Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬インフォメーション(2/21)

レッドコルディス
栗東:高橋義忠厩舎

本日はDポリトラックコースで調整しました。
助手「両トモの皮膚炎は薬を塗って、できるかぎり保護しながら調教しているので今のところ腫れることも痛がることもありません。ただ速いところをやるどうしても擦れてしまうので3歩進んで2歩下がるといったところでしょうか。競馬に支障はない程度のものなので心配ないですよ。あす追い切るので、けさはポリトラックコースでキャンター調整。帰厩してすぐのころは以前と違って力みが強く、引っかかっていくくらいでしたが、だいぶリラックスして走れるようになってきました。あすは坂路で53秒台を目標に時計を出すつもりですが、日曜日の追い切りでも行かせたらなんぼでも行きそうな雰囲気だったので難なく動けるはず。あとは馬場状態を見てどれくらいの負荷をかけるのか調節します」


レースは11日、そこに向かってどう調整していくかと言うところですね。

レッドイリーゼ
美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り。
2/18(日)坂路 56.9-42.8-27.8-13.4 馬なり
2/21(水)W 70.0-54.6-40.4-13.1 一杯
内オーヴァーライト一杯と5F併せ併入

松岡騎手「角馬場でジックリ乗ってからウッドコースで追い切りました。イリーゼが半馬身ほど先行する形でしたが、乗り込んできたこともあって落ち着きが出て、少しチャカつく程度で収まっています。道中はグイグイと手応え良く進み、馬自身もやる気を見せていましたが、折り合いは付けられましたし、最後まで持ったままの手応えでしたよ。この中間の感触も変わらず良いのですが、若干馬体に余裕があるように感じます。前走も最後にひと分張り利かなかったことを考えるとその辺の影響はあったかも。もうひと絞りしても良さそうですね」
手塚師「この馬なりにしっかり動けていますし、息の入りも良好。今はとても元気があって状態も良いと思います。松岡騎手も言っていた通り、体にもまだ余裕があるので、レースまでにしっかり乗り込んで良い状態で使えるようにしたいと思います」


もって1800までと言う松岡の言が正しければ、クラシックに乗るとしたら桜花賞しかありません。アネモネSは抽選になると思いますがなんとか出走にこぎつけたいところです。場合によってはFRと両にらみでもいいかもしれません。

レッドガラン
栗東:安田隆行厩舎

本日は坂路1本のあと、ゲート練習を行いました。
 坂路 66.3-48.6-32.1-16.1 馬なり
助手「常歩の雰囲気はなかなかのものですし、キャンターでの背中の感触もとてもいいです。素質が高そうな馬ですね。でも、なんせ馬っ気が強いです。牝馬を見つけても、窓に映る自分のシルエットを見ただけでも鳴いて喜んでいます。馬房ではおとなしく、調教中は集中しているので心配ないと思いますけどね。ゲート練習はきのうから始めました。初日は通過だけにとどめましたが、素直に受け入れてくれたので、けさは3回の入りと駐立の練習に臨みました。牧場でも入念に練習してくれたそうなので、問題らしい問題はありませんでした。あす以降も坂路を1本上がってから、ゲート練習というメニューで調整していきます」


なんだかいつかはとっちゃいそうな雰囲気ですなあ。で、もう一つ問題がありまして…
芝の新馬戦は今週が最後
なんですね。後は芝の未勝利を使うかダートで使うか。どうしますかねえ

ルヴォワール
NF早来
ウォーキングマシンかトレッドミルでの調整を行っています。
「元々雄大な馬体の馬ではありますが、ここまで軽めの運動に留めていることもあってか直近で570キロ近くまで増加しています。また、患部の状態は抗生剤を投与した後は落ち着いて見せるものの、その効果が切れるタイミングになると再度腫れぼったくなり、治療を施していても思ったように良化して来ていない状況です。スムーズに回復せずもどかしい限りですが、引き続き根気強く接してゆっくりでも確実に良化を図っていけるようにしたいです」(早来担当者)


半年近くたってますが一向に改善してきませんね。正直なところ「現在の馬学では解明不能」という診断が下ってもしょうがないと思っています。この馬の評価の高さを考えるとこの成績でも間違いなく「次」があるでしょうし。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、2月24日(土)中山・アクアマリンS・混合・芝1200mに三浦騎手57kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では出走可能です。2月21日(水)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン52.2-38.7-12.7 6分所を馬なりに乗っています。併せ馬では強目の相手の内を1秒1追走して0秒1先着。短評は「好気配示す」でした。
・高柳調教師 「いつもより長く楽をさせ、ギリギリ疲れは取れた感じ。2月18日(日)に坂路で15-15を行なった上で、21日(水)の最終追い切りに臨みました。ラストにしっかり伸びて半馬身先着。休養明け4戦目でも何とか力を出せる状態を保てている印象です」
≪調教時計≫
18.02.21 上野翔 美南W良          52.2 38.7 12.7(6)馬なり余力 好気配示す
         レーヌジャルダン(古馬500万)強目の内1秒1追走0秒1先着


上野君いろいろなところに顔出してますなあ(笑)。ハンデは予想通り57キロ、今回はもう1頭57キロがいてあとは55キロ相当です。騎手的には2キロ差のあるようなメンツではなさそうですのでC.ミュラに乗っていただくことを切に祈るものでございます。

ロードブレイク
ロードブレイクは、美浦トレセンで軽目の乗り運動を消化。心身共にコンディションは良い意味で安定しており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月11日(日)中山・4歳上500万下・混合・ダート1800mに吉田隼人騎手で予定しています。
・岩戸調教師 「2月21日(水)は角馬場で入念に距離を乗り、プールにも連れて行きました。22日(木)から坂路コースへ入れるスケジュール。騎乗トレーニングの再開後も、気になる点はここまで浮かんでいませんよ。様子を見ながら徐々にピッチを速めましょう」


個人的には1800より1200だと思うのですがねえ。岩戸師もそうですが中距離を走らせたくなるような何かがあるんでしょうか。
権利がありますので出走は問題ないでしょうが。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、2月21日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.2-39.6-25.4-12.7 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒6先行して0秒5遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。3月11日(日)中京・3歳未勝利・混合・芝2000mに予定しています。
・藤岡調教師 「2月21日(水)は坂路で。ある程度は気合いを付けたものの、まだ目一杯の内容とは違いますよ。順調と言えそう。ハミを替えた効果も手伝い、口向きも大丈夫ですね。ただ、初戦は内へモタれる格好。左回りの方が走り易いかも知れませんね」
≪調教時計≫
18.02.21 助手  栗東坂良1回     54.2 39.6 25.4 12.7  一杯に追う 坂路コースで入念
         リリーノーブル(3歳オープン)一杯に0秒6先行0秒5遅れ


おやおやこの馬も3/11ですか。藤岡先生、相手の弱そうなところを見計らっての出走でしょうか、まあ1つ勝たなきゃ始まらないのですから当然ではありますが。

| 現役馬近況 | 20:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(2/20)

レントラー
NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「こちらに到着後はウォーキングマシンで軽く動かしつつ馬体に異常がないことを確認し、週明けから周回コースでのキャンター調整を開始しています。まだ軽いペースですが3000mほど長めに乗って体を解しつつ緩めないように心がけており、このままリフレッシュ重視で進めていきます」(NFしがらき担当者)


しがらきにきて2週間、まだまだ調整程度ですね。1400を使うなら阪神か中京になりますがどうしますかね。

シーリア
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も先週とほぼ同じメニューでしっかりと乗り込みを続けています。コンスタントに15-15からさらに終いを伸ばす調教を取り入れていますが、特に堪えた様子はなく、馬体は少しずつ増えているぐらいです。ちょうどいい調整ができていると思いますので、厩舎サイドとも話をしながら進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)


こちらはもう1か月くらいの放牧、そろそろ戻す時期を探るようですがいつ戻ってこれますかね。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「引き続き、ハロン17、18秒のキャンターを入念に繰り返す形。問題点は特に浮かんでおらず、なかなか良い雰囲気で進んでいます。ビシビシと速いタイムを出す必要は無さそう。この先も体調管理を徹底し、栗東トレセンへの移動に対応したいです」


そろそろ戻しそうな感じ。D1400ならレントラー同様阪神か中京になりますね。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、2月16日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・当地スタッフ 「先週末にトレセンへ向かっていますよ。本数こそ少ないものの、最後は強目の稽古も消化。スムーズに追い切りへ移行できるのでは・・・。無事に送り出せて一安心。あとは厩舎スタッフに任せれば大丈夫でしょう。また頑張って欲しいですね」


厩舎のコメントが出てないのでどのあたりを目指すのかわかりませんが3月には復帰しそうですね。

| 現役馬近況 | 20:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(2/16)

今週はG1フェブラリーS、私的注目はフルキチ君騎乗のテイエムジンソク、フルキチ君は月曜開催が順延になった火曜日の小倉で騎乗停止処分に、ですが異議申し立て期間2日間が次開催の出走投票にかかるという理由(年末に有馬で騎乗停止処分を受けたルメが12/28の騎乗が可能だったのと同じ理由)で今週の騎乗はセーフに、もし小倉が月曜日に予定通り行われてそこで騎乗停止を受けたら今週からの適用になってたはずで、このチャンス(?)を生かせるかどうかですね。
チャンピオンズSを勝ったゴールドドリームははまっただけで強くないというのが私の意見、ただしジンソクも1600がベストとは思えないだけに悩ましいところです。

レッドウィズダム
吉澤ステーブル湖南

マシン調整。馬体重502キロ。
リフレッシュを図るため、サンシャインパドックがあって静かな環境の湖南分場へ移動しました。放牧やマシン調整で楽をさせて疲れを癒してから吉澤ステーブルWESTへ輸送し、次走に向けて調教を始めることにしています。近日中の移動が予定されています。


早鞆特別には目もくれずさっさと放牧に出されたウィズダム、またまだ角居厩舎の序列は低そうです(悲)

レッドシルヴィ
山元トレーニングセンター

担当スタッフ「マシン運動で様子を見てきましたが、トモの状態はそれほど気にならないですよ。昨日から開始したトレッドミル(ダク)では出だしこそ左トモに硬さは見られましたが、その後はしっかりと動けていました。しばらくは現状の内容で様子を見ながらとは思っていますが、乗り出し開始へ向けて徐々にトレッドミルでの負荷を高めていけそうです」


気が付けば東サラ500万下軍団も2頭が抜けてあと2頭、コルディスとこの馬と言うことになります。2歳にバッタもんっぽい名前の馬が出てきたし存在感を示さナイト。

レッドジェノヴァ
ミホ分場

マシン60分、ダクとハッキング15分。511キロ。
担当スタッフ「今週から軽く乗り始めました。ソエの方は問題ありませんが、右トモに少し甘さが残っている感じです。きのう社台の獣医が来場し、背腰や疲れの出ている箇所にショックウェーブを処置しました。疲れからかトモに浮腫みが出ていましたが、今日軽く乗ってみた後の状態は、乗る前よりは良くなっていたので、ケアしながら乗っていけば問題ないでしょう。来週にも入厩予定となっているので、少しでも状態を上げられるように努めます」


いろいろ書いてますが来週入厩と言うことで大丈夫そうな感じです。ただあまり追い込んでレースには向かえないかもしれませんね。

レッドラフェスタ
ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。447キロ。
担当スタッフ「トモが甘いせいか手前を替えるのが下手なので、乗って覚えさせながら進めています。トモの傷は良くなっています。気性面は以前よりマシですが、まだ馬場に出ると煩くなるところはあります。馬の前に出したり後ろから行かせたりして、色々覚えさせながら乗って行きます。飼葉は食べていますよ」


どうでもいいですが、「以前よりはマシ」ってミホ分場様だと「以前」を知らないんじゃないですか?

レッドガラン
グリーンウッド→安田隆行厩舎

周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重535キロ。
体が寂しく映っていたのでカイバの量を少し増やしたところ、体重が増えて再びふっくら見せるようになりました。食べたものが実になりやすいタイプなのかもしれません。今週火曜日に13-13を消化しましたが、仕掛けられると瞬時に反応してあっという間にスピードに乗っていました。本馬は態勢が整ったことから、きょうの検疫で栗東トレセン・安田厩舎に入厩しました。


やっと入厩、でもこれならぎりぎり新馬デビューに間に合う可能性もありますね。あまり期待してませんが(笑)

| 現役馬近況 | 20:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(2/15)

レッドコルディス
栗東:高橋義忠厩舎

本日はDポリトラックコースで調整しました。
高橋忠調教師「両トモの皮膚炎については、お時間をいただけたので休養先の牧場でも十分ケアをしてもらえましたが、アカギレのような状態は残っていて、まだ完治したとは言えません。傷口から不凍液が入り込むとすぐに腫れる可能性があるので、脚元に影響が出にくい調教コースを選んだり、患部周辺を保護するシートを巻いたりしながら調整していきます。今のところ予定どおり、3月11日の阪神7R(500万/牝D1800)に向かう予定です」
助手「ダートやチップで乗ってクモズレが悪化しないようポリトラックコースで軽めの調整を行いました。馬場入り前に逍遙馬道でノソノソ歩いていたので、少しとぼけているのかなと感じていましたが、コースに出てからはやる気を出してグイグイ進んでいきました。ちょっと速くなりかけましたが、どうにか許容範囲というところでおさめられました。フレッシュで状態は良さそうですよ。成長して体がかなり大きくなって幅がでましたし、フットワークも大きくなって迫力もでてきました。以前のような華奢なイメージはまったくありません。お腹周りについた余分な肉は調教で負荷をかけることで絞っていければと考えています」


皮膚炎の直りがよくない感じですが予定どおり3/11のレースに向かうようです。3/11といえばアネモネSと同日ですが東サラ東西2頭出し…となればいいのですが。

レッドイリーゼ
美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
W 71.8-55.4-40.5-13.4 馬なり
内スターフィールド馬なりと5F併せ併入
助手「角馬場で体をほぐしてからウッドコースで追い切りました。息を整える程度であまりやらなくていいという指示だったので時計は控えめ。それでも終始かなりの手応えで、最後も少し手綱を許したらさらにグイグイ行きそうな感じでしたよ。仕掛け処の反応も速く、最後まで余力のある走りでした。稽古後、鞍を着けた状態で馬体重は468キロ。ここまでは順調に調整できています」
手塚調教師「今日は動ける範囲でサラッとやりましたが、稽古でもしっかり動ける馬らしく、良い走りをしてくれたと思います。まだ予定のレースまで時間があるので、早めに仕上がり過ぎないように気を付けて進めます」


その3/11に東に出る予定の馬、出られればいいのですがレグナントとか強敵もそろいそうです。

レイズアスピリット
上原厩舎
15日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「天栄での調整が順調に進められていて、次の中山に組まれている適鞍へ向かえそうということでした。やはり中山の2500m戦は良い競馬ができているので是非向かいたいと思っていたので、間に合って良かったです。競馬まで約1ヶ月を切るところですから、当初は今週の土曜日の検疫があたっていたのでそこで入れようと思っていたのですが、急遽空きが出たんです。それで前倒しして今日入れさせていただきました。入ってからはまず馴染ませる必要があるのでじっくりと動かしつつ、様子を見ながら徐々にピッチを上げていきます」(上原師)


前回同様早めに帰厩しました。イマイチ10Aは信用できないのでこれでいいと思います。あとはサンシャインS、出られるかどうか。

ルヴォワール
NF早来
ウォーキングマシンかトレッドミルでの調整を行っています。
「現在は隔日でウォーキングマシンでの運動かトレッドミルでの常歩を取り入れています。しばらくは軽め運動を行いながら患部の状態が安定するのを待つしかありませんし、獣医師のチェックも取り入れながら進めていきます」(早来担当者)


弟フィエールマンも脚部不安が発覚、どうもこの母の子はそういう血統のようです。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、美浦トレセンで軽目の乗り運動を消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2月24日(土)中山・アクアマリンS・混合・芝1200mに三浦騎手で予定しています。
・高柳調教師 「日に日に回復を遂げているものの、良化度合いは幾らかスロー。コンスタントに使って来ているだけに、今から速いところをビシビシ乗る必要は無いはずです。従って、現在は軽目に距離を乗るパターンで疲労を払拭。再び三浦騎手を鞍上に迎えます」


どうやらアクアマリンに行くようですね。ヤネがコーセイに戻るのは好都合でしょう。あとは出られるか。


| 現役馬近況 | 21:28 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(2/14)

今日は日本で一番チョコが売れる日…ということは悩める某お値打ち馬レントラーの誕生日と言うことですね。まあそんなことはどうでもよくって…
昨日勇退が公表された二ノ宮師ですがよく見ると公式にコメントが出ており「65になって外から競馬を見てみたい」という理由が載っておりました。結局のところ「真相は二ノ宮先生の中」のようです。

レッドラフェスタ
所属していた二ノ宮厩舎の解散に伴い、尾関厩舎に転厩することになりました。

一夜明けたモトアザブがようやっと報道陣にFaxがリリースされました。
一部ではS戸Y一先生が有力視されていましたが、尾関知人厩舎とのこと、レッドファルクスの厩舎ですね。無論レッドファルクスの実績を買われたのでしょうが、気難しい馬だけに環境の変化が心配なところです。

レッドウィズダム
栗東:角居勝彦厩舎

引き運動。
助手「体調も良くなっていましたし、馬も良く最後まで頑張ってくれました。無事にこちらに帰ってきましたが、疲れた様子もなく元気一杯の様子です。明日、一度放牧に出して、この後は福島の開幕週を目指していく予定です」


疲れていないと言いつつ福島まで休み、小倉最終週に早鞆特別があるのにね。上がったように見えて順位は上がってなかったようです。

レッドコルディス
宇治田原優駿ステーブル→高橋忠厩舎

本日の検疫で栗東トレセン・高橋忠厩舎に帰厩しました。


帰厩…ということで3月上旬の復帰戦でしょう。そろそろ500万下くらい勝たないと。

レッドイリーゼ
美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、Aコース1周。
助手「今日は角馬場でジックリ乗ってから、Aコースを1周のメニューで調整しています。元気が有り余っていますが、煩いというわけでもなくスムーズに運動できていました。この中間も飼葉の食いは良いですね。使って来ている馬なので、明日の追い切りはサラッとやる予定です」


一回放牧出したほうがいいと思うんですけどねえ。

レントラー
 松永昌厩舎
14日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、距離短縮でさすがに追走に手間取りましたが、その中でも終いはよく脚を使っていましたし、悪くない内容だったと思っています。レース後は目立った疲れは見せていないものの、多少歩様は硬くなっていますし、障害練習も含めて中間しっかりと乗り込んできた後なのでいったん放牧に出させていただきます」(松永昌師)
15日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


放牧のようです

| 現役馬近況 | 21:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(2/13)

本日大本営より2月を以って引退される調教師12名が発表になりました。
数は多いですが、岩元師とかフトシ師とか10名の先生は定年退職、これはルールですから仕方ありません。一方で定年を待たずに退職する先生が2名、柴田光陽先生となんとエルコンドルパサーの二ノ宮敬宇先生、勇退される理由はまず経営不振か体調不良のどちらかですが、二ノ宮先生が経営不振とは思えませんので体調不良なのでしょう。以前からそういう噂が飛び交っていたようで年末頃には「ほぼ確定」という情報もありました。ただウチのラフェスタのコメントもほとんど二ノ宮先生が出していましたし「どうなのかな?」という思いでいました。二ノ宮先生のところに預託予定の2歳馬もいるくらいですしやめると決めたのはそう遠くない話だったと思われます。とりあえずやめるのを止めることはできませんが…今いる所属馬たちの送り出しには万全を尽くしてほしいところです。
というわけで、本日付でモトアザブからは何の発表もありませんがレッドラフェスタも転厩になるはずです。先般放牧でミホ分場に出たことから転厩先はミホ分場を使うレッドとは関係の深いあの先生ではないかと言われていますが果たして。

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「順調に来ることができていますね。強弱を付けながら調教を行っていて、しっかりやる時は速い時計を出して負荷を掛けています。このあとも体調管理をしっかりと行い、無事に美浦トレセンへ送り出せるようにしたいですね」(天栄担当者)


担当者が変わったのか気持ち悪いくらい前向きな表現が並んでます(笑)。サンシャインSから逆算すると来週くらいに帰厩でしょうが、このまま余計な事せずにいってほしいところ。

シーリア
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も順調に周回コースと坂路で乗り込んでいます。先週よりも少しペースを上げた調教も取り入れており、今朝は坂路で15-14を行いました。このぐらいの内容なら楽な手応えのまま上がっていますし、この馬にとってはちょうどいい負荷だと思いますので、この後も適度に15-14程度の調教を取り入れながら態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)


レッドウィズダムが厩舎内順位を上げたため、この馬の順位は落ちたかもしれません(笑)。とにかく待ちです。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「この中間はコンスタントに18-18を消化しました。休み明けの2月12日(月)にスクミが出たものの、概ね計画通りに運んでいます。遠からずに栗東トレセンへ戻る予定。声が掛かった段階で即座に送り出せるように、しっかり準備を整えましょう」


先週ロードアルペジオが勝ちましたので「ササダ先生のところからロード馬が消える日」は遠ざかったようです(笑)。あとはこの馬がどれだけ頑張るか。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「時折、18-18より速いペースで行く場合も。大きな反動は無さそうです。事前に聞いていたよりは大人しい感じ。更にピッチを上げた際も、現在の雰囲気を保てれば・・・でしょう。この1、2週ぐらいの間には移動の段取りが組まれる見込み」


2週くらい…意外と開けますねえ。

| 現役馬近況 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(2/9)

寒波も一段落らしくようやく国道8号の立往生も快勝されたようです。
でもこんな雪の中でも北陸新幹線は止まってないらしいですね。金の掛け方が…いやそういうことを言うのはヤメトキマショウ。
今週は都合により東京に帰ってるのですがウチの実家のあたり(23区西部)はまだ雪が残っておりますなあ(驚)

レッドコルディス


宇治田原優駿S

周回キャンター2400m、坂路1本。馬体重514キロ。
この中間の調整も順調で引き続き週2本時計を出しています。本数を重ねるごとに動きは良くなり体もふっくら見せています。皮膚炎もほぼ治まりましたし、2週間後の帰厩が見込まれていることから来週からペースを上げることになりました。

2週間後の帰厩ということは復帰戦は3月下旬かな。伸び悩み気味の同馬、レントラーやウィズダム同様何かがほしいところ。

レッドジェノヴァ
ミホ分場

本日、ミホ分場に放牧。
助手「昨日、角馬場で乗ってみてもソエは落ち着いて来ています。右トモに少し疲れはありますが、使った後はいつもの事なので問題ないです。放牧先でしっかりチェックしてもらい、すぐに乗り出してもらいます」


前走はそんなに走ってないでしょうから疲れもそんなにないと思います。また500万下に落ちることのないよう1つは勝ちたいですね。

レッドラフェスタ
ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。 446キロ。
担当スタッフ「右トモの繋ぎの裏と左トモの管のところに傷がありました。馬房で蹴って傷をつくってしまったようです。ただ、腫れにはなっていないので、治療しながら普通に乗り始めています。馬体チェックの際に右のトモなどを触れると嫌がるように、臆病な性格がうかがえますね。精神的なストレスが溜まらないように気を付けながら進めます」


やはりビビリは治ってないようです。これはこういうものだと割り切って行くしかないですね。

レッドガラン
グリーンウッドトレーニング

周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重523キロ。
この中間も順調に調整しています。本数を重ねるごとに動きも仕掛けたときの反応もかなりよくなり坂路でもスピード感十分の走りを見せています。ただ、数字が示すとおり、アバラが浮いて細く映るようになってきたので、カイバの量を増やすなどして対応することにしています。今のところ再来週の検疫で入厩する予定です。


再来週ということは2月下旬ですよ。そこからゲート試験受けてすんなりデビューと行きますかねえ。
しっかし523キロで細く映るってどんな馬体なんだか。

| 現役馬近況 | 22:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(2/8)

Chiefsのア・スミスがRedskinsにトレードされたとか書いてもしょうがないのでいきなり本題

レッドウィズダム
栗東:角居勝彦厩舎

引き運動。
助手「追い切った後なので、厩舎周りの引き運動で調整しています。変わりなく順調です。想定のメンバーを見て、土曜日のレースに投票しました。一度叩いた効果は十分にありそうですし、そろそろもう少し上の着順が欲しいところです
※今週10日(土)小倉12R(4歳以上500万下/ダ1700m)に北村友騎手で出走します。


みんなそう思ってるんですがねえ。4着7回な馬でして(苦笑)

レッドシルヴィ
山元トレーニングセンター

担当スタッフ「馬運車から降りてきた時は左トモを引きずっていたのですが、今日はそれほどでもなかったですし思っていたほどではなさそう。とはいえ痛めた箇所もそうですが、無理はできない状況ですからね。ケアしながら馬にあわせてじっくりと進めていきます。入場時の馬体重は461キロです」


某10Aと違って山元さんは信用してますのでお待ちしております。

レッドジェノヴァ
美浦:小島茂之厩舎

角馬場で運動。
小島茂師「明日ミホ分場へ放牧に出す事になりましたが、こちらで歩様を確認しておきたかったので、今日は角馬場でダクだけ乗ってみました。気が入り過ぎる感じもなく落ち着いて運動していましたし、飼葉の食いが良いので馬体重も502キロと戻って来ています。今回も短期の放牧になりますが、少しでもリフレッシュしてくれればと思います」


一旦短期放牧に出すようです。休み明けのレースであまり走った感じもなかったのですが、バボーノツゴウというやつですかね。

レッドイリーゼ
美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、Aコース1周。
助手「今日は角馬場で運動してからAコースを1周のメニュー。レースの疲れもほとんど抜けている状態で乗っていても元気が有り余っていますし、脚運びもスムーズですね。飼葉も与えた分をしっかり食べてくれるので、次走に向けてもう一段状態を上げていければと思います」


こっちは厩舎において続戦のようです。それはありがたいのですが一旦放牧入れたほうがいいようにも思うのですがね。

レントラー
松永昌厩舎
7日は栗東CWコースで追い切りました。
「きっかけを掴むためにもこれまでとは違う条件を検討してきて、今回は距離を詰めてみようということで1400mの特別に登録させていただきました。今朝はCWコースで単走の追い切りを行っています。先週もかなり速い時計で動いていたのですが、今日も全体が80秒くらいといい時計が出ていましたね。しっかりと追って反応も良かったですし、馬のコンディション自体はいいですよ。最近は中距離戦で集中力を欠くような内容が続いていますし、今回の条件替わりがいい方に出てほしいと思います。普段の稽古では併せた相手にも負けん気を出して走るくらいの馬ですから、気を抜くことなく力さえ出し切れれば変わり身があっていいはずです」(中山助手)
11日の京都競馬(宇治川特別・芝1400m)に北村友騎手で出走いたします。


まあ工夫の少ない陣営ですから何かしないよりかはましでしょうが…距離短縮ってどうなんでしょうかねえ。集中力を欠く馬に距離短縮は定跡ですが…短距離で通じるスピードなんかあったっけ?ですね。ついていけなくて「後方尽」の悪寒

ルヴォワール
NF早来
軽めの調整を行っています。
「この中間に膝の状態は獣医師に確認してもらっていますが、腫れ自体が悪くなることはないものの、引き続き治療を施しつつ良化を促す必要があるとのことで、治療する日は曳き運動のみにするなど臨機応変に対応しています。今後も獣医師に相談しながら、確実に前進を図っていきたいですね」(早来担当者)


「高度の柔軟性を保ちつつ臨機応変に対応」(byフォーク氏)ぢゃないでしょうねえ。原因がわかってないようですからいきあったりばったりな対応にしかならないのもしょうがないですが。

ロードブレイク
ロードブレイクは、2月12日(月)東京7R・4歳上500万下・混合・ダート1400mに吉田隼人騎手57kgで出走します。2月8日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン51.3-37.5-12.6 4分所を一杯に追っています。併せ馬では強目の相手の内を0秒4追走して0秒8先着。短評は「ブリンカー着用」でした。なお、ブリンカーを装着します。発走は13時30分です。
・岩戸調教師 「2月8日(木)はウッドで好タイム。抜け出してからフワッとしないように気合いを付けてもらいました。申し分の無い反応に映った通り、跨ったジョッキーの感触も上々。試しに着けてみたブリンカーが効いていただけに、本番でも使用しましょう」
≪調教時計≫
18.02.08 嘉 藤 美南W良          51.3 37.5 12.6(4)一杯に追う ブリンカー着用
         サラデコラシオン(古馬500万)強目の内0秒4追走0秒8先着


どうでもいいですが調教内容の短評ではないですなあ。よほど書くことがなかったのか。
連勝したときに近い条件…吉田隼人も悪い騎手ではないですしこれで見所なかったらおわりでしょうね。

| 現役馬近況 | 22:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>