fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

チャイナキッス番外編 ~Out of the blue,Into the black

オッキオの惨敗から約10分後、チャイナキッスの登場です。

20120429E01D90.jpg
ニッカン、無印かと思ったら印がついてますね。

20120429E02S91.jpg
パドック、-8キロで登場。モニターではいいのか悪いのかわかりませんが。

20120429E03S91.jpg
本馬場入場、このあたりはオッキオのレースと両にらみでモニター見てました(笑)。

20120429E04S91.jpg
さっきのオッキオより人気ありませんね。

20120429E05S91.jpg
スタート直前、ちょうどキッスが映ってます。

20120429E06S91.jpg
前へ行きたかったと思うのですが出負けして後ろから。私は躓いたように見えたのですが、トモを滑らせたようです。ま、これで80%レースが終わってしまいましたね。

20120429E07S91.jpg
で、前回のように向こう正面でまくっていきます。

20120429E08S91.jpg
4コーナーではこんな位置に。ここから踏ん張れれば上位入賞ですが…

20120429E09S91.jpg
それほど力のある馬じゃありません。ちなみに抜け出したのはこの馬より安かったセプタードアイル。

20120429E10S91.jpg
結局前走と同じ9着という結果に。
前走ダート、今回芝と違いはありますが同じようなレースして同じ結果になりました。シンクリ産らしく芝もダートも走ると(笑)。

大竹厩舎
28日の福島競馬ではスタートから行き脚が付かず最後方からの競馬。向こう正面で外から捲り気味に上がって行くも直線では脚があがり9着。「
ゲート内でうるさいわけではないのですが、ゲートが開いてから進んで行かなかったですね。捌きが硬いわけではないのですが、前の出がよくなくて…。途中から捲って行く時の反応もイマイチでしたし、直線では手応がなくなり脚があがってしまいました。初めて跨がりましたから今日の内容だけで判断するのはよくないですが、どこかで急かすよりはジワジワと脚を伸ばして行く方がいいかもしれませんね」(松山騎手)
「マイナス体重でしたが輸送の影響ではなく、この中間に調教を強めて芝のレースに対応出来る体づくりをしてのものなので問題はなかったと思います。ジョッキーにはある程度前々で流れに乗って欲しいと言っていたのですがスタートから行き脚が付かずに後方からになってしまいました。調教でも追い切りを開始するときに少し巻き込むような格好の走りをしてスピードに乗るまでに時間がかかるところがあります。それが競馬でも出てしまいましたね。そういったこともありますし、次走はもっと長い距離の競馬を考えたいと思います」(大竹師)
レース選択を慎重に行ったうえでの福島遠征でしたがスタートから行きっぷりが悪く、思うような結果が得られませんでした。今後につきましては左トモ球節をはじめとする馬体のチェックを行ったうえで、いったん放牧に出して北海道シリーズなども視野に入れて考えていく予定にしています。


だから先生、対応が一手ずつ後手なんですって。
この子次何戦目だか知ってます? スーパー未勝利の権利がなくなる6戦目ですよ。
雨がヤダとか言ってないでどうやって勝たせていこうとするのか、考えて使ってほしいですね。

| クラブ馬主・レース出走 | 17:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

チャイナキッス1 ~あなたと私いつも 背中合わせのBlue

本紙既報のとおり史上空前の4頭出しとなった4/7、中山まで行ってきました。
まずは中山1Rのチャイナキッスから

20120408A01D90.jpg
恒例、今日のニッカン。馬三郎は△でしたが、ここは上から下まで無印。

20120408A02D90.jpg
人気もありません。ここでは8番人気ですが最終的には10番人気だったようです。

20120408A03D90.jpg
JRAの新入職員研修でしょうかね? その1

20120408A04D90.jpg 20120408A05D90.jpg
4戦目にしてようやくご対面かなった名づけ親となったチャイナキッス
ご覧のとおり二人引きですが特に暴れることもなく周回してました。むしろ9番のニシノゴウヒメの方がハッスルしてましたね。

20120408A06D90.jpg
「なんだよー おらー」
睨まれてしまいました(笑)。

20120408A07D90.jpg
「とまーれー」の後、大竹先生はいませんね。

20120408A08D90.jpg
1Rですからみんな出てきます。走るコーセイ。

20120408A09D90.jpg
乗りました。

20120408A10D90.jpg
ここで笑うのがコーセイ流。どの馬に乗ってもそうなんですよね。

20120408A11D90.jpg
いろいろ言われてますが、「自分ひとりの力で勝ってるわけじゃない」ということにようやく気付いたようで去年くらいから変わってきたように思います。今年は今のところ関東リーディング2位ですしね。

20120408A12D90.jpg
本馬場入場。

20120408A13D90.jpg
すぐ返し馬に行きます。やはり気性がキツイのかな。

20120408A14D90.jpg
桜とチャイナキッス。彼女もまだ七分咲きくらいですかね。

20120408A15D90.jpg
スタート、4番のノリの馬が躓きます。コマキなら落ちてるかも。キッスも出負けしてますね。

20120408A16D90.jpg 20120408A17D90.jpg
レースはコーセイのコメントで振り返りましょう。
「スタートがゆっくりでしたし、前半はフワフワしてなかなか進んで行ってくれませんでした。」

20120408A18D90.jpg
「コーセイ、そりゃ無茶だろう」と思った向こう正面からの仕掛け。
「そのまま後方で脚を溜めて直線勝負という考えもなくはなかったのですが、これまで跨がった感触からは一瞬の切れと言うよりは長く脚を使うタイプのようでしたし、早めにムチを入れて捲っていきました。」

20120408A19D90.jpg
直線入り口では先頭集団の外側に。緑のシャドーロールしてますからすぐわかりますね。

20120408A20D90.jpg
このまま踏ん張れば勝ち負けなのですが…

20120408A21D90.jpg
やっぱり苦しくなってしまいます。

20120408A22D90.jpg 20120408A23D90.jpg
結果9着でゴール。実は道中この馬のすぐ前とすぐ後ろにいた馬が1-3着でしたからあのまま動かなかった方がよかったのかもしれませんがそれも結果論でしょう。
「自分から動いたので最後はきつくなってしまいましたが、それでも極端にバテているわけではありませんし、これまでと比べると反応自体は良くなっていたと思います。」

20120408A24D90.jpg
引き上げるチャイナキッス
「今日の結果だけで言えば満足とはいきませんが、気合いを入れてビッシリと追って走りきったことが次につながってほしいですね」

クラブと先生のコメント
7日の中山競馬ではスタート後に思ったほど行き脚がつかずに後方からの競馬に。向正面から捲るように早めに進出するも、最後は脚色が鈍くなって9着
「切れより持久力を活かすような競馬を心がけてくれたのでしょう。これまでとは違って競馬には参加できたのですが、動いた分だけ最後は苦しくなってしまいました。他に動いていく馬がいればそれに付いていくようにしてもう少し楽な走りができたでしょうが、結果的には後ろの馬たちをお膳立てする形になってしまいました。ただ、あのような競馬をしてもパッタリ止まるのではなく粘っているのは評価してあげられるポイントなのではないでしょうか。上がりの時計も40秒台だし、形が違っても同じくらいの脚は使えるということなのだと思います。今回の積極的な競馬が次につながってくれればいいですが、ダメージが出ないかも心配なので、よく見ておきます」(大竹師)
脚質を考えて早めに動いたために終いは苦しくなりましたが、最後までしっかりと走らせたことは、いい刺激になったはずです。まだ脚元を含め馬体がしっかりしきれていませんし、レースの反動がでないかしっかり見極めつつ今後のことを考えていきます。


現地で見た時は、先も書いたように「コーセイ そりゃ無茶だろ~」と思ったわけですが(そうTwittしてるし)、キレがないから持久力勝負に持ち込もうとしてたわけですね。確かに上がり40.8秒ですからそうばててるわけではないですが…あの競馬で勝てるとしたら相当強い馬です。
なので前半後ろに置かれる部分をどうするかじゃないですかね。好位につけられれば早め抜け出しで押し切る姿も見えてくると思います。
いずれにせよこれまで後方待機でばてた馬を適当に交わしてただけでしたが初めて最後までレースしたということでしょうか。この後書く馬のようにこれがいい方向に変わってくれればいいのですが。

