Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 90/7

朝比奈寿退職のあと強制的に押し付けられた青葉ナンチャラをやっとクビにして天城起用、これでようやく旧姓朝比奈、天城、シノハラのトロイカ体制(死語)が完成です。

芝中長距離路線:★オグリキャップ、★エルマンボ【スルーオダイナ】、シグルズ
この路線、層が厚いように見えて実はG1級は2頭。まずオグリはドバイSC→QE2→宝塚というローテで3連勝、最後の秋はマジックカーペットとの使い分けで凱旋門→BCどれか→香港Cという予定。
3000以上を狙うエルマンボは阪神大賞典、天皇賞と善戦するも勝ちきれず、3年連続挑戦のゴールドCで思い切って先行策で行きましたがこれが当たって連覇達成です。秋は昨年通りカドラン→メルボルンc→ステイヤーズといって引退レースを有馬にする予定。
以上! ってマジックカーペットはどうしたって? それはここ↓

芝短距離路線:マジックカーペット、☆リーチコンセンサス【サマンサトウショウ】
マジックカーペットはここにいました。オグリとの使い分けでマイル路線に行ったのですね。結局母に続いてアジアマイル+牝馬G1完全制覇達成しました。牝馬ですが秋は王道古馬三冠で行く予定
リーチは中山牝馬S→阪神牝馬S連勝でVMに乗り込みましたが史実通りG1には壁がありそうな感じです。

ダート路線:★ミスタートウジン
史実では「大レースではイマイチ」のミスタートウジンですがここでは頑張ります。フェブラリー、コドルフィンマイルと2着続きでG1では足りないのかなと思ってましたが、平安S勝利の後帝王賞で待望のG1制覇です。長く走れる馬ですがまだ4歳、ここからどれだけG1勝てるでしょうか。

3歳牡馬路線:★オレニホレルナヨ【ダイタクヘリオス】、☆ホーカーテンペスト【ヤマニングローバル】
牡馬はこの2枚看板でクラシックを席巻します。ともにトライアルを勝って皐月賞で初対決、見事にワンツーを決めました。その後オレ様は距離を考えてNHKに行きましたのでダービーの再戦はありませんでしたがオレ様がNHK、ホカテンがダービーを勝ちます。

3歳牝馬路線:アクアブルー、☆ダイイチルビー
アクアブルーは見事2冠を達成、牡馬とあわせて春の3歳G1完全制覇です。秋はとりあえず秋華賞までは決定。秋華賞を勝てばMy牝系であるマリンエクスプレス系から2年連続牝馬三冠達成になります。今アストニシメントが名牝系昇格寸前なんですが、8割がたウチのお陰です(笑)。
一方、芝の新馬戦を除外されたことからアネモネSでデビューという無謀策に出たダイイチルビーですがそのアネモネSを勝って桜花賞、NHKへ、さすがにG1では荷が重いようで自己条件からやり直しです。

3歳ダート路線:リベルタンゴ、シフォン
やや手薄なのがこの路線。リベルタンゴが関東オークスを勝って秋に挑みます。ブロケードの子シフォンはイマイチか。

(生産) 評価額順です。
Mr.Prospector×マリンエクスプレス ♂
ウインドストース×ブロケード ♂
ミスターシービー×ルアンジュ ♂
ブルーアイランド×キクノペガサス ♀
トウショウボーイ×アオチュークラウン ♀
ダンシングブレーヴ×アイーダ ♀
ダンシングブレーヴ×マリンブルー ♀
ミスターシービー×トゥーランドット ♀
ダンシングブレーヴ×ミラクルレイザー ♀

(繁殖牝馬) ○数字はmy牝系馬を示す  ←は種付けしている馬
①マリンエクスプレス(グレイゾウリン)   ←ウインドストース
 (これが最後の産駒になります)
①ブロケード(ナスルーラ) ←ダンシングブレーヴ
①マリンブルー(テスコボーイ) ←Mr.Prospector
②ミラクルレイザー【エリモシューテング】(テスコボーイ)  ←ブルーアイランド
※DB様以外もつけてみました
③バウンド(ニジンスキー) ←カウンテスアップ
アイーダ(オーエンテューダー)  ←ミホシンザン
キクノペガサス(テスコボーイ)  ←ダンシングブレーヴ
ルアンジュ【メジロラモーヌ】(リファール) ←ミスターシービー
トゥーランドット(ネヴァーベンド)←ブルーヘヴン
アオチュークラウン【クラシッククラウン】(ミスプロ)←Danzig
※シノハラさんがつけろというので。史実配合なんでしょう。
スカーレットリボン(ノーザンテースト)←トウショウボーイ

(種牡馬)
(所有)
ミスターシービー
ダンシングブレーヴ
ウインドストース
ブルーアイランド(エタン×マリンエクスプレス)
ブルーヘヴン(ノーザンテースト×マリンエクスプレス)

(1株)
トウショウボーイ
ミホシンザン
カウンテスアップ

名声値は40000を超えてついに社台をぬいて国内1位になってます。
そ・れ・と! ここまで生産者部門も1位、生産者部門はあとあとになると某ファームが凶暴になりますし、チャンスが回ってきたのなら決めたいですね。
スポンサーサイト

| ゲーム理論 | 20:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 90/1

所有馬の数が増えてきて若干スローダウン気味ですがともかく90年まで終わりました。

ダート路線:☆カウンテスアップ、☆バウンド、★ミスタートウジン
ラストシーズン迎えたカウンテスアップとバウンドの2強対決にミスタートウジンが絡む展開、カウンテスアップは南部杯→JBC→チャンピオンズ→東京大賞典の王道路線、対してあとG12つ勝ちたいバウンドはベルデームS→BCどれか(笑)とカウンテスを避けて海外路線に行き、最後にチャンピオンズCで直接対決する路線としました。結果カウンテスは危なげなく2連勝(8歳馬だよ、まったく)、一方のバウンドはベルデームSで予想してなかった強敵(Good-bye Halo)が登場するもハナ差勝利、BCは相手をよーーーく見極めたうえでフィリーズ&メアスプリントとして制覇、これで金札獲得に成功しました。引退レースはカウンテスと直接対決でしたが、しばたまさんの執念が勝ってカウンテスに国内2度目の土を付けて引退レースを飾りました。敗れたカウンテスは次の東京大賞典を制し引退、実に50戦42勝 G1・Jpn1 39勝という成績でした。
後に8歳まで走るであろうミスタートウジンですがまだ3歳、JDDは4着でしたが秋にみやこSを制しG1に挑みましたが連敗、まだまだのようです。バウンドとカウンテスが引退しますから来年はこの馬に引っ張ってもらわないといけませんね。

芝中長距離路線:★オグリキャップ、★エルマンボ【スルーオダイナ】
ここは王道のオグリ、長距離のエルマンボの2頭が引っ張ってます。オグリは芦口先生の甘言に乗せられて(笑)凱旋門賞に挑戦、Old Vic、Nashwanといった強敵を退けて見事勝利、ユタちゃん21歳にして凱旋門賞ジョッキーになりました。その後もBCターフ、JCと制して有馬記念へ、ここには後述のマジックカーペットのほかスーパークりークやイナリワンがいて凱旋門賞以上のメンバー(笑)でしたが堂々の勝利で「最強馬」の看板を守りました。
エルマンボはマルコメ君とともに海外長距離へ、カドラン賞→メルボルンC→ステイヤーズSと制しアイーダの敵をとりまくりました。有馬をどうするか迷ったのですが調子落ちになったこと+同一馬主出走頭数制限にかかったことから回避、来年に備えました。
他にマリンエクスプレス系の2頭がいたのですが重賞には届くもののG1ではまだ厳しいようです。

芝短距離路線:リーチコンセンサス【サマンサトウショウ】、★スカーレットリボン
晩成のリーチコンセンサスも本格化してきますが大きなところではまだ一歩足りません。来年ですね。
一方ナオスケ君を背に短距離路線に向かったスカリーですが夏がピークだったようで函館SS勝ちとかするものの最後は惨敗続き…体力の限界とみて今年で引退させました。

3歳牡馬路線:ブルーヘヴン
今年この路線で走ってるのはブルーヘヴン1頭、神戸新聞杯は勝ちますが菊は2着、その後JC,有馬と大敗でジョーイ世代と力の差を見せつけられます。この年の表彰はウチの馬が独占したのですが「3歳牡馬」だけ取りのがしました。早熟ということもあり今年限りで引退。

3歳牝馬路線:マジックカーペット
ここもブロケードの2番仔マジックカーペットだけですがこちらは連戦連勝、紫音S→秋華賞→エリ女と勝って牝馬4冠を達成します。その後有馬に行きましたがここは5着、レベルが低い三冠馬なのか来年真価が問われそうです。

2歳路線:★オレニホレルナヨ【ダイタクヘリオス】、☆ホーカーテンペスト【ヤマニングローバル】、アクアブルー
逆に豊作だったのが2歳世代、この3頭で2歳G1完全制覇です。さらにまだ☆ダイイチルビーいますし(未デビュー)、ダートは全日本2歳優駿は負けたもののシフォンがどこまでやれるかという感じです。

90/1の布陣
(6歳)
★エルマンボ【スルーオダイナ】 ♂(クニオ君)
ブルーラグーン《トウショウボーイ×マリンエクスプレス》 ♂(コバミノ)

(5歳)
★オグリキャップ ♂(芦口)
シグルズ《トウショウボーイ×ブロケード》 ♂(クニオ君)
☆リーチコンセンサス【サマンサトウショウ】 ♀(武パパ) 

(4歳)
★ミスタートウジン ♂(クニオ君)
エルカミーノレアル《トウショウボーイ×タニノシーバード》 ♂(武パパ)
マジックカーペット《ミスターシービー×ブロケード》 ♀(クニオ君)
チェネレントラ《トドロキヒホウ×サラトガピール》 ♀(坂口ダイ) 

(3歳)
★オレニホレルナヨ【ダイタクヘリオス】 ♂(芦口)
☆ホーカーテンペスト【ヤマニングローバル】 ♂(コバミノ)
☆ダイイチルビー ♀(武パパ)
 
★スカーレットローズ ♀(クニオ君)
リベルタンゴ《Mr.Prospector×Oceana》 ♀(坂口ダイ)
アクアブルー《トウショウボーイ×マリンエクスプレス》 ♀(武パパ)
シフォン《Bold Rucks×ブロケード》 ♀(クニオ君)

(2歳) 記号はシノハラさんによる評価◎→○→▲→△→-
☆ツインターボ ♂(クニオ君) △
※「あの」ツインターボです。ヤネは史実通りマルコメ君の予定。
アローンアゲイン《Lyphard×キクノペガサス》 ♂(コバミノ) ▲
ブルーパラダイス《ミスターシービー×マリンエクスプレス》 ♂(武パパ) ▲
★スカーレットブーケ ♀(芦口) ▲
※真打ちスカブーの登場です。
☆ゴールデンサッシュ ♀(村幹) -
※「あの」ゴールデンサッシュです。競走能力は低いらしいですが。
ネイビーブルー《Mr.Prospector×マリンブルー》 ♀(武パパ) ○
※マリンブルーの初子です。
ダマスク《トウショウボーイ×ブロケード》 ♀(クニオ君) △
スマイルアゲイン《ミホシンザン×アイーダ》 ♀(坂口ダイ) ○
※牡馬だったらよかったのにねー

(おつかれさん)
カウンテスアップ 種牡馬
バウンド 繁殖
スカーレットリボン 繁殖
ブルーヘヴン《ノーザンテースト×マリンエクスプレス》 種牡馬
スカーレットドレス《トウショウボーイ×スカーレットインク》 繁殖→売却

| ゲーム理論 | 03:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 89/7

帰宅前からひどい腹痛がして寝て起きたらこんな時間になってました(笑)
土日のレポも上げたいし、今日はこれだけ片付けます。

頭数が増えてきたのでペースがだいぶ落ちてますが今回はまだやる気十分。

芝中長距離路線:★エルマンボ【スルーオダイナ】、ブルーラグーン、シグルズ
苦節3年、ついにマルコメ君がやりました!エルマンボが春天制覇し人馬とも初G1です。2着もブルーラグーンで1,2フィニッシュになってます。一方シグルズは目黒記念制覇し、ゴールドCに行ったエルマンボ(結果勝利!、マルコメ君はようやくアイーダの敵を取りました)を除く2頭で宝塚記念に行きましたがここは返り討ちに合ってます。
え? オグリはどこ行ったって? それは…

芝短距離路線:★オグリキャップ、★スカーレットリボン
オグリはここにいます。馬主意向により国内全G1制覇のために宮記念→QE2C→安田記念と距離適性も何もあったもんじゃないローテ(笑)、結果3連勝で国内全G1制覇達成となりました。スカリーはG1に乗れない(Myルールです。現実通り30勝してない騎手は2歳G1以外のG1に乗せません)ナオスケに代ってミナイで宮記念に行きましたがここは3着、しかしながらナオスケにもどった函館SS制覇で初重賞、ナオスケは他の馬ではダメなんですがこの馬だけはいいんだよなあ。この後はSSS路線ですね。

ダート路線:☆カウンテスアップ、☆バウンド
カウンテスとバウンドをどう使い分けるかが課題、バウンドは頑張れば金殿堂もあるだけにね。
結局カウンテスは国内専念で川崎記念→フェブラリー→平安S→帝王賞と4連勝、バウンドは海外も取り混ぜてフェブラリー→ゴールデンシャヒーン→かしわ記念→オグデンなんちゃらSとしましたがフェブラリーとオグデンなんちゃらSを落としてG1 6勝、あと2勝、カウンテスを外しながらどこで取るか?です。JBC行けば確実なんですが地方G1は差別されてて0.5勝扱いだからなあ(東京大賞典なんかれっきとした国際G1なんですがね)。

3歳牡路線:ブルーヘヴン
ここは例年より小粒、ブルーヘヴンが皐月→ダービーと行きましたが入着級でした。ノーザンテースト×マリンエクスプレスですから菊花賞はないだろうし秋はどうしますかねえ。

3歳牝路線:マジックカーペット
あまりシノハラさんの評価の高くなかったマジックカーペットですがシャダイカグラを問題にせずチューリップ→桜→オークスと3連勝、この馬は母ブロケードですから桜花賞親子2代制覇だし、自家生産架空馬、My牝系馬の牝馬三冠も見えてきてます。
余談ですがMy牝系のマリンエクスプレス系も相当に評価が上がってきました。(ブルーがついてる馬+シグルズ、マジックカーペットですからね)

3歳ダート路線:★ミスタートウジン、チェネレントラ
3戦目の勝ち上がりから全日本2歳優駿を制し名前の通りシンデレラになったチェネレントラ(シンデレラのイタリア語読みだそうな)ですが、3歳になると失速、ロジータの壁は厚い…。一方晩成と出ているトウジンですが早々にオープン入りしヒヤシンスは2着でしたが青竜S、ユニコーンSと制しチェネレントラと2頭でJDDに向かいます。でもロジータが強いんだろうなあ…

(生産)
ダンシングブレーヴ×マリンエクスプレス ♀
★マダムポンパドール(パーシャンボーイ×ブロケード) ♀
※史実馬ですがなぜ収録されてるかわからない駄馬らしいです(>_<)。末裔にサチノスィーティーがいるコンアモールと違って史実馬を生むわけでもなくなぜ収録されているかはナゾだそうな(号泣)。
ダンシングブレーヴ×マリンブルー ♀
ダンシングブレーヴ×ミラクルレイザー【エリモシューテング】 ♂
ミスターシービー×スカーレットインク ♂
※最後に♂が来ました。
ミスターシービー×アイーダ ♀
Mr.Prospector×キクノペガサス ♂
トウショウボーイ×ルアンジュ【メジロラモーヌ】 ♀
※春雷イベント発生馬、相当走るはずです。

(種牡馬)  アルファベットはサイアーラインを示す。
所有:Aミスターシービー、Bダンシングブレーヴ 、ブルーアイランド、Aウインドストース
1株:Aトウショウボーイ、ミホシンザン

(繁殖牝馬) ○数字はmy牝系馬を示す  ←は種付けしている馬
①マリンエクスプレス(グレイゾウリン)   ←Mr.Prospector
①ブロケード(ナスルーラ) ←ウインドストース
①マリンブルー(テスコボーイ) ←ダンシングブレーヴ
②ミラクルレイザー【エリモシューテング】(テスコボーイ)  ←ダンシングブレーヴ
※ずっとDB様ですがまだエリモシックは誕生しません。だいぶあとみたいですね。
アイーダ(オーエンテューダー)  ←ダンシングブレーヴ
キクノペガサス(テスコボーイ)  ←ブルーアイランド
ルアンジュ【メジロラモーヌ】(リファール) ←ミスターシービー
トゥーランドット(ネヴァーベンド) ←ミスターシービー
アオチュークラウン【クラシッククラウン】(ミスタープロスペクター) ←トウショウボーイ

ようやく眠くなってきました。ぐっない

| ゲーム理論 | 03:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 89/1

今回から路線別に書いてみます。馬名はその路線に行った主要馬です。

ダート路線:☆カウンテスアップ、☆バウンド、☆アオチュークラウン【クラシッククラウン】
絶対王者カウンテスアップ、今季も王道路線をすすみますがBCクラシックで大敗したことを受けて海外遠征からの撤退を表明します。つづくチャンピオンズCでもバウンドに敗れ国内初黒星…引退の2文字がちらつきますが、年末の東京大賞典でイナリワン以下を退け現役続行が決まります。明け8歳ですから泣いても笑っても来年が最後になります。
バウンドは距離適性が1800までしかなく2000のレースは厳しそうなので路線に苦労しましたが結果1800のBCディスタフを狙いに行って2着、その後前述のとおりチャンピオンズCでカウンテスアップを破りました。年明けはフェブラリー→ゴールデンシャヒーン→かしわ記念の予定。
あと1頭アオチュークラウンは夏ごろから快進撃でJDD→Lプレリュード→JBCLクラシックと3連勝、そのあとチャンピオンズC、東京大賞典と行きましたがこれはさすがにキビしく敗戦、早熟馬ですので年末をもって引退しました。
ちなみにJBCLクラシックを勝って残る国内G1は宮記念だけになってます。

芝中長距離路線:★オグリキャップ、★エルマンボ【スルーオダイナ】、☆ウインドストース
オグリは神戸新聞杯勝ちの後菊花賞はやめて古馬秋三冠へ、2つまで勝ちましたが有馬は「渾身の仕上げ」を投入されたタマモクロス(弊社調べ)に敗れました。それでも年度代表馬に選出されましたけどね。
エルマンボは史実通りステイヤーズSでは無敵なんですが(苦笑)G1あたりだとイマイチ君です。マルコメ君もどうもパラが伸びないんですよねえ。
ウインドストースは毎日王冠は敗れたもののその後コックスプレート→香港Cと連勝、この年だけでG1 4勝し、称号なしながら殿堂入りを果たしました。もう1年やるかとも考えたのですが、高い時に引退するのがいいと考えこの年限りで引退にしました。で、この馬は結局国内G1は勝てなかったんですよねえ。

芝短距離路線:ブルーアイランド
皐月賞馬ブルーアイランドですがマイル路線へ。ジャックルマロワ賞→BCマイル→マイルCS→香港マイルといきましたがジャックルマロワ賞とマイルCSを取っただけでした、香港マイルではあのMiesqueに勝ったのですが1頭前にいました(苦)。この馬も早熟でしたのでこの年をもって引退です(G1 7つになっていれば伸ばすことも考えたんですがね)。なお、結局オグリと戦うことはありませんでした。

2歳戦:チェネレントラ、マジックカーペット、ブルーヘヴン
意外に頑張ってくれたのが2歳路線、見ての通り全部架空馬です。
去年庭先で買ったマンノウォー系のチェネレントラ、3戦目でやっと勝ち上がったので大したことないのかと思ってたらそこから500万下→北海道2歳優駿→全日本2歳優駿と4連勝で一気にトップに躍り出ました。
ブロケードの2番仔になるマジックカーペットはシノハラさんの評価が低くそこそこと思ってたのですが新馬圧勝で思い切って挑戦した2戦目の阪神JFでシャダイカグラとのマッチレースを制して親子G1制覇を達成、最優秀2歳牝馬に輝きました。
ブルーアイランドの弟になるブルーヘヴン、この馬もシノハラさんの評価がそれほど高かったわけではないのですが新馬→札幌2歳S→京都2歳Sと3連勝、勢いで狙ったホープフルは精神力が低いため遠征に泣いたのか敗れてしまいましたが意外とやるかもしれません。

(89/1時点の布陣)
(8歳)
☆カウンテスアップ ♂(クニオ君) テキバ

(5歳)
★エルマンボ【スルーオダイナ】 ♂(クニオ君) マルコメ君
ブルーラグーン《トウショウボーイ×マリンエクスプレス》 ♂(コバミノ) マルコメ君
※ナントカ逃げて活路を見出せそうなので主戦をマルコメ君にスイッチ
☆バウンド《Nijinsky×Special》 ♀(コバミノ) しばたま

(4歳)
★オグリキャップ ♂(芦口) 鷹匠
シグルズ《トウショウボーイ×ブロケード》 ♂(クニオ君) しばたま
★スカーレットリボン ♀(坂口ダイ) ナオスケ
※どういうわけかナオスケは能力が低い割にウチの馬を上位にもってきます。
☆リーチコンセンサス【サマンサトウショウ】 ♀(武パパ) 鷹匠

(3歳)
★ミスタートウジン ♂(クニオ君) テキバ
※晩成と出てますがクラシックにものった馬なんで覚醒か遅め持続だと思うのですがねえ。
エルカミーノレアル《トウショウボーイ×タニノシーバード》 ♂(武パパ) ミナイ
ブルーヘヴン《トウショウボーイ×マリンエクスプレス》 ♂(コバミノ) ミナイ
マジックカーペット《ミスターシービー×ブロケード》 ♀(クニオ君) しばたま
スカーレットドレス《トウショウボーイ×スカーレットインク》 ♀(芦口) ナオスケ
チェネレントラ《トドロキヒホウ×サラトガピール》 ♀(坂口ダイ) ミナイ

(2歳)
★オレニホレルナヨ【ダイタクヘリオス】 ♂(芦口)
※Myルール的にはダイタクヘリオスのままでもよかったのですが、この名前を進呈できそうなのはこの馬しかいなかったので(笑)
☆ホーカーテンペスト【ヤマニングローバル】 ♂(コバミノ)
☆ダイイチルビー ♀(武パパ) ユタちゃんを乗せる予定

★スカーレットローズ ♀(クニオ君)
※将来スカーレットレディ(ヴァーミリアンとかの母)を生むからガマンしますが能力は酷そうです。(苦)
リベルタンゴ《Mr.Prospector×Oceana》 ♀(坂口ダイ)
アクアブルー《トウショウボーイ×マリンエクスプレス》 ♀(武パパ)
※どうもトウショウボーイよりミスターシービーの方が爆発しそうな感じなのですが果たして?
シフォン《Bold Rucks×ブロケード》 ♀(クニオ君)
※ブロケードの♀は実在馬名だけにしたかったのですが、ボニータとかモデストとかゲームにいないのになぜか使えない名前が多かったため絹織物の名称とのミックスにしました。


| ゲーム理論 | 22:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 88/7

2頭のエースが引退して主軸は☆カウンテスアップ、☆バウンド、★オグリキャップに架空馬ブルーアイランドがどこまでやれるかというところ。

☆カウンテスアップは王道路線でペガサス→フェブラリー→ドバイ→帝王賞、渾身の仕上げを投入したドバイで敗れるもあとは勝ってまだまだ頑張ります。でももう7歳、そろそろ海外路線からは撤退かもしれません。
代って海外に目が向きそうなのが☆バウンド、カウンテスのいないところを縫っての出走ですがG1はかしわ記念と6月に出たオグデンなんとかSの2つをゲット。カウンテスがいなければもっとG1勝てそうなんですが今のところ引退はカウンテスと同時になるだろうという不運(苦笑)、牝限のダートG1ゲットを狙いますか。
他にダート路線で頑張るのは☆アオチュークラウン【クラシッククラウン】とトゥーランドット、アオチューは初の海外遠征こそ惨敗しましたがそのあと兵庫CS→関東オークスと制してJDDに挑戦します。トゥーランドットは去年不振でしたが年末のレースで乗ったナオスケの差し戦法で好走、以来「差し」に切り替えて1勝2着3回と生き返りました。G1までは無理でしょうがナントカ重賞くらいは勝たせてあげたいなあ。

他に頑張ってるのは3歳牡馬路線、早熟に物を言わせて驀進するブルーアイランドにヤネをユタちゃんで固定できた☆オグリキャップ(なのでスーパークリークはタヴァラ騎乗です)の2強、順当なら皐月賞で直接対決でしたが、高井某の悪魔のささやきに乗った馬主がオグリをケンタッキーダービーに行かせてしまい(結果大敗、海より深く反省)、未対決に。今のところブルーアイランドがBCジュベナイル、朝日杯、皐月賞、NHKマイルとG1 4勝に対し、オグリがホープフル、ダービーと2勝…これから巻き返さないといけませんね。

年配のイマイチ君勢
☆ウインドストースですが狙ってた大阪杯はニッポーテイオーに阻まれたものの、QE2Cを制しやっとG1制覇、勢いに乗ってマンハッタンSを勝ち海外遠征で覚醒しました、国内はニッポーテイオーとタマモクロスがいるし秋には強力な3歳勢も来ますか海外遠征が吉かも。
マルコメ君鞍上でいばらの道を進む★エルマンボ【スルーオダイナ】、ダイヤモンドSは58キロでも勝つのですが天皇賞は大敗、史実どおりG1ではイマイチ君のようです。目黒記念から4000のゴールドCに行きますが善戦するも勝ちきれません。マルコメ君もだいぶ能力が伸びてきたんですがまだまだなのかなあ。
名声は27999 岩永氏を抜きました

(生産)
ミスターシービー×マリンエクスプレス また♂
トウショウボーイ×ブロケード ♀
Mr.Prospector×マリンブルー(BMSトウショウボーイ) ♀
★スカーレットブーケ ♀
Lyphard×キクノベガサス ♂
ミホシンザン×アイーダ(BMSルイスデール) ♀

(種牡馬)
所有:ミスターシービー、ダンシングブレーヴ
1株:ミホシンザン
もう使わないのでノーザンテーストの本株は売ってしまいました。

(繁殖牝馬) ○数字はmy牝系馬を示す  ←は種付けしている馬
①マリンエクスプレス(グレイゾウリン)   ←ダンシングブレーヴ
①ブロケード(ナスルーラ) ←パーシャンボーイ(史実配合になるらしい)
①マリンブルー(テスコボーイ) ←ダンシングブレーヴ
②ミラクルレイザー【エリモシューテング】(テスコボーイ)  ←当然ダンシングブレーヴ
スカーレットインク(ヒムヤー)  ←ミスターシービー 
※もう3姉妹は誕生しましたしこれを最後に売却予定。
アイーダ(オーエンテューダー)  ←ミスターシービー
キクノペガサス(テスコボーイ)  ←Mr.Prospector
ルアンジュ【メジロラモーヌ】(リファール) ←トウショウボーイ

| ゲーム理論 | 22:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 88/1

☆カウンテスアップ、☆ダンシングブレーヴ、★ルアンジュ【メジロラモーヌ】の勢いは止まりません。BCクラシック、KG、凱旋門賞、BCフィリーズ&メアT、香港Cと言った海外主要レースのほか、凱旋門賞以降国内に専念させたDB様は当然秋古馬3冠を制し、全部で13のG1を制しました。(ただペガサスWCとBCクラシックを制してるのにアメリカの代表馬にならない不思議…)。
DB様は前年★ミホシンザンに敗れただけの21戦20勝で「ミルリーフの再来」の称号を得て引退、ルアンジュは最後の有馬でDB様他に敗れましたが18戦17勝で「ブラックライトニング」の称号をえて引退しました。残るカウンテスアップも下降気味の評が出ましたが、3強すべて引退させると後が厳しいとの判断で現役続行させます(国内ではまだまだ無敵ですし)。
その下の3歳世代、マルコメ主戦で敢えていばらの道を進むエルマンボ〈スルーオダイナ〉、やはりクラシックではちょっと足りません。ステイヤーズSは圧勝でしたのでタマモクロスのいない長距離戦が狙いかなあ。My牝系用にと買った☆バウンドは意外とやってくれて、エイコーンSJとBCスプリントを制覇。来年JBCレディスを取ってくれれば全国内G1制覇に大きく近づきます。
一方育成路高い評価だったブルーラグーン(トウショウボーイ×マリンエクスプレス)ですがどんどんメッキがはがれていきます。頭が悪いのはともかく(苦笑)スピードの乗りも悪いと…スピード重視のシ○ハラさん、なんで「大物」と思ったんですかね?
2歳勢、ここは★オグリキャップの独壇場と思いきや獅子身中の敵が現れます。エタンのサヨナラ配合だったブルーアイランド(エタン×マリンエクスプレス)がBCジュベナイルを含む連戦連勝、6連勝で2歳を終えます。当たり前のことですが意図的に両者がぶつからないローテを組んでましてぶつかるのは皐月賞になります。ただこの子は早熟と出ており2歳終わった時点で育成が99%になってましたのでここからは落ちる一方のはずですが…

(88/1の布陣)
(7歳)
☆カウンテスアップ ♂(クニオ君) テキバ

(6歳)
トゥーランドット《ブレイヴェストローマン×クリプシー》 ♀(クニオ君) マルコメ君
※私のプレイ上おそらく初めての「牝馬で6歳現役」です。クニオ君は「好調」と言い張ってますのでねえ。

(5歳)
ウインドストース ♂(武パパ) テキバ
※今回は史実通りイマイチ君になっちゃってます。あと1年、ナントカG1はとらせたいですが。

(4歳)
★エルマンボ【スルーオダイナ】 ♂(クニオ君) マルコメ君
※マルコメ君もようやく☆になりG1に乗れます。ガンバレガンバレ
ブルーラグーン《トウショウボーイ×マリンエクスプレス》 ♂(コバミノ) ミナイ
☆バウンド《Nijinsky×Special》 ♀(コバミノ) しばたま

(3歳)
★オグリキャップ ♂(芦口) 鷹匠
※放牧の絵を見ると舌出して遊んでますなあ。やはり能力は高そう。
ブルーアイランド《エタン×マリンエクスプレス》 ♂(コバミノ) ミナイ
シグルズ《トウショウボーイ×ブロケード》 ♂(クニオ君) しばたま
※ブロケードの初子、上のブルーアイランドよりは落ちる感じ。
☆アオチュークラウン》【Classic Crown】《Mr.Prospector×Six Crowns ♀(クニオ君) しばたま
★スカーレットリボン ♀(坂口ダイ) マルコメ君→ナオスケへ
※マルコメ君に罪はないが将来を考えてナオスケとの癒着を深めたい(笑)ためチェンジ
☆リーチコンセンサス【サマンサトウショウ】 ♀(武パパ) 鷹匠

(2歳)
★ミスタートウジン ♂(クニオ君) マルコメ
エルカミーノレアル《トウショウボーイ×タニノシーバード》 ♂(武パパ) ユタちゃん
ブルーヘヴン《トウショウボーイ×マリンエクスプレス》 ♂(コバミノ) ミナイ
マジックカーペット《ミスターシービー×ブロケード》 ♀(クニオ君) しばたま
※変な名前ですが本当にブロケードの長女はこの名前です。
スカーレットドレス《トウショウボーイ×スカーレットインク》 ♀(芦口) ナオスケ
※善哉さんが嫌ってたトウショウボーイがついてるようにこの馬は史実馬ではありません。
チェネレントラ《トドロキヒホウ×サラトガピール》 ♀(坂口ダイ) ミナイ
※マンノウォーの牝馬がほしかったのですが海外セリでは出てこず、国内で購入。

今回から非ファーム生産馬は赤表記にしています。まだ多いですが今後自家生産が主流になりますので減っていくはずです。
正直2歳世代は史実馬のレベルが低いうえセールでもこれという馬が出てこず苦戦しそうな感じです。外国(特にアメリカ)は最高レベルなんですがね。

| ゲーム理論 | 07:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 87/7

ここからはリメイク終了して先に行きます。

この半期は☆カウンテスアップ、☆DB様、★ルアンジュの3頭でどれだけG1勝てるかです

☆カウンテスアップは前回涙をのんだペガサスWCにチャレンジ、今回は……昨年のアメリカ年度代表馬Fardinand以下を抑えて勝利です! 続くフェブラリーも勝ったのですが連覇を狙ったドバイで返り討ちにあい3着、日本に帰ってきてからはかしわ記念、帝王賞連勝で日本ではまだまだ無敵のところを見せてます。ちなみにこれまで奪取したG1タイトルは24となってます。

★ルアンジュは金札を増やすためにアジアMCにチャレンジ、アットーテキな強さで3連勝し、最後の安田記念はニッポーテイオーに詰め寄られましたが勝ってミッション達成、自身もG1 9個で金殿堂いり確定ですから金札2枚Getです。
DB様とカウンテスアップの金札が確定ですからこれで今後必要な最低限の金札は確保しました。

☆ダンシングブレーヴは3200は長いのですがうっかり古馬春三冠を選択してしまい大阪杯は問題なく勝ちましたが春天直前でミスに気づきました。結局春天回避でQE2世C→エクリプスSと行きます。

このミスのとばっちりを受けたのが☆ウインドストース、もともとルアンジュとDB様に挟まれて厳しい立場なのですが、DB様が間違えて大阪杯に出てしまったため大阪杯2着に、やむなくルアンジュとDB様を回避させて宝塚に行かせましたが距離が長く大敗…でG1取れずじまい…この馬をG1馬にするのがミッションになってしまいました。

3歳勢は★エルマンボとブルーラグーンがダービーに挑戦しましたが成長曲線が遅いせいか勝利には至らず。代りに適性ダート短距離のため適鞍がなくアメリカで走らせた☆バウンドが向うでG1 1つもぎ取ってきました。

87/7時点の布陣

(6歳)
★カウンテスアップ ♂ テキバ(クニオ君)

(5歳)
トゥーランドット ♀ マルコメ(クニオ君)

(4歳)
☆ダンシングブレーヴ ♂ ミナイ(坂口ダイ)
☆ウインドストース ♂ テキバ(武パパ)
ブルーオーシャン ♂ ユタちゃん(コバミノ)
 ※ブロケードの全弟なんですがもはやどうしようもない成績、年末まで持たせるかどうか思案中
★ルアンジュ ♀ しばたま(クニオ君)

(3歳)
★エルマンボ ♂ マルコメ(クニオ君)
※ダービー2着、ヤネがマルコメ君でなければ…いやそれはいうまい
ブルーラグーン ♂ ミナイ(コバミノ)
※大物評価が出た割に頭が悪い賢さDとかパラメーターはイマイチ、大丈夫か?
☆バウンド ♀ しばたま(コバミノ)
ペネローペ ♀ テキバ(クニオ君)
☆ミラクルレイザー ♀ ミナイ(坂口ダイ)
※競走成績にはまーーーったく期待してませんがそれでも3勝です。

(2歳)
★オグリキャップ ♂ (芦口) ユタちゃんでいきます
ブルーアイランド ♂ (コバミノ) ミナイ
シグルズ ♂ (クニオ君) 無論しばたま
☆アオチュークラウン ♀ (クニオ君) しばたま
※すでに新馬勝ち、でもダート馬なんでそこから使える場所なし…
☆リーチコンセンサス ♀ (武パパ) ユタちゃん
★スカーレットリボン ♀ (坂口ダイ) マルコメ

生産
★ダイタクヘリオス(仮名) ♂
★スカーレットローズ ♀
ブロケード87(Bold Rucks) ♀
 ※パラ的には意外にたいしたことなし
マリンエクスプレス87(トウショウボーイ) ♀
 ※やっと牝馬誕生

業容拡大のためこれに後3頭買い足します。

繁殖牝馬
マリンエクスプレス ←ミスターシービー
ブロケード ←トウショウボーイ
スカーレットインク ←ノーザンテースト
 ※最後の☆配合
キクノペガサス ←Lyphard
アイーダ ←ミホシンザン
 ※両親ともに超長距離もち 果たして?
マリンブルー ←Mr.Prospector

現在の名声 21118  すでにオオトリは抜いて祝永が射程に

| ゲーム理論 | 23:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 87/1(リメイク版)

久々にWP8 2017、前回から空いてますが朝比奈ゲットで燃え尽きたのではなく、ダイナアクトレスだのオードだのアグネスレディーだの買ってしまい手を広げすぎかなーと思ったのでやり直してました。
だいたい前と同じ馬、同じやり方でやってますが違う点は

手を広げすぎたことの反省から、育てたい系統(トウショウボーイ(テスコボーイ系)、ダンシングブレーヴ(リファール系)、エルコンドルパサー(ミスプロ系)、ハーツクライ・ステイゴールド(SS様系))にこだわってプレイするようにしました。(SS様系はまだありませんが)。
これにしたがって所有馬も若干代えております
OUT ミスターボーイ、ダイナアクトレス、オード
IN  メジロラモーヌ:父モガミですからリファール系です
   バウンド:オードの代りのMy牝系候補、父Nijinsky・母Specialなので将来子孫にエルコンを絡ませるといろいろクロスができそう…ということで。本当はMiesqueがほしかったのですがね)

現在は87/1で、朝比奈をGetしたところ。ここまでは前回と同じような結果にするためリセットも使い、ほぼ同じような結果になってます。大きく違うのはキクノペガサスと前回ペネローペと名付けてたノーザンが無償提供した馬(今回はアイーダと命名)

アイーダは前回は引退レースのグレイスフルSを勝ってやーーっとオープン入りして繁殖入りしたのですが、今回は4歳1月の万葉Sであっさりオープン入り、5歳になって万葉S連覇の後ダイヤモンドSで初重賞制覇し、ゴールドC、カドラン賞を16番人気2着と健闘、ステイヤーズSで有終の美を飾って、堂々の実績で繁殖入りです。
キクノペガサスも前回は5歳秋の引退前に「悲願の初G1」だったのですが今回は3歳秋の時点で早々とG1ゲット、ドバイTだとかQE2Cもゲットし「ワールドツーリスト」なる称号まで得て引退しました。

87/1現在の布陣
現役
(6歳)
☆カウンテスアップ ♂(クニオ君) 

(5歳)
トゥーランドット ♀(ブレイヴェストローマン×クリプシー)(クニオ君)
 ※ニックスのない3系統をつなげるためにネヴァーベンド系を購入してます。ただし今回はテスコボーイにマンノウォーのニックスがついた(マンノウォーはもともとリファールとのニックスがある)のでそっちに切り替える予定です。

(4歳)
☆ダンシングブレーヴ ♂(坂口ダイ)
☆ウインドストース ♂(タケブン→武パパ)
ブルーオーシャン  ♂(イエローゴッド×マリンエクスプレス)(クニオ君)
★ルアンジュ《幼名メジロラモーヌ》 ♀(クニオ君)

(3歳)
★エルマンボ《幼名スルーオダイナ》 ♂(クニオ君)
ブルーラグーン(トウショウボーイ×マリンエクスプレス) ♂(コバミノ)
☆バウンド(Nijinsky×Special) ♀(コバミノ)
ペネローペ(Lyphard×Gonfalon) ♀(クニオ君) 
☆ミラクルレイザー《幼名エリモシューテング》 ♀(坂口ダイ)  

(2歳)
★オグリキャップ ♂(芦口)
ブルーアイランド(エタン×マリンエクスプレス) ♂(コバミノ)
シグルズ(トウショウボーイ×ブロケード) ♂(クニオ君)
☆アオチュークラウン《幼名クラシッククラウン》(Mr.Prospector×Six Crowns) ♀(クニオ君)
 ※リーチザクラウンのおばあちゃん。そのままの馬名でもよかったのですが某アイドルに脅迫されて名称変更(笑)
☆リーチコンセンサス《サマンサトウショウ》 ♀(武パパ)
★スカーレットリボン ♀(坂口ダイ)

書き遅れましたが今回マリンエクスプレスの系列はブロケード直系を除き責任調教師をコバミノ先生にしています。上記バウンドの系列をクニオ君にしています。

幼駒
★ミスターロウジン もとい ミスタートウジン ♂
マリンエクスプレス86(父ノーザンテースト) ♂ 
 ※マリンエクスプレスはなぜか♂しか生みません
ブロケード86(父ミスターシービー) ♀
スカーレットインク86(父トウショウボーイ) ♀
あと2頭ほど足す予定です。

所有繁殖牝馬
マリンエクスプレス(トウショウボーイ)
スカーレットインク(ノーザンテースト)
ブロケード(Bold Ruckus)
 ※良く知らない父ですがスゴイ爆発力なんで
キクノペガサス
アイーダ(ルイスデール×クリムゾンアップル)
マリンブルー(トウショウボーイ×マリンエクスプレス)
 ※この3頭はこの年から繁殖入りです。

所有種牡馬
ミスターシービー

本株所有種牡馬
トウショウボーイ
ノーザンテースト
ミホシンザン

| ゲーム理論 | 21:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>