Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

愛馬リポート(3/29)

今日はキャロットキャンセル募集の日、まず当たるはずがないと思いつつ、キャロ勢拡大のため申込みしました。
あたったらあたったで大変なんですがね(笑)

アプリコットベリー
NFしがらき
28日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「大外枠からの競馬で、前々からやや厳しい展開になってしまいました。もともとはどんな競馬でもできるタイプですが、ちょっと気分良く行きすぎてしまったようです。レース後は馬体に異常がないことを確認してNFしがらきへ放牧に出しています。この後もいくつか牝馬限定戦があるので、馬体の戻りが良ければ短期で戻すことも考えています」(大久保師)


去年の秋ぐらいから突然使いかたが変わってきました。あと1年を切ったところでナントカもう1勝させたいということなんでしょうか。あと1勝できれば厳しい白老でも繁殖入りできると思いますし、それがまったくノーチャンスというわけでもないと思えますからね。

レッドヴィーヴォ
(鹿戸厩舎)
引き運動
助手「レース後は引き運動で様子を見ています。この後は続戦も視野に入れていましたが、障害であちこち傷を作ってきていますし、トモにも疲れが見られることから、今週中に一旦放牧に出す予定です」


何度も書いてますが1勝クラスの馬をレースに使うたびに放牧に出してたのではいくら回収を目標にやっていないとはいえいかがなものか(死語)となりますね。レースのたびにあちこちけがすると言うのは要は飛越が下手ということなんでしょうし、オープンに上がってから差して見どころのあるレースをしてるわけでもありません。ここはお考えいただきたいところです。

レッドウィズダム
(角居厩舎→吉澤ステーブルWEST)
本日、吉澤ステーブルWESTに移動しました。
助手「馬は頑張ってベストの走りを見せてくれましたが展開が向きませんでした。前半1000mの通過タイムや並びを見て、これは厳しいと感じるくらいでしたから。でも直線は外に1頭いる状況でも上がり最速の脚を使えたことなど収穫もありました。きっと道中の位置取りが重要なのだと思います。レース後もかなり元気ですが、続けて3戦して体は疲れているはずなのでここで放牧へ。クラス編成を待つのか、その前に一度使うかは現時点では未定ですが、帰厩はそれくらいの時期になりそうです」


「道中の位置取りが大事」そんなことはわかってます。でも前付けたらやる気なくすとかしてたkらこういう競馬にしたんでしょ?なんだかメーソーしてます。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
高橋忠調教師「休み明けの昇級戦で上がり最速という内容ですから、やはり能力がありますね。これからが本当に楽しみになりました。レース後はひき運動で疲れを取っていますが、異常ありません。今後についてですが、当初の予定では中1週で忘れな草賞へと考えていましたが、中3週で23日のフローラS(東京/芝2000m)に向かうことにしました。鞍上は調整中。レース後、松若騎手が馬場を気にしていたと話していたのですが、忘れな草賞の頃にはさらに馬場状態が悪化している可能性が高く、力を出し切れないまま終わってしまいそうですし、脚元への負担が大きくなってしまいます。それにそのあとのことまで見通すと、中1週よりも中3週のゆとりあるローテーションを組んでおきたいと考えました。その2つの点から東京の開幕週を選択しました。1勝馬なので確実に出走できるかはわかりませんので、その次の週のスイートピーSも視野には入れています。今のところあすから軽めに乗り出し、運動後にプール調整の練習かゲートを見せにいくことにしています」

助手「体重は減っていましたが、今回は数字をあまり気にせず進めていました。牧場での数字はふくらませてもらったものですし、毎日しっかり食べて、運動していたのでそれで十分だと思っていました。これから成長とともにもっと筋肉がついてがっちりしてくるでしょう。普段落ち着いている馬ですが、レース当日は急にスイッチが入って立ち上がるなどイレ込む場面もあり、まだまだメンタル面の幼さを感じました。それにゲートに難があるので練習してレベルアップさせないと。次は東京までの長距離輸送という不安要素もありますが、大舞台を目指して頑張ります」


まあこれだけ丁寧に説明してくれればコメントには言うことありませんが内容には?です。
中3週、中3週にな瑠フローラがいいというのはわかりますが…はっきり言いましょう
今のコルディスではルヴォワールには勝てません!
それだけではないです。
少なくともルヴォワールと同等の力を持つと思われるホウオウパヒュームも出てくるんですよ!
コルディスがフローラからオークスへ行きたいんなら3着狙いしかありませんが他にも強い馬が出てきます。スイートピーの方がいいと思いますがね。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、3月29日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.2-39.6-26.4-13.4 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。4月22日(土)京都・4歳上1000万下・混合・ダート1400mに予定しています。
・笹田調教師 「全休明けの3月28日(火)もスクミが無し。帰厩後は順調に乗り込めています。29日(水)は坂路で。十分な余力を残して全体53秒2ならば悪くないですね。京都の開幕週に組まれるダート1400m戦を目標に。ジョッキーの選定に入りましょう」
≪調教時計≫
17.03.29 助手  栗東坂良1回     53.2 39.6 26.4 13.4  馬なり余力 坂路コースで入念


天王寺特別だと思ってたのですが京都ですか。この先生がじっくり乗る人だってことを忘れてました(笑)。平場ですから定量戦、その方がいいかもしれません。

ロードブレイク
ロードブレイクは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・笹田調教師 「無事に栗東トレセンへ。3月29日(水)は角馬場で跨って身体を解しています。今のところは特に問題も無さそう。厩舎で調整を続けながら出走機会を窺う予定です。ただ、恐らく芝のレースは混雑。ダートを含めて考えるべきかも知れません


芝に出れそうもないからダート、どこぞの馬でもあったような気がしますけど(苦笑)。どこぞの馬はそこで好走して覚醒したんですけどね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 22:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不定期連載WP8 2016 82/7

とりあえず半年終了

☆ブロケードはフューチュリティS→ドバイターフ→チャンピオンマイル→安田記念と4連勝でアジアマイル完全制覇、ボーナス4億円をゲットしました。

リベルタンゴも6月3週目にデビュー、ヤネはしばたまさんと迷いましたがコネ拡大を目指しててきばさんにお願いしました。
調子×で迎えたレースでしたが快勝で新馬勝ち、この半期は5戦全勝で終えています。

生産は★ミホシンザンとタケシバオー×マリンエクスプレスの子が誕生、流星コメントを見た後ナポリジョオーを売却したことは言うまでもありません(笑)

種付けは、マリンエクスプレスに何つけるか迷いましたが、新人馬主チャレンジ成功になるスティールハートにしました。トウショウボーイは来年にします。
となればトウショウボーイの本株購入は来年購入でいいですから、今年は何を買うか? まだ安い内にとノーザンテースト本株を購入しました。先々はスカーレットインクに付けるのですが今年はいろいろ考えた結果モデルスポートを購入しつけることにしました。翌年あれが生まれたらモデルスポートを売却してスルーを購入しノーザンテーストをつけることにします。これはアノ馬になりますよね。その次からはスカーレットインクです。


| ゲーム理論 | 23:36 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(3/28)

1日遅れですが大相撲春場所は照の富士を1差で追う手負いの稀勢の里が本割、決定戦と連勝し逆転優勝。
14日目がいいところなく大敗でしたから正直厳しいと思ったんですがね。
本割で変化して勝った後、さすがに2回続けて変化はできないだろうからどうするのかと見てた決定戦、照の富士にもろ差しを許しながら逆転の小手投げ、横綱意地の勝利でした。この人昇進時にはどうかという声もあったんですが、「地位が人を作る」んでしょうね。ただ左腕は全治3ヵ月…ということは夏場所時点では治ってません。貴乃花もそうでしたがこういう無理すると力士寿命を知事めるというのも確かです。

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「雪の影響もあって馬場コンディションが良いとは言い難いので、今朝はじっくりと体を動かすことに終始しました。今のところ歩様は安定して見せているので良い状況なのですが、これから進めていってどのくらいで態勢が整ってくるかですよね…。真夏前の復帰が可能になればという思いではいますけれど、そのあたりはまだ何とも言えないというのが正直なところです。馬体重は517キロです」(天栄担当者)


これから長い東京開催でそのあとが暑い夏、いいタイミングでの復帰は難しそうです。10Aもつくづく余計なことしてくれたものです。

レン某
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も坂路では15-15近くまでペースを上げて調教を行っています。併せ馬でも相手をなかなか抜かそうとしないなど、まだ気性的に大きく変わったような感じはこちらでは見られませんが、体調面は特に問題ありませんし、このままコンスタントに15-15を乗り込んでいきたいと思います。馬体重は477キロです」(NFしがらき担当者)


くどいようですが取っちゃった効果で真面目に走るようになったなんて話は聞いたことがありません。真面目に走らせるためには違う方法が必要かと。
クリミナルタイプだったと思いますが、やはり前の馬を抜かないようになってしまったことがあったようです。この時調教師は2頭併せ馬で何回も前の馬を抜くことを練習させ、復活に導いたそうです。この馬もそういうことをやって行かなければダメだと思います。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、3月24日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・当地スタッフ 「気持ちを乗せ過ぎないように注意。先週はハロン20秒のキャンターまでに止めておきました。1ヶ月半の休養期間を経て十分なリフレッシュが叶ったはず。あとは笹田厩舎の皆さんにお任せすれば大丈夫だと思います。無事に送り出せて何よりです」


帰厩してきました。D1400にこだわるなら天王寺特別しかありませんがこのレースはハンデ戦です。このところ入着級ですから相手次第では背負わされる可能性もあります。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「徐々にペースを速め、先週末より普通キャンターを始めました。埒に頼ることが可能な右回りは割とスムーズ。でも、事前に聞いていた通りに左回りの場合は若干外へ張る特徴が認められます。人間が上手くカバーしながら乗り進めて行きましょう」


この馬が左回りを走ったのは前走、前々走のほか1回だけあります。その時の(名前を出す価値なし)師のコメント。
ロードセレリティは、7月23日(土)中京3R・3歳未勝利・混合・ダート1400mに福永騎手56kgで出走。16頭立て1番人気で7枠13番からハイペースの道中を9、6、7番手と進み、直線では外を通って0秒8差の4着でした。馬場は良。タイム1分26秒2、上がり39秒0。馬体重は増減無しの488kgでした。
・名前を出す価値なし)調教師 「ずっと右側へ張り気味。特に勝負処で強く傾向が表れ、ポジションを下げてしまいました。そのような面は前走でも見られただけに、コースの回り云々の問題とは違う様子。馬群に入れば大丈夫ながら、どうも他馬から逃げようとしている感じです。体調は変わりなかったものの、不利を受けぬように大事に外目を走らせたのが裏目に出て・・・と言うのがジョッキーの感想。ラストは盛り返して来たのですが・・・。なかなか勝たせれらずに申し訳ない気持ち。脚元の状態と相談しつつ以後のプランを検討しましょう」

このムノー調教師は他の馬から逃げてると言ってましたが結局張ってただけのようです。決断もできなければ的確なジャッジもできないんですかね。

メロウハート
メロウハートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「少しずつペースアップを果たし、先週末はハロン18秒のキャンターも試しました。休んだ影響が感じられないスムーズな動き。楽をさせた期間に体重が増えており、肉付きが良くなった部分は本馬にとって嬉しい材料です。この調子で進めましょう」


いま18-20秒ではまだしばらくかかりますね。いつデビューできるんだか。

土日に出てたルヴォワール以外の馬たちの言い訳敗戦の弁です。

ロードブレイク
ロードブレイクは、3月25日(土)中京5R・3歳未勝利・芝1600mに丸山騎手56kgで出走。16頭立て13番人気で4枠8番から平均ペースの道中を13、12、12番手と進み、直線では内を通って1秒2差の8着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分35秒5、上がり35秒2。馬体重は6kg減少の494kgでした。
・笹田調教師 「トモが緩くて踏ん張りが利かぬ分、どうしてもスタートで遅れ気味に。でも、徐々に良化を遂げるでしょう。促すと引っ掛かりそうな雰囲気を察し、それで終い勝負に徹した・・・と言うのがジョッキーの話。馬込みに入れても怯まずに、直線も相応に差を詰めていましたね。ただ、5着以内を外す結果に。どのぐらいの間隔が次走までに必要か・・・。そのあたりも踏まえつつ、新たなプランを検討する方針です」
≪2017年3月25日 中京5R 3歳未勝利 芝1600m 良 16頭≫
1着レッドオルガ    54和田竜 1.34.3    (  6・5・5)34.7 430kg-2kg
2着レディギャング   54 幸  1.34.4 1/2  (  1・1・1)35.3 464kg-2kg
3着メイショウミハル  52城 戸 1.34.7 1.3/4(  7・7・5)35.0 472kg-4kg
8着ロードブレイク   56丸 山 1.35.5    (  13・12・12)35.2 494kg-6kg


新馬戦は2秒以上離れてましたからそれに比べればフツーの負けですね。ただあと5-6ヵ月で勝てるようになるかといえば?
先生、優先権がないからとやすんでばかりいたら鍛錬になりませんよ。

レッドヴィーヴォ
3月25日レース後コメント(14着)
上野騎手「久しぶりの競馬でさすがに中山のバンケットは応えたようで、最後は余力がなくなりバテてしまいました。すみません。一度叩いて次はもっと良くなると思います」

鹿戸調教師「まだ重かったですね。上がりの状態が問題なければ、福島での出走を考えています」


昨日書いたようにトップから7秒離されるスーパー大敗、直線向いたところでは普通に後方だったのですがそこから逆噴射したようです。ここまでの経緯も疑問だし、先生は戦前は「体制が整った」と言っておきながら大敗後は「まだ重かった」ですか。格付け検討委員会での審議に回しました。・

レッドコルディス
3月25日レース後コメント(5着)
松若騎手「レース間隔が開いていたのもあって、返し馬では少し力んでいましたね。ゲート内では横を向いていたので、ハミを掛けて真っ直ぐ向かせようと思いましたが、それをすると煩くなりそうな感じがありましたので、無理に矯正せず自然体の形でゲートを出しました。出負けはしたものの、そこまでは想定内でしたので、後ろからジックリ進める形。特に癖なども見せず乗りやすかったですし、脚も溜められましたね。4コーナーでもスッと動いてくれて、直線でもオッと思わせるような手応えでした。ただ、坂に入ってからは久々が影響したのか、脚が上がってしまいました。スローペースだったので、結果的には今日の位置では厳しかったですね。それでも操作性もあって乗りやすい馬ですし、キレ味もあるので、後ろから脚を溜めて末脚を活かす競馬もできると思いますよ。今日使った事で次はもっと良くなりそうですね」


如何にも休み明けというレースでしたね。ためてもそれほど伸びない気がしますが若様の見解は違うようです。

アプリコットベリー
大久保厩舎
26日の阪神競馬では好スタートから楽に行き脚がついて好位で流れに乗る。スムーズに追走しているように見えたが、直線半ばで手応えがなくなってしまい10着
。「スタートが良かったので、大外枠から中途半端に下げるよりはと思って流れに乗せて行きました。馬場を考えても前々でしぶとく脚を使う形がいいと思ったのですが、結果的には気分良く行かせすぎてしまったように思います。どんな競馬でもできるタイプではありますが、今日は道中もっと脚を溜められていれば違ったと思いますし、うまく運べず申し訳ありませんでした」(松山騎手)
今日は大外枠ということもあって下げれば外を回らされるでしょうし、ある程度の位置で運ぶのは想定内でした。ただ、勝ち馬が後方で脚を溜めていただけに、前に行ったこの馬にとっては厳しい展開だったと言えます。コンスタントにレースを使いつつタフに走ってくれていますし、うまく条件がかみ合えばチャンスはあると思います。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


正直敗因がわかりません。いつになく先行してましたからコーヘーのいうように気分よく行かせすぎたのかもしれません。これで次からはスタート良くても下げるんでしょうね。

レッドウィズダム
3月26日レース後コメント(4着)
北村友騎手「スタートも決められましたし、今日も慌てずに後ろから運んで行きました。雨で馬場も脚抜きが良くなっていましたし、馬もリラクッスして走りやすそうでしたね。ただ、仕掛け処で前にいた馬がフラフラしていて、その馬と外から上がって行く馬とちょうど重なってしまい、外に出すに出せなくなってアクセルを踏み遅れてしまいました。前回のレースを使ったことでの状態アップを感じましたし、反応もしっかりあったたので、結果的には早めに動いても良さそうでした。今日は僕の判断ミスで勿体ないレースとなってしまいましたが、後ろから差す競馬もだいぶ板に付いてきましたし、このクラスを勝つ力は十分。それだけに今日はこのような結果となってしまって、すみませんでした」

角居調教師「雨で馬場が緩くなっていましたが、こういった馬場は得意ですし、後方からの差し競馬もだいぶ形になってきていますけどね。今日は勝負処で上手く噛み合わなかったのが大きかったです。この後は状態を確認してから決めたいと思います」


予定通り後方からの競馬でしたがスローだったのた追い出しが遅れた分で4着まで。こういう競馬だと展開に左右されますが、運が向くのを待つしかないですね。

| 現役馬近況 | 21:44 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

弥生成績

3月の競馬は昨日で終わり、4月と言えばいよいよクラシック開幕ですね。
今年も縁のない世界…でもないかもしれなくなってきました。

3/4
小倉
早鞆特別
(1000万下)
レッドウィズダム
57
北村友
2着
0.5
3/12
中京
トリトンS
(1600万下)
ロードセレリティ
57
秋山
12着
1.1
3/25
中京
3歳未勝利
ロードブレイク
56
丸山
8着
1.2
3/25
中山
ペガサスJS
(オープン)
レッドヴォーヴォ
60
上野
14着
7.0
3/25
阪神
君子蘭賞
(500万下)
レッドコルディス
54
松若
5着
0.5
3/25
中山
ミモザ賞
(500万下)
ルヴォワール
54
石川
1着
-0.2
3/26
阪神
四国新聞杯
(1000万下)
アプリコットベリー
55
コーヘー
10着
0.8
3/26
阪神
4歳上1000万下
レッドウィズダム
57
北村友
4着
0.6

今月 8戦 1-1-0-1-1-4
今年 21戦 3-1-1-2-5-9

3月の出走数は先週まで少なかったのですが最終週に一挙6頭だし、これで結果が伴えばよかったのですが結局ルヴォワールの1勝に終わりました。
今年ここまで3勝ですがうちルヴォワールで2勝、あと1勝はセレリティですから東サラの馬が勝ってないことになります。少し勢いが止まってきた感があるなあ。キャロもエルマンボ、レイズ君、レン某といつ果てるともしれないオヤスミ中ですからルヴォワールがいなかったら…ガクブル

4月ですが、今のところ予定はあまり出ていません

4/9 阪神 忘れな草賞 レッドコルディス ?
4/8or22 福島 障害オープン レッドヴィーヴォ 上野でしょう
4/23 東京 フローラS ルヴォワール 石川

ウィズダム、ベリ子も体調次第では続戦のようですが優先権がないですからどこへ出てくるかは?ですね。
この中ではなんといってもコルディスとルヴォワール、コルディスはかなり厳しいですが忘れな草賞勝てれば2勝+αの賞金になりますからオークスの目もあるかと…個人的には自己条件で行ってほしいところですけどね。
ルヴォワールは堂々の重賞挑戦です。普段わが軍の馬に冷たい「今週の結果分析」では珍しく「次走番組注目馬」に、「フローラSにはホウオウパヒュームも出ますが2頭で1-2着もある」との高評価です。
今年こそ悲願のクラシック出走なるか…正念場になります。
なお私はすでに4/23東京行決定です。さらに5/20の夜から東京入りする予定ですのでね。

| 成績 | 00:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2回阪神2日目11R 毎日杯

土曜阪神の11Rは「東上最終便」毎日杯

20170327A (1)
その前に…G1サンケイ大阪杯のアピール

20170327A (2)
このレースも少頭数ですが注目は7番と8番の馬、実はどちらも勝ち上がりのシーンを競馬場で見た馬なんですね。

20170327A (3) 20170327A (4)
まずはノルマンディーのプラチナムバレット。ノルマンディーの馬は相馬眼が問われそうなんですよねえ。

20170327A (5)
どうでもいいですが小さいお父さんです。

20170327A (6) 20170327A (7)
こちらはキャロのガンサリュート、この馬社台系牧場の生まれではなくノーザンではいじめられてたというのは知られた話かな。

20170327A (8)
有名な安田印のメンコ、わが軍でも1頭つける予定です。

20170327A (9) 20170327A (10)
とまーれーがかかりまして

20170327A (11)
ゾエとユーイチがアップ、さすがに重賞だけあってみんな出てきました。

20170327A (12)
河内のオッサン先生も登場

20170327A (13)
一方安田先生は来てないようです。

20170327A (14)
河内先生が見守る中ゾエ騎乗

20170327A (15) 20170327A (16)
9Rに勝ってるゾエ

20170327A (17) 20170327A (18)
次の日のウィズダムに乗るユーイチ

20170327A (19)
本馬場入場、これはサトノアーサーとユーガ、コルディスが出るはずだったシクラメンS以来のレース

20170327A (20)
プラチナムバレット

20170327A (21)
ガンサリュート、ユーイチはまだゴーグルかけてません。

20170327A (22) 20170327A (23)
すぐに返し馬に行ったガンサリュート

20170327A (24) 20170327A (25)
プラチナムバレットは引っ張ってから返し馬に

20170327A (26)
スタートはそろいました。

20170327A (27)
テイエムヒッタマゲが飛ばす流れ、サトノアーサーはドンジリからです。その前にガンサリュートとプラチナムバレット

20170327A (28)
後ろから行けば当然外を回らなくてはなりません。外から差せるか。

20170327A (30)
まずここでガンサリュートがアーサーに差されます。

20170327A (31)
ここでプラチナムバレットがつかまります。サトノアーサーはアルアインだけ捕まえられません。

20170327A (32)
プラチナムバレットは4着、ゾエはこれからも力を付けてくると前向き評価

20170327A (33)
ガンサリュートは7着、ユーイチはいつもよりエンジンがかからずと渋い顔

20170327A (34)
並んで戻ってきた2頭、まだこれからですね。

| 競馬全般 | 23:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ルヴォワール1.5 ~ふたり巡り合えたらただまっすぐに

というわけで中山9Rのミモザ賞は仁川のモニター観戦に。

20170326G (1)
今日のニッカン、穴狙いのキナミ氏はほっといて後は◎か○

なんでも手塚師は「ここノーステッキで勝つくらいでないとあとあと楽しみがない」と言い、ユッキーは「負けたら騎手やめる」と言ってたらしいです。確かに有力どころが君子蘭賞に回ってメンバーは低レベルですが、元来ビビリでペイシミストな私としては「ほんとうにそんな強いのかねー」と半信半疑でした。

で、レース
前の君子蘭賞でコルディスが5着、強力メンバー相手に休み明けで5着ですから先々は走ってくるとしてもオークスには黄信号、ジェノヴァはこの時点でソエで放牧してしまいましたから相当に厳しい状況、ということでこのレースの結果いかんでは早々とオークスプロジェクト終了になりかねません。戦前にユッキーが吹いたこともあって7頭立ての少頭数でありながら単勝1倍台のアットー的一番人気になりましたが、元来ビビリでペイシミストな私はその場でへたり込みそうなほどのプレッシャーでした。

スタート直前、ルヴォワールは横を向いてたので(鼻づらが白いからすぐわかる)ヤバイかと思ったのですが前向いたところでスタート、前走同様ダッシュはそれほどでもないですが二の足が速く前へ…と思ってたら後ろに下がってしまいます。
大知のウォーブルが逃げて予想通り1000m通過63.6秒のスロー、ルヴォワールは4番手にいましたが元来ビビリでペイシミストな私は後ろすぎね?とヤキモキ。
3コーナーから徐々に差を詰めて4コーナーでは一塊の状態になってきました。
直線、ルヴォワールは2番手にあがってきましたが最内を通ってる逃げ馬がコーナーリングで2-3馬身リードを取ってます。
逃げるウォーブルが必死で逃げ込みを図るところにユッキーは持ったまんま、逃げ馬は楽してましたし元来ビビリでペイシミストな私には差が詰まらなさそうに見えたんで「ユッキー、これで負けたらホントに騎手やめてもらうぞ!」と思ったのですが、あと200過ぎたあたりからちょっと気合を付けると持ったまんまであっさりと交わし、最後は1馬身半リードを付けての余裕のゴールでした。

ホントにノーステッキで勝ちやがったよ!(驚)

クラブHPより
手塚厩舎
25日の中山競馬ではやや縦長の展開のなか中団後方をじっくりと進める。慌てずに徐々に動いていき直線で前を捕らえて優勝。
「今日は何も気になることはありませんでしたし、とにかく馬に負担をかけないで結果を出すことだけを考えて乗りました。他陣営には失礼になるのですが調教のような形をイメージしながらレースをしたいと思っていたんです。先行勢もしっかりと見つつ、後半にじわっと上げていったのですが、こちらの思いに馬がしっかりと応えてくれました。これからがさらに楽しみです。ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします」(石川騎手)
「おめでとうございました。今回は体調面の不安もなく順調に調整できていました。前走後の蹄に関しても念のための裂蹄バンドを使い悪化を防ぐようにしていましたし、不安なく来れましたね。今回は少頭数でもありましたし、極端な話、将来に楽しみを持つなら手綱を持ったままくらいで勝ってくれないと、と思っていたのですが、近い形で勝ち切ってくれましたね。ただ、上がってきた時にはその裂蹄バンドが外れていました。歩様は問題なかったですけれど、前回に続いて今回と脚をぶつけてしまいやすいのでしょう。パトロールビデオを見直すと肩ステッキが入るとスッと手前を替えるんです。稽古でもそうなのですが、レースでも余裕があるものだから大きく替えてしまい、そういったところでぶつけてしまうのかもしれませんね。気をつけて接していかなければいけないと思います。馬のことを考えると目標は先になるのでしょうが、現状の力を試すためにもオークストライアルを使いたいという気持ちはあります。今回帰厩した時からフローラSまで頭に入れていたので、レース後の状態をよく観察して、問題なさそうならそこへ向けた調整を考えていくつもりです」(手塚師)
完成するのはまだ先と見ていますし、脚元のこともある馬ですから、将来のことを考えてこの春はできるだけ酷使しないでいきたいという思いを持っています。そのような中で迎えた今回。鞍上がそのあたりをしっかりと考えて見事なリードを見せてくれました。アクションが大きいが故に脚をぶつけてしまいがちな馬ですし、固まってもいない馬ですからやはり気を引き締めながら先々を見つつ接していこうと改めて思いました。このあとはトライアル戦へ挑戦してみることを考えていますが、まずはレース後の状態をよく観察していきます。


今回「いかにダメージ少なく勝つか」がテーマだったようで、ユッキーは公開調教する気だったようですね(笑)。こういう無理難題吹っかけられても勝つんだからいくらメンバーランクEとはいえ相当なものがありそうです。時計は威張れたものではありませんがこの馬の上がりはこの日中山での最速の上がり(シャケトラより速い)ですからタイムランクは「補正しきれずスローの扱い」でしょう。これを持ったままで出したんですからね。

ただ…
個人的には厳しいレースをしてこそ鍛錬されると思ってますからもうちょっと負荷のかかるレースであって欲しかったですね(贅沢かな)。「余裕十分の手ごたえで追い出してから案外」ということもありますからね。あとやはり足をぶつけてたようでこのあたりも解決していかなければならない問題だと思います。
課題は多いですし完成は先なんでしょうが、ともかく「この時期に春のクラシックを語れる」ということを素直に喜びたいです。これまで「クラシックに出たいんだー」と騒いでただけのレントラーくらいでしたからね(苦笑)。

ところでこの馬は2勝目をあげましたのでオープン入りになりますが、わが軍で一番速くオープン入りしたのが2歳7月のルアンジュでしたが、2勝が必要な時期になってからのオープン入りとなると「3歳高松宮記念の週」はあのルクソールシチーと同じになります(レントラーは結局2勝目を挙げられずオープン入りしていない)。もともと「ホームランか三振」と言われてた馬だそうですが(最近その意味が分かってきました)、無事で行ってくれればG1はともかく重賞くらいは手が届いてくれそうです。ようやくキャロからもハーツ産駒の大物が出てきたかも。
ちなみにこの馬はあの世代のハーツ産駒ではリスグラシュー、グラニーズに続く三番人気でして、一般でも無抽選で取れた馬でした。価格はグラニーズより高かったのですからやはりキャロの値付けは正確なのかも。

| レース出走 | 21:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

レッドコルディス2 ~春よ まだ見ぬ春 迷い立ち止まるとき

土曜4頭出しのわが軍、セオリー通りなら出走数が多くかつもっとも勝つ可能性の高い馬が出てくる中山なんですが、ルヴォワールは新馬で口取り達成し、コルディスは達成しておらず、またこういう時に限って口取りあたってしまったため(笑)、阪神へ遠征となりました。
で、朝起きてまず最初にしたのがJRA発表で出走取消がでてないかの確認(笑)

20170326F (1)
今日のニッカン、印はついてますが…

20170326F (2)
今週の頑張れ馬券まとめて、今日は競馬場行ってませんがWINS名古屋で購入。

20170326F (3)
馬体重発表、うーーーーん休み明けだしプラスで出てきてほしいところだったんですが。

20170326F (4) 20170326F (5)
新馬戦の後3回連続で熱発回避で、某板にNの評価を作らせた(お前が作ったんだろって? 細かいことは言わない)元祖熱発娘、このところ気温が下がって心配でしたが今日は無事出てきました。

20170326F (6) 20170326F (7)
雰囲気は悪くありません。GCでも評価されてましたね。

20170326F (8)
けっこう特徴的な顔してますね。

20170326F (9)
一時14倍台まで下げましたがすこしあげました。

20170326F (10)
とまーれーで

20170326F (11)
松若君、前のレースで勝ってるのですがここにも出てきました。

20170326F (12)
でも義忠先生はいないようです。

20170326F (13) 20170326F (14)
この勝負服で松若君というと一般にはレッドデイヴィスでしょうが、私的にはレッドロンメルです。

20170326F (15) 20170326F (16)
本馬場入場 阪神と東京でしか取れないアングルです。

20170326F (17)
すぐあっちへ返し馬に。

20170326F (18) 20170326F (19)
出遅れます。新馬も出遅れですしこれは課題ですね。

20170326F (20)
もともとためるつもりだったようですが最後方から。

20170326F (21)
ちょっと差を詰めてきました。

20170326F (22) 20170326F (23)
直線外から来ますが今一つキレに欠けます。

20170326F (24)
結局人気通りの5着まで。

20170326F (25) 20170326F (26)
戻ってきたところ。

以下公式HP
3月25日レース後コメント(5着)
松若騎手「レース間隔が開いていたのもあって、返し馬では少し力んでいましたね。ゲート内では横を向いていたので、ハミを掛けて真っ直ぐ向かせようと思いましたが、それをすると煩くなりそうな感じがありましたので、無理に矯正せず自然体の形でゲートを出しました。出負けはしたものの、そこまでは想定内でしたので、後ろからジックリ進める形。特に癖なども見せず乗りやすかったですし、脚も溜められましたね。4コーナーでもスッと動いてくれて、直線でもオッと思わせるような手応えでした。ただ、坂に入ってからは久々が影響したのか、脚が上がってしまいました。スローペースだったので、結果的には今日の位置では厳しかったですね。それでも操作性もあって乗りやすい馬ですし、キレ味もあるので、後ろから脚を溜めて末脚を活かす競馬もできると思いますよ。今日使った事で次はもっと良くなりそうですね」


そうなんですよねえ、一瞬来るかという感じの脚だったんですがそこで止まってしまった感じです。予定では中1週で忘れな草賞だったはずですから何もなければそういくんでしょうが…自己条件から地道にやって行った方がいいような気もします。

| レース出走 | 19:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

甲子園

なんと2試合連続引き分け再試合

第2試合は明日第4試合でやると言ってましたが、あと1試合しなきゃいけない。

どのみち1日追加でやらざるをえないんだったら2試合ともあさってやればいいと思うけど、高野連どうする?


P.S.
高野連早いねえ。明日が3試合に戻ってあさって2試合やるって。

| 野球 | 18:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>