fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

レッドモアナ3

阪神JFの次のレースの最終12Rにモアナが出てきました。

20211214B (1)
春先に勝って昇級してからは惨敗続き、ですので無印も当然です。
鞍上を森君に戻して…というのはオレ様でもあったパターン、大敗したオレ様はレース後引退表明でしたからこの子もここがラストランの可能性大でもあります。

20211214B (2)
ガンバレ馬券

20211214B (3)
馬体重発表、まだ4時過ぎですがだいぶ暗くなってきました。

20211214B (4)
阪神JFが終わってからパドック行きましたのでもう出てました。

20211214B (5) 20211214B (6)
後述するコメントではかなり硬くなってるようですが馬体的には悪い感じではないのですがね。

20211214B (7)
ただこんなうるさかったっけ?という感じでした。

20211214B (8)
この時点では14番人気くらいでしたが最終的にはビリ人気に

20211214B (9)
とまーれーで

20211214B (10)
モリユウ君登場

20211214B (11)
一番左が坂口先生なんですかね。

20211214B (12)
先出を指示しています。

20211214B (13)
ミルコのインタビューが終わるのを待ち受けてGo! したがってミルコは最終レース乗ってません。

20211214B (14)
すぐ向こうへ。

20211214B (15)
いつも通りスタートが遅く。

20211214B (16)
さらに流れについていけないというのが現状。

20211214B (17)
3コーナーでこの手応えではね。

20211214B (18)
それでも一瞬ん? と思ったんですがね。

20211214B (20)
やっぱり駄目でした。

20211214B (21)
戻ってきたところ。この成績ではラストランになるだろうなと思いつつ…

12月12日レース後コメント(14着)
坂口智康調教師「1400mに距離を延ばした分、これまでよりも追走は楽なように見えましたが、騎乗した森裕太朗騎手は『道中の歩様が硬く感じたので無理はしなかった。止め際もゴトゴトしていたので、注意深く見てあげてほしい』と話していました。レース後、数十分経った時点での歩様はいつもどおりで異常は見られませんが、トレセンに帰ってからも獣医師のチェックを受けるなどしっかり観察しておきます。今後についてはこれから関係者間で最終的に協議しますが、年齢とともに硬さがより強く感じられるようになってきていますし、繁殖としての仕事も待っていることから、今日の1戦を最後に現役生活を退くことになりそう。馬の状態を含めて週半ばにご報告させていただきます」


森君は無理しなかったようですね。ここまでくると相当重症だったようです。
本日現在発表はありませんが登録抹消なのは確実視。

| クラブ馬主・レース出走 | 11:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

レッドモアナ2

続いてモアナの出た12R2勝C、馬はヴェルトハイムの方が上と思いますがクラスはモアナの方が上なんですよね。

20211003D (1)
こちらは7月以来の出走、先週のD1400に出ようとして除外食らったんですよね。で今週D1200戦に

20211003D (3)
1頭取り消しての15頭立て

20211003D (2)
人気は堂々の15番人気、しかも14番人気から結構離されてます。

20211003D (4)
神戸新聞杯のあとパドックへ行ったんでもう出てました。

20211003D (5)
20211003D (6)
20211003D (7)
短距離馬だからこういうものかもしれませんがどうも落ち着きがありません。そして目つきがヘン。

20211003D (8)
まあ3月にワンチャンスを生かして2勝目を挙げてこの馬のミッションは終了、あとは引退まで怪我無く…と言うところです。

20211003D (9)
とまーれーで

20211003D (10)
泉谷君、後輩のヤマト君と談笑しながら出てきましたがこっちが先輩だよね。もっとも角田って(自粛)だから先輩も何もないのかも。

20211003D (11)
先入れの指示が出ているようですね。

20211003D (12)
というわけで1頭だけで入ってきました。

20211003D (13)
すぐ返し馬に。

20211003D (14)
レース、そういう指示が出てたんだと思いますが泉谷君はスタートからのしつけてポジションを取りに行くんですが。

20211003D (15)
この馬のスピードではここまでが限界、結果的に中団最内という一番いてほしくないポジションに、この時点で大敗覚悟しました。

20211003D (16)
レースは流れて直線、まだ中団ですが

20211003D (16) 20211003D (18)
ココから飛ぶ鳥落ちる勢いで失速。

20211003D (19)
談笑相手の大和とビリ争いも制しそう。

20211003D (20)
そこへ新たなチャレンジャーが登場(笑)

20211003D (21)
激戦の末15着を死守(爆)

9月26日レース後コメント(15着)
坂口調教師「馬場入りを先出しにしたせいか、ゲート内ではいつもより落ち着いていましたし、出も速かったです。思った以上にいい位置につけられたのですが、道中は一頭だけ追い通し。結果的に追走に脚を使ってしまい、直線の伸びにつながりませんでした。この馬場で時計もかなり速かったので仕方ありません。この後は放牧に出して12月にもう1戦できればと考えています」


泉谷君の意図はよくわかったのですがいかんせんスピード不足、こういう馬場もあきまへんでしょう。
で、放牧出して12月だそうです。
来年3月で引退ですからそんな悠長に構えてる暇もないと思うのですがことによると次でラストランのつもりかもしれません。
きわめて恵まれて2勝目を挙げた馬ですしそれ以上を望むのは酷です。ただただ無事に…ですね。

| クラブ馬主・レース出走 | 00:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

レッドモアナ1 ~敗れたときはこんなものさと聞かれる前から笑ってみせます

土曜日は函館でゴラッソ、阪神でモアナが出走でした。どっちかと言えばゴラッソの方が勝つと思ってましたが「函館はあまりに遠し」ということで阪神のモアナの方に行くことにしました。
モアナはこれが2戦目、デビュー戦は確かなにかとかち合って行ってないのでこれが初見になります。

20190624A (1)
今日のニッカン、既走馬相手に勝った初戦をどう評価するかですが、あの時も書きましたがスピードだけを求められる展開だったしその時下した馬がその後ほとんど勝ち上がっていない…ということからポテンシャルはあっても過大評価はできないかなと。

20190624A (2)
馬体重ドン

20190624A (4)
出てきました。

20190624A (5) 20190624A (6)
第一感、「小さいなー」と。すぐ前の馬と馬体重を比較しましたが20キロぐらい、背が低いのかな。馬体はゴラッソに比べるとダートっぽい感じと思いますが。

20190624A (7)
★のマークは勝負服に合わせたのでしょうか。

20190624A (8)
周回してるうちに気合が乗ってきたようです。

20190624A (9)
ユージは一生懸命営業してるようです(笑)。

20190624A (10)
とまーれーがかかりまして

20190624A (11)
ユージ登場、馬は割と遠目にいたと思いますが某ベテラン騎手同様走りませんね。

20190624A (12)
これは中内田先生? 違うように見えますが。

20190624A (13)
通称「イケてないない方のユージ」、最もイケてる方も最近ビミョーですがね。さっきの出馬表でわかるようにこの日、厩舎主戦のユーガの他ミルコもユタカも阪神にいるのにこのレースには乗ってません。あえて起用した中内田先生の温情に応えられるか。

20190624A (14)
人気ですが予想通り1番人気

20190624A (15)
本馬場入場

20190624A (16)
なんかユージ、フォームが変です。

20190624A (17)
口取りがありましたのでここからコンデジです。
スタートで遅れます。

20190624A (18)
すぐ押し上げていきます。これが批判の対象になってますが後ろにいて砂かぶったらやる気なくすかもしれません。私はこれでしょうがないと思ってますけどね。

20190624A (19)
3コーナーでこの位置に、もうちょと押し上げてもいいかと。

20190624A (20)
ただ3・4コーナーのあたりから手ごたえが怪しくなります。

20190624A (21)
ちょっと絶望的な感じ

20190624A (22)
結局10着大敗

クラブHPより
6月22日レース後コメント(10着)

中井騎手「金曜日にゲート駐立練習をした際に中でモサモサしていたとのことだったのですが、今日もそのような感じでした。スタートは遅れ気味でしたが、その中でもギリギリのところで出てくれましたし、二の脚も初戦よりはつくようになっていました。ただ、道中は内の馬が張り気味に来たのをずっと気にして躊躇していて、直線に入ってもそっちの方に気がいってしまって促しても手前を変えてくれなかったので、今回は経験の無さが出てしまった感じがします。前走のように結果で応えたかったのですが、うまくエスコートすることができず申し訳ありませんでした」


中内田先生はやはり阪神にいなかったようでコメントはありません。ユージの言うように今回は経験のなさが出た感じです。まあ同じように既走馬相手に勝ったガランも2戦目大敗でしたしこれからでしょうね。ただユージは乗り代わりかなあ。

| クラブ馬主・レース出走 | 21:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |