Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(11/24)

本日はロード先行募集の締め切り日、ロードは募集期間が長い代わりに申し込みは郵送必着となっておりますので「間際まで待って…」ということができません。中間発表も「20日現在」が最終でしたね。まあ某社と違ってロードで票読みするよな人は少ないでしょうがね。
私が申し込んでいるワンフォーローズ16ですが、20日現在では300口以上349口以下の申し込みのようです。なので無抽選確定か501/500(クラブ表記に従う)くらいの確率の高い抽選とみています。
ちなみに申込数の多いのは当然DI様とかカナロアの子になっているのですが、1頭場違い感があるのはダノンバラードの子ミステリューズ16。今年は3頭以外見てませんのですが、どこぞで評判高かったのですかね。

レッドヴィーヴォ
ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。   
担当スタッフ「背腰の張りは右側は少しありますが、乗っていて気になる感じもないですね。歩様もしっかりしていますし、飼葉も食べて体も大きくなっているので、この後もケアしながらしっかり乗り込んでいきます。体重は482キロです」


去年までわが軍で7歳まで走った馬はいなかったのですから8歳で走れば当然記録です。年齢とともに回復が悪くなってきておりこの馬もそろそろ潮時だと思うのですがねえ。

レッドウィズダム
吉澤ステーブルWEST

周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重528キロ。
先週末、今週水曜日と15-15くらいの時計を2本出しました。相変わらず前進気勢は十分ですし、息づかいなども問題ありません。まだ具体的な帰厩予定が立っていないため、現在はフォームの改善に重点をおいて進めていますが、理想的なフォームに近づけるためにはもうしばらく時間がかかりそうです。来週あたりから13-13を始めることにしています。


ここまで4ヵ月、今まで何してたの?と言いたくなりますね。この馬「ダービーに」とか言ってたくらいの馬だったんですがねえ。

レッドシルヴィ
ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25-25秒。454キロ。
担当スタッフ「先週まではゆっくり進めて今週からキャンターも乗り始めました。両前に軽い骨瘤は出ていますが、触っただけでは反応はしないので、このままケアしながら乗り固めて行けば問題ないと思います。背腰に少し張りはありますが、その辺もしっかりケアしていきます。飼葉も食べていて体が細い感じはないので、この後もしっかり乗り込んで行きます」


復帰は年明けになるんでしょうがとにかく何かを変えてほしいですね。私は4着で賞金を稼ぐために馬を持ってるのではないですから。

レッドイリーゼ
ノーザンファーム天栄

馬体重463キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13のペースで乗っています。動きには安定感がありますし、息の入りも良化しています。速いところをやった翌日には、馬自身が気持ちをしっかり切り替えているようで、リラックスして運動に励んでくれています。今週は検疫が取れなかったので、入厩は来週の火曜日か水曜日の予定になっています」


来週入厩になるようですが大きな問題はないでしょう。だいぶ良くなってきてるようですから期待したいですね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 19:36 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(11/23)

今度はハクホウショウ、相手に緩い立ち合いに待ったと思って力を抜いたところ一気に押し出されて敗戦、その後1分にわたり「待った」をアピールしたとか。4人いる横綱の1人が粗暴行為で、2人が連続休場、残る1人がこの方なんですがこれではねえ。
一番大事な「心」を欠いている方が多いようです。

レッドコルディス
栗東:高橋義忠厩舎

本日はプールにて調整しました。
助手「直線プールを2本、円形プールを2周。以前は泳がせるとトモが下がり、上半身が起き上がって見えましたが、きょうはこれまでよりお尻が上がっているように感じました。トモに筋肉がついて泳いでいるときの蹴りも強くなったからでしょうね。午後からは診療所へ出向いて、トモの弱さを解消するためSSPを使ってケアすることになっています。枠場につないで治療する必要があるので、狭いスペースが苦手なコルディスにとってはこれまでは選択しづらい治療法でしたが、ゲート練習で縛りを経験し、我慢できるようになっているはずなのでもう問題ないと思います。いつでもバシバシやれる状態なので来週の追い切りはコースで長めに行く予定です」


ということで精神的にも成長がみられるようです、そろそろ寒くなってきましたが例の特製馬服を着用しているようですよ。

レッドジェノヴァ
山元トレセン

担当スタッフ「予定通り乗り出しを開始しました。左前のソエは治療の効果もあって治まってきており、乗り出し開始後も特に問題はありません。今週は17-17ほどのペース内容で様子を見ながら乗っていますが、動きに気になるところはないですね。この感じであれば控える必要はありませんので、徐々に進めていく方向でメニューを考えていきます。馬体重は512キロ。先週よりもハリ・ツヤは上がってきているように感じますね。馬は元気いっぱいで疲労感はありませんし、肉体的にも回復具合は良好。年末に厩舎へ戻すのも可能と思える雰囲気ですので、このまま状態アップを図っていけるように調整を進めていきます」


休養馬ではありますが山元は木曜更新のようですね。夏から連戦で使われてましたがそれほど大きなダメージはないようで、長い休みにはならなさそうです。とはいえ冬場は適レースもないですから無理して出てくる必要もないでしょう。
レイズ君がいつまで続けるかによっては同じレースへの出走があるかもしれません。

レッドラフェスタ
美浦:二ノ宮敬宇厩舎

北の角馬場で運動。
助手「レースの予定が年明けに変更になってまだ時間があるので、今週は追い切らないで、今日は北の角馬場で長めに乗っています。雨で馬場が悪かったので、走っている時に水たまりを通った時にビシャビシャする音に驚いていましたし、テンションも高かったですね。まだ慣れない事も多いですし、徐々に段階を踏みながら色々覚えて欲しいと思います。あとは馬体重が454キロと減っているので、飼葉も工夫してもう少し増やしていきたいですね」


レース予定は延期ですが放牧に出さずに置いておく気なんですかね。まあビビリですから環境が変わらないほうがいいわけでありがたいことではありますが。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、11月23日(木)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、12月17日(日)中山・南総S・混合・芝1200mに予定しています。
・高柳調教師 「放牧先で計画通りに速いところを交えていた点を踏まえ、11月23日(木)に帰厩の段取りを組みました。様子を見ながら早ければ週末から時計を出し始める予定。中山3週目のハンデ戦へ向けて仕上げを進めましょう。ジョッキーについては調整中です」


戻ってきましたね。今度は除外権があるのですからいい騎手を確保してほしいところです。

| 現役馬近況 | 21:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(11/22)

本日は「いい夫婦の日」、11月は語呂合わせで「いいナンチャラの日」が作りやすいとかで記念日が多いらしいそうです。この後も11/26いい風呂の日(某お風呂屋協会提唱)、11/29いい肉の日(うししまいいにく…もとい肉屋さん協会提唱)とつづきます。

レントラー
松永昌厩舎
22日は栗東CWコースで追い切りました。
「NFしがらきでも15-15近い調教をずいぶん積んできましたので、年内の出走を目指して先週帰厩させました。今朝はCWコースで併せて追い切っています。相手には遅れましたが、併せ馬といっても相手をかなり大きく追走してのものですし、今朝は実質1本目である程度強めに追って重苦しさを解消させていくという意図。実際久々でまだ動き切れていない感じでしたから、このひと追いで来週どれだけ変わってくるかでしょう。今のところは阪神、中京の2週目に2200mと2000mの特別があるので、その週を目標にしていきたいと考えています」(松永昌師)
12月10日の阪神競馬(境港特別・芝2200m)もしくは同日の中京競馬(名古屋日刊スポーツ杯・芝2000m)を目標にしています。


ようやく次走予定が出てきました。1週目かと思ってたんですが2週目のようですね。12/10ならシーリア最優先ですから境港特別の方がいいと思いますが、個人的には2200が長いような気もしますので中京の方がいいかもしれません。ともかくヤネ次第でしょうか。


シーリア
角居厩舎
22日は栗東坂路で追い切りました(56秒8-41秒1-26秒7-13秒4)。
阪神2週目に牝馬限定の芝1800m戦があるので、そこを目標に今朝は坂路で馬なり程度の時計を出しました。レース後1本目の追い切りになるのでほぼ馬なり程度の内容ですが、デビュー前2週続けて追い切りに乗ったクリスチャンが『目覚めていない』と言っていたわりには、けっこういい行きっぷりでしたよ。一度使って少し前向きさが出てきたのかもしれませんね。この変化がいい方に出るよう、変にテンションが上がったりしないよう気をつけていきます」(鈴木助手)
12月10日の阪神競馬(2歳未勝利・牝馬限定・芝1800m)を目標にしています。


こちらも次走予定、大方の予想通り阪神JFデイの牝限戦でした。今のところクリスティアンが香港に行くという情報はないですから続投でしょう。ここは必勝ですね。

レッドコルディス
栗東:高橋義忠厩舎

(高橋忠厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 54.8-39.4-25.8-13.1 馬なり
助手「きのう体重を量ったところ494キロもありました。前回厩舎にいたときと比べて10キロ増。見た感じではただ食べて太らせたわけではなく、成長して体にしっかり筋肉がついてきた気がします。トモも尖っていたのが、ついに丸くなりましたからね。狙い通り体を戻す放牧ではなく、体を大きくする放牧になったようです。この状態ならこれから先、あまり加減せず調教を積んでいけるのではないでしょうか。けさの追い切りも1本目としては動きも息の入りも良かったですよ。来週の1週前追い切りはレースで騎乗予定の藤岡康騎手にお願いして久々に目一杯やってもらおうと考えています」
12月9日(土)中京9R(牝/芝2000m)を藤岡康太騎手で予定しています。


正直この先生と100%意見が合うわけではないですが。ここまで情報発信されれば「先生なりに考えてやってらっしゃるのかな」と文句を言う気もありません。Sユーイチ氏にも見習ってほしいところなんですがね。
もう一度コータで中京に行くようです。シーリア同様ここも必勝ですね。

レッドラフェスタ
美浦:二ノ宮敬宇厩舎

北のダートコースを1周。
二ノ宮調教師「ここまで追い切り重ねて来て状態は上がっているのですが、テンションが高くなりがちで飼葉の食いが落ち体も減ってしまっているので、今日は北のダートコースを軽めに1周。今日は頭数が少ない中だったのでそこまで煩い面は見せませんでしたが、これから毎週追い切ると、気持ちや馬体に余裕が無くなってしまいそうですね。12月のデビューを目標に進めて来ましたが、そのプランは一度白紙に戻して、馬体を戻す事と精神面の成長を考慮しながら進め、年明けの中山で使う事ができるように調整していきたいと思います


二ノ宮先生は何頭もステゴ産駒は経験されてますがその先生をして手に負えないようですねえ。
生産界の用語として「両親の悪いところほど遺伝する」というのがあるそうですが、オルフェの気の悪いところはしっかり遺伝するのかもしれません(>_<)。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、11月22日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.4-40.8-26.8-13.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。12月2日(土)阪神・3歳上1000万下・混合・ダート1400mに予定しています。
・笹田調教師 「11月22日(水)も坂路をサッと。具合は変わりありませんよ。次週へ向けて調整を進めているものの、出走間隔との兼ね合いで抽選に掛かるか否かの微妙なライン。そんな状況だけに・・・。上位のジョッキーを事前に押さえるのは難しいですね
≪調教時計≫
17.11.22 助手  栗東坂良1回     55.4 40.8 26.8 13.3  馬なり余力 坂路コースで入念


だったら無理して出すことはないですよ。1400にこだわる必要もないですし。

ロードブレイク
ロードブレイクは、レース後も特に異常は認められません。ある程度の間隔を開けないと出走が難しい状況を踏まえた上で11月22日(水)に千葉・ケイアイファームへ移動。1回中京に組まれたダート1400m戦を視野に心身のリフレッシュを図ります。
・岩戸調教師 「乗り掛けられた左後脚に傷を作りましたが、処置を施して快方へ。その他に芝を走った影響で左前脚に軽いソエと球節炎が認められるだけに、放牧中にしっかり治しましょう。年明けの中京に組まれるダート1400m戦を目指すプランを考えています」


つまり芝を走らせたのは間違いでしたってことですかね?

| 現役馬近況 | 21:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(11/21)

公私において連続1泊2日の旅行が入りました関係で更新が遅れておりました。(といっても書くこともなかったのですが)

まず土曜日の言い訳

ロードブレイクは、11月18日(土)福島8R・3歳上500万下・若手騎手限定・芝1800mに藤懸騎手55kgで出走。16頭立て15番人気で4枠8番から平均ペースの道中を9、9、10、12番手と進み、直線では中央を通って1秒6差の13着でした。馬場は良。タイム1分48秒9、上がり36秒6。馬体重は7kg減少の482kgでした。
・岩戸調教師 「考えていたよりもスムーズにゲートを出た為、前半はある程度の位置で進めることができました。4コーナーで後ろの馬に乗り掛けられたものの、この馬自身も疲れて内へモタれていたタイミング。レースの流れの中での出来事で、大きな不利とは言えないはずです。トモの感じはそこまで悪くなく、現状はダートのワンターン、左回りが良さそう・・・との鞍上の意見を参考に次を考えたいところ。今日のスタートであれば、1400mぐらいでも対応可能だと思います」
≪2017年11月18日 福島8R 3歳上500万下(若手騎手) 芝1800m 良 16頭≫
1着シャンティローザ  52鮫島駿 1.47.3    (7・7・8・8)35.1 456kg 0kg
2着ミネット      55杉 原 1.47.4 1/2  (11・11・10・9)35.1 454kg 0kg
3着ラハトケレブ    56加藤祥 1.47.4 首  (12・12・13・9)35.0 478kg-4kg
13着ロードブレイク   55藤 懸 1.48.9    (9・9・10・12)36.6 482kg-7kg


ちなみに土曜日は
ロードブレイクは、11月18日(土)福島8R・3歳上500万下・若手騎手限定・芝1800mに藤懸騎手55kgで出走。13着でした。
とこれだけ。よって藤懸ナンチャラの直接のコメントはありません。で、岩戸先生のコメントですが…おそらく生き残った出資者10人中10人がそう思ってたことをいまさら言われてもねえ。「調教師はプロだ」という人もおりますが、長らくこの趣味やってるとプロとはいえ何十頭もみている調教師より1頭入魂のアマの方が正確だったなんてこともあるんですよねえ。

ここからは通常更新

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この馬なりに歩様を硬く見せ、良化スピードがスローな面こそありますが、馬に元気自体はあるので、この中間も坂路でハロン14秒前後で乗るようにしています。乗り込みは問題なく行えているので、この流れを維持して何とか競馬へ向かっていきたいですね」(天栄担当者)


コメント拒否!

ルヴォワール
NF天栄
軽めの調整を行っています。
「脚元に関しては見た目に完全にスッキリとしている訳ではないものの、運動を継続する中で悪化することはないですから、この中間は馬場で慣らすようにジックリと乗っています。適度に動かしながら代謝を促せればいいですからね。近いタイミングで北海道から獣医師が来場する予定なので、その診断も踏まえて少しずつでも運動を進めていきたいです」(天栄担当者)


頻繁に獣医に見てもらってるのですがなかなか進んでいきません。免疫力が低いのでしょうね。となれば代謝を上げる試みもよいかもしれません。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「11月17日(金)にもハロン15秒のラップを刻んでいます。併せ馬で力んでいた部分を踏まえ、今回は単走で走らせる形。最後までリラックスした様子で駆けていました。以前よりも前向きな面が目立つ印象。今は1200m戦が向くかも知れません


これも「いまさら何言ってんの?」感があります(苦笑)。この2戦、最後の1ハロンで失速してるように見えませんでしたか? まあ次は右回りの1200戦、真価が問われますね。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「11月15日(水)に半マイルから15-15を消化。動きに幾らか鈍さを残すだけに、今後もしっかりと乗り込んで良化を図りましょう。その後も目立ったダメージは生じていない他、脚元についても特に変わり無し。良い流れを掴みつつある印象です」


18-18から一気に15-15に、何とか仕上の方向にもっていってるのかな。確か年内入厩の予定だったはずですが。

| 現役馬近況 | 22:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(11/17)

声優・鶴ひろみさん死去 事務所が正式発表 運転中に大動脈剥離

でぃーどぉーーーー!

(すいません、私にとって鶴ひろみさんの第一印象はこれなんです。)

声優の鶴ひろみさんが大動脈剥離で急死されたそうです。報道によれば高速で中央分離帯に接触しハザードつけた状態で停止している車の中で発見されたそうです。
車を運転中に異変が起こったようですが、一歩間違えれば大事故になるところ(実際運転者が気絶し大事故になった例もあるわけで)、想像を絶する痛み(この症例ではそういうことが発生するそうです)のなか、車を止めハザードをつけて多重事故を防いだ…その行動に頭が下がる思いです。
とにかく「勝気な女の子キャラ」というイメージの方で、一般的にはドキンちゃん(アンパンマン)、ブルマ(ドラゴンボール)というところでしょうが、私的には上述のディード(何のキャラかは探してください)、久遠寺右京(らんま1/2)、シスターアンジェラ(1ポンドの福音)が印象に残るところです。なのでめぞん一刻の「九条明日菜でございます」がこの人と知ってええーっ!と思いましたっけ。え? 高橋留美子が多いって? ファンだって知らなかった? でもYs2のリリアもこの人だったわけでお嬢様キャラもできる人だったんですね。合掌(-人-)

レッドヴィーヴォ
ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。   担当スタッフ「まだ、背腰は押すと反応し張りもありますが、使った直後よりは良くなっているので、最近は距離を延ばして普通に乗っています。脚元、外傷も問題なく、歩様は良化。この後もケアしながら乗り込んで行きます。飼葉はしっかり食べていいて体は480キロあります。年明けの中京を予定とのことです」


へ? 年内じゃなくて年明けの中京なの? ということは来年も走らす気なの? もう8歳になるんですけどねえ。まあとっちゃってる障害馬ですから「死ぬまで働け!」ってことなんでしょうが、年3走しかできない馬を置いておいてもしょうがないわけで…オネガイシマスヨ!

レッドウィズダム
吉澤ステーブルWEST

周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重528キロ。
この中間の調整も順調です。ふだんのペースをF17秒に上げて水曜日からは15-15も始めました。相変わらず行きっぷりの良さが目立ちますし、パワフルな動きを見せていますが、フォームが前がかりになっているので修正に努めています。あすも15-15を消化しますが、動きなどに問題がなければ来週以降さらにペースを上げていきます


これも完全に放置プレイ、7月以降休みにはいってるのにこの期に及んでやっと「ペース上げる」ではねえ。レントーは、するよりも、しないほうがいいと思うの♪

レッドシルヴィ
ミホ分場

担当スタッフ「水曜日に入場しました。歩様に少し硬さはありますが、競馬を使った割に細い感じはしませんし、相変わらず煩いところを見せていますが、元気もあって特に問題はない感じです。今週いっぱいはケアしながらマシンでゆっくり進め、週末、獣医に診てもらって問題なければ、来週から軽く乗りだします」


某板でだいぶやりあっちゃってますが、正直今年の使われ方には納得いきませんのでね。「調教師さんはプロだからこの馬のことを最大限考えてやってくれてる」…そう思うほど人間ができてませんのでね。無論「そこまでの馬だ」と思えばあきらめもつくのですが「そうではない」と思うから文句も言いたくなるわけです。
ユーイチS先生、セシリアでみんなが「みうらぁー?」と言ってた時に私は擁護してたんですよ。これ以上失望させるようなマネはしないでくださいよ。

レッドコルディス
栗東:高橋義忠厩舎

(宇治田原優駿ステーブル→高橋忠厩舎)
周回キャンター2400m、坂路1本。馬体重504キロ。
調整は順調で予定どおり先週土曜日に15-15を消化しました。追い切りでも普段でも相変わらずいい動きを見せていて坂路を楽な手応えのまま駆け上がってきます。馬体重の数字以上にどっしりした印象を受けますが、トモなど必要なところに筋肉がつき始めているのでさらなるパワーアップが期待できそうです。本馬は態勢が整ったことからきょう(金)の検疫で栗東トレセン・高橋忠厩舎に帰厩しました。


というわけで急遽入厩しました。次は12/9の中京のはずですからここいらで入厩は当然ですけどね。前にも書きましたが次は必勝ですよ。

レッドイリーゼ
ノーザンファーム天栄

462キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13のペースで乗っています。軽快な動きで乗り手が手綱を持ったままで駆け上がって来ます。先週は息の入りが荒めでしたが、今週はすぐに戻るようになりましたし、心肺機能も良化しているようです。カリカリするようなところも見せずリラックスしているのもいいですね。今のところ来週の入厩を予定していますが、検疫が取れない場合は再来週にスライドの予定です。いずれにしても移動日までしっかり体調管理に気をつけます」


