Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(5/24)

今週はダービーウィークということでNumberも恒例のダービー特集、いろいろな騎手ののインタビューが載ってましたがダービーに思い入れのある人、そうでない人とさまざまですね。同じ地方出身ジョッキーでもウチパクは思い入れがあってアンカツさんはないようですから(「僕からしてみればG1はすべてスゴイレース」だとか)、その人のパーソナリティーがあるんでしょうね。
そんななかで日本ダービーを取ったことのない騎手が3名、皐月賞馬にのるコーヘー、日本に来て日の浅いルメール、そして最後の1人が福永でした。キングヘイローのバ○逃げ、ゴール直後うなだれたエピファネイア、今一番ダービー勝ちたいと思ってるのがこの人でしょうね。今年は縁の馬グロ-ブシアターをブッチしてのカデナ、結果はどうなりますかね。

レイズアスピリット
上原厩舎
24日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒2-51秒6-37秒1-13秒4)。
「先週あたりから徐々にピッチを上げていますが、負担のかかりやすい箇所へのケアは入念に行いながら調整を進めていますし、追い切り後にもガクッと来ることはないのでまずまず順調に来ていると思います。今朝の追い切りは基本単走でしたけれど、前に馬もいる中でしたので、完全に1頭だけというシチュエーションではなかったんです。気持ちを集中させることもできましたし、最後までしっかりと走れていたかなと思います。来週は輸送が控えているのでややソフトな調教にする予定ですから、今日はしっかりとやっておきたいとも考えていたので、悪くない調整ができたと言えるでしょう。体は程よく締まってきていて追い切り後の計測で486キロ。あとはメンタル面、馬体面のバランスを考えながら整えるように調整してレースへ向かっていくようにするつもりです」(上原師)
6月4日の阪神競馬(グリーンS・芝2400m)に幸騎手で出走を予定しています。


6歳にして初の関西遠征を控えての調整、これがうまくいけば選択肢が広がるのですが…しあわせ君ねえ。G1の裏で騎手を選べる立場ではありませんがあまりこの馬に合いそうな気はしないのですが。

アプリコットベリー
NFしがらき
23日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週の競馬は4着に敗れたとはいえ、スムーズに折り合って終いはこの馬らしいしっかりした脚で差を詰め、力は見せた内容だったと思います。展開ひとつでこのクラスでも十分勝負になることは示せましたね。レース後は大きな反動は見せていませんでしたが、ここのところは放牧を挟みつつもコンスタントにずっと使ってきたので、少し間を空けてしっかりとリフレッシュさせたいと思います」(大久保師)


どうやら「しばらく休みますよ」宣言ですか。最後になる小倉か北海道で使ってほしかったのですがあくまで本州にこだわる気なのかな。何回も書いてますが牝限でなく条件にこだわってほしいのところですが。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 84.6-68.1-53.4-39.6-12.3 馬なり
中ドラゴンカップ馬なりを6Fで0.9秒追走、2F併せでクビ遅れ
外マウントハレアカラ馬なりを6Fで1.4秒追走、2F併せでクビ遅れ
助手「前2頭を見ながら追走し、直線は3頭で併せ馬の形に。4コーナーで最内を回って並びかけようとするときに周りの馬を意識してイヤイヤしていましたが、並んでからは自分からハミを取って気持ちよさそうに走っていました。スピードに乗ってからはパワフルで相変わらず長くいい脚を使っていましたよ。レースは来週なので急ピッチで仕上げにかかっていますが、汗をかくようになり体は思ったより早く絞れてきているようです」


レースは来週ですね。1倍台の人気が予想されますからしっかりお願いしたいものです。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎→三重ホーストレーニングセンター)
本日、三重ホーストレーニングセンターに移動しました。
高橋忠調教師「レース後も体調や脚元に異常はありません。予定では宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出す予定でしたが、競馬を終えたばかりで少しの間はのんびり静かに過ごさせたいと考え、一旦、三重県四日市市にある三重ホーストレーニングセンターへ移動させました。頭数も少なく、スタッフの目の届く範囲でやっている牧場で、コルディスが宇治に滞在しているときにお世話になっている厩舎長も週に1度は通っているところ。施設は違っても厩舎長の管轄内にあるので安心して任せられます。立ち上げまでのひと月ほどを三重で休養させてから宇治へ運んで調整することにしました。レース後に競馬会からゲートで立ち上がったことについて指摘があったので、夏のうちにこちらへ戻してゲート練習をしなければなりませんし、やはり自分の目の届くところに置いておきたいという気持ちも強いことが北海道ではなく近場を選択することになった要因でもあります。ご理解ください。長い休みではありませんが、この休養で心身ともに成長してほしいです」


先生のコメント100点満点です。「北海道へ放牧に出せ」という意見の方でもこれだけ説明されれば納得できるかと。この馬、ノーザン生産でないから北海道行ってもノーザンの施設は使えませんしね。ちなみにやはりゲート調教再審査ですね。

メロウハート
メロウハートは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、6月24日(土)東京・3歳未勝利・混合・芝2400mに予定しています。
・高柳調教師 「無事に美浦へ。このまま調整を続けましょう。新たな目標は3回東京後半の芝2400m戦。来週の同条件で権利を取った陣営も折り返すかも知れませんが、長丁場の方が出走枠に入り易いはずです。また、この馬自身も十分にこなせる距離だと思います


土曜日にも書きましたがレースそのものは悪くありませんでした。レースの感じから長丁場を選択するのもわかりますし、血統的にはこなしても不思議ではありません。後は騎手でしょうかね。


で、昨日この馬が更新されてたのを見落としてました

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、5月22日(月)に三石・ケイアイファームを出発。千葉・ケイアイファームへ移動中です。・当地スタッフ 「13-13の稽古に対応できた他、速いところを交えても特に気持ちは昂ぶっていません。協議の結果、蒸し暑い気候へ変わる前に千葉の分場へ向かいました。長く良い脚を使うイメージ。半姉レディルージュのように芝、ダート双方で活躍しそうです(三石・ケイアイファーム)」

2歳世代本州入り第1号となりました。もっともロードはここから長いのですがね(苦笑)、どれだけ長いかは身をもって(以下略)。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 20:56 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(5/23)

祭りの後はわびしいもの、夢から覚めると一気に厳しい現実に直面します。
コルディスはレース後特に不安はなかったようでしばらく休ませて今後を考えるとのこと。なんといっても「500万下」ですからねえ。

レン某
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、周回コースと坂路でしっかりと乗り込みを行っており、週2、3回ほど15-15近くまで脚を伸ばしています。じっくりと調整を続けてきたおかげでだいぶ馬は良くなってきていますし、この中間も順調そのものですよ。この後も移動に向けて態勢を整えていきたいですね」(NFしがらき担当者)


また何事もなかったかのように順調さをアピール、課題は解決してるんでしょうかね。

ルヴォワール
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「右トモ脚の傷腫れはだいぶ治まってきたのですが、先週から見られている左トモ脚のほうは症状がまだ残っている状態です。ただし、まったく動かせないという状況ではないので、その日のコンディションを見ながら動かせるときは動かすようにしています。適度に動かしながら症状を改善していくようにしていますし、ある程度スッキリして安定するまでは今のようなメニューになるかと思います」(天栄担当者)


というわけで進展があるようなないような…たぶん傷腫ではないんでしょうな。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。
・当地スタッフ 「先週一杯は余裕を持たせる形に。そして5月22日(月)より馬場へ連れ出しています。今のところは大丈夫そう。レースによる大きなダメージも感じられませんね。滞在は短期間の予定・・・との話。心身のケアに重点を置いて調整しましょう」


というわけでお約束の「節を開けるために放牧」です(苦笑)。ヴォルケーノhここまで24戦、同い年の休み休み走るレイズ君が21戦ですからあおまり多くないように見えますが、1年近くの休みがありましたからねえ。

ロードブレイク
ロードブレイクは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「左前脚に生じたソエの治療を優先しており、定期的に焼烙も行ないながら早期改善に努めています。その為、現在はハロン17、18秒程度のキャンターに止める形。獣医師のアドバイスに従い、触診反応が落ち着いた時点で再びピッチを上げましょう」


メロウハートが勝ち上がれそうな感触をつかみましたから残るはこの馬なんですが大して走りもしないうちからソエ発症してなかなか収まりません。トモも良くなってる感じしないですし、この馬だけはダメかも。

土日に走った2頭のコメント

メロウハート
メロウハートは、5月20日(土)新潟2R・3歳未勝利・牝馬限定・芝2000mに吉田隼人騎手54kgで出走。16頭立て8番人気で4枠8番からスローペースの道中を11、13、13、11番手と進み、直線では大外を通って0秒6差の7着でした。馬場は良。タイム2分04秒0、上がり35秒5。馬体重は528kgでした。
・高柳調教師 「ゲートは五分に出たものの、隣の馬に寄られて控えざるを得ませんでした。1コーナーへ入る前に隊列が決まる形。スローペースで流れが向かなかった中を伸びて来ただけに、尚更スタートの不利が痛かったと思います。向正面で気を抜いてフワッとしたようですが、初めてのレースで戸惑ったのはその部分ぐらい。状態に応じて次を考えましょう」
≪2017年5月20日 新潟2R 3歳未勝利(牝) 芝2000m 良 16頭≫
1着メイショウグロッケ 54津 村 2.03.4    (4・8・5・3)35.4 468kg+6kg
2着イタリアンホワイト 54石川裕 2.03.7 2  (2・3・3・2)35.8 490kg+8kg
3着ディアラビーニア  54丸 田 2.04.0 1.1/2(9・10・11・11)35.7 414kg+2kg
7着メロウハート    54吉田隼 2.04.0    (11・13・13・11)35.5 528kg初出走


とりあえず続戦のようです。

アプリコットベリー
大久保厩舎
21日の京都競馬では好スタートから控えて中団待機。直線はいい伸びを見せるが4着まで。
「前回より1ハロン延長での競馬となったのですが、道中は追走も楽でしたし、最後までしっかりと脚を使うことができていました。極端な上がり勝負になりやすいマイルや1800mだとテンから追走に苦労しますし、そうなるとこういう脚質なので最後までなかなか差を詰めることができません。今日くらい距離があった方が良さを引き出せると思います」(浜中騎手)「カイバも安定していい状態でレースに臨めましたし、最後までしっかりと脚を使ってくれています。こういう脚質の馬ですから、より展開が向けばもっとやれるでしょうし、次は今日以上の走りを期待したいですね。この後は馬体を確認してからになりますが、いったんリフレッシュ放牧を挟むことも検討しています」(大久保師)
前走はなかなか前との差を詰められなかったのですが、今日は最後までしっかりと脚を使って追い込んできてくれました。どうしても展開に左右される面はありますが、上位争いする力は持っているのですから、なんとかもうひと押しを期待したいと思います。この後は放牧に出すことも含めて検討していきます。


というわけでリュージWに続いてHも2000くらいのがいいと言ってきたようです。いい加減そういう条件を走らせてほしいものです。

| 現役馬近況 | 23:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 88/8

2頭のエースが引退して主軸は☆カウンテスアップ、☆バウンド、★オグリキャップに架空馬ブルーアイランドがどこまでやれるかというところ。

☆カウンテスアップは王道路線でペガサス→フェブラリー→ドバイ→帝王賞、渾身の仕上げを投入しドバイで敗れるもあとは勝ってまだまだ頑張ります。でももう7歳、そろそろ海外路線から撤退かもしれません。
代って海外に目が向きそうなのが☆バウンド、カウンテスのいないところを縫っての出走ですがG1はかしわ記念と6月に出たオグデンなんとかSの2つをゲット。カウンテスがいなければもっとG1勝てそうなんですが今のところ引退はカウンテスと同時になるだろうという不運(苦笑)、牝限のダートG1ゲットを狙いますか。
他にダート路線で頑張るのは☆アオチュークラウン【クラシッククラウン】とトゥーランドット、アオチューは初の海外遠征こそ惨敗しましたがそのあと兵庫CS→関東オークスと制してJDDに挑戦します。トゥーランドットは去年不振でしたが年末のレースで乗ったナオスケの差し戦法で好走、以来「差し」に切り替えて1勝2着3回と生き返りました。G1までは無理でしょうがナントカ重賞くらいは勝たせてあげたいなあ。

他に頑張ってるのは3歳牡馬路線、早熟に物を言わせて驀進するブルーアイランドに、ヤネをユタちゃんで固定できた☆オグリキャップの2強、順当なら皐月賞で直接対決でしたが、高井某の悪魔のささやきに乗った馬主がオグリをケンタッキーダービーに行かせてしまい、未対決に。今のところブルーアイランドがBCジュベナイル、朝日杯、皐月賞、NHKマイルとG1 4勝に対し、オグリがホープフル、ダービーと2勝…これから巻き返さないといけませんね。

年配のイマイチ君勢
☆ウインドストースですが狙ってた大阪杯はニッポーテイオーに阻まれたものの、QE2Cを制しやっとG1制覇、勢いに乗ってマンハッタンSを勝ち海外遠征で覚醒しました、国内はニッポーテイオーとタマモクロスがいるし秋には強力な3歳勢も来ますか海外遠征が吉かも。
マルコメ君鞍上でいばらの道を進む★エルマンボ【スルーオダイナ】、ダイヤモンドSは58キロでも勝つのですが天皇賞は大敗、史実どおりG1ではイマイチ君のようです。目黒記念から4000のゴールドCに行きますが善戦するも勝ちきれません。マルコメ君もだいぶ能力が伸びてきたんですがまだまだなのかなあ。
名声は27999 岩永氏を抜きました

(生産)
ミスターシービー×マリンエクスプレス また♂
トウショウボーイ×ブロケード ♀
Mr.Prospector×マリンブルー(BMSトウショウボーイ) ♀
★スカーレットブーケ ♀
Lyphard×キクノベガサス ♂
ミホシンザン×アイーダ(BMSルイスデール) ♀

(種牡馬)
所有:ミスターシービー、ダンシングブレーヴ
1株:ミホシンザン
もう使わないのでノーザンテーストの本株は売ってしまいました。

(繁殖牝馬) ○数字はmy牝系馬を示す  ←は種付けしている馬
①マリンエクスプレス(グレイゾウリン)   ←ダンシングブレーヴ
①ブロケード(ナスルーラ) ←パーシャンボーイ(史実配合になるらしい)
①マリンブルー(テスコボーイ) ←ダンシングブレーヴ
②ミラクルレイザー【エリモシューテング】(テスコボーイ)  ←当然ダンシングブレーヴ
スカーレットインク(ヒムヤー)  ←ミスターシービー 
※もう3姉妹は誕生しましたしこれを最後に売却予定。
アイーダ(オーエンテューダー)  ←ミスターシービー
キクノペガサス(テスコボーイ)  ←Mr.Prospector
ルアンジュ【メジロラモーヌ】(リファール) ←トウショウボーイ

| レース出走 | 22:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 88/1

☆カウンテスアップ、☆ダンシングブレーヴ、★ルアンジュ【メジロラモーヌ】の勢いは止まりません。BCクラシック、KG、凱旋門賞、BCフィリーズ&メアT、香港Cと言った海外主要レースのほか、凱旋門賞以降国内に専念させたDB様は当然秋古馬3冠を制し、全部で13のG1を制しました。(ただペガサスWCとBCクラシックを制してるのにアメリカの代表馬にならない不思議…)。
DB様は前年★ミホシンザンに敗れただけの21戦20勝で「ミルリーフの再来」の称号を得て引退、ルアンジュは最後の有馬でDB様他に敗れましたが18戦17勝で「ブラックライトニング」の称号をえて引退しました。残るカウンテスアップも下降気味の評が出ましたが、3強すべて引退させると後が厳しいとの判断で現役続行させます(国内ではまだまだ無敵ですし)。
その下の3歳世代、マルコメ主戦で敢えていばらの道を進むエルマンボ〈スルーオダイナ〉、やはりクラシックではちょっと足りません。ステイヤーズSは圧勝でしたのでタマモクロスのいない長距離戦が狙いかなあ。My牝系用にと買った☆バウンドは意外とやってくれて、エイコーンSJとBCスプリントを制覇。来年JBCレディスを取ってくれれば全国内G1制覇に大きく近づきます。
一方育成路高い評価だったブルーラグーン(トウショウボーイ×マリンエクスプレス)ですがどんどんメッキがはがれていきます。頭が悪いのはともかく(苦笑)スピードの乗りも悪いと…スピード重視のシ○ハラさん、なんで「大物」と思ったんですかね?
2歳勢、ここは★オグリキャップの独壇場と思いきや獅子身中の敵が現れます。エタンのサヨナラ配合だったブルーアイランド(エタン×マリンエクスプレス)がBCジュベナイルを含む連戦連勝、6連勝で2歳を終えます。当たり前のことですが意図的に両者がぶつからないローテを組んでましてぶつかるのは皐月賞になります。ただこの子は早熟と出ており2歳終わった時点で育成が99%になってましたのでここからは落ちる一方のはずですが…

(88/1の布陣)
(7歳)
☆カウンテスアップ ♂(クニオ君) テキバ

(6歳)
トゥーランドット《ブレイヴェストローマン×クリプシー》 ♀(クニオ君) マルコメ君
※私のプレイ上おそらく初めての「牝馬で6歳現役」です。クニオ君は「好調」と言い張ってますのでねえ。

(5歳)
ウインドストース ♂(武パパ) テキバ
※今回は史実通りイマイチ君になっちゃってます。あと1年、ナントカG1はとらせたいですが。

(4歳)
★エルマンボ【スルーオダイナ】 ♂(クニオ君) マルコメ君
※マルコメ君もようやく☆になりG1に乗れます。ガンバレガンバレ
ブルーラグーン《トウショウボーイ×マリンエクスプレス》 ♂(コバミノ) ミナイ
☆バウンド《Nijinsky×Special》 ♀(コバミノ) しばたま

(3歳)
★オグリキャップ ♂(芦口) 鷹匠
※放牧の絵を見ると舌出して遊んでますなあ。やはり能力は高そう。
ブルーアイランド《エタン×マリンエクスプレス》 ♂(コバミノ) ミナイ
シグルズ《トウショウボーイ×ブロケード》 ♂(クニオ君) しばたま
※ブロケードの初子、上のブルーアイランドよりは落ちる感じ。
☆アオチュークラウン》【Classic Crown】《Mr.Prospector×Six Crowns ♀(クニオ君) しばたま
★スカーレットリボン ♀(坂口ダイ) マルコメ君→ナオスケへ
※マルコメ君に罪はないが将来を考えてナオスケとの癒着を深めたい(笑)ためチェンジ
☆リーチコンセンサス【サマンサトウショウ】 ♀(武パパ) 鷹匠

(2歳)
★ミスタートウジン ♂(クニオ君) マルコメ
エルカミーノレアル《トウショウボー×タニノシーバード》 ♂(武パパ) ユタちゃん
ブルーヘヴン《トウショウボーイ×マリンエクスプレス》 ♂(コバミノ) ミナイ
マジックカーペット《ミスターシービー×ブロケード》 ♀(クニオ君) しばたま
※変な名前ですが本当にブロケードの長女はこの名前です。
スカーレットドレス《トウショウボーイ×スカーレットインク》 ♀(芦口) ナオスケ
※善哉さんが嫌ってたトウショウボーイがついてるようにこの馬は史実馬ではありません。
チェネレントラ《トドロキヒホウ×サラトガピール》 ♀(坂口ダイ) ミナイ
※マンノウォーの牝馬がほしかったのですが海外セリでは出てこず、国内で購入。

今回から非ファーム生産馬は赤表記にしています。まだ多いですが今後自家生産が主流になりますので減っていくはずです。
正直2歳世代は史実馬のレベルが低いうえセールでもこれという馬が出てこず苦戦しそうな感じです。外国(特にアメリカ)は最高レベルなんですがね。

| レース出走 | 07:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

レッドコルディス3 ~たとえ今は小さく弱い太陽だとしても

私がはじめて出資したのは1997年生まれのゴッドブレスシチーという馬、この3歳世代は2014年の生まれですから数えて18世代目、この18世代目にしてようやっと「クラシック」にたどり着きました。
とはいえ現3歳世代だけでもここへ来るまでは山あり谷あり…ルヴォワールの自爆事故とコルディスのフローラS5着で1度はあきらめたもののルヴォワールがオークスまで回避したことにより(思想の自由を主張します)余った1枚のチケット、これをめぐる6倍の争奪戦に勝利するという劇的な展開で滑り込みで出走を果たしました。
当日口取りは外れたものの愛馬の一世一代の晴れ舞台、1度はキャンセルした東京のホテルを取り直し朝から参戦しました。

20170522A (1)
オークス記念入場券、来年ここにプリントされるのはどの馬ですかね。

20170522A (2)
本日のスペシャルカクテル「レッドコルディス」、アセロラとクランベリーが入ってますので赤いのですね。え? オークスリリーって書いてあったって? シーーーーッ! 言わなきゃ来なかった人にはわからないんだから(笑)

20170522A (3)
オークスのトロフィー及びレイ、ここに飾ってあるということは人形もくれるのかな(笑)

20170522A (4)
前日から東京入りですから今日のニッカンではなく今日のユーマ。ちなみになぜユーマにしたかというと

20170522A (5)
こうだからです。各紙1人は11番を◎にしてる痴れ者勇者がいたなあ。

20170522A (6)
ガンバレ馬券重賞バージョン

20170522A (7)
馬体重ドン -6ですね。前走も東京でしたからそれからさらに減ってるのはあまり歓迎しませんねえ。

20170522A (8) 20170522A (9)
9番、キャロットのディーパワンサ登場、私はマイラーだと思うんですがねえ。

20170522A (10) 20170522A (11)
そして11番、レッドコルディス登場

20170522A (12)
ディーパワンサは半周くらい遅れての登場でしたのですぐショートカットに入ります。

20170522A (13)
10番の馬もそれに続いたのですがコルディスの陣営は我関せずと(笑)。

20170522A (14) 20170522A (15)
ディーパワンサ、所有のお知り合い様によれば「よい」とのこと。

20170522A (16)
引き綱がピンクで見つけやすかったですね。

20170522A (17) 20170522A (18)
コルディス、私のジャッジは「よい」です。「今一つ」とか「発汗がひどい」とかいう意見もあったようですがね。

20170522A (20)
ただ「これで454しかないの?」という感じ、もう少し肉がついてもいいのかもしれません。「パパそっくり」のルヴォワールに比べるとこちらはあまりパパに似てないようです。

20170522A (21)
とまーれーがかかりまして吉田豊と義忠先生が綿密に打ち合わせしながら登場。

20170522A (22)
ジョッキーが騎乗してもしつこく指示をすることのある先生ですが今日は早々に解放(笑)。

20170522A (23)
誘導馬のすぐ後ろはなぜか4番の四位にーちゃん。

20170522A (24)
1番のモズカッチャンが後入れなので2番のルメールが来ます。

20170522A (25)
田辺負傷で急遽駆り出されたユーイチS

20170522A (26) 20170522A (27)
ディーパワンサとウチパク

20170522A (28)
ヒロシ。もともと「コルディスがフローラでもスイートピーでもヒロシ」だったはずですが、フローラに回ったためスイートピーでこの馬が回ってきたのですね。それで勝っちゃったからこうなります。

20170522A (29) 20170522A (30)
コルディス、陣営はリラックスモードだねえ。

20170522A (31)
ユタちゃん登場。

20170522A (32)
最後にミルコ

20170522A (33) 20170522A (34)
返し馬、コルディスはすぐ行きます。

20170522A (35) 20170522A (36)
吉田豊騎手によれば返し馬で立ち上がるとしてた…と。後で見るとどうにも首が高いですねえ。

20170522A (37)
ディーパワンサはここまで引っ張って。

20170522A (38) 20170522A (39)
ゆーーーっくりと返し馬。かかるのが心配なんですかね。

20170522A (40)
スタート、ライブでは遠目でわからなかったのですが、しっかり11番の馬が立ち上がってます。当然出遅れ(>_<)

20170522A (42)
フローレスマジックが逃げるようです。

20170522A (43)
そこに私はいません♪

20170522A (44)
やっと来た、最後方ですね。

20170522A (45)
ただペースが遅かったせいか難なくリカバーします。

20170522A (46)
4コーナー、コルディスの手は動いてますがこれはいつものこと。

20170522A (47)
ここでは一瞬行けると思ったんですがねえ、

このあと写真失敗してるのでありませんが、結局コルディスは15番人気の15着でした。

20170522A (48) 20170522A (49)
戻ってきた2頭、異常はないようです。

公式HP
5月21日レース後コメント(15着)
吉田豊騎手「周りの声に反応し、ゲート内で立ち上がったところでスタートが切られたので、大きく出遅れることに。すぐに追い上げて離されずに追走できましたが、後ろから行った馬にはかなり厳しい展開だったこともあり、直線に向いたところですでに余力がなく、最後はフォームもバラバラになっていました。まだ力不足といった印象ですが、返し馬でも立ち上がろうとしていたように精神面も幼いので、これからの馬だと思います。必ず良くなってきますよ」

高橋義忠調教師「自己条件という選択肢があった中でのGI挑戦だっただけに、この結果は申し訳なく思っています。パドックでの様子やリプレイを見ても、他の出走馬と比べるとトモの力が弱いし、全体的に緩く感じました。まだ力がつききっていないということでしょう。今日の収穫は強いメンバーにモマれたこと。コルディスにとってはいい経験になったはずですが、僕らもこの経験を今後に生かしていかないといけません。ジョッキーの話にもあったとおりこれからの馬ですから、秋には挽回してみせたいです。今のところ次の水曜日に宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出す予定で、夏をどう過ごすかは回復状況を確認して判断します」


義忠先生のいいところは大事なところではちゃんと自分が出てきて必要な説明をしてくれるところ。
結果的には時期尚早だったということになるんでしょうが先生の言う通り「強い相手と戦うことで成長する」ものですからね。馬がダメになってしまう可能性もないわけではないですがそれはそれでそこまでの馬だったとあきらめます。ともかくお疲れ様でした。そしてオークスに連れて行ってくれてありがとうございました。

20170522A (50)
最後に今日の戦利品です。Tシャツまで買ったのは初めてです。

| レース出走 | 05:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今ごろ

吉田豊騎手のコメント配信、

一言
「まだ力がつききってないかな」

あんさん、それを言ったらミもフタもないわけで

| レース出走 | 18:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

東京11R

コルディスは15着、人気通りの結果になってしまいました。
ゲートで立ち上がったようで出遅れ、直線内から伸びてくるかと思ったんですがそのままでした。

いい調子に見えたのですがテンションが高かったのかもしれませんね。

また、出直しです。

| レース出走 | 16:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

京都9R

ベリ子は4着、普通の競馬だとここまでだなあ

| レース出走 | 14:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>