fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

ストーリア10 ~府中牝馬S

次が地獄の11R、どうしようか迷ったのですがストーリア嬢が重賞に出ていたという証を残すためにアップします。

20231023C (1)
今日のニッカン、混戦模様のこのレース、全く印のない馬は2頭しかいません。

20231023C (2)
墓標

20231023C (3)
馬体重発表、上はちょうど前走の関越Sですね。

20231023C (4)
出てきたところ。

20231023C (5) 20231023C (6)
正直馬体は前レースのヴェルトハイムと比べてよくは見えませんでした。いつもこんな感じでしたけど。

20231023C (7)
こんな別れが来るはずがないと信じていたのは僕の思い上がり

20231023C (8)
尾のポンポン、よく見ると一つはハルキカラーで一つは勝負服カラーになってます。でも前からこんなのつけてたっけ?

20231023C (9)
とまーれーで

20231023C (10)
桜花賞有力候補を7着に沈めた男アキラ登場、そのあとこの馬を勝たせてはいるのですが。

20231023C (11)
この人がハルキ先生でよかったんでしたっけ、なんか違うような。

20231023C (12)
笑うアキラ

20231023C (13)
ハルキ先生らしき人と別れて戦闘モードにはいります。

20231023C (14)
混戦を反映して人気は割れ気味、ストーリアは6番人気ですが8倍台

20231023C (15)
悪い予感の欠片もないさ

20231023C (16)
スタートはそろいました

20231023C (17)
ストーリアは中団に

20231023C (18)
今内にいるのでどうやって外に出すかなあと見てたのですが…
この後突如後退…
ここからレースの記憶が全くありません。

20231023C (19)
自分の脚で歩いてたので大事にならないことを祈ってたのですが…

ストーリアは、10月14日(土)東京11R・府中牝馬S(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1800mに菅原明良騎手55kgで出走。13頭立て6番人気で4枠4番からスローペースの道中を7、7、8番手と進み、競走中に左第1指関節脱臼を発症し、4コーナーで競走中止となりました。馬場は良。馬体重は2kg減少の494kgでした。なお、予後不良の診断が下されました。
・杉山調教師 「4コーナーで『前走に比べると硬い』とジョッキーが感じた直後に左前脚を故障。せめて繁殖の道を・・・と助かる方法を獣医師と話し合ったものの、既に手の施しようのない状態でした。関係する皆様には申し訳なく、私自身も本当に無念。可哀想なことになってしまいましたが、ここまで頑張ってくれたストーリアには感謝しかありません」


という情報を帰りにの新幹線の中で…
オープン特別を勝ってこれから重賞というところだったのですが…ここで「歴史」が終わってしまいました。合掌

| クラブ馬主・レース出走 | 22:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ストーリア7 ~中山牝馬S

ストーリアが出走した先週土曜日の中山牝馬Sの模様です。

20230316A (1)
今日のニッカン、格上挑戦になりますが前々走ド○ブネとコンマ1秒差、その1走前は今日の1番人気馬と同斤で同タイム、そんな馬がその1番人気馬と5キロ差で出るのですからこんなオイシイ話はありません。前走で嫌われるならさらに好都合デス。

20230316A (2)
今日のガンバレ馬券

20230316A (3)
馬体重、輸送続きになりますがプラス体重です。

20230316A (4)
出てきました。

20230316A (5) 20230316A (6)
大事に使ってきたこともありいい馬体になってきました。前走は気合が入りすぎて…とのことでしたがこのくらいなら許容範囲でしょう。


20230316A (7)
食い意地がはって涎だらだら(笑)、父も母もおとなしい馬ではないですからね。

20230316A (8)
とまーれーで

20230316A (9)
ハルキ先生が出てきましたがたけすぃは出てきません。
ロードの悪名高き服装チェックのため返し馬の写真はありません。

20230316A (10)
人気は5番人気、ほかの馬はわかりませんが、この馬よりアートハウスを買う理由がないのですがねえ。

20230316A (11)
スタートは遅いのですが。

20230316A (12)
それなりのポジションを取れます。そうそうこういう競馬をしてほしいのよ。

20230316A (13)
たけすぃは川田マークでしょうか。ナミュール様ではさんざんやられましたからね。

20230316A (14)
4コーナーでは先頭に並びかける勢い、そうそうこの競馬。

20230316A (15)
川田の馬にフタをしてこのあたりで先頭に立った感がありますが。

20230316A (16)
たけすぃー、うしろーうしろー

20230316A (17)
並ぶ間もなく交わされます。

20230316A (18)
あとは粘れるかどうかですが。

20230316A (19)
2着は確保。たけすぃは賞金加算という最低限の仕事はしてくれました。

20230316A (20)
1勝損した感じはありますがともかくオープン入り。ちゃんとわかってて乗ればこれくらいはやれる馬ですけどね。

ストーリアは、3月11日(土)中山11R・中山牝馬S(GⅢ)・国際・牝馬限定・芝1800mに横山武史騎手52kgで出走。2着でした。
・杉山調教師 「逃げ馬の14番を目掛けて思い切って出して行く作戦。こちらのイメージ通りに運んだ他、長く脚を使える特性を生かす好騎乗も光りました。『勝負所の反応はもう一つでも、軽ハンデにも助けられて踏ん張れた』とのジョッキーのコメント。在厩での連戦も踏まえ、休養を与えようと考えています」


前走あんな○ガイジンを乗せてこの馬の戦績を汚したのですからその責任はしっかりとってもらわなければいけません。この後オープン特別かと思ってたのですがハルキ先生からは別定戦の福島牝馬Sというコメントがあったのは昨日書いた通り、たけすぃを抑えたとかいう噂もありますが果たして。

なおこの勝利で1500万ほどを加算したストーリア、ヴェルトハイム、ロードヴォルケーノを抜いてロード歴代2位に浮上しました(1位は当然あの馬)、全体では13位、総賞金ではすでにクレオスやレントラーを抜いてるのですが1/500が響いてランキングとしてはまだ下の方になります。

| クラブ馬主・レース出走 | 21:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ストーリア6

遅くなりましたが先週の日曜日、初音ミクSに出走したストーリアの模様です。
当日は東京の家からの出撃でしたが盛大にポン骨ぶりを発揮し、家に置いてあった骨董品のカメラを持ち出したということは先刻書いた通り、しかもSDカードを抜いてましたから一番小容量のフォーマットでも34枚撮るのが限界という限定戦、果たしてどうなることやら。

20230220A (1)
今日のニッカン、これは名古屋に帰ってから撮りましたからいつものカメラです。
前走ド○ブネの2着、牝限戦のここなら大威…です。本紙も本命。

20230220A (2)
というわけで期待も大きかったのですが…

20230220A (3)
ここから骨董品のカメラ、輸送もあったし馬体減はしょうがないかな。

20230220A (4)
当然1番人気かと思ったら2番人気、1番人気はこの距離初めての馬ですけどねえ。

20230220A (5)
出てきました。杉山家の家紋が光ります。

20230220A (6) 20230220A (7)
私は気合が乗っていい状態と見てたのですが、のちのコメントによればイレコンドルパサーだったようです。

20230220A (8)
そんなに目つきは悪くないんですけどね。最もリオンディーズの子ですからいつ爆発しても不思議ではないですけどね。
後ろにハルキ先生が写ってますね。

20230220A (9)
とまーれーがかかりまして。

20230220A (10)
走るバシュロ…のはずですがどう見てもオノタクにピントが合ってます。

20230220A (11) 20230220A (12)
初来日でのっけから騎乗停止をブチカマシ、荒バシュロの二つ名を得たバシュロ、東京初騎乗ですが果たして?

20230220A (13)
返し馬失敗したのでリプレイから。この辺からションテンガリアーになったのかなあ。

20230220A (14)
スタート、良いとは言えません。曰くションテンガリアーなのでかかるのを恐れてそっと出したとか。

20230220A (15)
位置取り、良いとは言えません。曰く折り合い重視で進めたとか。

20230220A (16)
直線、そんな位置でいいと思ってたわけ?

20230220A (17)
曰く、硬く感じたのであまり追わなかったとか。テメー俺に○されたいんか?

20230220A (18)
この後記憶がありませんのでゴール前はリプレイから。骨董品のカメラはやはりダメですね。

いいわけ
ストーリアは、2月12日(日)東京9R・初音S・混合・牝馬限定・芝1800mにバシュロ騎手55kgで出走。15頭立て2番人気で8枠15番からスローペースの道中を11、12、11、12番手と進み、4コーナーでは外を通って0秒5差の10着でした。馬場は良。タイム1分47秒1、上がり34秒1。馬体重は2kg減少の488kgでした。
・杉山調教師 「外枠も踏まえて相応に前へ付けるオーダーでした。しかし、返し馬での煩い様子から折り合いが優先され、落ち着いたペースで何もできないまま。『硬さが感じられた為、直線は無理をせずにあまり追わなかった』ともジョッキーは話しています。細かく特徴を伝えたとは言え、今回はテン乗りが裏目に出た印象。申し訳ございません」


ハルキ先生も少しあきれてる感じですが…前々からこのレースを狙ってたはずなのにそんな騎手を乗せるあなたが悪いのです。この馬の戦績に泥を塗ったことは万死に値します。次からは日本人でいいのでちゃんと勝ちにいってくれる騎手を乗せてください!

なお本稿は初版は過激に思えたので改め、2版は下品すぎたので破棄した3版目です(嘘)。

| クラブ馬主・レース出走 | 20:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ストーリア5

遅くなりましたが先週日曜日、ストーリアの逆瀬川Sのリポートです。

20221211B (1)
今日のニッカン、前走が秋華賞で悪くない競馬、自己条件のここなら大威…のはずなんですがド○ブネとかフィデルとかメンツがそろってます。ガランが勝った時はこんなにメンツそろってなかったよなあ。

20221211 B (2)
いつものガンバレ馬券

20221211B (3)
馬体重ー4、まあいいでしょう。しかしいつの間にか490になってますね。

20221211B (4)
出てきました。この日は厚い曇りであまり写真がよくありません。(と言い訳)

20221211B (5) 20221211B (6)
ハルキ先生が大事に使っていることもありだいぶ成長してきてます。この父ですから早熟の可能性もあるのですがどうやら大丈夫そうです。

20221211B (7)
ただ目つきが悪い(笑)。これも父譲りかな。

20221211B (8)
ド○ブネが1番人気で2番人気、あっちはユタちゃんでなくハヤト、こっちはトサキケータでなくミライ、いい勝負でしょうか。

20221211B (9)
とまーれーがかかってハルキ先生は来ますがミライは来ません。前のレースで勝ったみたいです。

20221211B (10)
本馬場入場

20221211B (11) 20221211B (12)
すぐ返し馬行くかと見てましたが一応ゴール板前まで行ってから返し馬。

20221211B (13)
スタートよく2番手

20221211B (14)
なのに下がっていきます。

20221211B (15)
3コーナーではこんな後ろに、ド○ブネを基準にすればわかりやすいでしょう。

20221211B (16)
ここから追い出しにかかるのですが、伸び脚がよいこともありません。

20221211B (17)
20221211B (18)
20221211B (19)
20221211B (20)
先に抜け出したド○ブネを追い詰めていくのですが。

20221211B (21)
2位に上がったところがゴール。無念

陣営の言い訳
ストーリアは、12月4日(日)阪神10R・逆瀬川S・混合・芝1800mに岩田望来騎手53kgで出走。12頭立て2番人気で6枠7番からスローペースの道中を7、7、7番手と進み、4コーナーでは外を通って0秒1差の2着でした。馬場は良。タイム1分46秒4、上がり33秒3。馬体重は4kg減少の490kgでした。
・杉山調教師 「上がり33秒3の脚を使って差し込んだ通り、自分の走りはできた印象。ただ、勝ち馬も能力が高いだけに、相手が前目の内側をスムーズに運んだ分が着順に出ました。悔しい結果ながら、大きな不利を受けた後でも普通に立ち回れたのは何より。また、『壁が無い状態でも上手に対応していた』とのジョッキーの話です。この先は改めて小休止を挟む予定。東京開催を狙いましょう」


この馬のこれまでの競馬だとド○ブネのすぐ後ろあたりのポジションが欲しかったですね。その位置にいたのに下げてしまって…この馬先行馬なんですがねえ。
ここにはありませんがぼく馬のミライのコメント「もう一列前がほしかった」って取れてたのにそこから下げたのは誰?と言いたくなります。まあ右回りが問題ないということが分かったのが収穫か。

この後ですが本紙既報の通り初音ミクSとのこと。このメンバー相手に2着ですからアットーテキ一番人気が予想されますがしっかり勝ってもらいましょう。

| クラブ馬主・レース出走 | 23:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ナミュール5&ストーリア4 ~秋華賞

本日のメインイベント、出資馬2頭出しとなった秋華賞

20221020A (1)
前日に大阪入りした私の目に飛び込んできたのがこれ。ストーリア◎ってチャレンジャーやなあ

20221020A (2)
当日買ったニッカン、ストーリアにグリグリ君(仮名)つけてる人もいますね。一方ナミュールは全員印がついてるのですが◎はなし。
ちなみに私の予想では◎ナミュール○スターズオンアース・スタニングローズ△ストーリア、出資馬でなければナミュール本命ではなかったと思いますがこの4頭で買ってたとは思います。

20221020A (3)
わざわざマークカードを2枚使ったガンバレ馬券

20221020A (4)
秋華賞の賞品展示、これを私有化しよう(物を投げないでください!)

20221020A (5)
問題の馬体重ですがストーリアって意外とデカくてメンバー中最高馬体重だったりします。見た感じはそれほど大きくないのにね。一方ナミュールは輸送で10キロ減ってしまって446キロ、それでも+20ですが450欲しかったなあ。

20221020A (6) 20221020A (7)
西宮Sを見てからパドックですから入りには間に合ってません。まずストーリア、シューホが絶賛してるだけあっていい馬体です。

20221020A (8)
ただこんなにうるさい馬だったっけ?

20221020A (9) 20221020A (10)
一方ナミュール、こちらは柔らかさという感じでしょうか。母系よりハービンジャーが出てるかもしれませんね。

20221020A (11)
特にうるさい感じはなかったのですが途中から二人曳きになります。

20221020A (12)
人気はナミュールが2番人気、ストーリアは前売り7番人気でしたが下がってきてます(最終9番人気)。

20221020A (13) 20221020A (14)
とまーれーがかかったところ。

20221020A (15)
頼んでもないのに2人が並んで出てきます。

20221020A (16)
コーヘーが乗ったところ。杉山先生は確認できませんね。

20221020A (17) 20221020A (18)
いつも書いてますがわが厩舎14戦全敗、1倍台の一番人気をビリに沈めたこともあります。杉山先生の期待に応えることができるか。

20221020A (19)
こちらはたけすぃですが高野先生に見捨てられようとしています(笑)

20221020A (20) 20221020A (21)
関東のリーディングではありますが去年の勢いがないのが心配なところ。

20221020A (22) 20221020A (23)
悪名高きロードの服装チェックとJRAの鎖国政策でこんなところから見る羽目に

20221020A (24) 20221020A (25)
スタート、ストーリアはまっすぐ出てますがナミュールは僚馬のヒップアタックを食らいます。リューセー、同僚邪魔してどうする?

20221020A (26)
そんなわけでストーリアの後ろからナミュールがいきます。まあストーリアが前になるのは予想していましたけどね。

20221020A (27)
1コーナーから2コーナーに向かうところですがなぜかストーリアがナミュールの後ろに。気が付かなかったのですが1コーナーでバッチンされたようです。これでおとがめなしというのもねえ。

20221020A (28)
そのままの流れで3コーナーに向かいます。

20221020A (29)
4コーナー、このあたりでナミュールは外に膨れたようですね。

20221020A (30)
ライブで見てた時はストーリアはだいぶ後ろのように思ってたのですがナミュールのすぐ後ろだったんですね・

20221020A (31)
ついにG1に手が届くのか。叫んじゃいけないとわかってはいるもののタケシ連呼

20221020A (32)
あと半馬身届かず…無念
ルメ様の追撃をハナ差抑えてG1史上最高着順は更新
写真では写ってませんがアートハウスのすぐ後ろまでストーリアも迫ってました。

ナミュール
高野厩舎
16日の阪神競馬ではまずまずのスタートから出たなりで中団をキープ。そのままじっくり折り合って運び、直線は馬場の外目に持ち出して追い出すとしっかり脚を使ったが、勝ち馬には届かず2着。
「申し訳ありませんでした。スタートはまずまずでしたし、ポジションも決して悪くなくスムーズに進められました。ただ、1カ所だけもったいなかったのが4コーナーです。ジョッキーも敗因に挙げていましたが、他の馬に関係なくちょっと外に張ってしまっていたんです。スピードに乗ってこれから直線、というところでの大きなロスで、ジョッキーは“あれがなければ…”と悔しそうにしていました。馬自身はしっかり力を振り絞ってくれたと思います。レース後、競馬場の厩舎へ戻った時にいくらか歩様が不安定になったため、念のため膝、球節とレントゲン検査を行いました。幸い現状で所見はなく、球節の屈曲痛もありません。少し右前の蹄が熱っぽい感じがするので、ぶつけたか何かしたのかもしれません。とにかくしっかり馬体のチェックとケアを行い、まずはリフレッシュ放牧に出す予定です」(高野師)
わずかに勝利には届きませんでしたが、長くいい脚をつかって最後まで勝ち馬を追い詰め、2冠馬の追撃は振り切って2着を確保。前走オークスに続き世代トップクラスの力は示してくれました。馬体重の増加にも成長を感じますし、今後の伸びしろにも大いに期待したいと思います。右前の蹄に少し熱感があったとのことで、経過をしっかり観察し確認してから放牧に出す予定です。


スタートより4コーナーが痛かったというのがタケシの弁、ですが自爆だからしょうがないですね。右前の熱感は大したことがないということは昨日書いたとおり。

ストーリア
ストーリアは、10月16日(日)阪神11R・秋華賞(GⅠ)・国際・牝馬限定・芝2000mに松山騎手55kgで出走。16頭立て9番人気で3枠5番から平均ペースの道中を11、11、11、11番手と進み、4コーナーでは中央を通って0秒4差の8着でした。1コーナーで挟まる不利を受けました。馬場は良。タイム1分59秒0、上がり34秒1。馬体重は増減無しの494kgでした。
・杉山調教師 「1コーナー付近で両サイドから同時に寄られたのが致命的。片側だけであれば逃げ場が残るものの、引っ張るより他に方法を選べませんでした。松山騎手も開口一番に『あの不利が無ければ勝てたかもと悔しがる様子。厳しい状況下でも脚を使って4着と同タイムだけに、確かに際どいところまで持ち込めたように思います。今回の経験を糧に前を向くのみ。接触ギリギリの中で走り終えた点が心配ですので、まずは丁寧に状態を見極めましょう」
≪2022年10月16日 阪神11R 秋華賞(GⅠ)(国際)(牝) 芝2000m 良 16頭≫
1着スタニングローズ  55坂井瑠 1.58.6    (3・5・5・4)34.3 488kg 0kg
2着ナミュール     55横山武 1.58.7 1/2  (9・9・10・9)34.0 446kg+20kg
3着スターズオンアース 55ルメール1.58.7 鼻  (14・13・14・14)33.5 472kg+8kg
8着ストーリア     55松 山 1.59.0    (11・11・11・11)34.1 494kg 0kg


コーヘーはそんな強気なこと言う人ではないと思いますが「不利がなければ勝てたかも」というのは相当ですね。戸崎がプレサージュリフトから降りないなら、お手馬もいませんしコーヘーが主戦になるのかな。ちょうどデアタクのコンビにもなりますし。コーヘーこの馬で大型全敗を止められるか?

| クラブ馬主・レース出走 | 21:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ストーリア3

暑かった昨日の中京(おかげで花粉症が悪化しました(笑))に出走したストーリアの模様です。
ホントはガランと2頭出しの予定だったのですが先週に回ったので(結果的にそれで正解でした)今日は1頭だけの出走になりました。

220314A (1)
18頭のフルゲートですがメンバーはショボめ、3→2→2のストーリアはここでは負けられません。怖いのは初出走馬の大駆けですが。

220314A (2)
今度こそのガンバレ馬券

220314A (3)
馬体重-10にえ?という感じですが減ってる馬が多いですしここ勝負に絞ってきたとも考えられます。

220314A (4)
出てきました。この厩舎は蛍光イエローがまぶしいですね、

220314A (5) 220314A (6)
馬体はあと10キロくらいあってもいいかなという感じです。

220314A (7)
某掲示板で怖いと評された目、内に気合を秘めた目つきと思うのですがね。

220314A (8)
過去にはこんなの見てますからちっとやそっとでは怖いと思いません。

220314A (9)
当然の1倍台、ただ-10が嫌われたのかジェトライがだいぶ下げてきました。

220314A (10)
とまーれでドンピシャで目の前に

220314A (11)
目下リーディング2位の倅登場、。あまり親父に似てないような。

220314A (12)
ただ杉山先生はいないようです。

220314A (13)
視線の先には人気、1倍台の人気だということはわかったはず。人気では心配な人ではあるのですが…。

220314A (14)
2000を走る馬にしてはやや気合が入りすぎかと思ったのですが、本馬場入場ではすぐ行かずクールダウンさせてます。

220314A (15) 220314A (16)
そしてGo!、倅は今年この条件で同じロードのヴェルトハイムを勝たせてます。今日はこの馬のために阪神の重賞騎乗をけっての参戦です(妄想は自由)。

220314A (17)
スタートはいいほう

220314A (18)
後で出てきますが倅は後ろでは取りこぼす可能性があるということで意識して出していったようエス。

220314A (19)
その副作用で2コーナーあたりで頭上げてしまいます。結構行きたがってましたね。

220314A (20)
なんとか落ち着いて直線、あとは前をかわすだけに。

220314A (21)
ここで交わすと

220314A (22)
あとは離す一方、追い方は親父クリソツですね。

220314A (23)
ムチなどいらん(笑)

220314A (24)
そのままゴーール、4戦目でやっと勝ち上がりました。

ストーリアは、3月13日(日)中京5R・3歳未勝利・牝馬限定・芝2000mに岩田望来騎手54kgで出走。18頭立て1番人気で3枠6番からスローペースの道中を3、3、3、3番手と進み、4コーナーでは内を通って0秒3差で優勝。初勝利を飾りました。馬場は良。タイム2分01秒4、上がり34秒8。馬体重は10kg減少の476kgでした。
・杉山調教師 「現状は前目で押し切らないと、今回のメンバーでは取りこぼす可能性も・・・との過去の走りを見たジョッキーのシミュレーション。出して行って勝負した分だけ掛かったとは言え、その点は位置にこだわらずに折り合いを重視すれば大丈夫そう・・・とレース後に述べています。二桁減のウェイトについては、キッチリ決める為に仕上げた結果の数値。まずはいつも通りに脚元をチェックし、次のプランを練りましょう」
≪2022年3月13日 中京5R 3歳未勝利(牝) 芝2000m 良 18頭≫
1着ストーリア     54岩田望 2.01.4    (3・3・3・3)34.8 476kg-10kg
2着ベリーヴィーナス  54藤岡康 2.01.7 1.1/2(5・3・5・5)35.0 478kg-2kg
3着サトノリーベ    54福 永 2.01.7 首  (6・6・6・6)34.8 422kg-4kg
※優勝記念プレゼント写真(2L版)は約2週間後に出資会員様へ送付いたします。


倅、綿密に予習したみたいですね。こういうツミカサネがリーディング2位という結果になるんでしょうね。もう一つ、かかっても抑え込める自信もあったのでしょうね。
ここ勝負で仕上げたようですからしばらくお休みでしょうか。待つ余裕ができたのでそれでもいいのですが。

この世代よーーーやっとナミュール以外で勝ってくれました。そして1頭しかいないキャロとロードが勝ち上がったのですが4頭もいる東サラも頑張らなければなりません。勝ち上がりがイメージできない馬もいますがザグ○スのように全くダメという馬もいませんから全頭勝ち上がりをめざして頑張ってほしいところです。

| クラブ馬主・レース出走 | 21:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ストーリア2

土曜日に出走したストーリアの模様です。

20220124B (1)
2000の牝限戦であまり需要がないのか7頭立てに

20220124B (2)
ガンバレ馬券

20220124B (3)
馬体重はまずまず。意外と大きいんですね。

20220124B (4)
人気は7番の一本かぶり、ストーリアは結構離れた3番人気

20220124B (5)
5番が出遅れて4番のあとに出てきました。

20220124B (6) 20220124B (7)
馬体はよく見えました。もっとあったほうが…という意見もあるようですが女の子だしこんなものでしょう。活気もありましてアットーテき1番人気の7番より良いと思いました。

20220124B (8)
目つきもいいですね。

20220124B (9)
という点が評価されて誰かが100マソつっっこんだのか知りませんが急にオッズが下がってきました。最終的には2番人気だって。

20220124B (10)
とまーれー、予想以上に奥に行ってしまいました。

20220124B (11)
ハルキスギヤマ師登場

20220124B (12)
ダーワリュージ登場

20220124B (13)
中京で和田君と言えば今は亡きはなのき賞を今は亡きルクソールシチーで勝ったんでしたっけ。左下殿堂馬のルクソールシチーに乗ってるのが和田君です。

20220124B (14)
騎手が乗ったらスイッチが入ったのかエキサイトしだします。厩務員さんの格好に注目

20220124B (15)
馬とコンタクトする和田君、オレ様とかシーリアでも勝ってますしウチとの相性は悪くないはず。

20220124B (16)
本馬場入場

20220124B (17)
6番目の入場でしたが誰よりも真っ先に返し馬に。

20220124B (18) 20220124B (19)
いい感じの返し馬ですかね。

20220124B (20)
スタートはやや悪いのですが。

20220124B (21)
すぐ3番手につけます。

20220124B (22)
7頭が一塊になるどスロー。
どうでもいいですが中京のこのビジョンとゴール板の位置、なんとかなんないの?(クビになった渡辺君風)

20220124B (23)
3コーナーから仕掛けだして4コーナーへ

20220124B (24)
加速しながらコーナー回ったのがアカンかったのかだいぶ外に行ってしまいました。

20220124B (25)
ちょっと前が…ナミュール様ならここからとどいちゃうんですがねえ。

20220124B (26)
上がり最速もまたしても逃げ馬を捕まえられず。

陣営からの言い訳
ストーリアは、1月22日(土)中京5R・3歳未勝利・牝馬限定・芝2000mに和田竜二騎手54kgで出走。2着でした。
・杉山調教師 「そこまで切れる脚を使えない部分も考慮し、少し位置を取りに行く形です。道中の折り合いがスムーズで、ラスト3ハロンは最速。何とか決めたかったものの、2戦目と同じように前に残られてしまいました。ジョッキーも上手く立ち回ってくれ、イメージ通りの競馬はできた印象。評価に値する内容だと思います。ただ、また惜しいレース。反動の生じ易い球節の状態をしっかり確かめましょう」


そこまで切れる足がないんなら逃げるというのも選択肢かも。2戦の逃げ残られてますからね。あと癖の多い馬なのに毎回騎手が変わるというのもどうなのか。球節に負荷がかかりやすいということなら一戦必勝で行かなければなりませんがそういう配慮してくれてます? 未勝利戦は2位じゃダメなんですからね。

20220124B (27)
おまけ
よく中京は桶狭間の合戦にたとえられますが、戦場はだいぶ離れたところのようです。ここは今川義元の本陣があったとされる場所ですがここは中京競馬場入口前駅のすぐ近くにあります。

20220124B (28)
伝 義元が討ち取られたとされる場所。
桶狭間の合戦は謎が多いというのは知ってました?
私が聞いたことがあるのは「織田軍の姿が見えないほど雨が降ってたのなら川は渡れないし、川を渡れるくらいの雨なら義元軍には織田軍が見えたはず」というもの。案内板では織田軍が接近する振動はあったが「こんなところで敵襲があるはずがない」と思い込んでたとありました。

| クラブ馬主・レース出走 | 21:20 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ストーリア1

日曜日は東京で愛馬3連戦、まず3Rのストーリア

20211123B (1)
今日のニッカン、数ある選択肢のなかからここを選んだストーリア、なんかの印はついてますが○が多いかな。でも◎はバラバラと難解そうなレース

20211123B (2)
ガンバレ馬券

20211123B (3) 20211123B (4)
出馬表ですが例によって2分割、パドックで参考レース見たい人なんかいるわけないし「どうにかなんないの?これぇ?」