体的には問題なく来てるようです。あとはメンタル面ですよねえ。ルヴォ嬢とは逆のパターンか(苦笑)。

| 現役馬近況 | 21:20 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(11/16)

今週のマイルCS、有力馬のエアスピネルがユタちゃん→ライアンの乗り替わり、ユタちゃんと言えば先週ケガで騎乗しなかったわけで今週もお休みなのかと思いきやジョーストリクトに乗ると。
無論ユタちゃんがエアスピネルよりジョーストリクトを選ぶはずないですから、エアスピネル降板→ストリクト騎乗決定なわけですが、SSD師によれば馬の状態、ユタちゃんの状態を総合的に勘案し、馬主と相談した上での乗り替わりだそうです。ユタちゃんは今週土曜日には乗らず日曜日に2鞍…それも10Rと11Rです。エアスピネルに乗るんだ!と無理して復帰する可能性は否めません。どうしてもG1を勝ちたいSSD先生がユタちゃんの仕上がり具合に疑問を感じたとしても無理からぬことと思いますね。ユタちゃんも半端に復帰するくらいなら今週も休んだほうがいいと思うのですがねえ。半端に復帰してひどい目にあったのは以前経験してるでしょうに。

レントラー
松永昌厩舎
16日に栗東トレセンへ帰厩しました。


帰ってきました。阪神開幕週に2000の平場戦がありますからそこでしょうね。

レッドジェノヴァ
山元トレセン

担当スタッフ「メニューはマシン運動とトレッドミルでのキャンター調整。痛がっていたソエも、治療を進めてきたことで回復傾向にありますね。入場時は少し時間が必要かなという印象だったのですが、毛は長いですけど体のハリ・ツヤは馬体の回復に合わせて戻ってきてくれていますので、明日から跨ってみての感触で今後のメニューも考えていこうと思っています。年内の競馬となると微妙なところはありますが、乗り出してからの感じが悪くなければ1月の競馬は見えてくるかもしれません。とはいえ急ぐつもりはありませんので、不安のない状態で送り出せるようにまずはジックリと。ソエのケアをしながら、馬にあわせたメニュー構成で進めていきます」


使ってきましたからしばらく休みでいいでしょう。冬場は芝のレースが少ないですから。それこそ「成長放牧」でいいかもしれません。

レッドラフェスタ
美浦:二ノ宮敬宇厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
 W 52.3-38.4-12.7 馬なり
内ブライトホープ一杯と4F併せ0.1秒先着
平野騎手「今週の追い切りはウッドコースにて2頭併せ。ラフェスタが外側を走り、テンから半馬身ほど下げて走らせましたが、前で走る馬を気にしていましたし、前半は少し力みもあったと思います。それでも4コーナーで並び切ってからは、相手を気にしなくなって、力みもなくなり、促してからの反応も良かったです。最後まで良い脚を使えていましたよ。息の入りも先週より良いですね。まだ角馬場に行く途中や角馬場でチャカついて危ないところはありますが、稽古の動きは着実に良くなっています」
二ノ宮調教師「今日は半マイルから時計を出す形でしたが、最初は併せた相手に遠慮気味に走っていましたが、併せてからは馬も吹っ切れたようで、走りに集中できていましたし、動きも良化していますね。時計的にも動けていますよ。まだ煩いところはあるので安心はできませんが、状態は上がっているので、12月の中山開催中にデビューさせようと考えています」
※馬体重は462キロ


ふーーーむもうちょっとかかるかと思ったのですがね。この世代はシーリアがデビューしたら立て続けですね。でもまさか17日の牝限戦とか言わないでくれよ。

レッドガラン
社台ファーム

マシン運動120分、トレッドミル。
担当スタッフ「この中間もマシンとトレッドミル主体に馬体が緩まない程度に運動を消化しています。まだ多少ソエを気にしますし、乗り運動は見合わせています。ここは我慢してまずは馬体面の不安をなくしたいと思います。精神的には落ち着きがあって飼い葉も食べているので体調自体は悪くありません」


まだ乗り運動できず…ではねえ。この世代女の子3頭は遅ればせながらデビューもしくはデビューのめどが立ってきましたが男の子2頭は…(--ξ)

ロードブレイク
ロードブレイクは、11月18日(土)福島8R・3歳上500万下・若手騎手限定・芝1800mに藤懸騎手55kgで出走します。11月15日(水)稍重の美浦・ダートDコースで5ハロン67.3-52.2-38.1-12.1 5分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒7先行して0秒2先着。短評は「追って伸び上々」でした。発走は13時35分です。

出走決定、今週末は籠城の予定ですのでリアルタイムでは見れませんが岩手でぶっちぎり2連勝で中央入りした馬として恥ずかしくないレースはしてくれよ。

| 現役馬近況 | 22:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(11/15)

相撲界がまた大揺れ、安馬君がモンゴル人ばかり集まった飲み会で後輩に粗暴行為(競馬会用語)におよび後輩が九州場所欠場となったとか。本人同士では手打ちがあったようですが安馬君にとって運の尽きだったのは後輩の師匠が「相撲界一融通の利かない親方」タカノハナだったこと、刑事告発を取り下げる気はないそうで安馬君が刑事被告人になることは間違いありません。
粗暴行為といえばドルジ氏は一般人への粗暴行為で強制引退でしたから安馬君は刑事被告人にならなかったとしても強制引退間違いなしでしょうね。
で、この席にハクホウショウが同席したという噂…と書こうと思ってましたが今日になってハクホウショウが認めましたね。一応安馬君を止めようとしてたとのことですが…

レントラー
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「引き続き、この中間も順調に乗り込みが続けられています。厩舎サイドとも相談して近々移動させましょうということになりましたので、この中間は15-15から終いをさらに伸ばすような調教も取り入れています。今のところは今週中にも移動させる予定で厩舎サイドと話をしていますが、相変わらず状態面は良好ですし、このまま態勢を整えていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


次走予定は明らかではないですが阪神での復帰でしょうね。今一度コマッキーで見てみたいですが。

シーリア
角居厩舎
15日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は勝つことはできませんでしたが、まだ鈍いところがありながらもしっかりと走る気持ちを見せてくれましたし、一度使って変わってきてくれそうな雰囲気はありました。レース後は特に疲れや反動は見せていませんので、このまま数日様子を見て問題なければ続戦したいと考えています」(辻野助手)


どこか悪いという情報はなくて何より。皆様書かれてるように次走は阪神JFデイの1800の牝限戦でしょうね。阪神JFデイであればクリスティアンもいるでしょうし。

レッドシルヴィ
鹿戸厩舎→ミホ分場

本日ミホ分場へ放牧。
鹿戸調教師「使った後なので、今日までは曳き運動で調整しています。歩様は気になりませんが、連戦で使ってきた事もあって少し疲れが出ていますし、飼葉の食いもいつものレース後に比べると落ちている状態。今は気が張っているので脚元に疲れは出ていませんが、この後、ガタッとくる事も考えられるので、権利はありますがここで一息入れてあげたいと思います」


ここで休ませれば年内は終了、1年間未勝利に終わりました。無駄なレントーで約5か月の休養、去年合わないと言ってた函館に持っていって1戦で撤退、この3戦テープレコーダーのような敗戦の弁、ヴィーヴォにも言えるんですが「まじめにやらんかい!」と言いたくなります。セシリアの子はこの厩舎でと思ってましたがこの体たらくを見ると考えたほうがよさそうです。

レッドラフェスタ
美浦:二ノ宮敬宇厩舎

北のダートコースを1周。
平野騎手「今日は北のダートコースを1周のメニューで調整しています。まだ走っていても物見をしたり危なかっかしいところはありますが、この馬なりにはおとなしくなってきたのではないかと思います。走りは軽くフットワークも悪くないので、気持ちの入り一つで良くも悪くもなると思います。良い方向に持っていけるように、しっかり教えながら乗っていきますよ。追い切りは明日やる予定です」


とにかく気性だよねえ、この馬の場合。平野君で足りるのかはわかりませんがしっかり教育してください。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、11月15日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に58.0-43.0-28.7-14.5 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。12月2日(土)阪神・3歳上1000万下・混合・ダート1400mに予定しています。
・笹田調教師 「先週の出走状況を確認すると、4節ぐらいでゲートインが叶うか・・・と言った様相。阪神開催の初日に適鞍が組まれており、このあたりが候補に挙げられるでしょう。11月15日(水)は58秒で坂路頂上へ。何とか状態は維持できている印象です」
≪調教時計≫
17.11.15 助手  栗東坂稍1回     58.0 43.0 28.7 14.5  馬なり余力 坂路コースで入念


1走したら3か月は休むジーサンズの中でこの馬だけは唯一コンスタントに走ってくれています。ただもう条件がそろわないと厳しい感じ。14007だけでなく1200とか1600も試してほしいところなのですが。

ロードブレイク
ロードブレイクは、11月18日(土)福島・3歳上500万下・若手騎手限定・芝1800mに藤懸騎手55kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位2番目、同順位2頭で出走可能です。11月15日(水)稍重の美浦・ダートDコースで5ハロン67.3-52.2-38.1-12.1 5分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒7先行して0秒2先着。短評は「追って伸び上々」でした。
・岩戸調教師 「11月15日(水)もマズマズ動けていました。ある程度は前で運ぶのが良さそうなタイプ。芝2000mは若干長く、福島のダート1700mは最初のコーナーまでが短い為に出遅れた際の対処が難しいでしょう。藤懸騎手とのコンビで芝1800mへ臨みます」
≪調教時計≫
17.11.15 丹 内 美南D稍       67.3 52.2 38.1 12.1(5)一杯に追う 追って伸び上々
         アカネバローロ(古馬500万)一杯の外0秒7先行3F付0秒2先着


当分出走ないと思ってましたが意外なところから出走がありました。中央復帰初戦のブレイク、ここが試金石になります。ただ…D1200とD1300で勝ち上がってきた馬に芝1800、これが吉と出ないか凶と出るか(お約束)。

| 現役馬近況 | 20:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(11/14)

W杯予選、イタリアの予選敗退が決まったそうです。たしかアメリカも敗退してるし、アルゼンチンも危なかった。上位と下位の差というのは詰まってきてるんでしょうね。ちなみにイタリアに引導を渡したのはスウェーデンでしたが、オランダにも引導渡してるんですね。

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「背腰の疲れはまだ残るものの乗っていく分には問題ない程度ですし、徐々に坂路でのキャンターペースを速めるようにしています。年齢的なものもあるのか良化スピードがスローですし、正直なところ時間をかけてもどこまで変わってくるか見えにくい部分もあります。ただ前を向いてやっていくしかないので、ポジティブな考えをもって次走へ向けた調整にあたっていきます」(天栄担当者)


天栄さん、いまさらもうどうこう言うことはやめます。ですが最後に絶対にグレイスフルSに出してやってください。最後くらい得意の舞台で走らせてやりたいのです。

ルヴォワール
NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「引き続きトレッドミルを用いて、じっくりと運動を行っています。今後もある程度の時間はかかると思いますが、幸い脚元の状態は悪いほうへ向かうことはないので、何とかこのまま良い方向へ導いていければと考えています」(天栄担当者)


こちらも良化はスローながら先週あたりに比べると前向きな表現になってきましたね。上のレイズ君と一緒で体質の弱さはそう改善されるものではないですが…なんとかなってほしいところです。(祈)

ロードセレリティ
ロードセレリティは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。11月9日(木)測定の馬体重は505kg。
・当地スタッフ 「様子を見ながらピッチを速め、11月11日(土)に15-15を交えました。レース出走へ向けて追い切りを重ねていた馬だけに、かなりハミ掛かりが良い状態。コンディションに問題はありません。今週もしくは来週前半にトレセンへUターンします」


ここまでは問題なさそうです。除外権を持ってますから出走は確実でしょうがG1の裏で騎手は誰になるか?ですね。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。11月9日(木)測定の馬体重は502kg。
・当地スタッフ 「18-18に着手。調教レベルを引き上げてからも心身に悪い影響は及んでおらず、この調子で同様のパターンを繰り返したいです。引き続き、息遣いは問題ありませんが、長目のパターンでは走りが重い様子。少しずつブランクを埋めようと思います


まだまだかかりそうですなあ。新馬のあるうちにデビューできるのかどうか。もっともこの世代ではもっと進んでないのもいますがね。

| 現役馬近況 | 20:50 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>