Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(6/23)

がんで闘病中の麻央ちゃんですが昨日亡くなったそうです。
がん告白後も頻繁にブログに更新をしていたのですが、その内容から病状が悪化してると感じてましたし、そう長くはないだろうなと思ってましたが22日頃容体が急変したらしいです。せめてもの救いは舞台中だったエビちゃんが間に合ったということでしょうか。合掌。

レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。馬体重467キロ。
担当スタッフ「先週は熱が出たためゆっくり進めて、週末からまた乗り始めました。今週に入ってからは熱も安定していて、飼葉もしっかり食べているので、距離を延ばして乗っています。背腰の方は治療しながら進めていて、こちらも少しずつ良化して来ています」


ローカルに入りますからようやく直線芝のレースだけになります。ただオープンで距離3000ないレースとなるとそうありません。7/8の福島、8/5の新潟、8/19・9/2の小倉…それだけです。ナントカ7/8に間に合わせたいところですが果たして?

レッドシルヴィ
20170623A01.jpg
(山元トレセン→函館競馬場)
担当スタッフ「日曜日の検疫で函館競馬場へ入る予定ですので、速い処は明日やって、移動準備を整えていくつもり。先週末も周回コースで乗ってからの坂路で、終い13秒3というところを消化できていますし、明日もいい動きを見せてくれると思いますよ。速めも元気に本数を消化することができているように、コンディションに関しての不安はありません。2月以来の競馬になるという点は気になりますが、このクラスでは力量上位の馬だと思いますから、復帰初戦から好レースを期待しています。頑張ってくれるはずですよ」


言いたいことは山ほどありますが山元様が悪いわけではありません。相変わらずキャロでは勝てない某調教師にしっかり結果を出していただかないとね。

レッドコルディス
(宇治田原優駿ステーブル)
乗り運動。馬体重480キロ。
牧場スタッフ「到着後のチェックでも傷んだところは確認されなかったので、すぐに乗り運動を始めました。ただ馬格がある割に肉付きが物足りず、全体的に寂しく映るので、しばらくは調教と言うよりも軽い調整で馬体の回復を優先させることになりそうです。三重ホースさんで1度ショックウェーブ治療をしたと報告を受けているので、こちらでも継続していきます。高橋忠調教師のお話だと具体的なレースは決めていないけど、夏のうちに1戦させたいとのことでした」


昨日三重から宇治田原に移動、思ったより三重にいる時間が長かったように思いますが義忠先生は夏に使いたい意向のようです。500万下ではトライアルに出られるかどうかも分からないですしまあそう考えるのが当然でしょうがね。

スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 19:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(6/22)

エルマンボ
堀厩舎
21日は軽めの調整を行いました。22日は美浦南Wコースで追い切りました(67秒8-52秒5-38秒1-12秒6)。
「当初は北海道開催のオープンレースを狙うことを考えていたのですが、下調べ段階から賞金的に大沼Sを使うことはできなさそうでした。函館の場合フルゲートが14頭と少ないですし、そういう状況だとこの後もなかなか思うように使えないことが続いてしまうので、暑さはありますけれど美浦へ連れて来ることにしました。先週末に入れさせていただきましたが、放牧して大きく変わったかというと正直あまり変わっていないんですよね…。右トモが相変わらずひと息な状態でして、ケアをしながら何とか上向いてくるように持っていかなければいけないという状況です。そういう中で調整をスタートさせて今週からやり始めていますけれど、かったるさは見られます。蒸し暑くなり堪えてきそうな様子はありますが、間隔も空いているのでそれなりに強く動かしていく必要もあります。難しい調整になりますが、何とか上向きにできるように取り組んでいきます」(堀師)


レイズ君、ヴィー老にも言えることですが「良くなってこない」のではなく「良くならない」のではないでしょうか。「良くなる」というのであれば牧場から戻さず良くなるまで待てばいいのですし、早来が馬がいっぱいでそこまで置けないできないというのであれば置いておける牧場にお願いするまででしょう。この先生、ノーザンお抱えの調教師のなかではできる先生だとは思いますがノーザンしか選択肢がないのが大きな欠点でしょう。私がイマイチこの先生を評価しないのはそこにあります。
悔しかったらノーザン以外の外厩を使って活躍馬を出してみなさい!

アプリコットベリー
大久保厩舎
21日は軽めの調整を行いました。22日は栗東CWコースで追い切りました。「コンスタントに使ってきているのでNFしがらきでも慎重に状態を確認してもらっていましたが、思いのほかダメージが少なくて順調に乗り込めていましたので、先週帰厩させました。今のところ福島の2000m戦を目標にしていくつもりで、鞍上は関東の石川騎手で調整しています。今朝はCWコースで併せて追い切り、終い強めに追ってラスト12秒0といい伸び脚を見せてくれました。小柄な馬ということを忘れてしまうぐらい大きなフットワークで、2週前としては十分すぎる内容でしたよ」(大久保師)
7月9日の福島競馬(松島特別・芝2000m)に石川騎手で出走を予定しています。


中京でないのはなんとなくわかりますが、函館でなく福島ですか。ちょいと意外でしたね。もう滞在でなくても大丈夫という判断なんでしょうか。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「追い切り後も脚元などに異常ありません。馬体重は504キロ。体に余裕があった前走からマイナス2キロにとどまっていますが、函館までの長距離輸送で少しは減るでしょうし、向こうでも追い切れるのでひき締まった体で出走できるはずです。暑くなってバテるどころか元気いっぱいで筋肉のメリハリがついて張りも出てきましたよ」


どうも長距離輸送頼みで体を絞る気のようです(苦笑)。それはどうでもいいのですが結局前走は太かったということなんですかね。「ちょうどよくみえる」というコメントもあったような気がしますが。

レッドジェノヴァ
(函館競馬場)
昨日、ウッドコースで追い切り
6/21(水) 函W 助手 69.5-53.5-38.8-12.9 馬なり
内クインズシルエット馬なりに5Fで0.8秒先行1F併入
小島茂調教師「休み明けで当初はバランスが崩れていましたが、すぐに整いましたし、追い切りに騎乗した助手からも、今週の動きの感じなら来週使えそうとの報告を受けたので、来週7/2(日)の函館7R(牝馬限定・芝2000m)に向かうことにします。鞍上ですが、減量騎手を乗せれば49キロで出走出来ますし、休み明けをカバーする意味でも大きいと思うので、横山武騎手に依頼しました。レースまでに調教にも乗ってもらい、コンタクトを取ってもらうつもりです」


北海道ですから田辺君は乗らないと思いましたがなんと横山三世Ⅱときました。49キロは大きいとはいえ当然それだけ下手ということでもあります。なにしろ今季1勝でしたっけ?

今週はメロウハートが土曜日に出走決定、前走は着順ほど内容は悪くなく、定跡通り叩いた上積みがあればここは好勝負のはず。あとはバスクリン君頼みです

| 現役馬近況 | 00:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(6/21)

14歳の藤井聡四段が今日勝って連勝のタイ記録にならんだそうです。たいていの棋戦はトーナメント戦ですから勝てば強い相手が出てくるわけでそのなかで連勝というのはいくら最下層レベルの棋士が相手とはいえすごいことです。勝ち続けることでプレッシャーも半端でないでしょうからね。
来る人があれば去る人がいます。元祖「神武以来の天才」ひふみちゃんですが3月の時点で順位戦C2リーグから「陥落」、引退カウントダウンが始まっていたのですが(筆者注:70を超えてから順位戦リーグを陥落するとその時点で予定されている対局がすべて終了した時点で引退させられる)、先日最後に残ってた対局に敗れ強制引退となりました。ひふみちゃんがプロになったのは以前書いたように14歳、今77歳ですから何と63年間現役を続けてたことになります。確か最多敗戦記録の保持者だったはずです(筆者注:本当に弱い棋士は最多敗戦記録を作る前に引退させられます。最多敗戦記録はたくさん将棋を指せるだけの強い棋士でないと達成できません)。変わり者の多い棋士の中でも最も変人といわれたひふみちゃん、長い間お疲れ様でした。

レントラー(仮)
松永昌厩舎
21日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬はジョッキーがビッシリと追って前目から進めてくれ、最後までよく踏ん張っていてくれました。休養前と比べてもあまり変わった様子はなかったのですが、結果を見ると去勢の効果もあったということなのでしょうね。レース後は今のところ疲れた様子も見せていませんし、このまま中2週で競馬に向かうつもりです。一度使って息遣いなども変わってくるでしょうから、今度は前走以上の走りを期待したいと思います」(松永昌師)
7月8日の中京競馬(3歳上500万下・芝2200m)もしくは同日の中京競馬(茶臼山高原特別・芝2000m)を目標にしています。


優先権が取れてるわけですから体重減は気になりますがやはり続戦、番組見てこのへんかなあと思ったところでした。ただいつも書いてるように直線が短い方がいいと思いますから中京は微妙なところではあります。多分謹慎明けのコマッキーだと思いますが2回同じことができるかですね。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW ルメールJ 87.8-71.4-56.1-41.4-12.1 強め
中シャケトラ馬なりを6Fで0.5秒追走、0.6秒遅れ
外タニノアーバンシー強めを6Fで1.2秒追走、0.6秒遅れ
助手「脚元の腫れは落ち着きましたが、傷口があった部分に小さな骨瘤ができてしまいました。獣医師に触ってもらっても痛がる様子はなく、このまま進めて問題ないということなので週末から乗り出しています。けさは次走騎乗するルメール騎手が乗っての追い切り。1番後ろから追いかけましたが、前の2頭に並ぶことなくゴールを迎えてしまいました。追い切り後にルメール騎手は『バランスよく走っていたし、3コーナーすぎので手応えもよかったけど速い脚がないので追いつけなかった。ウィズダムも頑張っていたけど前の2頭は速すぎだった』と話していました。脚元の治療で先週1日だけ調教を休みましたが、1度使っている馬なので来週追い切れば態勢は整うでしょう。23日(金)に函館競馬場に向けて出発する予定です」
※次走は7月1日(土)函館9R(D1700m)に変更になる見込みです。鞍上はC.ルメール騎手の予定です。


なんと追いきりでルメールが騎乗、相手もさすが角居先生というほどの豪華版ですが並ぶところまで行かないのではね(苦笑)。ただなぜか2頭を追いかける形の併せ馬ですからこの馬の方が調教走ると思ってたのかな。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、6月21日(水)不良の栗東・坂路コースで1本目に53.2-39.1-26.0-13.2 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。7月2日(日)中京・香嵐渓特別・混合・ダート1400mに藤岡佑介騎手で予定しています。
・笹田調教師 「6月21日(水)はビシッと気合いを付ける形。レースの1週前ですからね。ただ、今朝は降雨で渋ったコース状態。最後は幾らかタイムを要しています。それでも全体では約53秒。及第点を与えられるでしょう。次週には丁度良く仕上がりそう
≪調教時計≫
17.06.21 助手  栗東坂不1回     53.2 39.1 26.0 13.2  一杯に追う 坂路コースで入念


ジーサンズの中で唯一働いてるのがこの馬、来週使ってくるようです。仕上がりはよさそうですが天気が心配なところ。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、6月21日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン71.2-54.5-38.6-13.6 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を2秒7先行して1秒0遅れ。短評は「遅れも余裕残し」でした。7月8日(土)中京・豊明S・混合・芝1400mに幸騎手で予定しています。
・高柳調教師 「6月21日(水)は後輩2頭を誘導する役目。半マイル55秒を切るぐらいのタイムを残しています。少しでも促せば普通に併入できていたはずながら、事前の打ち合わせに沿って余裕を持って回って来る格好。順を追って段々と負荷を高める方針です」
≪調教時計≫
17.06.21 助手  美南W良       71.2 54.5 38.6 13.6(8)馬なり余力 遅れも余裕残し
         メロウハート(3歳未勝利)一杯の外2秒7先行1秒0遅れ


同厩同馬主同出資者のメロウハートと併せたようですが…未勝利馬相手に2.7秒先行して1.0秒遅れって大丈夫か?

メロウハート
メロウハートは、6月24日(土)東京・3歳未勝利・混合・芝2400mに津村騎手54kgで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では優先順位11番目、同順位3頭で出走可能です。6月21日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン67.5-51.5-36.7-12.6 6分所を一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を2秒7追走して1秒0先着。短評は「力強い伸び脚」でした。
・高柳調教師 「相手は余裕綽々だったとは言え、6月21日(水)は仕掛けて突き抜けました。稽古の走りからは使った上積みが感じられる状態。大型馬だから・・・と言うよりも経験を重ねた分かも知れません。デビュー時との比較で微減ながら外見は締まっていますよ」
≪調教時計≫
17.06.21  伴  美南W良       67.5 51.5 36.7 12.6(6)一杯に追う 力強い伸び脚
         ロードセレリティ(古馬1600万)馬なりの内2秒7追走1秒0先着


メロウハートから見れば格上馬より3.7秒速いタイムで走ったことになります。鵜呑みにはできないですが悪い動きではないでしょう。あとは津村君次第。

| 現役馬近況 | 22:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(6/20)

先週あロードの馬が良く勝ったなーと思って調べてみたら7戦して3-1-1-0-0-2、これがキャロなら珍しくもないですがロードですからねえ(失礼な奴)。これで勝ち数だけなら12勝と照哉氏を抜きました。今年の3歳は不振と言われてましたがここにきて勝ち上がりが増えてきました。この流れにメロウちゃんも乗ってくれるといいのですが…
ちなみに今年わが軍で勝ち星のない東サラ、賞金順のリーディングでは14位ですが勝率はなんと7.6%、いつもなら勝率10%はいくクラブですからこんなところにも苦戦の傾向が見えます。

レイズアスピリット
NF天栄
軽めの調整を行っています。「腰の具合がもうひとつかな、トモの踏ん張りが弱いかなと感じていたので慎重に様子を見ていたんです。また、月曜日に北海道の獣医師が来たので診てもらったのですが、時間をかけたほうが良さそうということでした。夏の気候はあまり得意でない馬ということもありますし、それならば北海道に戻して現地で調整することも考えるかもしれません」(天栄担当者)


というわけでまた長引きそうな感じです。仮に夏全休とすると9月に今年2走目、続けて使えない馬ですから年内良くて4走くらいでしょうか。はっきりとどこが悪いというわけでもないのにこれではねえ。
年ごとの出走数を見ると 2、8、5、6,1 続けて使えない馬とはいえ平均すればこのところ2か月に1回のペースで走ってたのが大きくスローダウン、エル爺、ヴィー老にも言えることですが年を取って回復が悪くなってるような気がします。
回収目標でやってるわけではないとはいえ慈善でやってるわけでもありません。あまり出走できないのならそろそろ潮時かもしれません。

ルヴォワール
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「乗りを進めてみましたが今のところ問題ないですね。坂路でハロン14~15秒くらいを乗っていますけれど、不安が増すことはありません。ただし、脚元などに傷をつくりやすい馬でもありますし、体質面が強い馬ではありませんから、今後も用心して進めていかなければいけないでしょう。次走の目標はまだハッキリとは決まっていないものの、何とか秋にいい競馬ができるように持っていきたいです」(天栄担当者)


ようやく乗り出しました。個人的には2戦しかしてない馬ですし夏に1戦してほしいところですがこれからの調整次第でしょう。

ロードブレイク
ロードブレイクは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「ハロン15秒のラップを刻んでいます。気持ちが乗っておらず、動きに重さが感じられる印象。帰厩までには更に本数を重ねたいです。好調時に栗毛がピカピカに輝く点からも体調面がもう一つなのかも。6月17日(土)にオゾン治療を行ないました」


もう6月も半ば過ぎなんですが一向に良くなってきません。スーパー未勝利まで走れるとしてもあと2戦くらいか。慣れてくればもっとやれると思うのですが1回走ってしばらく休みではねえ。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング2000m。
・当地スタッフ 「普段は大人しい印象。でも、調教時に馬場入りを嫌がる素振りを見せるなど、稀にズルい面が認められます。恐らく新たな環境に変わって母の子供らしさが出たのでしょうね。そのような幼さを躾ける目的で、今は角馬場で入念に乗り込んでいます」


そろそろ本領(?)を発揮する頃かもしれません(苦笑)。まああの目付きの悪いアンジュ様のしたですからねえ(謎笑)。

| 現役馬近況 | 23:12 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

小牧の証言

松永昌厩舎
18日の阪神競馬では4着。「前々で競馬をしたのが良かったのでしょうね。自分から動いていって、自分のペースで運んで最後までよく頑張ってくれました。今日は久々の分だけちょっと息切れしたような感じでしたが、一度使われたことで次は面白いと思います。初めて乗せていただいたので、体が減っていたことがいいのかどうかは何とも言えませんが、馬の状態は良く感じましたよ」(小牧騎手)


「勝ちたかった前へ行け」…みんなが言ってたことなんですがね。
小牧さんお疲れ様でした。2週間暇になるから榊原温泉でゆっくりしてきてください(笑)。

| レース出走 | 16:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

阪神8R

レントラー(仮)は4着、

小牧は出ムチを入れてまで前へ
そのまま2番手で4コーナーを先頭に並ぶ位置で回ってきます
最後は逃げた馬を捕まえきれず後ろから2頭に差されて久々に掲示板内の4着、欲言えば逃げた馬をかわしてほしかったけどあとは納得の競馬です。

ユタちゃん他の騎手、この馬はこうやって乗るんだよ!

今日は久々で馬が競馬のことを忘れてた可能性もありますので、レントラーに戻ったかどうかの判断は仮置きとさせていただきます(笑)。次もいい競馬できればね。

| レース出走 | 14:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おいおい

レン某(仮名)は-22キロ、数字もそうだけど細いでしょ。
MM博さん、これでいいのかい?

| レース出走 | 13:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(6/16)

昨日は1本目の記事を書いた後またまた寝オチ、最近夜の寝オチ回数と朝のこむらがえり回数が急増しておりきわめて憂慮すべき事態となっております。年ですかねえ…ブツブツ

レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3600mを25-25秒。馬体重472キロ。
担当スタッフ「背中の方は治療しながら進めて来て、少しずつ良くなってきましたが、水曜日の朝に熱を測ったところ39度くらいあったので、乗るのをやめて休ませました。薬を飲ませて、午後からは37.6度まで下がって来たので、2日くらいは楽をさせて、週末あたりからまた普通に乗って行く予定です。寒暖の差があって体調を崩したようなので、この後もケアしながら進めて行きます」


今度はこの期に及んで熱発ですと。どこぞにトンザース結成された方がいましたが、ウチも多いですなあ。
背腰のハリ:エル爺、ヴィー老、レイズ君
熱発:元祖熱発娘(笑)、ヴィー老、ゴラッソ
打撲:大女1号(最近2号が誕生しました)、ウィズダム
血腫:イリーゼ
こうやってみると赤組が多いですね。これが今年未勝利の原因だろうか。

レッドシルヴィ
(山元トレセン)
担当スタッフ「この中間も順調にきており、予定通り先週末には坂路で終い14秒という内容で強めを消化しています。稽古後も問題ないですし、今週も元気にメニューを消化してくれていますので、今週末は13秒台でやってみる予定です。月末には函館へ運ぶことになると思いますが、調整面はもちろん体調に関しても今は不安がありません。463キロの体はもうひと絞り欲しい感じで、たっぷりめなシルエットですけど、輸送もあるので気にしすぎずに乗り込みを重ねていきたいと思っています」


山元のせいではないですがやはり去年の遊楽部はなかったことになって函館で使うようです。レース後ババガーなんて言ったら2階級降格ですからね!

レッドコルディス
20170617A01.jpg
(三重ホーストレーニングセンター)
周回キャンター2000m。馬体重484キロ。
牧場スタッフ「体重を戻すのに時間がかかっているので、一旦ペースを緩めたところカイバの食いも良くなり体重も少しだけ増えました。きのう(木)宇治田原優駿ステーブルの厩舎長が来場されコルディスの状態を確認。その中で背中の肉が寂しく映るし、疲れのせいかトモの送りも気になるということだったので、あす(土)ショックウェーブで背中からトモにかけて治療を行うことになりました。ショックウェーブは今後も定期的に続けていくことになりますが、楽をさせているうちにしっかり治療しておけばこれから先も進めやすいと思います」


秋に大きいところに向かうには悪くても1000万下にいないと厳しいでしょうが、そのためには夏に1つ勝つ必要があります。が…これでは厳しいかもしれません。仕方ないですが。

そうそう、POG残り3枠きめました。
なやみましたがきねうち枠2頭に
1頭は推薦馬10頭の中のハーツ産駒から選択 ミッキーアトアニ ♂
もう1頭はリストの一番上にあった馬(あくまで順不同とのことですが) スワーヴエドワード(父エイシンチャンプ) ♂
 ※名前でわかる通りスワーヴリチャードと同じ馬主さんです。1頭きねうち氏の推薦馬を買われてるようです。

最期の1頭はダメジャー産駒にしたかったのですが今年はダメジャー不作のようでなかなか本でも取り上げられていません。
ナントカ一頭、今週出走予定の馬を。  ブルヴェルソン ♂
※ショウナンパンドラの弟、厩舎と馬主は不満ですがあとはヤ・ハギーのところの馬くらいしかいないのでしかたありません。

| 現役馬近況 | 08:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>