20211123B (5)
さて、出てきました。前走新潟ですから行っておらず今回が初見です。

20211123B (6) 20211123B (7)
世代で一番人気だった馬ですが馬体的には「うーーーん」ですかね。もうちょっと体重があってもいいのかな。

20211123B (10)
リオンディーズの子ですからこんなシーンも。

20211123B (8)
アンジュ様とかヴィーヴォほどではないですが目つきに尋常ならざるものを感じるんですよね。

20211123B (9)
人気は1番人気ですね。

20211123B (11)
とまーれーですがやはり目つきが(笑)

20211123B (12)
ユッキー登場、馬の陰に隠れてますがナオッチがいます。

20211123B (13)
人気が気になるのか。

20211123B (14)
馬の陰に隠れてるスーツの人ってもしかして?

20211123B (15)
ハイ、杉山先生でした。G1の裏でこんなところ来てていいのかね?と思いましたがG1には出走なく1頭しか出走してないのにこっちに来たようです。

20211123B (16)
なんか杉山先生が指示してるようにも見えるのですがユッキーはバジトンプーか。

20211123B (17) 20211123B (18)
さて、ユッキー、うちの厩舎ではルヴォワール2勝、プロスペリティ1勝なんですが、和製ライアンと言われたのも遠い昔、今は影が薄い存在に。ここは1番人気、起用した杉山先生にこたえることができるかどうか。

20211123B (19)
本馬場入場ですが少しエキサイト気味。

20211123B (20)
なのですぐにGo!

20211123B (21) 20211123B (22)
返し馬の走りはよくわかりませんが、ちょっと引っ張り気味であまりきれいに走ってる感はありません。

20211123B (23) 20211123B (24)
スタートよく3-4番手付け。

20211123B (25)
ナオッチが逃げますがあまりペースは速くありません。この馬は好位追走してますから悪くありません。

20211123B (26)
直線入ってここから追い出そうというところ。

20211123B (27)
前走もそうでしたがこの辺から内に刺さり始めます。

20211123B (28)
刺さるのを立て直しながらでなかなかエンジンがかかりません。

20211123B (29)
さっきすぐ前にいた3番の馬にこれだけ離されてます。

20211123B (30)
ようやく追い込み体制に。

20211123B (31)
ユキト差せー。

20211123B (32)
うぐぅ。

ストーリア
ストーリアは、11月21日(日)東京3R・2歳未勝利・牝馬限定・芝1800mに石川裕紀人騎手54kgで出走。15頭立て1番人気で4枠7番からスローペースの道中を4、4、4、4番手と進み、直線では中央を通って0秒1差の2着でした。馬場は良。タイム1分50秒6、上がり34秒3。馬体重は増減無しの488kgでした。
・杉山調教師 「ビュッと切れずに長く脚を使うタイプ・・・とジョッキーへ伝達。結果論になるとは言え、もう少し早くスパートすればまた違ったかも知れません。ただ、1000mを63秒ぐらいで1着馬は逃げ、4kgの減量も相当に効いていた感じ。こちらも能力の高さを示せたと思います。決められなかったのは残念。体質がまだしっかりしていないだけに、すぐにでも勝ち上がらせて一息を入れたいところです
≪2021年11月21日 東京3R 2歳未勝利(牝) 芝1800m 良 15頭≫
1着グランスラムアスク 50古川奈 1.50.5    (1・1・1・1)34.7 458kg-6kg
2着ストーリア     54石川裕 1.50.6 3/4  (4・4・4・4)34.3 488kg 0kg
3着ピンキーウィンキー 54石橋脩 1.50.7 1/2  (2・3・3・2)34.5 464kg-4kg


第一感は杉山先生同様「余裕ぶっこきすぎ」、だけどよくよく見たら内へ刺さってるししょうがないのかなと見えたのですがそれは対処可能だったよう。ユッキーも消極的だったといってるようですしね。ただユッキー、「一度乗ってれば」はないですよ。杉山先生もそう伝えていたようだしもっと予習しなきゃ。

馬体的にはまだまだという感じなのですがそれだけに早く勝ち上がらせたいと思ってるようです。12月にもう1戦いくのかな。

| クラブ馬主・レース出走 | 22:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |