。できれば前者であってほしいですが、去年の募集馬が2頭残してとても売り切れそうにない馬まで売り切れになったのが「とりあえず安いの買っておいて本申し込みの権利を取ろう」と考えたご新規さんが多かったせいなのかも。

②の要因は
・5口制限が効いた(10口申し込んでも総数400越えたら5口にされるのだから最初から5口にしちゃうとか)
・価格高騰化で複数口出資する資金力がそがれた(キャロが価格を釣り上げたのはこれが狙いでしょう。)
どっちかでしょうなあ。

③の要因は
・高騰化でさすがに何頭も母馬優先権を行使できない
のかもしれません。その分私のような母馬優先権とは無縁の会員がおこぼれにあずかることができるわけですが。

そんななかで最優先だけで400口超えてるのがツアーでも案内のあったサンブルエミューズ弟とクローチェ弟、そして大外からヒルダ15が飛んできました。もう1頭ツアー中に案内のあったグレイト15は総数は多いものの最優先では意外に少ないので、今最優先で300越えてるキラメキ15あたりが「最優先で抽選」でしょうかね。サンブルエミューズ弟は母馬出資者で100口くらい減らされてますからこれが一番人気かと思います。言っときますがホーリーもストレスたまりますよ。(笑)
母馬優先権アリの馬では母馬出資者だけで200口埋まりそうなのはアヴェ15くらいでこの馬は抽選になりそうですが、あとは200口以上残りそうな感じですので悪くても「×なし最優先で抽選」、場合によっては相当な馬でも「一般で抽選」になるような気がします(願望込)。

で…私ですが、迷いましたが崖から飛び降りるつもりで(byユリコK様)2頭申込みました。どちらも抽選になると思いますがどの馬かは結果が出てから公表します。(心の狭い奴)
3頭目をどうするか迷いましたが、上記2頭は抽選とはいえ普通の人であれば高確率で取れると見ています。キャロコンピューターの誤作動で3頭とも当選になったら寝食を忘れて働かなければなりませんし(笑)、今年は思ったより票が伸びておらず1.5次くらいなら勝負できそうな感じもありますので、とりあえず2頭だけの申し込みにします。

現在某在阪球団のごとくドラフト5連敗中のL氏、うまくいきましたら拍手ご喝采を。

| 出資馬選定 | 21:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2016キャロツアー5 ~空港♀

キャロツアー募集馬関連の記事はこれが最後になります。Y9&10の♀展示。
去年はハーツ牝馬がここに集結していましたが今年はキンカメ牝馬集結の地

46ザリオシー15
4602.jpg
4605.jpg
4600.jpg
やはりこの馬から、アヴェ15と比べると硬く見えたので「バカに良く見える」とは言いませんがキンカメ産駒ということを考えれば許容範囲かと。
・(上は折り合いに苦労するところがあったけどこの馬はどうなのか?)ピリッとしたところはあるけど総じておとなしくてマイペース、放牧地でも一人で悠然としている。ただ上もああなるとは思わなかったのでこれからどうなるかはわからないが。
・(適性は兄よりは短めか?)体型はコロンとしているが距離は持つと思う。距離が持つかは体型より気性の要素の方が大きい。(本当か?とL氏のハーツクライ(笑))
・馬体重は500まではいかないだろう480くらいか。
・育成は早い方だと思うが角居先生が「ここに合わせて」という人ではないので今後は馬しだいだろう。

プロが見れば柔らかいアヴェ15の方がいいのかもしれませんがやはり私はこちらを上に見ます。担当者様の意見とは異なり距離はマイルくらいまでと思いますが牝馬ですから2000まで走れれば十分かと。 S
4606.jpg

47ブルーメン15
4701.jpg
4704.jpg
4700.jpg
カタログにおける関西キンカメ牝馬の登場順はこの馬が一番最後、つまりこの馬がザリオシー15よりも良く見えたわけです。
・放牧地ではずっと走ってるがおとなしい時はおとなしい。神経質なところもある。
・自分は一つ上の子からしかやっていないがその子と比べればこちらの方が上、バランスがいい。(これで走らなかったらこの母の子は走らないと言っていいくらい?)Yes。
・最終的には500近くまで行くと思う。
・距離はやはりマイルくらいまで。2000は厳しいか。
・ツアー後すぐに移動する。母から子全部手がけている厩舎に行く。

石坂厩舎でキンカメ牝馬ですから最優先で考えている2頭のどちらともかぶってしまいます。なのでこの馬に行く可能性は低いのですが…言い切ったお姉さんに免じて出資しなくても絶対POGに入れますよ 一応Aとしておきます

51アディク15
5101.jpg
5104.jpg
周回でよく見えたので追加しましたが…やはりクラッシャーともちんは気になるところ。現地でもそういう声があったようです。 ハーツがほしければMM夫氏のところの馬は一般では難しそうだからカズーかともちんの2択になりそう B

5105.jpg
で、ちょっと見にくいのですが会員様と馬の間に見えるのがこの馬を引いていたスタッフ様、さっきの写真に出てませんでしたかねえ。
そう、アヴェ15引いてた人ですね。掛け持ちしてるとは考えにくいですからどちらかが代打なんですかね。

46ココ15
4202.jpg
時間が余りましたのでルクソールさんついに禁を破ります。DI様産駒の登場でございます(笑)。やはりこの父の産駒は全部とは言いませんが高確率でいい馬が多いんですよねえ。
ちなみにこの馬が立ってたところは去年姉とまったく同じ位置です。
馬はよくても敢然とC

さて、まとめですが…
Sつけたのが2頭、よって最優先は2頭に絞りました。
あと一般枠で何頭かいますが最優先で何行くかによって違ってきます。基本♂♀、父、厩舎は別にしたいと思ってますから。
もう一度最終チェックの後あす夜申し込もうと思っています。

で、今回のレポでは思うところがあって敢えてイジワルしております。
やはり人が金払って足運んで得た情報にただ乗りするのもいかがなものかと思いまして、検索に引っかからないようにいつもならちゃんと書いている馬の名前を全部略称その他に変えています。やはり探してここへたどりつくくらいの努力はしないとね(爆)。

明日からは募集馬に関係ない現役馬、種牡馬、引退馬をアップしていきます。
登場予定
現役馬:エルマンボ、ルヴォワール、ベリ子、マ・デイラ氏、アダムスピーコ、ネオリア、グランデセーヌ
引退馬:アロンダイト、トライアンフマーチ、アダムスピーク、フォゲ夫

| 出資馬選定 | 22:06 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2016キャロツアー4 ~空港♂

ここから2日目、Y3でここは♂の展示になります。
ちなみに前日は晴れ間も出ましたがこの日はいつ降るか?という感じの曇り空(結局降らなかったのですが)、T様によれば「絶好の馬見日和」なのだそうです(笑)。確かにピーカン(死語)だと栗毛とか黒いのに騙されますからねえ。

5黄金女15
0502.jpg
0504.jpg
0500.jpg
ピックアップはしましたが去年×2抽選になったくらいですから人気するだろうなと思ってパスしてたのですが…今年は思ったより人気になってないようです。精神鍛錬にはもってこいで種牡馬にすることは期待してはいけない先生(毒)、最初行くならこっちと思ってたのですが土壇場で逆転したのでこちらはパス予定です C

9金満踊り子15
0902.jpg
0904.jpg
0900.jpg
ハイ、あえてカズーに行くならやはりこっちに行くことにしました。ハーツ産駒だし忌まわしい(笑)ハハウマユーセンケンはないですしね。
・左目はもともとこういう目、だからといって気性が激しいわけでない。反対側から見ると優しい目をしてる。(私のアイヴァーのヴィーヴォがそうですね。あれは気性穏やかではないですが(笑))
・とにかく扱いやすい馬、競馬行ってどうなるかわからないけどおとなしい。(これならカズー先生でも取っちゃわないかもとかひどいこと言う者あり…私だ(爆))
・(具体的に兄姉と何が違う?)ハーツに替わったことで体は小さく出ているが柔らかさが出た。この母にハーツはあっていると思う。
・この母の子は成長曲線が遅め。バウンスは早くから活躍しているが3歳のころは能力だけで走ってた。(なお成長には生まれが早いか遅いかより持って生まれた成長曲線の方が影響するそうです。)
・距離的にはハーツだし2000から2400というところか。

気性的には問題なさそうですしカズーということを除けばいい馬なんですがねえ。このところ成績が尻すぼみですが「ミスプロ系があわない」という可能性もありますし、かんなりお高いですが行ってみる価値はありそうです。 A

14クローチェ弟
1402.jpg
1404.jpg
1400.jpg
・いつもはやんちゃな子、今日おとなしいのは多分眠いのだろう(笑)。(ちなみに眠いと頭が下がってくるそうです。昼夜放牧で暴れるせいか♂の方が眠そうな馬が多かったですね)
・体つきは母が出ているが性格は父似。
・腰が甘いところがあってそれがこれからの課題、まだパンとしてなくてこれだからパンとしたらどれだけすごい馬になるか楽しみ。
・距離的には中距離。

馬体だけならこの馬が一番でしょう。ただねえ…どうもクローチェ臭がするんですよね。×なし最優先だったら行ってもいいのですが×1で行くならほかの馬にしたいところ。そして人気もありますので一般枠では無理でしょう。 潔く撤退C

53ヴィク15
5301.jpg
5304.jpg
5300.jpg
・いま494ある。これからはちょっと増えるくらいだと思う。上よりは小さい。
・ツアー終了後に移動の予定
・気性的にはピリッとしたところがある。
・距離は兄たちよりは短めだろう。
・ヤストシ君は見に来てて「いいね いいね」と。

確かにいい馬ですがカナロアならやはり「カナロアを出したクラブ」から出したいと(笑)。あとヤストシ君よりセカスミ先生の方が好きだし、母への思い入れもヴィクよりザリオシーとかアヴェの方が強いですし。 というわけで謹んでC。私はそこまで回らないというだけで確かにいい馬ですよ。念のため。

74ラフィン15
7401.jpg
7404.jpg
7400.jpg
・脚元はしっかりしている。長く楽しめる馬だろう。
・きついところもあるが納得すればしたがってくれる。
・ツアー後移動する。
・芝かダートは今後の成長次第、今の馬の感じは芝だと思うが。

ジャイアン(ry)の全弟、兄は○山明氏でしたがこちらはマナブー、それは加点材料ですが、かなり難しい馬と聞きますのでマナブーで扱えるかは心配ですね。今年勝ち星が伸び悩んだように自身の技術的には少々疑問を持ってる先生です。 B…だけど人気あるようですし残ってないでしょう

60エドワーズ(仮名)15 (ヒルダズ→ジークカイザーにピンと来た人ならわかるハズ)
6002.jpg
6004.jpg
ノーマークでしたが動きが良く見えたのでピックアップしました。
・骨はしっかりしているが細い。これからの成長に期待したい。
・気性は激しいが扱いにくいということはない。競馬行ってこの気性がプラスになれば。(ためてズドンと伸ばすとか?)そこまで極端な競馬はしなくてもいいと思うけど。
・芝の中距離で秋から使えればという感じ。
・成長はゆっくり目、父に似ている。

キャロでは死語となりつつある「様子見したい馬」ですね。でも新種牡馬だから即満はないにしても様子見はそれほどできないでしょう。リスク覚悟で行くか行かないか B

74シシリアン15
7802.jpg
7804.jpg
・やはり短いところ。
・芝向き。
・早めにデビューするのでは。
・ガーッとなっちゃうところあり。

馬はいいのですが担当者様が(苦笑)…先ほど書いた1フレーズしか回答しない人です。ちょいとばかり自分たちも営業の一員という意識を持っていただきたいところです。
父の印象通り早熟の短距離馬になりそうです。短距離でもいいのですが♂だったら長く楽しめる馬がほしいので見送りかな C

おまけ

パツキンのデーハな馬(byよしだみほ様)
P1010190.jpg

仮にもジーワン馬の弟なんですがねえ。なんですかこの人気のなさは
P1010206.jpg

| 出資馬選定 | 19:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2016キャロツアー3 ~遠浅♀

続いてY11&12、ここは♀の展示

44アヴェ15
4402.jpg
4405.jpg
4400.jpg
ここでの注目は何と言ってもこの馬でしょう。秋華賞馬でエリ女でもスノーフェアリーの2着した母の初子です。
・とにかく柔らかい馬(歩いてる写真でも繋ぎが沈んでますよね)。
・このツアー終わったら育成に持っていく。
・距離的には母同様「王道路線」だろう。
・(トールポピーや兄弟、子供は虚弱体質だし、アヴェも故障したとはいえ早期に引退した。そのあたりはどうなのか?)正直トールポピーははひ弱だったが、アヴェは姉とは違ってる。その点は大丈夫だと思う。

どっかに書きましたが関西キンカメの♀はカタログの順に良く見えてます。つまり一番最初にでているこの馬が一番悪く見えてます。実馬見ても良く見えずお知り合い様に聞いても同意見、なのに会うスタッフ会うスタッフみんなザリオシーよりこっちがいいといいます。理由を考えてみたのですがこの馬柔らかいんですよね。スタッフは柔らかい馬がいい馬だと思うのかもしれません。キンカメは硬くても走るわけですが。ここには書けない裏情報も聞きましたし最優先でなければ取れないでしょうから私は自分の目を信じてこっちはパス、走られたら仕方ありません。 C
そうそう左前はさほど気になりませんでしたがね。

ところでこのスタッフの方、よく覚えておいてください。

7パピヨン15
0701.jpg
0704.jpg
ノーマークでしたが周回の動きがいいと思った馬。ただ行ってみたら口元からググググ音がするんですよね。おそらくグイゥポだと思います。喉やっちゃいそうなのでパス C

82マロ
8202.jpg
8204.jpg
どっかに書きましたがエスポ君の仔がキャロで募集されるなんて今後ないでしょう。ただそれだけ C

83ブリッジ
8302.jpg
8304.jpg
バスの中でキャロスタッフが「この馬の担当者は強気」と言っており、周回でもよく見えたので突撃取材敢行
・落ち着いてる。
・もう持っていってもいいくらいでそう言ってるのだけど、向こうが空き次第になる。
・(正直トウショウの血統を扱うのは初めてでわからないところもあるのでは?)そう、手探りなのでこの値段なのだろう。

確かに強気のお姉さんでした。直前調査で地方馬はいかないことにしましたが、トウショウボーイファンの私としてはトウショウ血統は一度はほしいですし、何も取れなくて地方馬に行くしかないのなら82よりこちらに行きます。 B

| 出資馬選定 | 17:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>