Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

ぐふっ

旅に出ます…
スポンサーサイト

| レース出走 | 15:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

7R

5番のF永が勝っちゃったなあ。

| レース出走 | 13:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

@中京

今日はヴォルケーノが出る10Rピンポイントで中京です。
いつもは中京では口取りしないロードですが今日もロードなんちゃらが新馬戦に出るため口取り挙行、にゃごやまで来るヒマなローディストはそういないようで申し込んだら当たりました。

なお、今日の中京はフリーパスですので混んでおります。

| レース出走 | 13:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

あんたバカぁ?

7月21日レース後コメント(11着)
蛯名騎手「入厩してから稽古も乗っていて、動きも息も良かったですからね。体は増えていましたが、力は出せると思っていました。問題のスタートもスムーズに出て、勝った馬を見ながらの競馬。位置的には文句なかったのですが、4コーナーの手前では抵抗もできなくて、一杯の形になってしまいました。道中はハミを取ったり外したりで下を気にするところもありましたが、状態は悪くなかったので、今日の結果は納得いかないですね。ここまで惨敗する馬ではないので、ここの芝が合わないということも考えられますが、このような結果となってしまい申し訳なく思います」

鹿戸調教師「昨年の函館でも良いところがなかったし、今日の競馬でも走れなかったので、ここの芝は本質的に合わないのかもしれないですね。それに今週に入ってから少しフケ気味だったので、馬場や久々の競馬など、いろんなことが全て悪い方に出てしまった感じです。レース前は次走に札幌を考えていましたが、洋芝が合わないという可能性が高いので、来週にも美浦トレセンへ帰して、輸送の疲れを取るために短期放牧でリフレッシュを図ってから、新潟か中山の馬場が合うところを使っていきたいと思います


去年函館の遊楽部特別で大敗した時のコメント
6月18日レース後コメント(10着)
四位騎手「すいません、読み間違えました。もっと前でやり合って速くなるかと思ったのですが、先頭だけで後は落ち着いてしまいましたね。徐々にに上がっていくイメージだったのですが…ただ、あれで最後全然脚を使えないことを考えると、こういう馬場よりもっと軽い馬場のほうがいいかもしれません。少し噛みそうな感じはありましたが、我慢してくれていたので、もっと脚を使えるはずですからね。とはいえ、うまく力を引き出してやれず、すみません」
鹿戸師「後ろすぎたのはそうですが、あれで最後に脚を使えないあたり洋芝は合わないのかもしれません。血統的にはこなせると思ったのですが、まだ力を付けている途中ですからね。来週放牧に出して、次は新潟あたりを考えたいと思います」


私は同じミスをするのはプロじゃないと思ってますが、どうやらこの先生はプロじゃないようです。

| レース出走 | 20:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

16産出資馬選定委員会 赤の部3

今PCが使えないので仮置きです。

東サラから相変わらずバブリーなカタログが届きました。装丁に金かけるんならDVDつけろと言ってるのですが聞き耳ないようです。

というわけで16産出資馬選定開始です。

今カタログ見終わったところですがまずなんといってもサセッティ16、結論から言えばGoします。
馬体的にはあまりセシリアに似ておらずハーツっぽくないので母似かなと思います。私好みの馬体ではありませんが取り立てて気になるところもないですし最優先で行きます。ただ人気になるでしょうし実は東サラの抽選は全敗中なんですよねえ。

後は気になったのをカタログ順に
シェーンフレール16
レッドソンブレロ16
レッドアゲート16(肩に白班があるという珍しい馬)
トゥーピー16(でも高い)
ラピーダシャリナ16
スタイルリスティック16
ワイオラ16
リトルディッパー16

動画見る前ですが、今のところサセッティとスタイルにいって外れたらワイオラ、ラピーダあたりかなあと。

| レース出走 | 14:56 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

言わんこっちゃない(怒)

蛯名は悪くない。
さあてどう言い訳するかな。

| レース出走 | 14:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

嘘だといってよベリー

アプリコットベリー
7/21
 引退
「右前脚の球節について、なかなか腫れが引かないために改めて検査を行ったところ、繋靱帯がかなり傷んでいることが分かりました。時間が経ってじわじわと炎症が広がっていたのでしょう。時間をかければ回復はしてくると思いますが、6歳春の引退時期までに何回レースを使えるか、また再発の可能性を考えると厳しいと言わざるを得ないのが現状です。本当に申し訳ありません」(NFしがらき担当者)「レース後の状態からは、獣医もそれほど長引く怪我ではないという所見だったのですが、時間が経って傷んだ箇所が広がってしまったのか、このようなことになってしまい大変申し訳ありません。小柄な馬で、若い頃は滞在競馬中心に使うなど馬体の維持に苦労しましたが、ここ1年ほどは心身ともどっしりしてきてどんな条件でも安定して力を出せるようになってきましたし、引退時期までにさらに勝利を重ねて行ければと考えていたのですが…。リフレッシュを挟みつつも、長い休みなくコンスタントに走ってくれましたから、厩舎からアプリコットベリーがいなくなってしまうのがまだ信じられませんし、今は寂しい気持ちでいっぱいです。会員の皆様も、ここまで応援していただき、ありがとうございました」(大久保師)
レース後の捻挫ということで、当初は順調に回復すれば夏場にも復帰できるのではないかという見込みもあったのですが、改めて検査を行った結果、繋靱帯に炎症があることが分かりました。こうなりますとある程度の期間は休ませなくてはなりませんし、牝馬引退時期である6歳3月まで確実に復帰できるかどうかも現状では分かりません。こうした状況から、大久保龍志調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、近日中に競走馬登録を抹消することになりました。400キロ前後の小柄な馬体で、若い頃は滞在競馬でないと体重の維持が難しかったのですが、最近は当日輸送や長距離輸送も克服し、安定して力を出せていましたし、見た目からは想像がつかないほどタフな牝馬でした。引退時期まで時間を残しての判断となり、会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。


連日の悲報に言葉もありません。

20170721A01.jpg
マイホースに「引退」の文字が2つ、滅多にお目にかかれない光景でしょう。

なお、本日の通常更新は拒否いたします。お察しください

| 現役馬近況 | 19:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(7/20)

今日は大ニュースがありますのでいきなり本題

エルマンボ
引退
正直に言いますと、ここ最近はトモ、特に右トモの歩様がずっとぎこちない状況でした。暑い時期も苦手な馬なのですが、そういった時期を避けて、なおかつ立ち直るのを待つとなるといつになるのかわからないという状態でもありました。そのため、何とかケアをして態勢を整えてレースへ送り出したところでしたので、先週は厳しい競馬のなかで頑張りを見せてくれたと思いますし、この馬自身先日の競馬が精一杯でもあるのだと思うんです。実際、レース後の状態を探っていてもダメージがあり、右トモの歩様に違和感が目立ちます。細かい検査はしましたが、骨折といった不安があるわけではなく筋肉なのか上部の傷みが大きいようです。丹沢Sを勝たせていただいたときにはそういう状態ではなかったのですが、それ以降は辛い状態になっており、一番ひどい時はずっとモタれて厳しい走りになって、それが競馬の結果にもリンクしてしまっています。何度も立て直しを図ろうと放牧に出していましたが思うように回復しませんでしたから、これからまた同じようにしたとしてもいい頃の状態に戻ると言い切れません。歳を重ねて今年7歳になりました。素質は高く、見込みのある馬だと期待をかけていましたので何とか辛抱して良くなるのを待っていましたし、可能性が大いにあるということならば待ちたいという思いもありました。中京の舞台は直線が長いとはいえ距離適性を考えると、この馬にとってはもっと距離があり広いコースの方がさらにいいのは確かで、もう1回という気持ちもあったのですが、先が見えにくい状況でさらにお時間を頂くのは申し訳なく、クラブと牧場と相談した結果、ここで判断することになりました。何とか皆さんの期待に応えられるような結果をこのクラスに入っても出せればと思っていたのですが、申し訳ございません」(堀師)
この馬の能力の高さは陣営の向き合い方からも感じることができましたし、雄大な馬体から繰り出す素晴らしく力強いフットワークからオープンクラスまで行ってくれると若い頃から信じていました。馬の気持ちの強さという点では調整されるなかで難しさもあり、ひと筋縄にいかないところもあったようなのですが、長い期間をかけて少しずつ結果を重ねてきまして、昨年にはついにオープン馬になってくれました。これも堀厩舎にじっくりと育てられた結果と言えるのではないかと思えます。しかし、残念ながら今ではトモの影響から走りが変わって思うような結果を出せず、また思うように使えない状況が続いてしまっています。これまでの経緯から、回復することを望むには相当な時間を要することが考えられますし、最悪の場合変わらない、もしくはさらに悪くなり大きな故障を誘発する恐れもあります。そういったことからも長らく活躍してくれ功労馬であるエルマンボには無事でいて欲しいという思いもあり堀宣行調教師と協議を行なった結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。長い間ご声援をいただきまして誠にありがとうございました。


決して条件が向いてない名鉄杯で虎キチ社長らに先着しオープンで初めて賞金を咥えてきたエル爺、秋のブラジルCを目指して休養入りかと思いきや、急転直下、驚天動地の引退発表です。
正直に言いますと、このところの動きがこの先生らしくないと思ってただけに裏ではこういうことだったのかなと思ってしまう次第であります。使ってないとはいえ7歳という年齢に加えこのところ休みが長引きがちなところ、その中で出走してきても好成績というわけではないところから、そろそろ潮時と思ってましたしこういう判断に至ったとしてもやむを得ないところと思います。
この馬の回顧は後日するとして、今はとにかくお疲れ様でしたと…。そしてわが軍はまたオープン馬を作るところから始めないといけません。
ところでホーリーさん。「正直に言いますと」って今まで正直にしゃべってなかったんですかね?

レイズアスピリット
NF空港
週3日は屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンターを1本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。
「状態を見た上でこの中間から坂路コースでのメニューを再開しています。現状は変わりなく対応できているので、引き続き様子を見ながらピッチを上げていければと思います」(空港担当者)


まあ10Aにいるよりは空港の方が安心できますが(毒)、札幌参戦なんてサプライズはありますかねえ。

レッドシルヴィ
(函館競馬場)
昨日、ウッドコースで追い切り。
7/19(水) 函W 蛯名 69.4-54.2-40.3-12.4 馬なり
内ベストプレディクト強めに5Fで0.4秒先行2F併入
助手「今週は併せ馬でしっかり追いました。蛯名騎手は今までで一番落ち着きがあったと話していました。ビシッとやったのは今週だけですが、普段から長めに乗って調整してきたので、休み明けですが八分くらいの出来で出走できそうです」
※馬体重454キロ


やめろと言ってるのに聞かずに函館、しかもヤネはEという二重苦、鹿先生、結果と言い訳次第では降級ですからね!

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、7月23日(日)中京10R・尾頭橋特別・混合・ダート1200mに福永騎手57kgで出走します。7月19日(水)不良の栗東・坂路コースで1本目に52.5-38.5-25.4-12.8 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒4追走して同時入線。短評は「この一追いで上昇」でした。発走は15時00分です。

昨日の時点で騎手が決まっていなかったヴォルケーノ、昨日のブログでは「AB投票でいい騎手が落ちるのを待つしかないですかねえ」と書きましたが、なんとF永Y一が落ちてきました。SSDマジック恐るべし(笑)。後は馬が走る気になるかと初のD1200がどうか…個人的には短くするより長くした方がいいと思うのですがねえ、この先生適性判断でもマジック使いますからねえ(苦笑)

ロードゴラッソ
2017.07.19
ロードゴラッソは、7月19日(水)に栗東・藤岡健一厩舎へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。
・藤岡調教師 「千葉の育成場へ移ってからも順調・・・との報告。7月19日(水)に厩舎へ連れて来ましたよ。ある程度の状態までは伝え聞いているものの、実際に触れるのは初めて。トレセンの環境に慣れさせながら、まずはゲート中心に進めて行きましょう」


昨日の記事ですが見落としてました。結局1か月半程度で入厩になりましたね。で、この先生は初めて、ユースケやコータは覚悟してますがどの程度までやってくれるでしょうか。

| 現役馬近況 | 23:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>