Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(5/26)

レッドソックスが1試合最多20奪三振 誤審で達成

どういうことかと言いますと16奪三振で迎えた9回、普通なら3者連続三振でも記録達成は不可能だったのですが、1人誤審で振り逃げと判定されたため(記録上振り逃げは三振とカウント)、1イニング4奪三振となり記録に並んだようです。なんだかなあ。

レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、ダクとハッキング15分。馬体重469キロ。
担当スタッフ「先週末に移動して来ました。獣医にチェックしてもらったところ、右半身に張りがあって、歩様にも硬さがあるので、今は痛み止めを飲ませながら軽く乗っています。今週いっぱいは様子を見ながら進めて行きます」


続けて使いたくても結局そうなるんですよねえ。もうそろそろ考えてもいい頃かも。

レッドシルヴィ
(山元トレセン)
担当スタッフ「東京で続けて使った後はかなり疲れがあったようでしたが、その頃を考えればすっかり硬さも取れましたし、ここにきて問題なく乗り込めるようになりましたね。乗り出し開始後も引き続き順調に進めることができています。馬体重は464キロ。このペースでピッチを上げていければ来月末あたりの入厩も視野に入ってきますし、そこまでは無理をせずにじっくり進めていきたいと思います。函館の最後に牝馬限定の芝2000mが組まれているので、当面はそのあたりを目標に進めていくことになりそうです」


ちょっと待って! Play Back! Play Back!

2016.06.18
6月18日レース後コメント(10着)
四位騎手「すいません、読み間違えました。もっと前でやり合って速くなるかと思ったのですが、先頭だけで後は落ち着いてしまいましたね。徐々にに上がっていくイメージだったのですが…ただ、あれで最後全然脚を使えないことを考えると、こういう馬場よりもっと軽い馬場のほうがいいかもしれません。少し噛みそうな感じはありましたが、我慢してくれていたので、もっと脚を使えるはずですからね。とはいえ、うまく力を引き出してやれず、すみません」
鹿戸師「後ろすぎたのはそうですが、あれで最後に脚を使えないあたり洋芝は合わないのかもしれません。血統的にはこなせると思ったのですが、まだ力を付けている途中ですからね。来週放牧に出して、次は新潟あたりを考えたいと思います」


鹿先生、去年遊楽部特別の後こういってますよね? なのになぜまた函館? 
ただいま格付け審査委員会への回付が決まりました。

レッドコルディス
(三重ホーストレーニングセンター)
マシン調整。
牧場スタッフ「到着後はおとなしいしカイバも残さず食べてくれています。とても扱いやすい馬ですね。高橋忠調教師からまずは疲れを取って体をふくらませてほしいとオーダーがあったので、今週いっぱいは60分のマシン運動にとどめて馬体の回復を優先することにしました。乗り出すのは早くて来週月曜日からになりそうです」


某掲示板では「秋華賞はどうでもいいから体を戻せ」という意見がありましたが、秋華賞はどうでもいいと思ってるかは別としてやはり体が減りすぎと思ってたようですね。とはいえ500万下ではトライアルでるのもままならないでしょうからふどこかで1つ勝たないといけないのも事実。

レッドジェノヴァ
(山元トレセン)
担当スタッフ「引き続き、トレッドミルでの運動と周回コースと坂路を併用のメニューで順調に乗り進めています。昨日は坂路で終い13秒台後半まで伸ばしてみましたが、いい動きを見せていましたし、このまま問題なく進めていけそうです。休ませた分、トモに緩さが見られましたが、この1本で変わってくるのではないかと考えています。この後は函館で使うことになりそうですが、気性面の成長も考えると後半の開催での出走となりそうですね」


今一つ方向性が見えなかったこの馬ですが函館に行くようです。田辺君は福島だろうから乗り替わりですかねえ。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 20:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(5/25)

ダービーの枠順が確定しましたね。500万下でもでられたオークスとは反対に今年のダービーは1000万下でも無理という状況だったせいか、ダービーにしては19頭と菊花賞並みに登録馬が少なかったのですが、オークス同様誰も回避しなかったため19番目のサトノクロニクルが非抽選除外になりました。まあこれがダービーなんでしょうね。

本日は物議を醸す更新があったのですがそれは明日にとっておきます。

エルマンボ
NF早来
軽めの調整を行っています。「除外によって目標を切り替えざるを得ないことになって先週こちらへ戻って来ていますが、トレセンにいる際に気になる箇所があったようですから、まずは軽めに動かしつつ慎重に状態をチェックするようにしています。今後に関しては函館開催を視野に入れているものの、堀調教師としっかりと相談しつつ方針を固めていきます」(早来担当者)


というわけでこの間までいた早来にもどされました。堀先生としっかり相談して方針を固めてくださいね。

レン某
松永昌厩舎
24日に栗東トレセンへ帰厩しました。
「少し時間をいただいてこのタイミングで去勢手術を行い、その後も焦らず良化を待ちながらじっくりと調整してもらってきましたが、15-15程度の調教もコンスタントに行ってきているとのことで、昨日帰厩させています。今朝から軽く乗り出していますが、手術明けということもあってか、思ったよりもスッキリと仕上がっているなという印象です。番組は時計を出してみてから考えますが、阪神開催中には使う予定です」(松永昌師)


やはり阪神でつかうつもりですね。4週目の宝塚記念の日に2200戦がありますからそこじゃないかと思います。3週目の2000戦かもしれませんがね。この休養中にレントラーに戻ってることをひそかに期待してるのですが果たして?

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「追い切り後も変わりなく運動中も元気いっぱいでした。見た目はだいぶシャープになっているのですが体重が先週より4キロ増えて514キロと絞れていませんでした。重め残りは明らかです。カイバの量は減らしたくないので、ビシバシ調教してダイエットさせるしかありません」


見た目はシャープになってるのに絞れていないという不思議な発言、余り馬体重にこだわらない方がいいと思いますがねえ。亡くなった境先生だったら「目方を図るのは肉屋の仕事」と一蹴しそうですが。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、5月27日(土)京都11R・朱雀S・混合・芝1400mに藤岡佑介騎手57kgで出走します。5月24日(水)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン50.2-37.4-12.6 7分所を直線一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を1秒0追走して0秒4先着。短評は「追走先着に好感」でした。発走は15時35分です。

出走が決まりましたがレッドアヴァンセとかいてさすがに楽なメンバーではないですね。前走が勝負になりませんでしたから今回どこまでやれるかですね。

| 現役馬近況 | 22:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(5/24)

今週はダービーウィークということでNumberも恒例のダービー特集、いろいろな騎手ののインタビューが載ってましたがダービーに思い入れのある人、そうでない人とさまざまですね。同じ地方出身ジョッキーでもウチパクは思い入れがあってアンカツさんはないようですから(「僕からしてみればG1はすべてスゴイレース」だとか)、その人のパーソナリティーがあるんでしょうね。
そんななかで日本ダービーを取ったことのない騎手が3名、皐月賞馬にのるコーヘー、日本に来て日の浅いルメール、そして最後の1人が福永でした。キングヘイローのバ○逃げ、ゴール直後うなだれたエピファネイア、今一番ダービー勝ちたいと思ってるのがこの人でしょうね。今年は縁の馬グロ-ブシアターをブッチしてのカデナ、結果はどうなりますかね。

レイズアスピリット
上原厩舎
24日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒2-51秒6-37秒1-13秒4)。
「先週あたりから徐々にピッチを上げていますが、負担のかかりやすい箇所へのケアは入念に行いながら調整を進めていますし、追い切り後にもガクッと来ることはないのでまずまず順調に来ていると思います。今朝の追い切りは基本単走でしたけれど、前に馬もいる中でしたので、完全に1頭だけというシチュエーションではなかったんです。気持ちを集中させることもできましたし、最後までしっかりと走れていたかなと思います。来週は輸送が控えているのでややソフトな調教にする予定ですから、今日はしっかりとやっておきたいとも考えていたので、悪くない調整ができたと言えるでしょう。体は程よく締まってきていて追い切り後の計測で486キロ。あとはメンタル面、馬体面のバランスを考えながら整えるように調整してレースへ向かっていくようにするつもりです」(上原師)
6月4日の阪神競馬(グリーンS・芝2400m)に幸騎手で出走を予定しています。


6歳にして初の関西遠征を控えての調整、これがうまくいけば選択肢が広がるのですが…しあわせ君ねえ。G1の裏で騎手を選べる立場ではありませんがあまりこの馬に合いそうな気はしないのですが。

アプリコットベリー
NFしがらき
23日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週の競馬は4着に敗れたとはいえ、スムーズに折り合って終いはこの馬らしいしっかりした脚で差を詰め、力は見せた内容だったと思います。展開ひとつでこのクラスでも十分勝負になることは示せましたね。レース後は大きな反動は見せていませんでしたが、ここのところは放牧を挟みつつもコンスタントにずっと使ってきたので、少し間を空けてしっかりとリフレッシュさせたいと思います」(大久保師)


どうやら「しばらく休みますよ」宣言ですか。最後になる小倉か北海道で使ってほしかったのですがあくまで本州にこだわる気なのかな。何回も書いてますが牝限でなく条件にこだわってほしいのところですが。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 84.6-68.1-53.4-39.6-12.3 馬なり
中ドラゴンカップ馬なりを6Fで0.9秒追走、2F併せでクビ遅れ
外マウントハレアカラ馬なりを6Fで1.4秒追走、2F併せでクビ遅れ
助手「前2頭を見ながら追走し、直線は3頭で併せ馬の形に。4コーナーで最内を回って並びかけようとするときに周りの馬を意識してイヤイヤしていましたが、並んでからは自分からハミを取って気持ちよさそうに走っていました。スピードに乗ってからはパワフルで相変わらず長くいい脚を使っていましたよ。レースは来週なので急ピッチで仕上げにかかっていますが、汗をかくようになり体は思ったより早く絞れてきているようです」


レースは来週ですね。1倍台の人気が予想されますからしっかりお願いしたいものです。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎→三重ホーストレーニングセンター)
本日、三重ホーストレーニングセンターに移動しました。
高橋忠調教師「レース後も体調や脚元に異常はありません。予定では宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出す予定でしたが、競馬を終えたばかりで少しの間はのんびり静かに過ごさせたいと考え、一旦、三重県四日市市にある三重ホーストレーニングセンターへ移動させました。頭数も少なく、スタッフの目の届く範囲でやっている牧場で、コルディスが宇治に滞在しているときにお世話になっている厩舎長も週に1度は通っているところ。施設は違っても厩舎長の管轄内にあるので安心して任せられます。立ち上げまでのひと月ほどを三重で休養させてから宇治へ運んで調整することにしました。レース後に競馬会からゲートで立ち上がったことについて指摘があったので、夏のうちにこちらへ戻してゲート練習をしなければなりませんし、やはり自分の目の届くところに置いておきたいという気持ちも強いことが北海道ではなく近場を選択することになった要因でもあります。ご理解ください。長い休みではありませんが、この休養で心身ともに成長してほしいです」


先生のコメント100点満点です。「北海道へ放牧に出せ」という意見の方でもこれだけ説明されれば納得できるかと。この馬、ノーザン生産でないから北海道行ってもノーザンの施設は使えませんしね。ちなみにやはりゲート調教再審査ですね。

メロウハート
メロウハートは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、6月24日(土)東京・3歳未勝利・混合・芝2400mに予定しています。
・高柳調教師 「無事に美浦へ。このまま調整を続けましょう。新たな目標は3回東京後半の芝2400m戦。来週の同条件で権利を取った陣営も折り返すかも知れませんが、長丁場の方が出走枠に入り易いはずです。また、この馬自身も十分にこなせる距離だと思います


土曜日にも書きましたがレースそのものは悪くありませんでした。レースの感じから長丁場を選択するのもわかりますし、血統的にはこなしても不思議ではありません。後は騎手でしょうかね。


で、昨日この馬が更新されてたのを見落としてました

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、5月22日(月)に三石・ケイアイファームを出発。千葉・ケイアイファームへ移動中です。・当地スタッフ 「13-13の稽古に対応できた他、速いところを交えても特に気持ちは昂ぶっていません。協議の結果、蒸し暑い気候へ変わる前に千葉の分場へ向かいました。長く良い脚を使うイメージ。半姉レディルージュのように芝、ダート双方で活躍しそうです(三石・ケイアイファーム)」

2歳世代本州入り第1号となりました。もっともロードはここから長いのですがね(苦笑)、どれだけ長いかは身をもって(以下略)。

| 現役馬近況 | 20:56 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(5/23)

祭りの後はわびしいもの、夢から覚めると一気に厳しい現実に直面します。
コルディスはレース後特に不安はなかったようでしばらく休ませて今後を考えるとのこと。なんといっても「500万下」ですからねえ。

レン某
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、周回コースと坂路でしっかりと乗り込みを行っており、週2、3回ほど15-15近くまで脚を伸ばしています。じっくりと調整を続けてきたおかげでだいぶ馬は良くなってきていますし、この中間も順調そのものですよ。この後も移動に向けて態勢を整えていきたいですね」(NFしがらき担当者)


また何事もなかったかのように順調さをアピール、課題は解決してるんでしょうかね。

ルヴォワール
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「右トモ脚の傷腫れはだいぶ治まってきたのですが、先週から見られている左トモ脚のほうは症状がまだ残っている状態です。ただし、まったく動かせないという状況ではないので、その日のコンディションを見ながら動かせるときは動かすようにしています。適度に動かしながら症状を改善していくようにしていますし、ある程度スッキリして安定するまでは今のようなメニューになるかと思います」(天栄担当者)


というわけで進展があるようなないような…たぶん傷腫ではないんでしょうな。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。
・当地スタッフ 「先週一杯は余裕を持たせる形に。そして5月22日(月)より馬場へ連れ出しています。今のところは大丈夫そう。レースによる大きなダメージも感じられませんね。滞在は短期間の予定・・・との話。心身のケアに重点を置いて調整しましょう」


というわけでお約束の「節を開けるために放牧」です(苦笑)。ヴォルケーノhここまで24戦、同い年の休み休み走るレイズ君が21戦ですからあおまり多くないように見えますが、1年近くの休みがありましたからねえ。

ロードブレイク
ロードブレイクは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「左前脚に生じたソエの治療を優先しており、定期的に焼烙も行ないながら早期改善に努めています。その為、現在はハロン17、18秒程度のキャンターに止める形。獣医師のアドバイスに従い、触診反応が落ち着いた時点で再びピッチを上げましょう」


メロウハートが勝ち上がれそうな感触をつかみましたから残るはこの馬なんですが大して走りもしないうちからソエ発症してなかなか収まりません。トモも良くなってる感じしないですし、この馬だけはダメかも。

土日に走った2頭のコメント

メロウハート
メロウハートは、5月20日(土)新潟2R・3歳未勝利・牝馬限定・芝2000mに吉田隼人騎手54kgで出走。16頭立て8番人気で4枠8番からスローペースの道中を11、13、13、11番手と進み、直線では大外を通って0秒6差の7着でした。馬場は良。タイム2分04秒0、上がり35秒5。馬体重は528kgでした。
・高柳調教師 「ゲートは五分に出たものの、隣の馬に寄られて控えざるを得ませんでした。1コーナーへ入る前に隊列が決まる形。スローペースで流れが向かなかった中を伸びて来ただけに、尚更スタートの不利が痛かったと思います。向正面で気を抜いてフワッとしたようですが、初めてのレースで戸惑ったのはその部分ぐらい。状態に応じて次を考えましょう」
≪2017年5月20日 新潟2R 3歳未勝利(牝) 芝2000m 良 16頭≫
1着メイショウグロッケ 54津 村 2.03.4    (4・8・5・3)35.4 468kg+6kg
2着イタリアンホワイト 54石川裕 2.03.7 2  (2・3・3・2)35.8 490kg+8kg
3着ディアラビーニア  54丸 田 2.04.0 1.1/2(9・10・11・11)35.7 414kg+2kg
7着メロウハート    54吉田隼 2.04.0    (11・13・13・11)35.5 528kg初出走


とりあえず続戦のようです。

アプリコットベリー
大久保厩舎
21日の京都競馬では好スタートから控えて中団待機。直線はいい伸びを見せるが4着まで。
「前回より1ハロン延長での競馬となったのですが、道中は追走も楽でしたし、最後までしっかりと脚を使うことができていました。極端な上がり勝負になりやすいマイルや1800mだとテンから追走に苦労しますし、そうなるとこういう脚質なので最後までなかなか差を詰めることができません。今日くらい距離があった方が良さを引き出せると思います」(浜中騎手)「カイバも安定していい状態でレースに臨めましたし、最後までしっかりと脚を使ってくれています。こういう脚質の馬ですから、より展開が向けばもっとやれるでしょうし、次は今日以上の走りを期待したいですね。この後は馬体を確認してからになりますが、いったんリフレッシュ放牧を挟むことも検討しています」(大久保師)
前走はなかなか前との差を詰められなかったのですが、今日は最後までしっかりと脚を使って追い込んできてくれました。どうしても展開に左右される面はありますが、上位争いする力は持っているのですから、なんとかもうひと押しを期待したいと思います。この後は放牧に出すことも含めて検討していきます。


というわけでリュージWに続いてHも2000くらいのがいいと言ってきたようです。いい加減そういう条件を走らせてほしいものです。

| 現役馬近況 | 23:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(5/19)

注目の東サラコラム、抽選とおったら洋ナシとばかりに意外にたいしたことはありませんでした(笑)。

代って義忠先生が「やったどー!」のアピール

皆さん、決まりましたよ! そう、レッドコルディスが、、、
GⅠです!
オークスです!!!
念願叶って6分の1の抽選を突破してくれました(*´▽`*)
スタッフもずっとこの馬を大舞台へ、、と思っていたので本当に嬉しいです。
しっかりとこの後の輸送と競馬に備えて調整していきます。
当日は是非、大声援をよろしくお願いします!


拙は口取りは予想通り外れましたが当日現地に赴き大声援を送る予定です。

レッドシルヴィ
(山元トレセン)
担当スタッフ「乗り出し開始後も不安なく進めることができています。月末から15-15を開始できるようにというイメージで、いまはトレッドミルでの運動を継続しながら普通キャンターで丹念に乗り進めています。先生からは現状を報告した上で、速い処をやってみての感じで具体的に決めていこうという話をもらっています。函館での出走もイメージしているようなので、そのあたりも頭に入れつつと思っていますが、ここまで立て直しに時間をかけてきた馬ですので、意識し過ぎずに引き続き馬にあわせて無理なく上げていく考えです」


今週はなぜか山元は金曜更新に戻ってしまいました。なぜでしょうねえ。
さすがにいい加減そろそろ使う気のようではありますが函館ねえ。去年遊楽部特別で惨敗してなかったでしたっけ?
最近この先生ちょいと疑問符なんです。

レッドジェノヴァ
(山元トレセン)
担当スタッフ「この中間もトレッドミルでの運動を継続しながら、周回コースと坂路を併用しての調教メニュー。引き続き坂路では15-15で乗っていますが、ソエも問題ないですし、しっかりと乗り進めることができていますよ。週末の感じを見て問題なければ、来週から14-14への移行も考えています。もともと蹴っぱりは弱めの馬でしたが、トモの緩みに関しては乗り進めていってパンとしてくれば大丈夫でしょう。それに以前はテンションが高めでハミをグングン取って行くようなところがあって見えにくかった部分もありますが、いまは妙に落ち着いていて稽古での走りも変わってきているので、トモの緩さみたいな本馬の未成熟なところを乗り手も感じやすくなっているというのもあるかもしれません。もちろん落ち着きがあるのはプラスと捉えていますし、今後も課題や強化ポイントを意識しながら進めてレベルアップを図っていきたいと思っています」


もうだいぶ長い休みになってますが一つ勝ってるせいかあまり切迫感は感じません。ソレデイインダロウカ?

| 現役馬近況 | 23:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(5/17)

的場文男騎手が今日7000勝を達成したそうです。まありーチがかかってましたから早々に達成するとは思ってましたが重賞で達成したというところがさすがに「持ってるじいさん」であります(笑)。
東京ダービー、取らしてやりたいけどなあ。

アプリコットベリー
大久保厩舎
17日は栗東坂路で追い切りました(52秒5-37秒8-24秒6-12秒2)。
「今朝は坂路で併せて時計を出しています。中間もカイバ食いは安定していますので、加減せずしっかりと追い切ることができましたし、馬場がいい時間帯だったとはいえ全体の時計も終いの反応も非常に良かったですね。状態自体は前走以上と思えるので、あとはある程度ペースが流れるような展開でこの馬の持ち味が活きれば楽しみです」(大久保師)
21日の京都競馬(御室特別・牝馬限定・芝2000m)に浜中騎手で出走を予定しています。


状態はいいと思います。内回りの分前走より条件は良くなったと思いますが…

レッドヴィーヴォ
(鹿戸厩舎)
引き運動
鹿戸調教師「レース後も状態に変わりはありませんが、東京コースで使ってもと思うので、今週土曜日に一旦ミホ分場へ放牧に出す予定です。また福島か新潟開催に合わせて厩舎に戻すつもりです」


ペガサスJSであんなザマでしたから東京HJ使うわけにもいかないだろうし、しばらくお休みですね。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
5/14(日)坂路 58.8-42.6-27.6-13.5 馬なり
5/17(水)CW 86.8-70.0-54.0-39.5-12.3 馬なり
内ブラックスビーチ馬なりに6Fで0.4秒先行、2F併せで0.1秒先着
外マウントハレアカラ馬なりを6Fで0.3秒追走、2F併せで併入
助手「週末を入れるときょうが2本目の追い切り。3頭併せの真ん中を走らせましたが、周りの馬を気にする様子はなく、とても乗りやすかったですよ。長くいい脚を使ってきっちり併入しました。まだ帰ってきたばかりなのでちょっと重く感じますが、レースまで2週間あまりあるのでレースまでには仕上がるでしょう。次は降級して500万クラスになるのでどんな展開になっても余裕残しの状態でも勝ってもらわないといけません


当然です! しかも岩田神なんですからね。メンバーにもよりますが1倍台の一番人気じゃないでしょか。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 坂路 52.0-37.9-12.2 馬なり
外バプティシア一杯を4Fで1.5秒追走、2F併せで0.1秒先着
※今週21日(日)東京11レース・3歳オープン/オークス(牝)芝2400mに吉田豊騎手で出走を予定しています。除外の場合は20日(土)東京9レース・3歳500万下/カーネーションカップ(牝)芝1800mに北村宏騎手で出走を予定しています。

助手「馬場入り前も走り出してからも落ち着いていました。とてもいい感じです。前の馬とはだいぶ距離がありましたが、焦らず自分のリズムで走らせることだけを意識していました。4コーナーで差を詰めて直線は併せ馬。我慢させて外の馬のスピードに合わせながらも、ストレスをかけないよう抜かしていきました。一杯に追っていた相手に対して、コルディスはすうーっと伸びて最後まで馬なりのままでしたよ。動きだけではなく精神面も安定していて仕上がりに関しては言うことありません」
高橋忠調教師「追い切りで指示したのは後ろからいって内を回してほしいということだけ。時計などは普段乗っている攻め専の感覚に任せました。前を走っていた馬が速くて差が開きかけましたが、最後はきっちり先着。それなりにいい追い切りで調整もうまくいきました。心拍数の計測も続けていますが、数値を見ても以前のような乱れがなく高いレベルで安定していますよ。すごくいい心臓を持っている馬です。調教担当とは別に普段担当しているスタッフも一生懸命、体調や飼養管理に努めていて今のところ不安もありません。オークスへの出走が叶わなかった場合はカーネーションCに出走しますが、どちらのレースになってもいいパフォーマンスを見せられるでしょう」


連日コラムでアピール中のコルディス、暑い時期がいいのか調子は急上昇のようです。ともかく1/6通るかですね。後は待つのみです。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。ある程度の間隔を開けないと出走が難しい状況を踏まえた上で今後は5月18日(木)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して夏のレース出走へ向けて態勢を整えます。
・笹田調教師 「無事に栗東トレセンへ。脚元を含めて大きな問題は無さそうです。ただ、今週で新潟が終わって以後は2場開催に。次にゲートインを果たせるのは、函館が開幕してから・・・でしょう。一旦、近郊の牧場へ。2、3週間ほどで戻そうと思います」


大方の予想通り放牧へ、2.3週で戻すということは阪神のラストあたりかな。

メロウハート
メロウハートは、5月20日(土)新潟・3歳未勝利・牝馬限定・芝2000mに吉田隼人騎手54kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位6番目、同順位2頭で出走可能です。5月17日(水)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン53.5-39.0-13.1 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末一杯の相手の内を0秒6追走して0秒2先着。短評は「仕上がり良好」でした。
・高柳調教師 「5月17日(水)もジョッキーが騎乗。無理せず仕掛けた程度で相手を離しています。課題に挙げていた前後のバランスについても改善しつつある状況。経験を積んでいるライバルとの力関係次第ながら、稽古の走りを見る限りは楽しみが持てそうです
≪調教時計≫
17.05.17 吉田隼 美南W良          53.5 39.0 13.1(7)馬なり余力 仕上がり良好
         イダクァイマ(古馬1000万)末一杯の内0秒6追走0秒2先着


今回は追いきりをクリアしました。あと3日間何もないことを祈るばかり。陣営は妙に強気ですが果たして?

| 現役馬近況 | 23:06 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(5/16)

今年のオークス、ダービーの最終登録馬が出ましたが東サラからの登録馬はコルディス1頭のみ、というわけで連日大々的に宣伝しております(笑)
ちなみにコルディスはオークスは全馬投票すれば1/6の抽選になり、カーネーションCだと1頭(オークスと兼登録してる馬がオークスに出る場合)もしくは2頭(オークスに登録してここに登録していないアルメリアブルームがオークスに出る場合)除外になります。メルボルンTはフルゲート割れ、牡馬混とはいえ2200の距離は魅了ですしオークス出られないのならこちらの方がいいような気もしますが、オークス>(超えられない壁)>カーネーションC>メルボルンT なんでしょうね。

レン某
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も週2、3回15-15近くまで脚を伸ばしており、順調に乗り込みが続けられています。併せ馬でも相手を楽に突き放すことができていますし、だいぶ状態は上がってきていますね。おそらく近々の移動ということになるでしょうから、いつ声が掛かってもいいように今後も調整を進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


しがらきからは「早く持ってけ」発言が出てますが、MM博先生はどうしますかね。もう京都はないのは救いですが…

ルヴォワール
NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「先週は屋内馬場を使うなどして少しずつ乗っていこうとしていたのですが、気になっていた右だけでなく左トモにも傷腫れの症状が見られるようになりました。そのため今週は無理して乗ることはせず、トレッドミルで負担のかからない程度に動かしています。しばらくは競馬を考えないことになるでしょうし、慌てないで、馬に合わせてメニューを考えていきます」(天栄担当者)


どうにもうまくいきません(>_<)。何かがおかしいんでしょうが何がおかしいのかわからないのが歯がゆいところ。正直なところ完成はまだ先だからとのんびり構えてると未完成に終わる場合もありますしその辺の対応はお願いしたいところです。わからなければ早来に送ったっていいんですからね!

ロードブレイク
ロードブレイクは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「ペースアップを図ったところ、左前脚にソエの症状が表れています。歩様には見せていませんが、触った際に幾らか痛がる素振り。一応、5月13日(土)にショックウェーブを打っておきました。ウィークポイントのトモについては大丈夫そうです」


大して負荷もかかってないうちからソエ…シンメイフジの子はどうもダメっぽいですね(>_<)

| 現役馬近況 | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(5/12)

忘れていましたので昨日の分です。
最近は東サラ休養馬の内社台系は木曜更新になっており、ここでもそういう馬は木曜日に挙げていましたが、木曜日の更新馬が非常に多くなり(3クラブの現役馬+東サラ休養馬の一部)、逆に金曜日がスカスカになってしまう(東サラの休養馬の一部)ことから東サラの休養馬は従来通りすべて金曜日に挙げることにします。

レッドウィズダム
(吉澤ステーブルWEST→角居厩舎)
本日の検疫で栗東トレセン・角居厩舎に帰厩しました。
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重532キロ。
牧場スタッフ「きょう牧場を出発しました。馬体に成長が感じられますし、調教でも併走馬を置き去りにして好タイムで走っています。体も動きもぐんぐん上昇しているところでの帰厩。ちょうどいいタイミングだと思いますよ」
※次走は6月3日(土)阪神8レース・3歳上500万下(D1800m)にC.ルメール騎手で出走を予定しています。


キター!≧∀≦ ルメール神
もっともこの馬にルメール神は合わないような気もしますが…

レッドシルヴィ
(山元トレセン)
担当スタッフ「トレッドミルでじっくりと進めてきましたが、硬さも解れて状態も上がってきたので、この中間から乗り出しを開始しました。今週は周回コースで普通にという感じですけど、乗った後も問題ないですし動きも悪くありません。トレッドミルで時間をかけてきたのが良かったようで立ち上がりは上々ですので、徐々にピッチを上げていけるように、感触を確かめながら引き続き乗り進めていきたいと思います。先週よりも長めの毛が抜けて綺麗になってきていますよ」


もう500万下に落ちるのは覚悟なんでしょうからじっくりやっていってほしいですね。山元なら信用しても大丈夫でしょうから

レッドジェノヴァ
(山元トレセン)
担当スタッフ「今週は周回コース2000mで体を解してから、坂路で15-15という内容。15-15をやってみましたが、まだ走りはまとまっていないですけど、全体の印象としては悪くありませんでした。ここから次のステップへというのは現状では考えず、このペースを基本に丹念に乗り込みを重ねていく考えです。このペースでやったからといってテンションが上がるようなこともないですし、この中間も気性的なもので気になる点はありません。引き続きトレッドミルにも入れながら、しっかりと負荷をかけて進めていきます」


田辺君はホウオウパヒュームを降ろされてしまったようです。あれは田辺君だけの責任じゃないと思いますがねえ。
まあそれならこっちに乗ってもらえばいいことですがね。

コルディスですが義忠先生のブログで「オークスに出られれば勝負になる!」と強気発言がでています。とにかく出られるか…こればかりは待つしかありません。それとなんでもオークスの場合は吉田豊騎手になるようですね。

出走予定馬が急増しておりまして希望的観測も含めて以下の通り
5/20 未勝利 メロウハート 吉田隼
5/20 平安S エルマンボ 岩田神
5/20 カーネーションC or 5/21 オークス レッドコルディス 北村宏/吉田豊
5/21 御室特別 アプリコットベリー ヤツ
※つーーーことはヤツはオークス乗り馬がいないわけね。
5/27 朱雀S   ロードセレリティ 藤岡佑
6/3  3歳上500万下 レッドウィズダム ルメール神
6/4 グリーンS レイズアスピリット ?、トサキでないことは確か

| 現役馬近況 | 20:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>