fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

ロードゴラッソ1 ~オイラにゃ マムの血が騒ぐ

日曜京都の6R新馬、わが軍世代4頭目のデビューとなるゴラッソが出走でした。
この年のロードで私が最初に行ったのはロードダヴィンチでしたがロード初の非当選除外、その後外れ指名をシグナライズ等ロードカナロア産駒を中心考えてたのですが中村GMがこの馬を推したというインサイダー情報を入手しこちらにした次第、マムの子はルアンジュに次いで2頭目となります。

20180123B (1)
まずニッカン、どうでもいいですが「本紙伊嶋」は太田TMに代わったようです。本紙のわりに予想が攻撃的(言葉を選びました)でしたからねえ。ゴラッソは4番手くらいの評価ですね。

20180123B (2)
ガンバレ馬券、今気が付いたのですが未勝利モードで買ってました(>_<)

20180123B (3)
馬体重ドン、募集時は確か400なかったくらいだったんですがねえ。

20180123B (4)
出てきました。メンコで分かる通り藤岡先生のところです。

20180123B (5)
と見てたらあいさつ代わりに暴れます。さすがマムの子(笑)。
※筆者注:サッカーマムの子はみんな気性がきついそう。

20180123B (6)
急遽2人引きになります。

20180123B (7) 20180123B (8)
父ハーツ、馬体はよいと思いますがやはりうるさい。写真はありませんがわが軍史上初馬っ気も出してました。

20180123B (9)
姉ほどではないですがやはりアブナイ目をしてます(笑)。

20180123B (10) 20180123B (11)
このレース、新馬戦らしく泣くわ暴れるわおったてるわ…が続出します。
まずゴラッソと同じロード馬のオールフォーラヴが派手に暴れます。
ちなみにこの馬は母ワンフォーローズですから半妹に出資してます。

20180123B (12)
そしてアイスストーム、この馬暴れるだけでなく、いわゆる5本目の脚もぶらんぶらんさせて失笑を買ってました。結果? 言わなくてもいいでしょう。

20180123B (13)
負けじと暴れるメルジェリーナ、よく見ると5番の馬も向きが反対ですね。

20180123B (14)
最初暴れてたオールフォーラヴは後半何事もなかったように周回します。

20180123B (15)
人気はグレートウォリアーがかぶってます。ゴラッソは…意外に人気がないですねえ。

20180123B (16)
とまーれーがかかりまして

20180123B (17)
健ちゃん先生登場、そういえばこの先生あまりユースケやコータに似てないように思いますが如何?

20180123B (18)
ですが馬の方を見ずにあらぬほうを見てます。

20180123B (19)
ロードは10分前に服装チェックがあって普通は返し馬は見れないのですが、この時は終わってぎりぎりで間に合いました。

20180123B (20)
スタート、ゴラッソはやや遅れますが

20180123B (21)
前につけます。私は後ろからと思ってたのですがね。
反応の悪いところがあるようなので前に付けたほうがいいという判断でしょうか。

20180123B (22)
3コーナーのあたり、同じ勝負服が並んでます。

20180123B (23)
ただオールフォーがすっと先頭に取り付いてるのにゴラッソは離されます。

20180123B (24)
このあたり、写真ではわからないのですが、ずっと外を向いていてユースケは修正に手いっぱいで追ってません。

20180123B (25)
結局オールフォーラヴが勝利。

20180123B (26)
ゴラッソは最後脚を伸ばして5着まで来ました。

20180123B (27)
戻ってきたゴラッソ。

20180123B (28)
ここで姉のデビュー戦張りにやってくれます(笑)。なせか帰り道に背を向けて膠着。

20180123B (29)
ユースケが促しますがしばらく動きません。

20180123B (30)
やっと動きます。

20180123B (31)
だいぶ時間がたってるのか厩務員さんがここまで引きに来ました。

公式HP
ロードゴラッソは、1月21日(日)京都6R・3歳新馬・混合・芝1800mに藤岡佑介騎手56kgで出走。16頭立て7番人気で6枠12番から平均ペースの道中を6、3、3番手と進み、直線では外を通って1秒1差の5着でした。馬場は良。タイム1分50秒6、上がり36秒4。馬体重は470kgでした。
・藤岡騎手 「スッと先団へ。序盤はスムーズに運べたでしょう。まだトモに緩さが残っている影響で、3コーナーの下り坂では走り辛そうに。そのあたりは逞しさを増すに連れて解消する部分ですね。一旦は置かれながらも、直線では盛り返す格好。能力は示したと思います。ただ、何度かモタれるような場面。そこが今後のポイントと言えるかも知れません」
・藤岡調教師 「ちょっと口向きの難しいタイプ。だいぶ矯正してレースへ送れたものの、ラストは立て直しながら・・・と言った感じでしたね。それでも5着に来たように、やはり力を秘めているのは確か。幾らかテンションが上がり気味だった点も含め、レース後の様子に応じて新たなプランを検討します」
≪2018年1月21日 京都6R 3歳新馬(混) 芝1800m 良 16頭≫
1着オールフォーラヴ  54川 田 1.49.5    (  2・2・2)35.4 458kg初出走
2着アロハリリー    54鮫島駿 1.49.5 首  (  2・3・3)35.2 442kg初出走
3着グレートウォリアー 56福 永 1.49.7 1.1/4(  8・7・7)35.1 510kg初出走
5着ロードゴラッソ   56藤岡佑 1.50.6    (  6・3・3)36.4 470kg初出走


5着とはいえ1.1秒ですからだいぶ離されたもの。とはいえ直線はまともに追ってませんから伸びしろはあるはず。ということで評価は難しいのですが…今のところの評価はラフェスタより下でシーリアと同等と言うところでしょうか。無論勝ち上がりの可能性は十分あると思ってますが2戦目でどれだけ変わってくるかですね。

前にも書きましたがこの世代の新馬は2,1,3,5となってあと1頭います。今のところギリギリ新馬に間に合うかと言う感じなのですが、これがどういう走りをするかによっては全頭勝ち上がりもありそうです。まあその前に次に1頭でも多く勝ち上がってほしいところですがね。

| クラブ馬主・レース出走 | 21:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT |