Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

愛馬リポート(10/17)

混戦模様の東京六大学、大きく言えば明慶立と東法早の争いなんですが、まず負けたほうが優勝から遠ざかる慶応×立教、ここは慶応が連勝し勝ち点3に、勝ち点では明治と並びますが勝率で首位に立ちます。次は明治は東京で、慶応は当然早稲田、明治が連勝しても慶応が早稲田に連勝すれば優勝、2-1ならプレーオフになります。一方立教はあと法政に連勝し、明治、慶応が連敗しても勝率で上回れず春秋連覇はなくなりました。
東法早の争い、今週は最もムノーな監督決定戦と揶揄されている法政×早稲田でした。先週東京に連敗した法政が「雨」投手のがんばり(笑)で早稲田に連勝、これで勝ち点2として最下位は脱出しました。一方の早稲田は勝ち点1の3-6で5位タイに、どことタイかと言えば東京とです。ともに優勝がかかる相手が残ってますから1つ勝つのも難しいかもしれませんが、1つ勝てれば単独5位に、連敗なら5位タイで終了です。東京は悲願の最下位脱出なるでしょうか。

レントラー
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「引き続き、この中間も坂路ではハロン15秒近くまで脚を伸ばしています。まだ毛ヅヤなど良化の余地は残しているものの、引き続きしっかりと乗り込むことができていますし、このまま順当に上向いてきてくれるようならば、厩舎サイドと移動に向けた話をしていくことができそうです」(NFしがらき担当者)


一応上向いているようで遠からず帰厩もあるかもしれませんとはいえ京都を使ってもしょうがないですからあわてることもないですがね。

ルヴォワール
NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。
「現在は適度に運動を取り入れながら経過を観察しています。運動内容はウォーキングマシンを使って1時間のウォーキングです。状態に関しては正直なところこちらの思惑とは異なり、なかなか腫れが引きません…。今慌ててどうこういうことではないのでもうしばらく変化を見極めていきますが、本格的な運動を開始するまでにはしばらく時間がかかってしまいそうです」(天栄担当者)


こちらは一向に良くなってきませんねえ。転地療法でもしてみたらどうですかね(と10A脱出工作を考える(笑))。

シーリア
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「今週中に帰厩させる予定で、この中間も坂路では終い強めの調教をコンスタントに取り入れています。馬体もいい意味で余裕がありますし、ここからデビューに向けて進めていくにはちょうどいい状態だと思います」(NFしがらき担当者)


今週帰厩なら11月1週目か2週目か、この先生は東京にも遠征しますから
 11/4 東京1600
 11/5 東京1800、京都2000
 11/11 東京2000
 11/12 東京1600,、京都1600牝、1800
 ※11/3はJBCで騎手がいないので出さないと見ます。
エリ女の日のマイル戦が有力と言われてますが果たして?

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。
・当地スタッフ 「引き続き、脚元の具合は安定。獣医師のアドバイスに従い、遠からずにピッチを上げるプランが浮上しています。ただ、最近の天候不順でダートコースの状態が悪化しているだけに、馬場の回復を待った上で新たなパターンへ取り組むべきでしょう」


ようやくピッチを上げようか?という感じですが、まだまだかかりそうですね。ロードはこういうのが多いんですよねえ。

そうそう、土曜日のヴォルケーノに触れておきましょう。

ロードヴォルケーノは、10月14日(土)京都12R・3歳上1000万下・ダート1400mに浜中騎手57kgで出走。7着でした。
・浜中騎手 「ゲートは全く問題なし。偶数番だけに枠内で待つ時間が短く、怪しい雰囲気も窺えませんでした。ただ、行き脚が付かずに後方から。それでも上々の手応えで直線を迎えられたでしょう。しかしながら、進路が開かずに手綱を引く格好。丁度スピードに乗せる場面だったので・・・。立て直してからは再び伸びていたように、スムーズなら際どかったと思います。とは言え、ずっと外を回せば大きなロスに。まだまだ十分に戦えると思うものの、脚質的に展開等に左右されるかも知れません」


スグルが言ってるようにスタートはいいとは言えませんがとにかく出たものの、ダッシュが付かず最後方から。直線空きもしない内に突っ込んでいってロスして一巻の終わりかと思ったのですがそこから外出したらいい脚使いました。スグルは「ずっと外回せば大きなロス」とか言ってますが最初から外回すのと内で詰まってから外回すのは違うと前日リーディングジョッキーが示したのを見てないんですかねえ。
で、ヴォルケーノ、もう勝つだけの力はなさそうですが展開さえ向けばジョーイには来てくれそうです。SSD先生のところのロードは2頭だけになってしまいましたが、どっちがラストになりますかね。

それと今日は東サラから1頭

レッドガラン
17.10.16
(社台ファーム)
マシン運動120分、トレッドミル。馬体重525キロ。
担当スタッフ「騎乗調教再開後、まだ少し右前のソエを気にする感じが残っていたので、無理せずマシンとトレッドミルでのキャンター調整に切り替えて進めることにしました。現状のメニューなら問題はないのですが、まだパンとしない面が残っていることも確かなので、馬場に出して乗り出すのはもう少し先にしようと思っています。トレッドミルでも適性負荷はかけられるので緩ませないよう調整していきます」


この馬だけ育成馬扱いで月2更新で、昨日更新があった次第。これもゴラッソ同様なかなか上向いてきません。ゴラッソはゲート試験受かってますがこちらはまだですからねえ。この馬カナロアの子なのですが母系が出てるのかな。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 20:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ロードセレリティ8 ~こっちを向いてよハニー

2頭出しのこの日、続いては10R北原白秋S出走のロードセレリティ

20171016B (1)
ニッカンです。いつも書いてますが出走馬の半数超に印をつけるなんてのはプロのすることではありません。よってニッカンにはプロはいません!

20171016B (2)
ガンバレ馬券

20171016B (3)
なんと、セレリティの横断幕です! 作成者には感謝ですが「2人の師」で結構です(まだ根に持ってる)。

20171016B (4)
ちなみにこのレースの注目はセレリティと「悪の大物」…じゃなかった「大物にのしあがれ」です。

20171016B (5)
まず1番のセレリティ登場

20171016B (6)
そしてクライムメジャー。1馬身ほど出遅れてますが、2の次にすぐ5が出てくるなんて誰が思います?

20171016B (7) 20171016B (8)
セレリティなんですが、天候のせいかあまり良くはみえません。

20171016B (9)
カリカリするわけでもないですし、あまり短距離馬っぽく見えません。

20171016B (10) 20171016B (11)
クライムメジャー、これが昇級戦ですね。陣営は能力は通用するが動きイマイチと。

20171016B (12)
食い意地が張って涎だらだら(copyrightよしだみほ様)なわけではありません。

20171016B (13)
人気ですが10頭しかいない割に5頭が10倍を切る人気と割れてます。セレリティは10倍未満でない組に。

20171016B (14) 20171016B (15)
とまーれーがかかりまして。

20171016B (16)
浮かぬ表情でみずきちゃん登場。

20171016B (17)
そしてF永Y一、そういえばジェノヴァを「溜めれば伸びる」と言ったのはコヤツでしたな。なお前に写っている「いかにも(自粛)」なヒデ藤原先生、なぜか「前へ~」がかかったあとにご登場です。

20171016B (18) 20171016B (19)
調教師のが伝染したわけではないのでしょうがF永Y一も浮かぬ表情。

ちなみにのちの写真にも出てくるようにヤストシ君は東京にいましたが出てきませんでした。

この馬も口取りがありまして、ここからロード恒例の服装チェックのお時間、よって返し馬の写真はありません。

20171016B (20) 20171016B (21)
スタート、セレリティ早っ! 実況でも「ロードセレリティ好スタート」と言ってましたね。

20171016B (22)
後で書きますがオーダーは「ハナを主張する相手が居た場合には譲れ」とのこと。とりあえずハナにいきますが。

20171016B (23)
K原軍団のトップは俺だと言わんばかりにイワタが来ます。

20171016B (24)
これで見るとやはり外へ張らないように顔を左に向けてるんですよねえ。

20171016B (25)
ここでK原軍団のトップは俺だとばかりにイワタの馬を交わして。

20171016B (26)
一瞬行けると思ったんですがねえ。

20171016B (27)
いやん、ばか~ん

20171016B (28)
結局6着、前走同様最後に失速したような感じです。

20171016B (29)
戻ってきたところ。そうそうクライムメジャーは4着でした。

20171016B (30)
渋い表情のみずきちゃん。負けた陣営はこうでなくっちゃいけません(笑)。

20171016B (31)
やっぱりこの先生は切り替えが早いなあ(毒)。

20171016B (32)
淡々と馬装解除するF永、どうも元気がありません。さっきはトサキと談笑してたくらいなのにね。

公式HP
ロードセレリティは、10月14日(土)東京10R・白秋S・混合・芝1400mに福永騎手57kgで出走。6着でした。
・福永騎手 「ハナを主張する相手が居た場合には譲って脚を温存して欲しい・・・との指示。実際にそのような展開だったものの、脚を溜めると言うよりは終始右へ張る癖を制御する状況でした。返し馬では大丈夫だったのですが、これだけロスが生じてしまうとなかなか難しいでしょう」
・高柳調教師 「打ち合わせ通りのレース運びだったでしょう。直線では一瞬粘り込めそうな感じだったものの、最後は差して来た馬達に抵抗できず。極端に見せていないとは言え、今回は完調手前な分だけ余計に右へ張ってしまったのかも知れません。状態、番組を見て次を考えます」


F永Y一のコメントには特に言うことはありません。私は1ハロン長いように見えたのですが「外に膨れたロス」という見解、ただこの人の見立てってよく外れるからなあ。
で、みずきちゃん。あくまで左回りが苦手というのを認める気はないようです(苦笑)。ただレース数の少ない準オープンなんですからもっと条件を広げる努力しないと厳しくなりますよ。

この後ですが「完調手前」というなら続戦でしょう。1400にこだわるなら間は空きますがハンデ戦の渡月橋Sか、あるいは1200になりますがみちのくSがいいと思いますが…性懲りもなく左回りの奥多摩Sでしょうな。

| レース出走 | 23:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

Week6

今週Ninersは試合前と試合中に大きな動きがありました。

試合前は↓
NaVorro Bowman is Released
これは驚きでしたね。長らくディフェンスの中心であり、今季大けがから復帰したBowmanをシーズン中にリリースですから。
なんでも出場機会が少ないことに不満を持ったBowmanが首脳陣と話し合ったのちリリースが決定したとか。
Bowmanはよい選手ではあるもののケガが多かったことも事実、もう若いと言える年齢でもありませんし、いなくなっても大丈夫という判断のもとリリースしたとは思いますが…とにかく驚きです。
さて、BowmanがいなくなってのGame

SF 24-26 @WAS ●
これで6連敗…Week1こそ20点差負けでしたが、そのあとは3点差、2点差、3点差、3点差、2点差…この惜敗力は一体何なんでしょう(苦笑)。今週Giantsが勝ちましたので未勝利チームはあとBrownsとNinersだけになりました。
で、さすがにShanahanも動きました。この試合も先発するもレイティング45.6と相変わらずしょうもないHoyerをついに見限り、2Q途中から2番手QBのルーキーBeathardにスイッチ、これが試合中の大きな動きです。
交代した時点では0-17でそこから一時は17-17に追いつき、再度9点離されても最後に逆転寸前のところまでいったらしいですからHoyerより明らかにいいパフォーマンスを見せてました。次週はおそらくこっちがスタートでしょうね。とはいえこれで劇的に変わるかというと?ではありますが、同じ負けるにしても将来に希望が持てるほうを使いたいですからね。

Steelers
PIT 19-17 @KC ○
今季ここまで5連勝と好調のChiefs、しかもこのチームのHFAは大きいことで有名なんですが、そんなチームにAwayで勝っちゃいました。ホントによーわからんチームです。このチーム、どうも白いユニフォームを着た時の方が強いようです。

これでAFC-Nは
PIT 4-2
BAL 3-3
CIN 2-3
CLE 0-6
指定席の某チームは置いといていつの間にか虎さんチームが忍びよってきてますね。確か3連敗スタートでしたからそのあと連勝か。ちなみに試合数が合わないのはBye Weekが入りだしてるからです。

NFC-Wの順位表は諸般の事情により割愛いたします。

| アメフト | 19:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

秋華賞

書き忘れておりましたがこのように買ってました。

◎ディアドラ
○リスグラシュー
▲アエロリット
△モズカッチャン
△ラビットラン

結果アエロリットがいないだけの1-2-3-4フィニッシュ

ホント牝馬には強いなあ(笑)

P.S.
非公開の予言には1mgの価値もありませんので証拠写真を掲載します。
20171015B01.jpg

| G1 | 15:57 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

レッドジェノヴァ3 ~勝てない勝てない勝てないよー そんなに溜めたら勝てないよー

前走、後方から猛追するもハナ差2着だったジェノヴァ、再び戸崎を抑えて必勝態勢の今回、今度は口取りが当たりましたので雨模様の中スーツ着ての参戦です。

20171015A (1)
今日のニッカン、ジェノヴァ本命、前走現級で勝ち負けしてるのはこの馬だけなんですからそうなりますわな。あとは前走未勝利とはいえ圧勝でルメール騎乗のシャドウブリランテ、前走現級4着のキャンディストーム(優先権は失効してますね、訂正)、チョウナンボー(仮名)というところでしょうか。

20171015A (2)
ガンバレ馬券

20171015A (3)
これがうわさに聞くジェノヴァの横断幕ですか、シルヴィに比べて…いえなんでもありません。

20171015A (4)
道悪予想が出てましたが稍重で止まりました。ダートは不良ですがね。

20171015A (5) 
出てきました。コジシゲ先生のところはレモンイエローのお召し物で目立ちますね。

20171015A (6) 20171015A (7)
最初ドタドタという感じで?だったのですが。

20171015A (8) 20171015A (9)
周回を重ねるうちに気合が乗ってきたようです。歩いてる位置が外目になってるのがわかりますか?

20171015A (10)
カメラ目線来ました。

20171015A (11)
人気は2番人気、確かにルメちゃんは怖いけど休み明けで昇級戦なんですがねえ。

20171015A (12)
とまーれーがかかりまして。

20171015A (13)
厳しい表情でコジシゲ先生登場

20171015A (14)
一方ケータはFユーイチと談笑しながら登場。そういえばこの2人って騎乗スタイルが似てるような。

20171015A (15)
コジシゲ先生と作戦会議してるのかヨタ話してるのか。

20171015A (16)
なのでいつもほど気合が入ってません。

20171015A (17)
言っちゃなんですが、究極に東サラの勝負服が似合いません(苦笑)。

20171015A (18)
本馬馬入場

20171015A (19)
戸崎は何度か促しますがなかなか返し馬に行きません。

20171015A (20)
ようやくここかGo!

20171015A (21)
さてどんなもんでしょう。

20171015A (22)
スタートはまあまあ。

20171015A (23)
5番手くらいの位置に、いいとこつけました。

20171015A (24)
ただシャドウブリランテがすぐ後ろにいるんですよね。これは目標にされるかなと思ってたんですが。一方キャンディストームはこの馬より前にいたんですね。

20171015A (25)
3コーナーのあたり、遅いと見たのかシャドウブリランテが上がっていきます。これでこの馬を目標にできると思ったのですがね。

20171015A (26)
勝負所、このあたりからGoするかと思ったんですが。

20171015A (27)
シャドウブリランテが先に動きました。チョウナンボー(仮名)を目印にするとジェノヴァがまだ動いてないのがわかるかと。

20171015A (28)
先頭に立ったシャドウブリランテを目標にキャンディストームが動いてやっとジェノヴァがGo!、さっきまですぐ前にいたキャンディストームとの差がこんなに空いちゃってます。

20171015A (29)
そこから戸崎も追うのですがクビまでしかつまりません。
このあとシャッター押したはずなんですがなぜか写真がありません。

20171015A (30)
戻ってきたケータ

20171015A (31)
すぐに切り替えられる一流どころの先生方は素晴らしいですね(皮肉)

20171015A (32)
ケータも戻ってきました。

公式HP
10月4日レース後コメント(2着)
戸崎騎手「外枠だったので向正面まで壁をつくれずダラっと脚を使う感じでした。途中からは脚も溜まりましたが、動いていった馬についていくと最後甘くなりそうなのでこの馬のペースで進めました。動かなかった分最後までしっかり脚は使えていますが、今日はペースも遅くて前が止まらなかったですね。理想は内枠でずっと前に壁を作って最後だけ抜けるという形だとは思いますが、今日のような競馬でも頑張れたのでやはり力がありますね。もう少しだっただけにすみません」
小島茂調教師「調教でも気分良く行くと最後弾けないように、競馬でも道中は我慢させたほうが脚は使えそうですね。スパッと弾けないのはまだまだトモが甘いのもあるでしょうし、馬場もパンパンの良のほうが本質的には良さそうです。それでも安定して走れているように、ジェノヴァなりに成長しているのは間違いないですよ。なんとか勝たせて一息入れたいので短期放牧は挟むかもしれないですが、馬に問題なければ続戦のつもりでいます」


「溜めれば脚が使える」っても33.8秒でしょ。メインのアドマイヤリードは右へスライドしながら32.9秒ですからね。シンクリの子ですから溜めて脚使おうとしないで前目で押し切ったほうがいいと思うんですがねえ。この感じだと次も溜めそうです(苦)。とにかくどんな形でもいいから一つ勝ちたいです。

次は10Rですがこの後所用がありますので明日以降に。

| レース出走 | 11:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今日の戦利品

結局これだけ

20171014G01.jpg

にゃごやの大きな本屋さんにはなくターフィーショップならあるだろうと思って探したらありました。まあ値段相応だったかは疑問ですが(笑)

表紙はディープインパクトを破った有馬記念でヤネはルメールなんですが、ルメちゃんこのとき26歳だったんですってねえ。
で、最後の方にちょこっとだけセシリアの名前がでてました。

あと当然橋口弘次郎氏のインタビューがあるのですが、この方、本当に「いいひと」ですねえ。笑うのはダービーの時ずっとハーツとほかの馬を見間違えていて、その馬が沈んでいくのを見てがっかりしたくらいだそうです。
引退されてから馬券を買われてるそうですが、「皆さん、こんな難しいものをよく続けられてます」だって(笑)。

ちなみにジャスタウェイの大和屋氏がハーツの一口馬主だったことは有名ですが、当時入会2年目だったのによく良血のこの馬が買えたもんだと書かれてます。その理由は「外向が嫌われた」からだそうで、ジャスタウェイも外向が嫌われて一声で落ちたと別のところで言ってましたね。

| 競馬全般 | 21:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

京都12R

ヴォルケーノは7着見当、まあ人気を考えれば頑張ったと思うけど。

スグル、あそこであそこが開くと思ってたんか?

| レース出走 | 16:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【悲報】5thコーナー閉店

あそこのカクテルが好きだったのにぃ

| 競馬全般 | 15:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>