fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

メロウハート2 ~起こらないから奇跡って言うんです

本日の船橋10Rファンシーレイン特別、後のないメロウハートは今週のスーパー未勝利は除外されそうということで投票すらせずここに出走してきました。格付けはB2B3ですからJRAなら500万下クラスか、なので格上挑戦になりますがみずきちゃんはJRAの500万下よりはレベルが低いと言い張ってます。私はスーパー未勝利の方が低いと思うのですがねえ。

20170926C (1)
今日のニッカンには船橋の馬柱も掲載、出資者ですらD評価なのに○つけてる痴れ者勇者がいますな。

20170926C (2)
事前リサーチで大須にある名古屋競馬場外馬券売り場で船橋の馬券を買えることを確認。会社帰りでしたからこの間の荻野極君並みに場違い感はありましたが(笑)、とにかくラストラン馬券を購入。
さっきデータ入れてて気づいたのですが今週末騎乗停止が決まっている大知はうちの馬初騎乗だったんですね。

モニターで見るメロウハートは+6で536キロ、カクテル光線の下なのでイマイチ良しあしがわかりませんが(太陽光線の下でもわかりませんが(笑))、ここ目標に仕上げた感じはしません。

船橋はゲートの前で輪乗りすることに驚きつつレース、メロウハートのスタートは速くなく後方から、大知は促していきますが進んでいきません。最後は帽子も勝負服も真っ黒になってしまいどこにいるのかわからなくなってしまいましたが、「後方尽」10着で終戦を迎えたようです。

ロードの場合牡馬は多少見込みがなくても地方へ出しますが、牝馬の場合はまず繁殖に上げますからメロウハートもこれで繁殖入りということになると思います。
結局蹄の不安で半年くらい棒に振ったのが痛かったですね。それでも既走馬相手のデビュー戦で見所があったのでもしかしてと思ったのですが、そこで走るのやめちゃう症候群を発症したようで2戦目以降は惨敗、最後も疑問の残るレース選択で見所なく終わってしまいました。
3戦目で芝を使っていたら、もしくは最後スーパー未勝利に出ていたら勝ってたという気はありませんがこの先生のレース選択に大いに疑問を持ったことは事実です。そういえばセレリティも1400にこだわって不得手と言ったはずの中京で走らせてますしね。1歳馬キャロでこの先生にお願いすることになるのでもうちょっと付き合わざるを得ないのですが、それが終わったら付き合い方を考えます。

いずれにせよ、今日は嫌々することなく走ったメロウハートならびに最後まで追ってくれた大知騎手、お疲れさまでした。

| クラブ馬主・レース出走 | 21:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

メロウハート1 ~メロメロハートの子守唄

すっかり忘れておりましたが先々週の東京メロメロウハートの2戦目でした。
既走馬に混じってのデビュー戦は着順は7着ですが3着からはハナハナ…の大接戦、最後追い上げてきたレースぶりでしたしこれならば…と期待できそうなレースでした。
ゆえに好勝負になると踏んでの2戦目

20170703A (1) 20170703A (2)
まずは東京競馬場恒例の第5コーナー、この日はキンカメでいきました。

20170703A (3)
この日のニッカン、「大型馬の2走目」で上積みが見込めるということでそれなりの評価

20170703A (4)
そしてガンバレ馬券

20170703A (5)
524キロ、メンバー中最重量ではありませんがやはりデカイ。

20170703A (6)
でてきました。

20170703A (7)
メロウハートの前にこのレース出走の良血馬
サンジュリアン…母はサンテミリオン

20170703A (8)
ベストダンス…母はダンスパートナー

20170703A (9)
サトノニオクゴセンマン…兄はサトノクラウン

ただし人気はこれらの馬ではありません。

20170703A (10) 20170703A (11)
で、メロウハート、はじめてみる馬ですがどうも重っ苦しく見えました。

20170703A (12)
とまーれーで走る高柳師

20170703A (13)
走る津村君

20170703A (14)
津村と言えばマイネル、どうも東サラの勝負服は似合いません。

20170703A (15) 20170703A (16)
スタートは好発

20170703A (17) 20170703A (18)
そのまま4番手をキープ

20170703A (19)
3コーナーのあたり、ここから伸びてくればだったのですが。

20170703A (20) 20170703A (21)
ここから絶望的に伸びません。

20170703A (22)
もう相当後ろに下がってます。

20170703A (23)
後ろには1頭しかいないという大敗

20170703A (24)
戻ってきたところ

ロードはレクがあるのですが、スタッフの第1声は「申し訳ない」、津村君も高柳氏も「道中は思い通りの競馬ができたが、さあこれからというところでまったく伸びなかった。距離が長いにしても負け過ぎ、どうしたんだろう」と。

結局故障ではないようで敗因は「全くわからない」としか言いようがありません。
この馬の勝ち上がり…また見えなくなってしまいました。

| クラブ馬主・レース出走 | 22:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |