fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

やはり戻すか…

ルージュアズライト
2月19日レース後コメント(1着)

笹川騎手「できればハナへ行ければと思っていたのですが、テンに速そうな馬が他にいたので控える形も頭には入れていました。結果的に2頭が先行して3番手から。安全策を取って早めに外へ出して砂を被らないようにしましたが、結果的にはあのままインを追走していても問題なかったかもしれません。ただ、桑村ジョッキーが騎乗していた2走前にもそういうところがあったと思うのですが、今回も3〜4コーナーで内にモタれていました。そのあたりが今後の課題でしょうか。それでもこのメンバーでは力が違った感じで、断然の1番人気に応えることができて良かったです。ありがとうございました。これで中央へ戻るとのことですが、背中の使い方がいいので芝は合いそうに思いましたし、ダートでも軽い馬場の方がいいでしょう。体つきや毛ヅヤを見ても、まだまだ良化の余地を残しているように見えるので、これから良くなってくればJRAの1勝クラスでも通用すると思います。また、間隔を空けながら大事に使ってあげた方がいいタイプのようにも感じました」

小久保調教師「メンバー的にも負けられない一戦でしたから、キッチリ勝つことができてホッとしました。本来であれば2連勝で昨年のうちにJRAにお返ししなければならないところだったのですが、ここまで時間が掛かってしまい申し訳なく思っています。乗り役が言うように、本当に良くなるのはこれから。それでいてここまで勝ち星を積み上げてこられたのは能力があるからこそだと思いますし、暖かくなって良化してくれば中央に戻っても活躍が期待できるのではないでしょうか。JRAでの活躍を心から願っています。今までありがとうございました」
※近日中に地方競馬の登録を抹消し、JRAへの再登録をおこなう予定です。預託先については決まり次第、改めてお知らせいたします。


やっぱり戻すようですね。浦和トップトレーナーの小久保先生だとそんじょそこらのJRAのエサやり係トレーナーより上なようですので、先生より上となると難しいかもしれませんが、アカツキくらいしか手配しないような評価しかしない先生以上の先生にお願いします。

| クラブ馬主・レース出走 | 18:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

浦和9R

単勝1.1倍のアットーテキ1番人気に応えてアズライトは圧勝、出足が良くなく外から行きたい馬もいて3番手付けの競馬でしたが3コーナーで先頭に立つとあとは引き離す一方、これで地方3勝目をあげてJRA復帰を決めました。
ただ昨年浦和で圧勝してJRAに戻ったルージュブラゾンの現状を見るとこのまま浦和にいた方がいいような気もするのですがねえ。
小久保先生は返す気満々なので戻るのでしょう。ならばせめて前任のあの厩舎でないことを祈るばかりです。

| クラブ馬主・レース出走 | 18:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ヴェルトハイム11

続いては本日の主役、10R雲雀Sのヴェルトハイム。
昨年6月トサキケータで東京の1400に出て久々の勝ち負けに、以来トサキケータで同条件を使われ勝てないまでも好走してきました。そんな彼女も気が付けば6歳2月、ロードの場合牝馬の引退期限はノーザンほど厳格ではありませんが一応3月が期限となっており、これがラストランになると言われていました。

2240218A (1)
今日のニッカン、長期休養もありましたが気が付けば4歳3月の四国新聞杯以来勝ちがありません。

2240218A (2)
ガンバレ馬券

2240218A (3)
今回は昨年11月以来のレース、+10で一瞬えっ?となりましたが友道先生は体重計に乗せないのか意外と増減の大きい馬です。(4戦連続で+12→-10→+18→-12なんてこともあった)

2240218A (4)
出てきました。

2240218A (5) 2240218A (6)
新馬の頃、もう10キロくらいあればと書いてましたがそれが実現したのが今

2240218A (7)
馬は人の言葉がわかると言いますが「これが最後」というのはわからなくても「いつもと違う」ということは感じてるのでしょうか。

2240218A (8)
とまーれーで

2240218A (9)
来ないと思ってた友道先生が来てました。今日は京都でリステッドに出走馬がいましたがこちらに来たようです。

2240218A (10)
前のレースに乗っていないトサキケータも登場。

2240218A (11)
乗ったところです。

2240218A (12) 2240218A (13)
左回りの1400+トサキケータでこれが5戦目です。

2240218A (14)
本馬場入場。ちょっとポジションを間違えました。

2240218A (15) 2240218A (16)
返し馬、勝敗は時の運ですからとにかく無事に。

2240218A (17)
人気は最終的には4番人気でした。

2240218A (18) 2240218A (19)
たまに出遅れのある馬ですが今日のスタートは正常。

2240218A (20)
1400ではスピード負けするのか後方の位置になることが多いのですが今日は中団に。このところ差してちょっと届かず…でしたからいつもより前目のポジションを取れたことは好材料。

2240218A (21)
2240218A (22)
そのままの流れで直線へ。

2240218A (23)
果たして進路が空くか。

2240218A (24) 2240218A (25)
トサキケータが狙ったところに原君のテソーロの馬に入られて一瞬踏み遅れます。これがどう響くか。

2240218A (26) 2240218A (27)
しかし大外へ持ち出すと鋭い脚で伸びてきます。

2240218A (28)
先に抜け出した原君の馬を捕らえます。勝つる、勝つるぞ。

2240218A (29)
2年間の苦労が報われるぞー!

2240218A (30)
ヴェルトハイム ようやく勝った~!

2240218A (31)
ヴェルトハイム 苦しかった2年間が報われました ハッピーエンドです!

2240218A (32)
最後にオープン入りを果たして堂々の引退。トサキサンアイシテル(*´ε`*)

ヴェルトハイムは、2月10日(土)東京10R・雲雀S・混合・芝1400mに戸崎騎手56kgで出走。1着でした。
・友道調教師 「何度も乗ってくれている鞍上が上手くリード。本当に強い競馬だったと思います。そのジョッキーも『間隔が空いてよくリフレッシュされており、今日は何も言うことが無い』とコメント。クラブの規定で引退期限が近付く立場ですが、状態次第で前向きに次のレースを検討しましょう


トサキケータの言葉がないので追加
1着 ヴェルトハイム(戸崎圭太騎手)
「なかなか勝ち切れないレースが続いていましたが、乗せ続けてくださった関係者の方々に感謝します。間隔をあけたことで馬が良くなっていましたし、勝つことができてよかったです」


レース後は「やめるというたやめたる」と不穏な動きを見せていた友道先生ですが関係者の必死の説得で思いとどまったようです。己の強さを証明しなければ生き残れない牡馬と違って牝馬はだいたい次の仕事がありますからね。私個人としてはオープン入りできたのでもう思い残すことはないですし、下手に走ってストーリアのようなことになってしまっては元も子もないですしここで引退に賛成です。
ほんとうに長い間お疲れさまでした。

| クラブ馬主・レース出走 | 09:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

クールブロン1.5

この日唯一京都で走ったクールブロン、東京競馬場のモニターで見てました。

20240217B (1)
このレースは7頭立てでしたがそれなりのメンバーがそろったとのこと。クールブロンは4番人気でした。

20240217B (2)
ガンバレ馬券です。

20240217B (3)
スタートダッシュの悪いクールブロンですがこの日は好スタート

20240217B (4)
ぬぁーんと逃げようかという勢いです。

20240217B (5)
結局2番手付けでしたがこんな行きっぷりのいいクールブロンは初めてです。

20240217B (6)
いつも激しく手の動く3コーナーもらくーーに先頭を捕らえに行きます。

20240217B (7)
先頭は捕らえてあとは伸びてくる馬がいるか?でしたが「後ろからは何も来ない」(笑)

20240217B (8)
馬が気を抜かないように淳也君は最後まで追ったのでそれなりに差が付きました。

武幸厩舎
10日の京都競馬では五分のスタートからジワっと押して2番手へ。後続を引きつけながらじっくり進め、直線入り口あたりで先頭に並びかけると、しっかり脚を使って優勝。「今日はありがとうございました。やはりこのぐらいの距離は集中が続きますね。前半スローだったので、馬の持ち味を活かすためにも前々で運びましたが、最後は少しフワッとしそうになったものの持久力勝負に持ち込んでいい勝ち方ができました。こういうレースができればこれからも楽しみです」(西村淳騎手)ここ2走は惜しい競馬が続いていましたが、ジョッキーもしっかり手の内に入れて、うまく集中力を引き出してくれました。まだ課題はあるものの、今日のような競馬をしてくれれば上のクラスでも期待できそうです。この後は馬体を確認してから検討します。


今までのLasyなクール某が嘘のようなおりこうさんの競馬、先生も言うようにこれくらい走ってくれれば上のクラスでも楽しめます。そしてこの距離で結果を出したというのが大きいですね。3度目の騎乗になる淳也君、的確な進言と好リードで2勝目をプレぜントしてくれました。
この馬、どうも淳也君と手があってそうです。

| クラブ馬主・レース出走 | 17:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ルージュラフェリア2

遅くなりましたが先週土曜日4頭出しの模様です。トップバッターは6Rのルージュラフェリア

20240217A (1)
今日のニッカン、ラフェリアは今日が2戦目ですが前走大敗は出遅れのせいと考えられたか本紙本命に。

20240217A (2)
今日のガンバレ馬券

20240217A (3)
424キロ、増減なし。小さな馬ですが前走から減らさず出てきたことは好材料でしょう。

20240217A (4)
出てきました。

20240217A (5) 20240217A (6)
最初2人引きでしたが後から1人になります。最近はこのパターンが多いようですね。

20240217A (7) 20240217A (8)
馬体はどうなんでしょう。オルフェーヴルが出ているのかな。

20240217A (9)
とまーれー

20240217A (10)
走るオゼキング

20240217A (11)
いないレイチェルキング

20240217A (12)
最終的には4番人気でした。

20240217A (13)
本場馬入場

20240217A (14)
キング姐さん、失礼ながら小太りですかね。

20240217A (15) 20240217A (16)
スタート、デビュー戦ほどではないですが出遅れてます。ただしこれは想定の範囲内。

20240217A (17)
姐さんのフォームは少し独特ですね。

20240217A (18)
後方から直線に賭けるようです。

20240217A (19)
直線、外へ持ち出して。

20240217A (20)
姐さんが追うのですが…

20240217A (21)
うーーーむ

20240217A (22)
結局9着、上りは最速だったようですが

2月10日レース後コメント(9着)

キング騎手「今回が2走目ということで、だいぶカリカリしたようなところが返し馬ではありましたので、ゲートは気を付けていきました。ゲート内での駐立はフワフワしましたが、それ以上の悪さはなかったです。あとはゲートが開くタイミングだけでしたが、上手く合わせられませんでした…すみません。スタート後はすぐに行き脚がつきましたけど、道中は枠もあってか前に行こうとするなど指示に反発するようなところもあって、良いところで収まりが利きませんでした。ここで楽をさせて今後に悪い影響が出てはいけないと思って、我慢させてあの位置で走らせましたが、前が止まらない展開ながら直線での走りはしっかり。気持ちが切れてしまうことなく、脚を伸ばしてくれました。ただ、気持ちと体がうまく噛み合っていないようですね。まだ惰性で走っていて、直線では何度も手前を替えていましたし、芯が入ってくるのはこれからなのでしょう。素質はある馬ですから、実戦を経験しながら競馬を覚えていってくれればと思います」

尾関調教師「スタートは遅れてしまいましたが、この馬としては前走より出てくれてはいましたね。ただ、道中は鞍上に抵抗するような素振りも…。直線でも伸びてはいるものの、手前をコロコロと替えていました。まだ心身のバランスが整っていないですね。ジョッキーも言っていたように、これから1つ1つ課題をクリアしていかないといけませんが、走りには良いものがあるので、普段の稽古から色々と考えながら成長させていきたいと思います。まずは上がりの状態を見ながらにはなりますが、権利も取れなかったので、ひと息入れてリフレッシュを図るつもりです」


姐さんの指示に反発してたようです。やはりオルフェの子孫なんですかねえ。
2戦してあまり見どころのない競馬、少々厳しいのかもしれません。

| クラブ馬主・レース出走 | 15:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(2/16)

衰え知らず51歳の葛西紀明 自身のギネス世界記録更新へ W杯最多出場「570」に【ジャンプW杯札幌大会】

確か年齢とともに最も低下していくのは「瞬発力」だったはず。ジャンプって瞬発力が必要なスポーツだと思うのですがレジェンドにとっては「ソンナノカンケーネエ」なんでしょうね。頭が下がる思いです(byイワタ)

ルージュアズライト
浦和:小久保智厩舎

担当スタッフ「出走レースが開催初日(2月19日)の9レース(ダ1400m)に決まったため、本追い切りは中4日と余裕を持たせて水曜日に消化しました。吉留孝司ジョッキーが騎乗し、時計は4ハロン55.7-40.1-13.4を計時。直線で少し気合をつけた程度でこれだけの時計が出ましたし、力みもなく全体的にスムーズな動き。跨った吉留ジョッキーも『いいんじゃないかな。息遣いも悪くなかった』と好感触でした。放牧の効果で体つきも前走に比べればフックラ見せていますし、昨日(木)獣医チェックを受けたところ『特に言うことはない』とのことでしたから、状態面に関しては間違いなく前走以上と言えるでしょう。乗り役は昨年の南関東リーディングジョッキー・笹川翼騎手に決まりました。カタール遠征を終えて来週から南関東で乗るようです。登録馬の顔ぶれを見ても能力上位は明らかで、2走前のようなことがなければまず勝ち負けになるはず。これまでの競馬を見ていると1500mの方がレースはしやすいようなので、100mとはいえ距離が短縮されるのが課題といえば課題でしょうか。落とせない一戦となるだけにプレッシャーは掛かりますが、キッチリ決めてJRAにお返ししたいですね」
※2月19日(月)浦和9R・C2二(ダ1400m)に笹川翼騎手で出走します。


月曜日のレースに出走決定、騎手は笹川君だそうです。先生はこれで返す気満々ですが返さなくてもいいんだけどね。

ルージュスエルテ
ノーザンファーム天栄

馬体重:466キロ
昨日(木)入場しています。まだレースでの疲れが抜け切っていないところはありますが、覇気はちゃんとありますし歩様はスムーズ。大きなダメージは心配しなくて大丈夫でしょう。ただ、飼葉の食いはボチボチといったところ。今週いっぱいはウォーキングマシンでの運動にとどめて心身のリカバリーを図り、回復具合を見ながら立ち上げていきたいと思います。


桜花賞直行が決まったスエちゃん、当面はここで調整でしょうね。

レッドレフィナード
山元トレーニングセンター

馬体重:525キロ
今週は角馬場で体をほぐしてから坂路に入り、ハロン18秒で1本登坂といった内容で進めています。ペースを少し上げてみましたが、走りには活気があり、操作性も問題ありませんね。乗り進めてきましたが脚元に異常はみられず、馬体についてもシルエットが洗練されてきて緩さは解消しつつあります。今のところ順調にステップアップできていますので、この調子で乗り込んでいきたいところです。


未勝利馬ですからそうのんびりもしてられませんからね。

ルージュラフェリア
スピリットファーム

馬体重:417キロ
昨日(木)入場しています。両前に硬さがあると先生から聞いていましたが、厩舎でしっかりケアしてもらったこともあり、そこまで歩様に硬さは感じませんでした。ほどよい気合の乗り具合で、クタッときている様子もありません。飼葉もこの馬なりに食べてくれていますので、これから馬体重も増やしていけるのではないでしょうか。今週いっぱいはウォーキングマシンでの運動のみで疲労の回復に努めます。


2戦全く見所のない競馬、スタートもそうだし課題山積みですね。ちゃんとポジションをとれないといくら上がり最速でも意味ないわけで。

| クラブ馬主・レース出走 | 21:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(2/15)

昨年の有馬記念2着馬・スターズオンアースの検体から規制薬物検出 JRA、高柳瑞樹師に過怠金10万円

なんでも炎症や疝痛の治療に使われる薬物だそうで、能力の向上につながるものではないが、痛みがあるのに薬で抑えて出走させたなんてことになると馬の保護の観点で問題だから規制ます…ということなのでしょう。
クラブは摂取経緯は不明と発表してますがそら使ったとは言わないでしょうね。ただ気になるのはクラブの「馬主や馬が悪いのでなく全部調教師が悪い」みたいなコメント、調教師の育成権を取り上げておいて責任だけ押し付けるのでは調教師もたまったものではないでしょう。まああ代わりに稼がしてもらえてる…といえばそれまでですが。

ルージュブラゾン
美浦:小島茂之厩舎

ウォーキングマシン運動。
小島調教師「追い切った翌日ということで、今日はウォーキングマシン運動で調整しました。うるさい面は見せていませんし、運動中の脚運びもしっかりしていますね。与えた飼い葉も完食しており、状態は確実に上向いてきていると思います。来週のレースを予定していますから、この調子で乗り込んでいくつもりです」


来週の競馬を予定とのこと。小倉になるか中山になるか。

ルージュスエルテ
国枝栄厩舎→ノーザンファーム天栄

本日(木)ノーザンファーム天栄へ移動しました。


桜花賞直行になるスエちゃん。ひとまず放牧です。

ルージュラフェリア
尾関知人厩舎→スピリットファーム

本日(木)スピリットファームへ移動しました。
尾関調教師「今日の午前中に確認のため両前球節と膝部分のレントゲン検査をおこなったところ骨に異常はなかったですし、歩様の硬さも徐々に解消されてきましたね。飼い葉を食べる量も増えてきており、体調面も回復傾向にあると思います。今日(木)スピリットファームへ放牧に出しました。まずは馬体回復を優先して進めてもらうようにお願いしています」


これも放牧…ですがレントゲンを撮ったって言ってなかったけど気になるところがあったのかな。

ルージュリリカル
栗東:杉山晴紀厩舎

本日は引き運動をおこないました。
助手「追い切り後も変わりありません。今朝(木)は厩舎周りで引き運動をおこなったのですが、落ち着いていましたし、脚捌きも軽くてスムーズ。物足りないのは食欲で、食べるには食べてくれているものの、それがなかなか身にならず、馬体重も420キロあまりで推移しているだけに、レースまで馬体の維持が課題になりそうです。週末は坂路で大きめに乗る予定です」


あまり大きくならない血統ではありますが、3/4洞血の姉は3月のレースを442で出走、ダメかーちゃんはこの時期骨折で棒に振ってますが3歳夏で430でしたから母くらいかな。もっと大きくなってほしいですが。

ファーヴェント
NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週こちらへ到着しており、ここまでウォーキングマシン中心の調整で馬体のチェックを行っています。今のところ特に目立ったダメージはないので、近いうちにトレッドミルも取り入れていきます。体調面も特に問題なさそうです」(NFしがらき担当者)


この馬はどこへ行くのか。噂では毎日杯とのことですが。



| クラブ馬主・レース出走 | 21:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

急報

ヴェルトハイム
ヴェルトハイムは、レース後に全体的な疲労感が認められます。牝馬の引退期限が差し迫った状況を踏まえて今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。
・友道調教師 「脚元等は問題ありませんが、相応に疲れが生じている点も踏まえて協議。ここで現役生活を終える方針が固まりました。戸崎騎手とのタッグでの左回りの芝1400mに拘り、チーム一丸の成果が実を結んだ大団円。繁殖牝馬としても良い仔を産んでくれると思います」


レース後は「続戦を前向きに検討」と不穏な発言をしていた友道先生ですがナントカ思いとどまってくれたようです。正直続戦と言われた日には出資者の意見に逆切れするクラブであることを承知でクラブにメールしようかと思っていたくらいですのでひとまずはよかったです。
馬は雰囲気を理解すると言いますので、ラストラン云々はわからないとしても周囲のいつもと違う雰囲気を感じでいつもと違う力を出してくれたと思ってます。牝馬には次の仕事がありますのでここで欲の皮張らずに引退するのがいいと思ってました。
ラストランとなった雲雀Sのレポもまだですがクラブのコメントにもあるように3年半近くという本当に長い間でしたが…
お疲れ様でした そして ありがとう

| クラブ馬主・レース出走 | 22:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>