Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

4回阪神3日目11R

土曜日の競馬 忘れてました11RオークランドRT

20170919C (1)
出走馬はこんな感じ。ちなみにこのレースはダート戦です。

20170919C (2)
激しい雨がオレを叩く…というほどひどい降りではなかったのですが、写真だとどうも大雨に見えますね。

20170919C (3) 20170919C (4)
ガンサ君ことガンサリュート、小牧場出身でセレクトで買われてノーザンにやってきたためいじめられっ子だったというのは有名な話。今日はダート王国をもくろむ1/400馬主様の意向により(嘘)ダート出走。

20170919C (5)
どうでもいいですか手前で引いてるのは見習い君ですよね。やっさんついに専属騎手をとるのか?

20170919C (6)
人気です。初ダートのわりに人気してますね。

20170919C (7)
とまーれーがかかりまして

20170919C (8)
F永邪魔! ではなく右にいるほうがガンサ君の騎手です。

20170919C (9)
何やら話してますがこの人がやっさん?

20170919C (10)
ではありませんでした。やっさんまで出てきません。この日出てきたのは晶ちゃん先生とともちんだけですか。

20170919C (11) 20170919C (12)
で、北村君。本人も気にしてるようだしもう「机」は許してあげましょうよ。ただ前回のコルディスの騎乗はいただけませんが。

この後のレースの結果は主催者発表のものでご確認くださいませ。
スポンサーサイト

| 競馬全般 | 22:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(9/19)

今日書きたいことはさっきの記事で書きましたからいきなり本文。

レントラー
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「引き続き、坂路では週4回ほどハロン17秒の普通キャンターペースで乗り込みを行っています。軽めに乗っている段階なので調教自体はこなせているのですが、まだ思うように疲れが抜けてくれません。決して状態が悪くなるようなことはないのですが、この後も馬の状態に合わせて調整を進めていきます」(NFしがらき担当者)


老化現象の1つに回復が遅くなるというのがあり、実際わがジーサンズがそうなっているわけですが、この馬も早々とジーサンズの仲間入りなんですかねえ。

シーリア
NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週木曜にこちらへ到着しています。北海道からの輸送後ですから軽めのキャンター程度でゆったりと動かしているところですが、体調などは特に問題ありません。今週後半から普通キャンターを始めて、反動がなければ少しずつペースを上げていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


ゲート試験は受かってますので馬房が空きしだい入厩→ほどなくデビューでしょう。何週目になるかはわかりませんが10月京都デビューが濃厚のようです。願わくは福永で。そしてミルコはパスで願いたいものです(主観的とはいえちゃんと理由もあります)。

レッドシルヴィ
9月17日レース後コメント(6着)
三浦騎手「折り合い面などはしっかりしていて、道中はハミを程よく取ってくれてスムーズでしたね。ペースが遅かったので、1番人気が上がって行った時に連れて上がって行っても良かったですし、テンから一か八かポジションを取りに主張しても良かったかも知れません。外目を回って来たので直線では馬場の良いところを通ってきてはいるものの、前で競馬していた馬たちは楽に競馬していた分、決め手の差でやられてしまいましたし、最後も併せる馬にできず1頭で走る形になったのも良くなかったと思います。今日は中途半端な競馬をしてしまい、馬に申し訳ないです」

鹿戸調教師「ペースが遅かったですし、もう少しポジションを取りに行っても良かったと思います。馬体重は大きく減っていましたが、前走が大きく増えての出走でしたし、今日は体が絞れて状態は良かったので、何とか権利は取りたかったのですが上手くいきませんでした。もったいない競馬をしてしまいすみません。この後は馬の状態を見て決めさせてもらいます」


ここからは日月のレース言い訳反省も含めて。
おそらく鹿先生はなんも指示してないでしょうから、そうであればコーセイは出たなりで競馬します(付き合い長いからそれくらいわかります。鹿先生はわかってないようですが)。そこでコメントにあるような反省となるんでしょうがこれは鹿先生が悪い。次もコーセイに続けて乗ってもらって反省を生かしてほしいところですが果たして?

レッドジェノヴァ
9月17日レース後コメント(2着)
戸崎騎手「馬場は緩かったですが、脚を取られる事もなく、返し馬からフットワークは良かったです。スタートしてからは出たなりの位置で運べましたし、馬場を考えてあまり後ろになり過ぎないように気を付けました。折り合いは問題ない馬なので、道中でしっかり抱えることが出来たおかげで、終いも弾けてくれましたね。ただ、直線に入ってからは、いつでも脚を使える状態だったのですが、前がなかなか開かず待たさせる形になってしまって。追い出してからは切れる脚を使ってくれたのですが、そこでロスがあった分届きませんでした。勝てた内容だったのに、もったいない競馬をしてしまい、すみませんでした」
小島茂調教師「直線までは上手く立ち回れましたが、1番人気でマークも厳しく直線ではスペースがなかった。追い出すまで時間が掛かってしまった分の差ですね。普通に追えていれば突き抜けていたと思います。結果を出せず申し訳ありませんが、今日のような重馬場で走れた事と、溜めれば切れる脚を使えたのは収穫だと思っていますし、今日の敗戦が次のレースに繋げられるように、この後もしっかりやらせていただきます」


というかつまりそうなら先に抜けてくるという手もあったと思うのですが…。心配なのはこれで変にために行ってしまうこと。シンクリの子なんですからそんな切れるはずないですからねえ。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、9月18日(月)阪神11R・仲秋S・混合・芝1400mに松山騎手57kgで出走。12頭立て6番人気で6枠8番から平均ペースの道中を2、2、2番手と進み、直線では内を通って0秒8差の10着でした。馬場は稍重。タイム1分22秒1、上がり35秒7。馬体重は増減無しの482kgでした。
・松山騎手 「リズム重視で可能ならば前々で進めて欲しい・・・との指示でした。無理なく2、3番手を取れたものの、緩んだ馬場を気に掛けて走り辛そうに。脚を取られて何度もバランスを崩すような感じで・・・。最後は余力を失う格好。申し訳ありません」
・高柳調教師 「ある程度は先団で・・・とジョッキーに注文。あまり切れるタイプと違うのに加え、斤量も背負っていましたからね。リクエスト通りに乗って来てくれたものの、今回はコース状態が大きく影響を及ぼした印象。一息が入って馬体に幾らか緩みも生じていたかも知れません。レース後の様子を確認してから新たなプランを検討する方針」
≪2017年9月18日 阪神11R 仲秋S(3歳上1600万下)(混) 芝1400m 稍重 12頭≫
1着サングレーザー   54福 永 1.21.3    (  11・11・11)34.0 474kg-8kg
2着ビップライブリー  57和田竜 1.21.5 1.1/4(  4・3・4)35.0 450kg-8kg
3着ペガサスボス    55中 谷 1.21.5 首  (  6・7・7)34.7 518kg-6kg
10着ロードセレリティ  57松 山 1.22.1    (  2・2・2)35.7 482kg 0kg


意外や意外道悪を敗因にあげてきました。道悪ってもやや重発表だったんですがねえ。いいスピードはある馬ですがコーナーリングといい走りはどんくさい馬なのかもしれません。

ここからは通常の更新

メロウハート
メロウハートは、9月26日(火)船橋・ファンシーレイン特別・交流競走・ダート1800mに特別登録を行なっています。9月18日(月)重の美浦・坂路コースで1本目に66.2-48.9-31.5-14.4 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。
≪調教時計≫
17.09.18 助手  美南坂重1回     66.2 48.9 31.5 14.4  馬なり余力 坂路コースで入念


なんとスーパー未勝利ではなく交流戦に行くとのこと。スーパー未勝利よりは相手は落ちるかも出るJRA馬はみんなそう思ってるはずですしどうですかねえ。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500m。
・当地スタッフ 「先週と同様のパターン。ウォーキングマシンのみの場合は午前、午後に60分ずつ歩かせています。両前脚に生じた疲労は段々と緩和している一方、良化度合いはスローですね。しばらくの間は緩み過ぎないぐらいに止め、観察を続けましょう」

この馬もスローダウン、困ったもんです。

さてあと一頭ロードブレイク
ロードブレイクは、9月17日(日)盛岡3R・サラ系C2九組・ダート1200mに山本政聡騎手56kgで出走。8頭立て2番人気で6枠6番から道中を3、1番手と進み、直線で突き放して1秒1差で優勝。2勝目を飾りました。馬場は良。タイム1分12秒2、上がり36秒3。馬体重は2kg増加の489kgでした。今後は中央競馬への再登録へ向けたスケジュール調整に入ります。詳細は決まり次第、書面にてご案内を申し上げます。
≪2017年9月17日 盛岡3R サラ系C2九組 ダ1200m 良 8頭≫
1着ロードブレイク   56山本政 1.12.2    (    3・1)36.3 489kg+2kg
2着レオフェアリー   54村上忍 1.13.3 7  (    4・4)37.3 483kg-9kg
3着ヤマニンアルバス  52鈴木麻 1.13.8 3  (    1・3)38.2 450kg-7kg


残念ながら2勝でもどってくるようです。このレベルでは中央では通用しないと思いつつ、実はダートで覚醒したのかもとも思えます。どうしたものかと…悶々

| 現役馬近況 | 21:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

What Are You Doing?

この3日間開催はどういうわけか騎乗停止が多発しました。

1 コーヤ
5番アーチャーズリング号(☆木幡 巧也騎手)は、最後の直線コースで内側に斜行したため、10番タツオウカランブ号(△伴 啓太騎手)の進路が狭くなりました。
この件について、木幡 巧也騎手は、9月23日(祝日・土曜)から10月1日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。


イクヤドーピングの後を受けてコーヤがやってしまいました。
今年4回目の騎乗停止で堂々3回目の再教育決定、制裁王ランキングを争うミルコ、菊沢を一歩リードしました(毒)
再教育プログラムがどういうものか知りませんがこういう懲りない面々がいるわけでプログラムをもっと厳しいものに見直したほうがいいのかもしれません。(ミルコなんかわざとやってるっぽいものな)

ついでにイクヤドーピングの件、物自体はいわゆるラシックスだそうですから「一種の麻薬」だったコント君に比べれば罪は軽いでしょうが禁止薬物は禁止薬物、ラシックス自体の毒性は低いものの尿として排出することで他の禁止薬物使用の証拠隠滅できると言われています。ところで日本で市販されていないこの薬をどうやって手に入れたかというと「母からもらった」と。母ってつまりは木幡初広妻ですよねえ。こらあきまへん。で、こういうことやらかすと木刀●藤、●村机のように一生ついて回るのがこの世界。すでに
1号 目立たないけど下手
2号 勝つけど騎乗荒く制裁王
3号 ドーピングバカ
と言われてるようです。

2 ユーターナカタニ
12番ペガサスボス号(中谷 雄太騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行したため、4番ロイヤルストリート号(川田 将雅騎手)の進路が狭くなりました。
これにより、中谷 雄太騎手は、9月23日(祝日・土曜)から10月1日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。


前が空かないため強引に外へ出して川田の馬とっ接触、一部にはそのまま何もしないよりはマシという声もありますが私は反対です。そこにいた自分が悪いのです。ちなみにユーターも2回目の再教育が決定。

3 〇タンナイ(〇には好きな言葉を入れてください)
1位に入線した12番マイネルサリューエ号(丹内 祐次騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行し、9番マイネルアンファン号(宮崎 北斗騎手)の走行を妨害しました。その走行妨害がなければ、被害馬マイネルアンファン号は加害馬マイネルサリューエ号に先着できたと裁決委員が認めたため、12番マイネルサリューエ号は2着に降着となりました。
この件について、修正動作のない継続的な外側への斜行を重大な過失と認め、丹内 祐次騎手は、9月23日(祝日・土曜)から10月8日(日曜)まで16日間の騎乗停止となりました。

今週最も衝撃的だった事件がこれ。私も競馬歴長いですが初めて悪意による妨害を見ました。しかもマイネルの馬に乗って同馬主の馬を攻撃しに行くという理解不能な展開。ほんとナニスンネンですなあ。宮崎君怒っていいんだぞ。
この件に関し総帥および加害者の弁はなく、ラフィアンでは事実をさらりと伝えてるだけですが〇タンナイは何を思ってあんなラフプレイを仕掛けたんでしょうね。ちなみに重過失が認められ標準より+1週の制裁でした。でも再教育はなし…実はここまで累積7点で22点加えても29点でぎりぎりセーフでした。ここまで累積7点ということはどちらかと言えばフェアな騎手と言えるのですが何を血迷ったんでしょう?
ところでこの明らかにアウトとわかる事例が審議長かったのですが何を審議いてたんでしょうか。もしかして「極めて悪質で他の騎手や馬に対する危険な行為」として失格まで検討していたのかもしれませんね。

| 競馬全般 | 20:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

14年産ハーツ産駒の行方

September そして9月は September サヨナラの国♪というわけでスーパー未勝利に出られない馬は夏のローカルが終わるとともに、出られた馬もラストチャンスを逃すと同時にサヨナラになります。
今週は奇しくもキャロ2014年産ハーツ産駒が2頭を除いて出陣しましたのでこの年のハーツ産駒がどうなったか見てみたいと思います。

この2014年産というのは私が「来年のオルフェ、カナロア、再来年のジャスタ産駒のデビューを控えて、ハーツ産駒を多く取りたいのならここが最後」と「日本の中心でハーツ愛を叫ぶ」をスローガンにそれまで世代1頭としていたハーツクライ産駒を各クラブで1頭取りに行った世代でした。

まず募集があった東サラ、ハーツ産駒は3頭
サビアーレ14♀(キムテツ)6万
デライトポイント14♂(須貝)10.5万
ストライキングヴェイル14♀(高橋忠)5万

申し込み状況
このなかでは3枚引きを公言しているキムテツ(え? 知らない? 試験に出ますから覚えておくように)を除き、デライトポイント14かストライキングヴェイル14の勝負、であれば繁殖実績不明なストライキングヴェイル(当時ヴレはまだ走っていない)より全姉にオツウがいるデライトポイントと思いデライトポイント14に1位指名で申し込みました。
結果…虎石氏が直前で余計なコラムを書いたためデライトポイント14の人気が急増(1番人気だったらしい)、あえなく非当選除外となります。やむなく2次申し込みでストライキングヴェイル14に

結果
レッドエレノア(サビアーレ14) 5戦1勝 830万
レッドクライム(デライトポイント14) 13戦1勝 1770万
レッドコルディス(ストライキングヴェイル) 7戦1勝 1620万
数字の上ではすべて1勝馬、意外と言っては何ですがクライムが一番賞金を稼いでいますが、未勝利勝つために13戦無理してきた結果、実績では新馬勝ち、フローラ5着、500万下2着のあるコルディスが1番と言っていいでしょう。
いずれにせよどの馬も勝ち上がりましたから今後も出世レースが続くわけですが。

次いで募集のキャロでは6頭
リュヌドール14♀(手塚)7万 
イグジビットワン14♀(加藤征)6万
メジロダーリング14♀(尾関)4.5万
データ14♂(ヤ・ハギー)9万
リリサイド14♀(ヤ・ハギー)7.5万
ココシュニック♀(ヒデ藤原)6万

申し込み状況
前評判ではヤ・ハギーがコラムで吹いたというリリサイド16が1番人気でしたが、私はヤ・ハギーをNGにしてますのでデータ14もろとも消去、メジロダーリング14は母活躍馬ですが高齢ということでパスして、残り3頭の選択でした。
繁殖成績でいうとリュヌドールは産駒が競走馬にすらなってない、イグジビットワンはアールブリュットが1勝するも長期休養中、ココシュニックはステファノスが出てココスタイルが1勝というところで、ココシュニックが1番、その分人気になるようで最優先で行かなければ取れなさそう…ということで馬体的にはあまりピンとこなかったのですがこちらに最優先を使い、保険でリュヌドール14かイグジビットワン14のどちらかに行こうと。これはツアーで実馬を見てイグジビットワン14の柔らかすぎるつなぎを嫌い一番父に似ていると思ったリュヌドール14にしました。リュヌドール14も外向がひどいのですがこれはハーツ産駒の特徴ですから目をつぶりました。
結果…最優先ココシュニック14落選、一般のリュヌドール14も抽選だったようですがこちらは当選。

結果
ルヴォワール(リュヌドール14) 3戦2勝 1619.6万
ムスターヴェルク(イグジビットワン14) 3戦0勝 330万
キスミーダーリン(メジロダーリング14) 2戦0勝 0万
オプティマイズ(データ14) 3戦0勝 75万
リスグラシュー(リリサイド14) 8戦2勝 14044.9万
グラニーズチップス(ココシュニック14) 6戦0勝 355万
ハーツ産駒に限らずこの世代のキャロは故障に泣かされてます。ムスターヴェルク、キスミーダーリンは故障でデビューが遅れ結局間に合わず(ムスターヴェルクは続戦の可能性がありますが)、オプティマイズも故障で引退になってます。
残る3頭、人気はリスグラ→グラニーズ→ルヴォでしたが成績はリスグラ→ルヴォ→グラニーズとよく見るとキャロの値付け順になってます。いろいろ言われてますがやはりキャロの値付けは正しいのかなあと。
ここは引退してしまいましたから後はリスグラシューとルヴォワールの対決になります(ムスターヴェルクが可能性残してますが)。

最後のロード
レディサファイア14♂(アサミン)5.4万
キャサリンオブアラゴン14♀(ヒデ藤原)4.536万(笑)
レディマーメイド14♀(みずきちゃん)3.888万

申し込み状況
ここは帯に短し襷に長しで悩みました。レディサファイヤ14はこの時点でもうレグナムただ使ってるだけ問題があってアサミン疑問、キャサリンオブアラゴン14は測尺が小さかったのと2つ上の姉が見事にずっこけたので減点、レディマーメイド14は大きな原点材料はないが強調剤料にも欠けるというわけで、まあこの世代のロードはあまり良くなかったから無理して申し込まなくてもよかったのかもしれません。
申し込み状況…結局減点材料のないレディマーメイド14にいって難なくゲット

結果
ロードコランダム(レディサファイア14) 8戦0勝 280万
メイズオブオナー(キャサリンオブアラゴン14) 11戦2勝 2270万
メロウハート(レディマーメイド14) 3戦0勝 0万
ロードコランダムは予想通り使うだけ使って勝ち上がれず地方転出、使えばいいってもんじゃないんですがねえ。
で…今頃気づいたのですがメイズオブオナーってそういう馬だったんですね。ちなみに当時380だった馬が今日のローズSでは460…これはやられました。
で、わがメロウハートは爪の不安でデビューが遅れやっと5月にデビュー、このデビュー戦はよかったのですが突如走るのやめちゃう症候群を発症し2戦大敗、もはや風前の灯になっています。
ロードは言うまでもなくメイズオブオナーの圧勝です。この馬とて未勝利脱出に10戦かかってるわけですけどね。

というわけで結果としてキャロと東サラは当たり、ロードはハズレっぽいですね。
最もクラブのハーツ産駒の成績がどうかと言えば
キャロット:(OP)リスグラシュー、フラットレー (1600)マルケサス
東サラ:(OP)レッドセシリア
ロード:1600万以上なし
ですから、これがそのまま出ているような気がします。東サラもなんだかんだ言ってセシリアだけなのがねえ。
今年2歳世代ののハーツ産駒は東サラとロード、頑張っていただかなけれないけませんね。

| 一口馬主ライフ | 23:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

中山12R

シルヴィは6着、なにかが足りないんだろうなあ。

| レース出走 | 16:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

阪神11R

セレリティ10着見当

いい感じでいってると思ったのですが最後粘れません。距離が長いのかなあ。

| レース出走 | 15:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

@尾頭橋

今日は趣向を変えてWINSで見ることにしました。
セレリティもシルヴィも△くらいの評価、一発あっても不思議はないですが果たして?

| レース出走 | 15:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

4回阪神3日目5R

5Rは2歳新馬戦、間田是唐のある若駒同士の1戦です。

20170918B (1)
出走馬、短距離戦にしては頭数が少ないですね。こういうとこで勝ち上がっておくと後が楽なんだよなあ。

20170918B (2)
こちらが人気です。

20170918B (3)
雨の中颯爽と登場してきたのが1番メテオラシチー

20170918B (4)
ですがいきなり降着…じゃなかった膠着

20170918B (5)
歩き出しますが。

20170918B (6)
ここでも膠着、じつはこの間にも1-2回止まっています。1番馬で前に馬がいないので警戒したのかな。キャロツアーの周回展示でも1番前を歩く馬がうるさいことがあります。

20170918B (7)
ここでも物見。

 20170918B (8) 20170918B (9)
神経質な馬かもしれませんね。

20170918B (11)
とまーれーがかかって

20170918B (12)
晶ちゃん先生は登場。

20170918B (13)
ツバサ君登場、ここまでは何ともなかったのですが。

20170918B (14)
突然ルアンジュ化します(笑)

20170918B (15)
ツバサ君もなだめて。

20170918B (16)
何事もなく乗ったように見えますが馬の向きが180度変わってるのに気づきましたか? 嫌がって回ってたのです。

20170918B (17) 20170918B (18)
晶ちゃん先生は乗っけてくるジョッキーでやる気まるわかりな人、ツバサ君ということは…(自粛)

20170918B (19)
短距離戦ですのでいわゆる阪神ポイントで撮ってみました。

20170918B (20)
そのまま返し馬に行くのかと思いましたが

20170918B (21)
新馬戦特有の集団返し馬するようです。

20170918B (22) 20170918B (23)
クビが高いなあ。

20170918B (24) 20170918B (25)
スタートはまあまあなのですが。

20170918B (26)
指示が出てたのでしょうか押して前に行きました。

20170918B (27)
直線入り口まで引っ張りますが。

20170918B (28)
ここで交わされてハイサヨウナラ

20170918B (29)
これが何着だったかは語りません。

20170918B (30)
ここでナゾ。ずうーーっと待ってたつもりでしたがこの5頭だけしか帰ってきませんでした。残りの5頭はどこへ?

このあとは11R(パドックのみ)です。

| 競馬全般 | 12:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>