fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

ロードヴォルケーノ ~And More, Much More Than This, I Did It My Way

この間書いたように昨年12月を以って中央登録を抹消したロードヴォルケーノの話。

まず募集時のコメント、これいつのことかと言うと2012/10/27なんですよ
ロードで募集になるミスプロ系はキンカメが2頭、ロードアルティマが1頭。
この中ではジャズキャット11がよさそうですね。
ただトモ高に見えたのでまだこれから大きくなりそうです。現在の馬体重が500キロとか言われたらちょと考えるところだったんですが、昨日クラブより測尺が発表になりまして馬体重446kg、これなら大丈夫でしょう…ということで1頭決定。


母ジャズキャットはタバスコキャットの全妹、それにキンカメですから血統は一流、産駒も大物はいないものの1-2勝はしてくれそうということで選びました。

その後ロードヴォルケーノと名前がついて、スクミに悩まされながらも2歳11月にデビューを迎えます。この時のヤネはなんとルメールさん、そして実は芝2000でのデビューでした。この時は3番人気4着でしたが、ルメールで続戦、次は勝つぞと勇躍阪神まで乗り込んだ(この時はまだ川崎にいたのですよ)2戦目でしたが…

まさかの12着

この後伝説のお通夜レクと相成りました。(ちなみにこの時勝ってるのがガリバルディだったりする)

その後3月に小倉で出走も6着、4戦目、権利がないので2週連続除外になった後、怒りのSSD先生は突然全く条件の違うダート短距離戦に出走させます。
どうかという声の渦巻くなか「ウチの優作」(by国枝先生)で惜しい2着、これならやれるかもと岩田神騎乗の必勝態勢で迎えた次走、今でも走ってるメイショウホウトウを抑え込んで5戦目でよーやく勝ち上がりました。
20190216A01.jpg

でもSSD先生は頑固、この後30戦中2回を除いてずーーーっとこの時の条件であるD1400に出し続けます。(ちなみに2回のうち1回は除外ですから実際走ったのは1回だけ)。

勝ち上がりは遅かったのですがここからヴォルケーノの快進撃がつづきます。この年春に名古屋に移籍した総帥の御前試合となる雨の中京で2勝目、菊花賞の裏の大山崎特別で3勝目と年間3勝で一気に準オープンまで駆け上がりました(ちなみに年間3勝したのはこの年のヴォルケーノとレイズアスピリット、昨年のレッドジェノヴァとロードゴラッソの4頭がいます)。

これなら、オープン入りも目前じゃい!と思ったのも束の間、ここからヴォルケーノの苦闘が始まります。準オープンで5戦するも勝てず降級となります(なお準オープン最後のレースはスタートして2秒で落馬して終わってます)。

降級して1000万下ならすぐ勝てるだろうと思ってたのですが2-3着はあるもののなかなか勝てず、そして魔の5歳へ。この年1月の伊勢特別で4着のあと休養へ…ここまではよくある話ですが放牧先のグリーンウッドで両前深管に不安発生し北海道まで送られてしまいます。結局次走は春も夏も過ぎてなんと11月、10か月の休養でした。

この後ヴォルケーノは大きな休みなく1000万下で走り続けますが、脚元の不安が走りに影響したのかピークアウトしてしまったのか掲示板に乗るのがやっとの日々、7歳12月まで走りましたが勝てず、初勝利をあげた岩田神騎乗で8着になったのを最後に中央登録を抹消してしまいました。結局3歳10月に挙げた大山崎特別が最後の勝利となってしまいました。

6年にわたり33戦、落馬あり除外ありと山あり谷ありの馬生でしたが本当によく走ってくれました。なんだかんだで5着以内率はほぼ50%ありますからね。あとはついにロードから切られたSSD先生がもうちょっと柔軟に条件を選んでくれていればねえ。

ともかく長い間お疲れさまでした。

20170515A (8)
ヴォルケーノと言えばやはりこの顔、本当の気性はどうか知りませんがこのボケッとした顔つき(笑)。そういえばこの厩務員さんとも長いお付き合いでしたね。

P.S.ヴォルケーノですがその後馬主が変わって園田へ。そ・し・て
2/13 実に4年4ヵ月ぶりに勝ちました!

| クラブ馬主・その他 | 22:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ロードヴォルケーノ15 ~ジャマスルナ

宮記念後の12R、ここに登場してきたのがロードヴォルケーノ、もう16度目の御前試合になります。

20180327B (1)
今日のニッカン、何を評価してるのか知りませんが印なんぞついてます。

20180327B (2)
そしてガンバレ馬券

20180327B (3)
馬体重、休み明けですがー2キロ

20180327B (5) 20180327B (6)
ファインニードルのゴールを見てからパドックに急行したのですがこの時点では馬は出ておらずパドックも意外にまばら、しばらくして出てきました。

20180327B (7) 20180327B (8)
この年になると「むちゃくちゃイイ」という状態にはならないんでしょうね。固く見えるのはいつものこと。

20180327B (9)
そしていつものこの表情、どんなど素人でもイリーゼと比べれば違いが一目瞭然かと(笑)。

20180327B (10) 20180327B (11)
もう1頭の注目馬。ララパルーザ、よく濁点と半濁点の位置を間違えます(笑)。

20180327B (12)
人気、午前中はなぜかヴォルケーノが1番人気でしたが落ちるところまで落ちたようです(笑)。

20180327B (13)
とまーれーがかかってSSd先生登場、きょうダンスディレクターが出てましたからね。

20180327B (14)
ティータン登場、前のレースでブリザードに乗ってたわけで律義に登場してきました。

20180327B (15)
G1に馬を出してるはずのない岩戸先生は来てないようです。

20180327B (16)
そこへ不機嫌そうにシバヤマ登場。

20180327B (17) 20180327B (18)
無論わが軍初騎乗のティータン、ミルコも空いてるし他に騎手は居なかったんですかねえ。

20180327B (19)
シバヤマ、人気を見て不機嫌になったわけではありません。

20180327B (20)
返し馬へ

20180327B (21)
あまりスピードは出してないですね。

ララパルーザは撮り忘れ。

20180327B (22)
スタート、ララパルーザははっきり出遅れ、ヴォルケーノもあまりいいスタートではありませんでしたが。

20180327B (23)
押して前に取り付き中団でレースを進めます。

が、ここからなぜか下がっていきます。

20180327B (24)
この写真、ヴォルケーノとララパルーザは写ってません。なぜかと言えばもっと後ろにいるから。一瞬しか脚を使えないヴォルケーノがこの時点でドベに近いところにいるようでは終わりです。

20180327B (25)
外に持ち出して。

20180327B (26)
上り最速の脚で追ってきますが。

20180327B (27)
7着まで

20180327B (28)
ララパルーザはその後ろ、隠れてますが同じ3枠の馬の内にいます。

公式HP
ロードヴォルケーノは、3月25日(日)中京12R・鈴鹿特別・混合・ダート1400mにティータン騎手57kgで出走。15頭立て9番人気で1枠1番からハイペースの道中を8、14、13番手と進み、直線では中央を通って0秒8差の7着でした。馬場は良。タイム1分25秒5、上がり36秒9。馬体重は2kg減少の490kgでした。
・笹田調教師 「3番の馬が下がって来た煽りで、徐々にポジションが後ろに。位置を保てていれば更に上位争いが可能だった・・・とジョッキーも話していました。ラストは伸びていただけに残念。3着以内を外す結果に終わり、どのぐらいの間隔が必要か・・・。そのあたりも踏まえつつ、新たなプランを検討しましょう」
≪2018年3月25日 中京12R 鈴鹿特別(4歳上1000万下)(混) ダ1400m 良 15頭≫
1着アシャカセルクル  57吉田隼 1.24.7    (  4・3・3)37.2 512kg-10kg
2着ブルームーン    57大 野 1.24.9 1.1/4(  11・6・5)37.2 486kg+8kg
3着ペイシャエヴァー  57岩 田 1.24.9 首  (  2・3・3)37.4 488kg-2kg
7着ロードヴォルケーノ 57ティータ1.25.5    (  8・14・13)36.9 490kg-2kg


レースをライブで見たときには「いいとこついてたのになんで下げるんだ この(聞くに堪えないバリゾーゴン)」とジンガイ排斥運動を起こそうかと考えてたのですが、その後弁護側の証人の証言により、前にいた高橋義忠きゅう舎所属の3番の馬が下がってきたので下げざるを得なかった」と言うことが判明し告発を取り下げた次第。
上の写真で見ても向こう正面では前の方にいる3番が4コーナーのところでは馬群の後ろまで下がってますものね。
この馬の勝つ条件は「岩田神が乗って、内枠引いて、スタート決めて、好位のインでじっとしていて、直線前が開き、かつ外から追い込んでこないこと」と思ってますがそこにもう一つ「前の馬が下がってこず」を追加する必要がありそうです(苦笑)。
一応上り最速の脚を使っておりまだまだ小銭を稼げることは示してるのですが…小銭を稼いでれば良しとするか、あくまで一度勝ったこのクラス出の勝利を目指すか…迷うところです。

| クラブ馬主・レース出走 | 21:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ロードヴォルケーノ14…とすべきか? ~何から何まで真っ暗闇の…

日曜日は中京10Rにヴォルケーノが出走、口取りが当たったこともあって競馬場へ。

20170725A (1)
この日のメインはトヨタ賞ですから見てのとおり車が、ツムラ君車getしたのかなあ。

20170725A (2)
今日のニッカン、印はは薄いです。着程負けてるわけではないのですが初めての1200が嫌われたか。

20170725A (3)
300円の金券ですがなにか?

20170725A (4)
-12、1200仕様でば体を絞ったと思いたいが…

20170725A (5) 20170725A (6)
まず出てきたのがヴォルケーノ。見ての通りこの時点では大雨です。

20170725A (7) 20170725A (8)
そしてミカエルシチー

20170725A (9) 20170725A (10)
ジーサンズの中では唯一働いてる馬ですがこの馬とて1年近い休みがありましたっけ。

20170725A (11)
この時点ではむしろおとなしいくらいに見えたのですがねえ。

20170725A (12) 20170725A (13)
そしてミカエルシチー、たしか慎介しゃん初勝利の馬でしたね。でもその後が…

20170725A (14)
この馬が大成しないのは気性のせいなのかもしれません。

20170725A (15)
人気ですが…ヴォルケーノよりミカエルのほうが人気あるのかあ。

20170725A (16)
とまーれーで

20170725A (17)
もしかしてSSD氏はここにいない?

20170725A (19)
一方ミカエルシチー

20170725A (19)
こちらはキワム君が来てました。

20170725A (20) 20170725A (21)
ダートの短距離で穴開ける人ですが如何に?

このあとロードですから副総チェックがあり返し馬の写真はありません。コンデジに変えてスタートの時を待ってたのですが…

20170725A (22)
ゲートイン終わってなかなか開かないなーと思ってたら1頭潜り抜けてるようです。

20170725A (23)
なんとヴォルケーノじゃん!でF永はどこに?

20170725A (24)
どうやら無事のようです。

20170725A (25)
こういう人気的にはどーでもいい馬はとっとと除外にする傾向があるのですがやはり除外
わが軍748出走機会目にして初の競走除外。今年は初の出走取消もあったしいったいどうなってんだか…

20170725A (26)
さっさと帰り支度を始めたところで「ミカエルがいたんだっけ」と慌てて撮ったのがこれ、リアルじゃなくビジョンを映しちゃってました…。

F永Y一氏の証言
ロードヴォルケーノは、発馬機内で暴れた際にキ甲部挫創を発症して7月23日(日)中京10R・尾頭橋特別・混合・ダート1200mを競走除外となりました。なお、枠内駐立不良で7月24日(月)から8月22日(火)まで出走停止。停止期間の満了後に発走調教再審査の制裁を受けました。
・福永騎手 「最初は非常に大人しかったものの、途中で急に寝そべるような格好。体勢を立て直すべく何度か促したところ、今度は一気に前扉を潜ってしまいました。恐らく大きな怪我は無いと思うのですが・・・。申し訳ありません」


よーするに「ゲートで寝そうになったので「寝たら死ぬぞ!」とどついたら出走合図と勘違いして突進した」と(何か違う?)。

その日中京にいなかったと思われるSSD氏は
・笹田調教師 「残念な結果に。普段から本当に落ち着いたタイプで、これまでもゲートで煩い面は殆んど見せていないのですけどね。今のところ目立った外傷は認められぬものの、時間が経ってから異常が出るケースも。数日間は観察が必要かも知れません」
≪2017年7月23日 中京10R 尾頭橋特別(3歳上1000万下)(混) ダ1200m 良 15頭≫
1着エルフィンコーブ  55松 山 1.11.3    (  1・1・1)37.2 504kg-6kg
2着タガノヴィッター  57横山典 1.11.3 首  (  8・7・7)36.4 508kg+6kg
3着クリノシャンボール 57Mデムー1.11.3 鼻  (  1・2・2)37.2 500kg+8kg
除外ロードヴォルケーノ 57福 永 -.--.-    (  -・-・-)--.- 472kg-12kg


この馬の戦績には2度目の漢字が登場、戦績に2度漢字があるのはほかにはアーヴィングだけですから、これじゃまるで気性の悪い馬じゃないですか。どっちかといえばSSD氏が言うようにおとなしい馬のはずなんですがねえ。
ともかく1か月は出られません。どうしますかねえ。


で…

木曜日から続くBad NewsにGM更迭ではなく神頼みを選択したL氏、

20170725A (27) 20170725A (28)
草薙の剣は災難を払う剣、祓いたまえ清めたまえ

20170725A (29)
おみくじ
「今までの苦しみも煩いもいつしか消え、心楽しき時が来る。神恩に感謝し日々の務めにひたすら励め。念ずれば花ひらく。」
ですって。

| クラブ馬主・レース出走 | 22:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ロードヴォルケーノ13 ~10回目のプロポーズ

私の現役馬の中でこれまで2勝以上していて私が口取りを達成したことない馬が次の3頭。
ロードヴォルケーノ
レイズアスピリット
アプリコットベリー

アプリコットベリーは勝鞍が小倉と福島ですかららいかんともしがたく、レイズアスピリットの場合はグッドラックH・九十九里特別と当選倍率の壁に阻まれており、後は中京で勝った時は東京にいて福島で勝った時は名古屋にいるという間の悪さに泣いてます。

ヴォルケーノの場合は、初勝利の時はエルマンボ+レイズと重なったためパス、2勝目は中京でしたから口取りせず、3勝目は菊花賞の日で躊躇…とロードの規則と選択が裏目に出ている次第。
この三頭勝ててあと一つと思ってますから次を逃したらもうチャンスはないでしょう…ということでこのところヴォルケーノにはもれなく申し込んで今回が10回目の挑戦。

20170515A (1)
今日のニッカン、3歳時に3勝したころの勢いはもうなく勝つためには展開の助けが必要かと。なので△ポツポツと…こんなもんでしょうね。

20170515A (2)
ガンバレ馬券。下? 日本の畜産振興のための寄付証書です(笑)

20170515A (3)
馬体重、もうちょっと増えてもよいよなんですがどうも減ってしまいます。

20170515A (4) 20170515A (5)
でてきました。いつもの厩務員さんです。

20170515A (6) 20170515A (7)
馬体はこのところゼッコーチョーではないにせよ悪くない状態だと思います。年齢的には上がり目はないのかもしれませんが。

20170515A (8)
今日は舌を出すしぐさもありません。あれって遊んでるらしいですね。(by WP8 2017辞典)

20170515A (9)
だけども人気はありません。前走着も内容も悪いですからしかたありませんが、あれはス○ルが…(以下自粛)

20170515A (10)
とまーれーがかかりまして。

20170515A (11)
いつもの怖い人(失礼)が出てきません。東京行きましたかね。

20170515A (12)
11Rに騎乗してた松若君、ここも出てきました。若者はまじめだねえ(笑)。

20170515A (13)
ジョッキーベイビーズに騎乗する小学生ではありません、念のため(笑)。

20170515A (14)
ヴォルケーノの背と比べればわかりますが何しろ小さい。たしか150くらいだったかと。

20170515A (15) 20170515A (16)
とはいえ前走この馬に乗ってたヤツよりはるかに頼りになります。
  松若 10戦 2-0-2-0-1-5
  ヤツ 13戦 0-2-1-1-1-8

いつものことですがロードは服装チェックがありますので返し馬の写真はありません。

20170515A (17) 20170515A (18)
スタート、一瞬また出遅れたと思いましたがそれはヤツが乗ってた隣の馬、ヴォルケーノは好スタート(この馬比)を決めます。

20170515A (19)
ダートに入るところでこの位置。

20170515A (20)
3コーナー、もうちょっと前にいると勘違いしてましたが一番左の見切れてる青の帽子がヴォルケーノ、前走はこの時点で最後方のあたりですからね。

20170515A (21)
ただ欲を言えばこのあたりでサンデーの馬がいる位置あたりのポジションがほしいところ。

20170515A (22)
このあたりで一瞬伸びてきまして「フーマ行ける!」と叫んだのですが(これも前走と大違い)

20170515A (23)
そこから止まってしまいました。着は8着と悪いですがこの写真の一番左が勝った馬ですからそう差はありません。

20170515A (24) 20170515A (25)
戻ってきたところ。ス○ル、こうやって乗るんだよと言いたいところです。

公式HP
2017.05.13
ロードヴォルケーノは、5月13日(土)京都12R・4歳上1000万下・ダート1400mに松若騎手57kgで出走。8着でした。
・松若騎手 「好位から中団ぐらいで・・・との指示。スタートも決まりポジションを取りに行きました。ただ、軽く促しながらの道中。乗り易くて直線でのゴーサインにもグッと反応してくれたものの、もう少し時計を要す馬場の方がベターなのかも知れません

2017.05.15
ロードヴォルケーノは、5月13日(土)京都12R・4歳上1000万下・ダート1400mに松若騎手57kgで出走。16頭立て12番人気で4枠8番から平均ペースの道中を9、9、9番手と進み、直線では外を通って0秒3差の8着でした。馬場は不良。タイム1分23秒5、上がり35秒8。馬体重は4kg減少の484kgでした。
・笹田調教師 「今回はゲートも五分に出て、相応の位置でレースを進められました。最後もジワジワ差を詰めたものの、もう一伸び・・・と言ったところ。勝った馬こそ後方から来たとは言え、それ以外は前残りの競馬ですからね。今度は恐らく間隔が必要。育成場で待機するのが妥当でしょう」
≪2017年5月13日 京都12R 4歳上1000万下 ダ1400m 不良 16頭≫
1着メイショウノボサン 57福 永 1.23.2    (  13・12・12)35.2 472kg 0kg
2着ミッキーグッドネス 55武 豊 1.23.2 鼻  (  2・2・2)36.1 416kg 0kg
3着アドマイヤムテキ  57川 須 1.23.3 3/4  (  1・1・1)36.4 498kg+4kg
8着ロードヴォルケーノ 57松 若 1.23.5    (  9・9・9)35.8 484kg-4kg


SSD先生ついに動いたようでフーマ君に前で競馬するよう」指示したようです。相手がイチリューでもそうやってちゃんと指示出してほしいですね。
今回疑問視してた不良馬場でこの競馬ですから悪くはないと思いますが、最後止まったように見えましたので使える脚に限界があるタイプかなーと。ならばもう少し前目に位置したいですよね。さりとて前半せかすと良くないタイプですから楽に先手とるためにもう少し距離を伸ばしてみるのもアリじゃないかなーと。SSD先生はD1400使い続ける気のようですが。

| クラブ馬主・レース出走 | 19:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ロードヴォルケーノ12 ~限界なんだわ 坊や いらいらするわー

明日からしばらくにゃごやを離れますので今日中にス○ル2連発行きます。

まずは先週土曜日のロードヴォルケーノから

20170501A (1)
今日のニッカン、現級勝ちがあるし負かしてきた相手から言えば1000万下で止まっててはいけない馬なんですが、すっかりこのクラスに定着してしまいました(苦)

20170501A (2)
で、ガンバレ馬券

20170501A (3)
馬体重的にはあまり大きな変動のない馬です。SSD先生が体重Aなのかもしれませんが(WPネタ)

20170501A (4)
出てきました。

20170501A (5)
相変わらずボケッとした顔ですが

20170501A (6) 20170501A (7)
悪くない調子と見ます。

20170501A (8) 20170501A (9)
皆様同じ認識のようでオッズも上がっていきます。

20170501A (10)
ただペロペロ舌を出すしぐさ、最近こうなんですよねえ。昔はやらなかったんですが。

20170501A (11)
とーまーれーがかかりまして

20170501A (12)
一見「どこの組のもんじゃい?」と言いたくなるSSD先生登場。どうでもいですが広島県出身ではあります。

20170501A (13)
ヤツは来ません。

この日は9度目の口取りがあたっておりまして服装検査のため返し馬はありません。

20170501A (14)
レース、ヤツは出遅れたと言い張ってますがそうひどい出遅れではなかったはず。

20170501A (15)
なのにどんどん後ろへ。

20170501A (16)
ここでそんな位置にいたんじゃ勝てんのです。
おまけに直線は進路を探して右往左往。

20170501A (17)
結局後方尽のまま10着大敗、4番人気だったんだし勝てないにしても見せ場くらい作れよな。

この馬も曲がり角に来てると思います。D1400戦では後ろからの競馬になって「よくて掲示板まで」ですからもう少し距離を伸ばしてみてもよいのでは?と思います。一度D1800で大敗しましたがあの時は道悪という要因もあったようですし。
SSD先生、突然D1400に使った時のように考えてみません?

| クラブ馬主・レース出走 | 21:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ロードヴォルケーノ11&レッドウィズダム8 ~こんなことは今までなかった

続いて本日のメイン12R「小泉今日子さま生誕○周年記念1000万下競走」

20170206B (1)
このレース、ロードヴォルケーノレッドウィズダムという有力キンカメ産駒2頭が出撃、ニッカンでもともに◎など重い印がついてます。
ただ出資者見解ではヴォルケーノはいいがウィズダムは久々だしどうか?と。

20170206B (2)
ガンバレ馬券2枚、ちなみに愛馬の2頭出しは何回かありますがその日に競馬場に行くというのは史上初めてです。

20170206B (3)
馬体重、ヴォルケーノはいいですがウィズダムの+12はどうでしょうか? 朝の内一番人気だったウィズダムですがこれを見て下げていきます。


20170206B (4) 20170206B (5)
まずウィズダム登場、去年秋くらいから担当者が変わったはずです。

20170206B (6) 20170206B (7)
そしてヴォルケーノ、こちらはいつもの方です。

20170206B (8) 20170206B (9)
ウィズダム、取り立てて太くは見えなかったのですがね。

20170206B (10)
迷ってたようですが結局耳ありメンコを着用するようです。

20170206B (11) 20170206B (12)
ヴォルケーノ、「勝っちゃうよ宣言」を出しかけた前走に比べれば落ちるような気がします。

20170206B (13)
ただいつもはボケッとしてる馬が今日はキリッとしてます。ただ今にして思えば気合が入りすぎだったかもしれません。

20170206B (14)
お知り合い様にこの写真は撮っておけと言われたオッズ、ヴォルが1番人気でウィズが2番人気です。最終的には1・3番人気になってしまいますが。

この後荷物を置きに戻った(最終レースの時間は一時預りが使えません)ため中座

20170206B (15) 20170206B (16)
服装チェックがあるのですが先に出てきたウィズダムの返し馬には間に合いました。

20170206B (17)
スタート、外のヴォルケーノは速いのですが…

20170206B (18)
なぜかルメールは下げてしまいます。さっき後ろにいたウィズダムの方が前になってます。

20170206B (19)
そのままほぼ同じような位置で競馬をします。これは予想通り。

20170206B (20)
4コーナー、岩田神らしく内を狙うウィズダムに対しヴォルケーノは外に行くようです。

この後写真は失敗してありませんが…

インをついたウィズダムは一瞬見せ場を作りますが最後ばてて6着、外を回ったヴォルケーノは前走ほどの脚が使えず5着でした。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、2月4日(土)京都12R・4歳上1000万下・混合・ダート1400mにルメール騎手57kgで出走。5着でした。
・ルメール騎手 「どちらかと言うと、今までは追走に苦労。でも、今日はペースが遅くて掛かり気味でした。上手く溜めが利かず、その分だけ最後に伸び切れなかった印象。外枠も非常に厳しかったと思います
・笹田調教師 「不利な15番枠に加えてスローな流れ。結局、ずっと外を回らされる格好で・・・。スタートは普通に出られただけに、もう少しポジションを取りに行っても良かったかも。ちょっと下げ過ぎでしたね。3着を外すと相応の間隔が必要。一旦、育成場へ移すのがベターでしょう」


レッドウィズダム
2月4日レース後コメント(6着)
岩田騎手「体重増は成長分で太め残りはなかったと思います。道中は体を起こして走っていて力みもなくマイペースで追走できました。ペースを考えればポディションはベストだったはずです。直線に向くまではとてもいい感じだったんですが、あの展開でも脚がたまっていなかったようで、そこからダラッとしてしまいました。変に動いて馬にストレスを与えたわけでもないし、不利を受けたわけでもありません。自分から止めたり、周りを気にしたりということもなく単純に余力がありませんでした。今の感じだともう少し距離があった方がいいかもしれません


カズヒデ君、あなたいつも「こうしてほしかった」と言いますが、それならなぜレース前にそう騎手に伝えないんですか? ルメール氏もこの日はまったく乗れてませんでした。一説によると落馬負傷のためこっそりダメール氏に乗り替わっていたとか。
なお外枠云々と言ってますがこの馬、6枠より外に入った時は0-0-1-0-1-4、3枠より内に入った時は2-1-2-2-1-2であることは事実です。

ウィズダムについては私は久々のせいで粘りを欠いたと思ってましたが岩田神の見解は違うようです。で2度目の距離延長進言、前回は岩田の進言を容れずクビにしたセカスミ先生ですが今回はどうするでしょうか?

日曜日に行く前に土曜日の5R他を先にやります。

| クラブ馬主・レース出走 | 21:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ロードヴォルケーノ10 ~目覚めよと呼ぶ声あり

この日の第3弾、2014年10月に噴火して以来休火山となっているロードヴォルケーノが最終レースに登場

20170117A (1)
今日のニッカン、ここも△

20170117A (2)
ガンバレ馬券

20170117A (3)
見ての通りヤネはルメール神、2戦目で12着に沈んで以来の騎乗になります。あの時はルメール神は「わからない」と首をひねり、たまたま参加したお知り合いの方から「お通夜」と評される伝説のレクがあったのでした。

20170117A (4)
出てきました。

20170117A (5)
相変わらずボーッとした顔です(笑)。

20170117A (6) 20170117A (7)
でも馬体は悪くないですね。相手関係が楽で、前走大敗でなければ「いいの? 勝っちゃうよぉ」宣言を出すところでした。

20170117A (8)
ルメールがいないのはわかってましたのでロード特有の服装審査を考えて今回は早めにコンデジにスイッチしました。
人気は2番人気…いくらルメールが乗るからってそれはないかと。

20170117A (9) 20170117A (10)
出てきました。

20170117A (11) 20170117A (12)
2枚の写真の間で挟まれて下がってます。

20170117A (13)
だから後ろから、使える脚が限られる馬ですから位置取りは大事なのですが…

20170117A (14)
4コーナー、前がつまりそう。

20170117A (15)
前が開いて伸びてきます。ルメール! ルメール!(4音節は連呼しにくいです(笑))

20170117A (16)
わずかに前に届きません。残念!

20170117A (17)
戻ってきたところ。なかなか勝てません。

公式HP
ロードヴォルケーノは、1月14日(土)京都12R・4歳上1000万下・ダート1400mにルメール騎手57kgで出走。3着でした。
・ルメール騎手 「ポテンシャルが高く、非常に良い馬。しっかり最後も伸びてくれました。幾らか身体に余裕が感じられただけに、ここを使って良化を遂げそう。次はチャンスでしょう
・笹田調教助手 「スタートで隣の馬に寄られ、ポジションを下げてしまいました。でも、それ以外はスムーズ。直線も上手に誘導してくれたでしょう。全て交わすか・・・と思ったものの、ラストは同じ脚色に。最低限の3着以内は得られただけに、次走に期待を寄せたい気持ちです


3着ですから優先権があり次も「優位に運べる立場」(ロード用語集#2)、ナントカルメール神にお願いしたいところですね。候補としては2/4の最終レースでしょうが…そのレースってウィズダムも岩田神で出てくるんですよね。まあ路線が同じだからぶつかるのも仕方ないのですが。

この日のレポはこれで終わりです。

| クラブ馬主・レース出走 | 21:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ロードヴォルケーノ9 ~明日は 明日は涙が晴れますか

やっと土曜日のレースのアップ、最初のロードヴォルケーノが出てきた12R、伊勢正三特別からです。

20160119B (1)
今日のニッカン、前走は7番人気と馬鹿にされた人気でしたが、今回はさすがに印が重いです。

20160119B (2)
ガンバレバケン1000万下ヴァージョン

20160119B (3)
馬体重は+8ですか、冬場とあってプラス体重の馬が多いですね。

20160119B (4) 20160119B (5)
気が付けばヴォルケーノも10回目、セシリアが15回、エルマンボが13回ですからいかに多いかがわかると思います。
でも…
目の前で勝ったことはあるけど口取りはないのさ。

20160119B (6)
突然暴れだします。どないしたんや?

20160119B (7)
何事もなかったように周回、さっきはなんだったんだろう。

20160119B (8) 20160119B (9)
L氏いわく「ボケっとした顔」。1つ前のレースで勝った馬がこんな顔してたらまず負けらしいですが(笑)

20160119B (10)
とまーれー

20160119B (11)
走る笹田師

20160119B (12)
走る勝浦

20160119B (13)
前2走を買われて3度目の騎乗、今度は決められるか?

20160119B (14)
ここを勝ったらヴォルの主戦にしてやるよと甘い言葉をかけられて…(パクリ)。

20160119B (15)
と笑ってては勝負になりませんので気合を込めます。

20160119B (16)
人気はこんなところ、1頭とび抜けてますが果たして?

20160119B (17) 20160119B (18)
本馬場入場から返し馬に。

20160119B (19)
スタートは出遅れというほどではないですがよくありません。

20160119B (20)
が、ポジションを取りに行きました。同じ内枠だった前走、狭いところで脚を余したため先行策を取ったようです。

20160119B (21)
4コーナー、悪くない位置で回ってきます。

20160119B (22)
赤い帽子が逃げてる馬、さあ行けるか?

20160119B (23)
うーーーん

20160119B (24)
逆に1頭に差されてしまいます。

20160119B (25)
前に1頭いますからまたしても「フォー!」、直近11戦6度目の4着。

公式HPより
ロードヴォルケーノは、1月16日(土)中京12R・伊勢特別・混合・ダート1400mに勝浦騎手57kgで出走。16頭立て3番人気で2枠3番からハイペースの道中を5、5、5番手と進み、直線では内を通って1秒1差の4着でした。馬場は良。タイム1分24秒5、上がり37秒5。馬体重は8kg増加の496kgでした。
・笹田調教師 「人気馬をマーク。勝負を賭けて普段よりも序盤から積極的に運んだものの、その分だけ終いが甘くなって・・・との話でした。また、続けて乗った3戦の中で最も馬が硬く感じられた・・・とも。元々がスクミ易いタイプなのに加え、連戦で幾らか疲れも来ているのかも知れません。3着を外して出走の見通しを立て辛い状況。ここで一息を入れましょう」
≪2016年1月16日 中京12R 伊勢特別(4歳上1000万下)(混) ダ1400m 良 16頭≫
1着ブルミラコロ    56秋 山 1.23.4    (  2・2・2)36.8 516kg+8kg
2着ウインオリファン  56石 川 1.24.2 5  (  1・1・1)37.8 486kg+2kg
3着ライオンズバイツ  57石橋脩 1.24.3 3/4  (  16・15・15)35.8 480kg+6kg
4着ロードヴォルケーノ 57勝 浦 1.24.5 1  (  5・5・5)37.5 496kg+8kg


前に行った分末が甘くなった印象ですが、これは責められません。勝浦君も前走を踏まえて勝とうと思ってそう乗ったのですからね。結果として後ろで脚をためた方がいい馬ということが分かったということですね。
で、連戦してましたからやはり放牧ですね。春を待ちましょう。

土曜はあと3,5,8,11Rになります。

| クラブ馬主・レース出走 | 23:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>