| クラブ馬主・レース出走 | 09:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

チャイナキッス番外編 ~あの鳥はまだうまく飛べないけど

翌日、連闘の阪神競馬場。曇り空の大阪地方、予報では午後から雨と出ていました。

まずは中京1Rのチャイナキッス

20120307A01S91.jpg
今日は「今日のダイスポ」、完全無印かと思ったら一人だけ△がついてました。

20120307A02S91.jpg
パドック、輸送が心配だったのですが彼女なりに調子は良いと判断しました。

20120307A03S91.jpg
本馬場入場から、前日嶋田君が落馬負傷(どうやら春シーズンを棒に振ることになるようです)のため急遽柴山騎手に乗り替わりとなりました。ところでこのレースはキャロ3頭出しになっており、7番、8番、9番と並びました。4枠8番のチャイナキッスは染め分け帽に。チームLが染め分け帽かぶるのは初めてじゃないですかね(正確に記録してないですが)。

20120307A04S91.jpg
人気ですが8番人気だったようです。

20120307A05S91.jpg
スタート直前、なぜかカメラはここをアップに、キャロが3頭並んだのが珍しかったのかな(笑)。

20120307A06S91.jpg
スタート、キッスはまあまあですかね。外側の水色の○の馬は一見キャロに見えますが微妙に色が違います(水色、白二本輪、白袖、赤一本輪)。紛らわしいゾ!

20120307A07S91.jpg
キッスは中団後方でレースを進めますが、4コーナーではおかれ気味。まあ勝ちはない手応えですね(苦笑)。

20120307A08S91.jpg
それでも直線頑張りました。直線半ばの手応えではアラビアンパールに負けると思ったんですけど最後がんばって差して8着に。アラビアンパールは10着、もう1頭のキャロ馬トゥルーマートルは5着でした。

4日の中京競馬では中団後方を進み早めに仕掛けながら動かそうとするがジリジリとした伸びで8着。
「調教に何度か跨らせていたのですが、そのときは元気いっぱいでしたし、自分からでもグッと行くかなと思っていたんです。ただ、競馬へ行くと“アレッ?”と言うくらい大人しかったです。ふわふわして押してもなかなか進んでいかないところがあったので、つい“内弁慶か?”と思ってしまいましたが、勢いがついてからはジリジリ来ています。速い脚を求められると分が悪いところもあるので芝が良いとは言いにくいですが、いずれにせよじっくり行けるところで持久力を活かす競馬のほうが良さそうですね」(柴山騎手)
「ほかの馬たちの馬体重が減っていたりイライラしていたなかで、この馬は馬体の増減幅は小さかったです。タフさが備わってきたので他が輸送を苦にする分、利点を作れるかなという狙いは予定どおりだったような気がします。ただ、レースではちょっとジリでしたね。ジョッキー曰く反応しようとはしているということ。直線の入り口付近では前から下がってきた馬を捌くのと後ろから来ていた馬との兼ね合いもあってブレーキを踏まざるを得なかったですが、最後はじわじわと来ているので、まったくダメという内容ではなかったと思います。走りが平均的なのとタフさを考えると先々では長めのところが良さそうな気もしますね。ただ、しばらくは思うようなレースがなかなかないので、中距離を使いつつ動けるように中身をしっかりさせられれば理想的です」(大竹師)
以前とは異なりだいぶ精神的にも強くなってきたので輸送競馬による利点を作って臨んだ今回でしたが、勢いがついてきていたところで一度ブレーキをかけなければいけなかったのは痛手でした。最後はまた伸びてきてますので持久力を活かせる展開や競馬の仕方ができるようになれば前進は可能になるはずです。このあとは様子を見てから続戦可能か否かを判断していきます。なお、騎乗予定でした嶋田騎手が落馬負傷のため、柴山騎手に乗り替わって出走いたしました。


速い脚がなくてスタミナ勝負、よーするにまんまシンクリ産駒ってことかな。もともと「長距離砲の掛け合わせ」ってPRしてましたけどね。坂を苦にしたように見えましたがそれについてはコメントなしです。

まあ初入賞の8着ですから一歩前進と言えるのかもしれませんが…前からの差は3戦で一番大きかったということは事実です。この次はローカル狙うようですがどこまで詰めてこれますかね。

(続く)

| クラブ馬主・レース出走 | 19:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |