Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(9/19)

今日書きたいことはさっきの記事で書きましたからいきなり本文。

レントラー
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「引き続き、坂路では週4回ほどハロン17秒の普通キャンターペースで乗り込みを行っています。軽めに乗っている段階なので調教自体はこなせているのですが、まだ思うように疲れが抜けてくれません。決して状態が悪くなるようなことはないのですが、この後も馬の状態に合わせて調整を進めていきます」(NFしがらき担当者)


老化現象の1つに回復が遅くなるというのがあり、実際わがジーサンズがそうなっているわけですが、この馬も早々とジーサンズの仲間入りなんですかねえ。

シーリア
NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週木曜にこちらへ到着しています。北海道からの輸送後ですから軽めのキャンター程度でゆったりと動かしているところですが、体調などは特に問題ありません。今週後半から普通キャンターを始めて、反動がなければ少しずつペースを上げていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


ゲート試験は受かってますので馬房が空きしだい入厩→ほどなくデビューでしょう。何週目になるかはわかりませんが10月京都デビューが濃厚のようです。願わくは福永で。そしてミルコはパスで願いたいものです(主観的とはいえちゃんと理由もあります)。

レッドシルヴィ
9月17日レース後コメント(6着)
三浦騎手「折り合い面などはしっかりしていて、道中はハミを程よく取ってくれてスムーズでしたね。ペースが遅かったので、1番人気が上がって行った時に連れて上がって行っても良かったですし、テンから一か八かポジションを取りに主張しても良かったかも知れません。外目を回って来たので直線では馬場の良いところを通ってきてはいるものの、前で競馬していた馬たちは楽に競馬していた分、決め手の差でやられてしまいましたし、最後も併せる馬にできず1頭で走る形になったのも良くなかったと思います。今日は中途半端な競馬をしてしまい、馬に申し訳ないです」

鹿戸調教師「ペースが遅かったですし、もう少しポジションを取りに行っても良かったと思います。馬体重は大きく減っていましたが、前走が大きく増えての出走でしたし、今日は体が絞れて状態は良かったので、何とか権利は取りたかったのですが上手くいきませんでした。もったいない競馬をしてしまいすみません。この後は馬の状態を見て決めさせてもらいます」


ここからは日月のレース言い訳反省も含めて。
おそらく鹿先生はなんも指示してないでしょうから、そうであればコーセイは出たなりで競馬します(付き合い長いからそれくらいわかります。鹿先生はわかってないようですが)。そこでコメントにあるような反省となるんでしょうがこれは鹿先生が悪い。次もコーセイに続けて乗ってもらって反省を生かしてほしいところですが果たして?

レッドジェノヴァ
9月17日レース後コメント(2着)
戸崎騎手「馬場は緩かったですが、脚を取られる事もなく、返し馬からフットワークは良かったです。スタートしてからは出たなりの位置で運べましたし、馬場を考えてあまり後ろになり過ぎないように気を付けました。折り合いは問題ない馬なので、道中でしっかり抱えることが出来たおかげで、終いも弾けてくれましたね。ただ、直線に入ってからは、いつでも脚を使える状態だったのですが、前がなかなか開かず待たさせる形になってしまって。追い出してからは切れる脚を使ってくれたのですが、そこでロスがあった分届きませんでした。勝てた内容だったのに、もったいない競馬をしてしまい、すみませんでした」
小島茂調教師「直線までは上手く立ち回れましたが、1番人気でマークも厳しく直線ではスペースがなかった。追い出すまで時間が掛かってしまった分の差ですね。普通に追えていれば突き抜けていたと思います。結果を出せず申し訳ありませんが、今日のような重馬場で走れた事と、溜めれば切れる脚を使えたのは収穫だと思っていますし、今日の敗戦が次のレースに繋げられるように、この後もしっかりやらせていただきます」


というかつまりそうなら先に抜けてくるという手もあったと思うのですが…。心配なのはこれで変にために行ってしまうこと。シンクリの子なんですからそんな切れるはずないですからねえ。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、9月18日(月)阪神11R・仲秋S・混合・芝1400mに松山騎手57kgで出走。12頭立て6番人気で6枠8番から平均ペースの道中を2、2、2番手と進み、直線では内を通って0秒8差の10着でした。馬場は稍重。タイム1分22秒1、上がり35秒7。馬体重は増減無しの482kgでした。
・松山騎手 「リズム重視で可能ならば前々で進めて欲しい・・・との指示でした。無理なく2、3番手を取れたものの、緩んだ馬場を気に掛けて走り辛そうに。脚を取られて何度もバランスを崩すような感じで・・・。最後は余力を失う格好。申し訳ありません」
・高柳調教師 「ある程度は先団で・・・とジョッキーに注文。あまり切れるタイプと違うのに加え、斤量も背負っていましたからね。リクエスト通りに乗って来てくれたものの、今回はコース状態が大きく影響を及ぼした印象。一息が入って馬体に幾らか緩みも生じていたかも知れません。レース後の様子を確認してから新たなプランを検討する方針」
≪2017年9月18日 阪神11R 仲秋S(3歳上1600万下)(混) 芝1400m 稍重 12頭≫
1着サングレーザー   54福 永 1.21.3    (  11・11・11)34.0 474kg-8kg
2着ビップライブリー  57和田竜 1.21.5 1.1/4(  4・3・4)35.0 450kg-8kg
3着ペガサスボス    55中 谷 1.21.5 首  (  6・7・7)34.7 518kg-6kg
10着ロードセレリティ  57松 山 1.22.1    (  2・2・2)35.7 482kg 0kg


意外や意外道悪を敗因にあげてきました。道悪ってもやや重発表だったんですがねえ。いいスピードはある馬ですがコーナーリングといい走りはどんくさい馬なのかもしれません。

ここからは通常の更新

メロウハート
メロウハートは、9月26日(火)船橋・ファンシーレイン特別・交流競走・ダート1800mに特別登録を行なっています。9月18日(月)重の美浦・坂路コースで1本目に66.2-48.9-31.5-14.4 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。
≪調教時計≫
17.09.18 助手  美南坂重1回     66.2 48.9 31.5 14.4  馬なり余力 坂路コースで入念


なんとスーパー未勝利ではなく交流戦に行くとのこと。スーパー未勝利よりは相手は落ちるかも出るJRA馬はみんなそう思ってるはずですしどうですかねえ。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500m。
・当地スタッフ 「先週と同様のパターン。ウォーキングマシンのみの場合は午前、午後に60分ずつ歩かせています。両前脚に生じた疲労は段々と緩和している一方、良化度合いはスローですね。しばらくの間は緩み過ぎないぐらいに止め、観察を続けましょう」

この馬もスローダウン、困ったもんです。

さてあと一頭ロードブレイク
ロードブレイクは、9月17日(日)盛岡3R・サラ系C2九組・ダート1200mに山本政聡騎手56kgで出走。8頭立て2番人気で6枠6番から道中を3、1番手と進み、直線で突き放して1秒1差で優勝。2勝目を飾りました。馬場は良。タイム1分12秒2、上がり36秒3。馬体重は2kg増加の489kgでした。今後は中央競馬への再登録へ向けたスケジュール調整に入ります。詳細は決まり次第、書面にてご案内を申し上げます。
≪2017年9月17日 盛岡3R サラ系C2九組 ダ1200m 良 8頭≫
1着ロードブレイク   56山本政 1.12.2    (    3・1)36.3 489kg+2kg
2着レオフェアリー   54村上忍 1.13.3 7  (    4・4)37.3 483kg-9kg
3着ヤマニンアルバス  52鈴木麻 1.13.8 3  (    1・3)38.2 450kg-7kg


残念ながら2勝でもどってくるようです。このレベルでは中央では通用しないと思いつつ、実はダートで覚醒したのかもとも思えます。どうしたものかと…悶々
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 21:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(9/15)

将軍様のご乱心とかコワタ家の不祥事とか休場ばかりの秋場所とかいろいろニュースはあるのですが子供のころ「天文学者になりたい」と書いた拙としてはこのニュースを選びました。

<土星探査機>カッシーニ20年の任務完遂 大気突入
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6254182

予定以上に働いてくれているそうですが、最後にコントロール不能になって生命の可能性のあるタイタンとかに突っ込むよりはということでこの時点で生命の可能性のないJupterに突っ込むことにしたそうです。
マーズパスファインダーもそうですが20年の長きにわたって大きな故障もせずに作動したということ…やはりNASAは捨てたものではないんですねえ。そして20年もたてば観測陣も1世代か2世代は変わってるはずですがちゃんと技術継承できているということも。
日本は技術大国と言われてますがまだまだだなあと思います。

レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。
今は歩様もしっかりしていて、疲れから来た浮腫みもほとんど出ていません。右側の背、トモに少し張りはありますが、この馬としては良い方なので、この後もケアしながら入厩に向けて乗り込んで行きます。馬体重468キロ。
※来週か再来週、美浦トレセンに帰厩予定。


新潟使う気ならそのくらいで戻さないといかんでしょうね。(そっけない反応)

レッドウィズダム
(吉澤ステーブル)
直線砂馬場1本。507キロ。
牧場スタッフ「今週もBTCの屋外直線ダート1200mのコースで、18-18のペースで乗っています。ペースは同じですが、乗り込みを進めてきているので、体は徐々に絞れて来ています。運動中のトモの入りも良化していますし、動きも良いですよ。状態も上がって来ているので、今週末かは来週から15-15に上げようと考えています」


もうちょっとかかりそうな感じですね。10月の後半か11月ですかねえ。

ところで今東サラでもっとも注目を集めている馬レッドシャンクスですが、本日安楽死になったようです。
私は決してこの先生は好きではないですし、結果からいえば会員にムダ金使わせたことになるわけですが、結果論でかたりたくありませんので馬房を長期間にわたって1つをつぶすというデメリットを承知しながらもなんとかしようした先生の努力は評価してあげたいと思っています。ただこの馬を骨折させた経緯については大いに反省してくださいね。

| 現役馬近況 | 22:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(9/14)

今日あったとあるヤキューの結果報告、「3-8で惜敗し(以下略)」…私生まれて初めて3-8を「惜敗」と表現する記事を見ました。
事実をきちんと伝えないと裸の王様になりますよ。

シーリア
NFしがらき
14日にNFしがらきへ移動しました。

もうちょっと置くのかと思ってたら早々としがらきに移動でしたね。まああそこに置いといてもいいことはありませんが。

レッドシルヴィ
(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので曳き運動での調整でした。運動中も集中してしっかり動けていましたし、歩様も良かったので、今のところ追い切った反動はありません。飼葉の食いも完食まではいきませんが、この馬なりに食べてくれていて、状態面も安定しています。良いリズムで調整できているで、良い走りを期待しています」


月曜のレースに出走決定、コーセイは復帰後調子いいですし何とかしてくれないものかと。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
※今週16日(土)阪神12レース・3歳上500万下(牝)芝2000mに藤岡康騎手で出走します。
助手「追い切り後もまったく変わりありません。体調も安定していてカイバ食いも良好。ある程度軌道に乗ってきた感じがします。ひき運動中に体重を量ったところ478キロありました。骨格などを見ても、もともとこれくらいあっていい馬ですが、さらに大きくするためにはしっかり運動して筋肉をつけていかなければなりませんね。レース前日のあすは角馬場で運動して体をほぐす予定です。ゲート練習を積んできたと言ってもスタートはそこまで速くないでしょうけど、長くいい脚を使うタイプなので、ほかの馬と五分に出て、後ろすぎないポディションで流れに乗ってもらえればと思っています」


これも予定通りのレース。とにかくスタートがカギになりますがコータならまくりもあるかな。

レッドジェノヴァ
(小島茂厩舎)
マシン運動。
小島調教師「昨日追い切ったのでマシン運動60分のメニューで調整しています。先週は追い切り後に右前にソエが出ましたが、今回はソエも治まっていますし、患部を触診しても痛がる事もありませんでした。昨日の夕方と今朝の飼葉を少し残していましたが、体温は平熱ですし、馬体を入念にチェックしましたが、不安らしい不安もないので予定通り今週使います。未勝利を勝っているコースなので、チャンスは十分にあると思います」
※馬体重は490キロ。


相手も前走負けてるヨシノザクラ(ルメ→コーセイ)くらい、ここはチャンスだと思います。あとはケータが積極的に乗ってくれることを祈るばかり。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、9月18日(月)阪神11R・仲秋S・混合・芝1400mに松山騎手57kgで出走します。9月14日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン51.2-37.1-13.2 6分所を直線強目に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を2秒0追走して1秒0先着。短評は「力強い伸び脚」でした。発走は15時35分です。
・高柳調教師 「9月14日(木)は直線で仕掛けて好内容。帰厩後は良化が幾らかスローに映りましたが、キッチリ仕上がった印象です。前走は不得意な中京だった部分を考慮すれば、悲観するような内容ではありません。右回りに戻る今度は巻き返しが可能でしょう」
≪調教時計≫
17.09.14  伴  美南W良          51.2 37.1 13.2(6)直強目追う 力強い伸び脚
         サトノオマージュ(古馬500万)一杯の内2秒0追走1秒0先着


これも月曜日のレースに出走決定。豊明Sの時よりはくみしやすそうな気がします。人気はあまりなさそうですが一発あるかも…あってほしい。

メロウハート
メロウハートは、9月18日(月)中山・3歳未勝利・牝馬限定・ダート1800mを除外されました。9月14日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン52.1-38.2-13.4 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では直線強目の相手の外を0秒7先行して0秒2遅れ。短評は「遅れも余裕残し」でした。目標を切り替えて9月23日(土)中山・3歳未勝利・ダート1800mもしくは9月24日(日)中山・3歳未勝利・混合・ダート1800mに予定しています。
・高柳調教師 「変則開催で本番が月曜日である部分を踏まえ、9月14日(木)に三浦騎手が乗って追い切りました。前走後は一頓挫を挟んだとは言え、十分に力を出せる状態でしょう。ただ、思ったよりも希望馬が多い様相。除外の場合は来週へスライドしましょう」
≪調教時計≫
17.09.14 三 浦 美南W良          52.1 38.2 13.4(7)馬なり余力 遅れも余裕残し
         ロードセレリティ(古馬1600万)直強目の外0秒7先行0秒2遅れ


あまり拙が空いているわけではないのでどうかと思いましたがやはりヒチューセン除外でした。でも除外馬3頭ですから来週には出れるかな。
どうでもいいですがロードセレリティはいったい誰と併せたんでしょうね?

| 現役馬近況 | 20:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(9/13)

今宮古島のあたりにいる台風18号、わざわざ3連休の時をねらって日本縦断してくれるようで迷惑この上ないですね。うちの実家の神社は3連休の時がお祭りなんですがどうするんだろ。あと今週大量出走予定のわが軍も。

レイズアスピリット
NF空港
週3日は屋内坂路コースでハロン13~16秒のキャンターを2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。
「この中間も状態に合わせてじっくり乗り込みを図っています。いい意味で変わらず負荷をかけることができているので、本州移動に向けてキッチリ態勢を整えていければと思います」(空港担当者)


六社Sから逆算すると来週あたり移動でしょうかね。今回は10Aに長居することなく入厩だと思います。

ルヴォワール
NF天栄
13日にNF天栄へ放牧に出ました。
「先週は良い結果とならずに申し訳ありませんでした。レースだけを言えば、出遅れが痛かっただけで力で劣っているとは思わない内容だったと思うんです。むしろあの形から最後によく来たなと思えるものだったので、悲観はしていません。春の舞台に立てなくなった時に秋華賞に行きたいと思っていたのでそれが叶わず悔しく、また申し訳なく思うのですが、大事に接することで馬がしっかりしてきてくれさえすれば、先々で良い舞台へ連れていってくれると信じたいですね。レース後ですが、左前脚の球節の前っ面に傷をつくって腫れてしまっています。以前からそうですが、本当に傷に弱いですね…。根本的な体質面の弱さということにつながるのでしょうから、やはり時間をかけるべき馬なのだろうと感じました。抗生剤を入れて落ち着かせたうえで今日放牧に出させていただきます。今後のことに関しては現時点で未定ですが、体調を見ながらゆったりとした条件をメインにして考えていければ理想的ですね」(手塚師)


やはりというかなんというか…ただでは済まない馬ですなあ。傷の部位から今回は自傷ではないと思いますが。仕方ないとは言いたくないですが仕方ないというしかないですね。
ところで手塚先生のコメント、この間の消極的な戸崎に苦言を呈したレースコメントもそうだし、いつも私の思いに近いんですよねえ。レース前は泣きまくるところも(笑)

シーリア
NF天栄
13日にNF天栄へ移動しました。タイミングを見てNFしがらきへ移動する予定です。「坂路でハロン14~15秒のところまで取り入れても状態は変わりなく推移していましたので、このタイミングで本州へ移動させることになりました。まずは天栄へ移動していますが、この後はしがらきで栗東入厩に向けて態勢を整える予定と聞いています」(早来担当者)


「近々」と言われてはいましたが突然移動でしたね。10Aは中継ですぐしがらきへ移動と思いますがそこからどのくらいかかるかですね。10月の3連休にはデビューしないと思って予定を入れてるのでそこではデビューしてほしくないのですが。

レッドシルヴィ
(鹿戸厩舎)
ダートコースを半周後、ウッドコースにて併せ馬で追い切り
9/10(日)ウッド 55.6-41.1-13.4 馬なり
9/13(水)芝 68.3-53.0-39.6-13.2 馬なり 
助手「ウッドコースで追走の形でしたが、テンの出だしからスムーズで道中も良い感じで走っていたのですが、馬場が悪かったこともあって、ボコボコした馬場を気にしながら走っていました。そこまで力がある方ではないですし、加速にも時間を要しましたが、ゴール板を過ぎてからも向こう流しまでしっかりやったので、負荷は掛けられたと思います。息遣いなどもそこまで気になりませんでした。レースにいって良馬場なら走りも変わってくるはずですよ
鹿戸調教師「馬場状態が悪く脚を取られてしまいましたが、ゴール板を過ぎて2コーナー辺りまで走らせましたので、動かす事はできたと思います。体調はいいですし、追い切ったことで仕上がったと思うので、予定通り今週の中山を三浦騎手で使います」


でも台風が直撃しそうなんだよねえ。3日目には抜けてくれることを祈るのみ。ちなみにコーセイは前日は敵に乗る模様。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 藤岡康J 53.1-39.0-25.8-12.9 強め
外ベルフロレゾン一杯に0.2秒先着
※今週16日(土)阪神12レース・3歳上500万下(牝)芝2000mに藤岡康騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。
藤岡康騎手「2歳馬との併せ馬でした。1馬身ほど後ろから追いかけて、残り2Fの地点から併せる形。馬場が悪かったので、何度か脚をとられかけましたが、促した分はしっかり動いてくれました。いい動きだったと思います。ゲートに関しては厩舎のスタッフさんが金曜日に確認してくれたそうですが、先週水曜日の発馬練習でしっかり出したので、もう十分ではないでしょうか」
助手「先週金曜日のゲート練習では枠内で多少ソワソワするだけだったので縛らず、駐立の確認だけにしました。ジョッキーと相談したところ、これ以上練習しても逆に刺激を与えてしまうことになりかねないということだったので、このままの状態でレースに臨むことになりそうです。体重はきのうの計量で482キロ。今回は最終レースなので競馬場に到着してからの体重管理が難しいですが、今の感じなら前回と同じくらいで出走させられそうですよ」


アドマイヤミヤビがエビハッショーで回避だそうですのでローズS出走の可能性が多少は出てきたのですが、コメントでは一切言及せず。少なくともなぜローズSに登録したのかぐらいは語ってほしいですね。馬はとにかくゲートにつきそうな感じです。

レッドジェノヴァ
(小島茂厩舎)
角馬場運動後、ウッドコースで併せ馬で追い切り
9/9(土)坂路 53.8-39.2-25.5-12.5 馬なり
9/13(水)ウッド 戸崎J 54.8-40.6-13.3 馬なり
戸崎騎手「前に2頭を置いてそれを追走する形から直線は内に入れて3頭併せ。最後は真ん中の馬と抜け出す感じになりましたが、操作がしやすい馬ですし、重たい馬場の中でもバランス良く走れていました。レースを続けて使っているので、息遣いも気になりませんでした。これまでは先行する競馬をしていますが、乗った感触としては、後ろから溜めても終いを活かせそうに感じました。テンションも程良い緊張感があって悪くない状態にありますし、追い切りに跨って良いイメージを持つ事が出来たので、良い結果を出せるように頑張ります」
小島調教師「前走後、福永騎手から、『レースに乗る前は切れるタイプではないと思いましたが、レースでは前目で競馬した割には脚を使えていたので、溜めればもっと切れる脚を使えるかも。次走で乗る騎手にはそういった点も含めて稽古で感触を確かめてもらってからレースに向かった方がいいと思います』との事でしたので、今日はレースで騎乗する戸崎騎手に感触を確かめてもらいました。戸崎騎手も、『折り合い面に苦労するところもないですし、前でも溜めてもレースは出来そうですね』と福永騎手と同じような意見でしたね。動きに関しても馬場が悪い中でも加速はスムーズでしたし、終いも余力残しでした。体調面も変わらずいいので、よい結果を期待しています。今週日曜の中山・汐留特別(芝2000m)を戸崎騎手で使います」


ちゃんと戸崎が乗って追い切りました。これで戸崎確定でしょう。あとは戸崎には強気に乗ってほしいところ。F永ほどではないにせよ、この人も叱られないよう無難に乗るところがあるからなあ。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、9月13日(水)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。
・笹田調教師 「準備OK・・・との報告。9月13日(水)に再びトレセンへ連れて来ました。本来、ゲートは大人しいタイプ。ただ、実際に制裁を受けた訳ですからね。改めて一通り確認しないと何とも言えぬところ。まずは実際に跨って感触を確かめましょう」


帰厩しましたが、まずゲート試験が必要なんですよね。とはいえ気性の悪い馬ではないから問題はないでしょう。ゲートで寝ようとさえしなければね(苦笑)。

ところでこの2頭
ロードセレリティは、9月18日(月)阪神・仲秋S・混合・芝1400mに松山騎手57kgで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では出走可能です。9月12日(火)重の美浦・坂路コースで1本目に65.2-47.9-30.9-14.9 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。現在は美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションは良い意味で安定しており、9月14日(木)に追い切りを行なう予定です。
※厩舎関係者の談話は9月14日(木)にお伝えします。
≪調教時計≫
17.09.12 助手  美南坂重1回     65.2 47.9 30.9 14.9  馬なり余力 坂路コースで入念

メロウハートは、9月18日(月)中山・3歳未勝利・牝馬限定・ダート1800mに三浦騎手54kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位17番目、同順位6頭で除外対象です。9月12日(火)重の美浦・坂路コースで1本目に66.2-48.7-31.9-14.6 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。現在は美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションは良い意味で安定しており、9月14日(木)に追い切りを行なう予定です。
※厩舎関係者の談話は9月14日(木)にお伝えします。
≪調教時計≫
17.09.12 助手  美南坂重1回     66.2 48.7 31.9 14.6  馬なり余力 坂路コースで入念


確かに厩舎は同じですが…定型文ですな。メロメロはやはり除外対象のようです。来週でもコーセイ確保できるかなあ。

| 現役馬近況 | 22:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(9/12)

虎さんチームの二軍監督掛布の今季限りでの退任が発表になりました。私はよくわからないのですが二軍監督としては評判が良いようなんでなぜ?というところですが、どうやら一軍監督の意向みたいです。
はて? 掛布は一軍監督が三顧の礼で迎えたんじゃなかったっけ?と思うのですがどうやら育成方針の違いらしいです。
一軍監督は自分がそうだったようにハードトレーニングを求め、ハードトレーニングで一流になった掛布にお願いしたらしいです。ところが掛布は自分の現役時代とは裏腹に自主性を重んじる方針、それが一軍監督の気にいらなかったとか。
だとすれば、就任時から危惧してたことではあるのですが、一軍監督の人、ものすごく器が小さいですなあ。「自分がこうだったからこうしろ」ってのは指導者が一番やっちゃいけないこと、そのせいで赤星は選手寿命が縮んだと思ってるくらいですからね。
に捨ても…不満があっても何も言わず退任する掛布、若いころはハチャメチャやってた人ですがオトナになりましたなあ。一軍監督の人にも早くオトナになってほしいものです。

レントラー
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も周回コースと坂路での乗り込みが続けられています。先週とペースはほぼ変わらずハロン17~18秒ペースで動かしているところですが、やはりまだ疲れは残っている状況ですので、もうしばらくは無理のない程度に進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


復帰が遅れれば遅れるほど信濃川特別使うべきじゃなかったと思うんですがねえ。jこの先生。レントラーの適性をどう見てるのだか小一時間問い詰めてみたいところです。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。9月13日(水)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。
・当地スタッフ 「9月6日(水)にハロン15秒のペースで走らせました。反動が出ていない部分を踏まえ、9日(土)には普通キャンターをこなす形。ピッチを速めた後は気負いが抜けてイイ感じですよ。笹田調教師と話し合い、13日(水)の帰厩が決まっています


ここで戻すということは大山崎特別…と言いたいところですがこのレースはなぜか1200戦になってしまいました。その前後に平場の1400戦があるからそこでしょう。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500m。
・当地スタッフ 「15-15を試そうと考えていた矢先に両前脚が疲れ気味。無理を強いることでアクシデントを招かないように、大事を取ってケアを優先するメニューへ切り替えています。現在は1日置きに角馬場へ通うスタイル。様子を見ながら徐々に進めましょう」


ちょっと強くするとこうなる…頭痛が痛いですなあ。サッカー母ちゃんの子は体質が弱いわけではないんですがねえ。

あすキャロットは一次申し込み結果が発表になります。私は4頭とも抽選と予測しておりますがどうなるでしょうか?

| 現役馬近況 | 21:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

なんだかなあ

コルディスがローズSに登録してきました。

1000万下でも抽選で500万下ではおよびでない! らしいですが。

仮に出られたとしてもさすがにそれは無理かと。

| 現役馬近況 | 19:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(9/8)

今週、重賞紫苑Sに出るルヴォワール、重賞で枠が広がるとはいえ勝つ可能性もありダメだろうなと思いつつ応募したらなんと20/55に当選という私にはあるまじき事態に。うーーーーん無駄に運を使っちゃったなあ。
金曜日は東サラ休養馬の日ですので、今入厩していない馬2頭のみ。

レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。馬体重468キロ。
担当スタッフ「体重は増えてはいませんが、毛艶も良く、馬体にも張りがあってフックラして来ています。歩様にも硬さはありません。背腰も少しずつしっかりして来ているので、この後もケアしながら入厩に向けてしっかり乗り込んで行きます」


静観!

レッドウィズダム
(吉澤ステーブル)
直線砂馬場1本。522キロ。
牧場スタッフ「今週もBTCの屋外直線ダート1200mのコースで18-18ペースで乗っていますが、先週に比べてトモの入りは徐々に良くなって来ています。ただ、まだペースを上げてびっしり攻めるわけにもいかないので、緩め過ぎないようにある程度の緊張感を持たせた形で調整できればと思います。骨瘤も痛みもないので、休まずに乗っていくつもりです」


この馬も休みが長くなってるのですがもうしばらく戻す気はないようです。この馬もなんか隠蔽されてるような気がしてきましたが。

| 現役馬近況 | 23:14 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(9/7)

W杯予選最終戦、すでに出場を決めている日本にとっては消化試合、オーストラリアには悪いけどここはいろいろなことをテストする機会でいいはずです。よってオーストラリアとメンバーを4人入れ替えて臨むというのはあながち間違っていないわけで、結果がでなかったということは少なくとも本田とか本田とか本田とかはハリル監督のコンセプトにはあっていないと考えることができるわけです。
「なぜコンデションの悪い選手を使った?」と騒ぐ銀髪の爺さんはほっときましょう。うまくいかなければ監督の責任なんですから監督のやりたいサッカーをすればいいのです。そういう点では監督のやりたいことを一応は是として意見を述べている金田氏が一番好感が持てるかな。

レイズアスピリット
NF空港
週3日は屋内坂路コースでハロン13~17秒のキャンターを2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。
「9月中の本州移動へ向けて、この中間もじっくり乗り込みをこなしています。こちらで重点的に背腰をケアしたことで状態はだいぶ持ち直しているように思いますから、何とか結果につながってほしいですね。馬体重は510キロです」(空港担当者)


なんだか今まで隠ぺいしてただけで実は「背腰の状態は重篤な状態だった」という気がしてきました。でなければ北海道まで戻すなんていままでなかったですものね。6月に使ったのも夏弱い馬だからと無理やり使ったのかもしれません。まあ六社Sには向かうんでしょうがその結果とその後の状況によっては次のことを考えるべきときかもしれません。

シーリア
NF早来
トレッドミルでの調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によって坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。
「調教を進めても状態は安定していますし、この中間はさらにペースを速めて乗っていますよ。今後の状態次第ではあるので流動的ですが、早ければ2週前後のタイミングで本州へ移動させることも検討しています」(早来担当者)


お得意の「ツアーが終わったら即移動」加と思いましたがそうでもなかったですね。私は1週目の牝限戦とみていたのですがもっと遅くなるという情報も。

レッドシルヴィ
(鹿戸厩舎)
北のダートコースを1周
三浦騎手「今日はダートコースで軽めに乗りましたが、テンションもそこまで上がって来ているような感じはありませんし、追い切り後の反動も見せずに、出掛けの歩様もしっかりしていました。今日乗った感触は悪くないので、この後もしっかり気持ちを整えて、予定のレースに向かいたいと思っています」


久しぶりにコーセイのコメント、この馬に乗ったのは初めてかもしれませんね。気難しい馬だからヤネを固定したいところ、コーセイで固定できるといいんですが。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 55.3-39.2-25.3-12.5 馬なり
助手「追い切りは単走でサッと。以前はハミにさからうような感じで伸びて走っていましたが、だいぶタメが利くようになってきました。体もよく動いていますし、順調にきていますよ。あすはゲート練習にあてて週末は坂路を60秒くらいで乗りますが、来週予定している坂路での追い切りは藤岡康騎手にお願いするつもり。レースが近いのにまだちょっとのんびりしたところがあるので、スイッチを入れるためにジョッキーにきっちり動かしてもらいましょう。カイバはしっかり食べているのに体がふくらみづらい状況ですが、フラットワークで長い時間、長い距離を乗ることが影響しているかもしれないので、調整メニューを見直して体の成長を促していくことにしています」
高橋忠調教師「帰厩当初に比べたら、だいぶ落ち着きが出てきたように思います。馬房で揺れる仕草は変わりませんが、担当者の努力もあって馬体を減らさずに推移できています。きのう藤岡康騎手にゲートの確認をしてもらったところ縛ったことで、ゲート内では落ち着き払って逆に出なかったということでしたが、ゲート内で落ち着いているほうが絶対にいいので、縛った効果はあったとみています。もちろんレースでいいスタートを切らないことには成功したとは言えませんけどね。ここまでは順調にきているので予定どおり来週の阪神2000m(牝)に向かいます」


こちらは義忠先生が登場、この馬も騎手を固定したほうがいいと思うんですよね。コータならコータにこだわってもいいと思うんですが。

レッドジェノヴァ
(小島茂厩舎)
乗り運動
助手「今日は追い切った翌日なので、森林馬道を乗り運動で調整しています。少し右前にソエが出ていますが、患部を触っても痛がる素振りはありませんし、歩様にもスムーズさがうかがえますね。飼葉も安定して食べてくれていて、馬体重は494キロです。ここまでは順調に進められているので、今週末と来週追い切ればレースには良い状態で送り出せそうです」


戸崎を確保してるということは勝負気配なんでしょう。あとはうまく調整していったほしいところ。

そういえばシルヴィがずれたことで東サラは3連休に1頭ずつ出走になるんですね。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、9月7日(木)稍重の美浦・ウッドチップコースで6ハロン82.8-67.8-52.9-38.7-13.1 6分所を末一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒7追走して0秒6先着。短評は「意欲的な攻め内容」でした。9月18日(月)阪神・仲秋S・混合・芝1400mに松山騎手で予定しています。
・高柳調教師 「9月7日(木)は余裕を持って追い抜く形。ラストに重点を置き、スピード感溢れる動きを見せていました。ジワジワと良化を遂げており、来週には準備が整いそうな状況。乗り役について検討を重ねた結果、松山騎手との初コンビが決まっています」
≪調教時計≫
17.09.07  伴  美南W稍     82.8 67.8 52.9 38.7 13.1(6)末一杯追う 意欲的な攻め内容
         サクラフローラ(古馬1600万)馬なりの内0秒7追走0秒6先着


コーヘイねえ、G1ジョッキーになったせいか以前よりはマシな騎乗してくれるようにはなったけど…どうでしょうか?

メロウハート
メロウハートは、9月7日(木)稍重の美浦・ウッドチップコースで4ハロン51.0-37.3-12.6 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒4追走して0秒4先着。短評は「力強い伸び脚」でした。9月18日(月)中山・3歳未勝利・牝馬限定・ダート1800mに三浦騎手で予定しています。
・高柳調教師 「9月7日(木)はジョッキーを背に約52秒で回って来ました。楽な手応えでパートナーを抜き去るなど、相変わらず稽古の動きは申し分ありません。脚元の具合が安定している点も喜ばしい材料。このまま目標に照準を合わせて仕上げを進めたいです」
≪調教時計≫
17.09.07 三 浦 美南W稍          51.0 37.3 12.6(8)馬なり余力 力強い伸び脚
         フラマブル(古馬500万)一杯の内0秒4追走0秒4先着


問題は出られるか?ですけどね。

来週は3連休とはいえ5頭が出走予定ですなあ。整理すると
土曜 阪神コルディス(コータ)
日曜 中山ジェノヴァ(ケータ)
月曜 中山メロメロ(コ-セイ)、シルヴィ(コーセイ) 阪神セレリティ(コーヘイ)
ん? 月曜日は2頭ともコーセイなんですね。

| 現役馬近況 | 23:57 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>